« 参考資料読み込みの日 | トップページ | 章割りやって、「さらば愛しき女よ」を再見 »

2013年5月31日 (金曜日)

日本推理作家協会定期総会に出席してみた

 6時過ぎ起床。

 晴れ。

 本日は、初めて推理作協の定期総会に出席する。

 「社団法人」だった日本推理作家協会は、法律が改正されて、「一般社団法人」に移行しなければならない。そのために、一度解散して、改めて再結成するという手続きが必要。で、解散するためには会員の3/4の賛成が必要とのことで、今回の定期総会には、出席するか委任状を間違いなく送付しなければいけなかった。

 今までは委任状を出していた(出し忘れたときもあった)のだが、こういうエポックな時だから、一度くらいは顔を出してみようと言うことで。1株持ってる株式会社の株主総会に行ってみる感じ。

 それまで仕事。しかし妙に気が散って考えがまとまらない。

 朝飯は、昨日のご飯に玉子焼、ポテトサラダ、さつま揚げ。結構分量があった。

 少し早めに出かける。

 日比谷線~銀座線で新橋。第一ホテルのバンケットルームが会場。案内状とは違った会場になっていた。

 ここに足を踏み入れるのは本当に久しぶり。あれ?ロビーとか、以前はもっと広かったはずだけどなあ。帝国ホテルと混同してるのかなあ?

 15時開始だがまだ30分ある。

 ホテルの向かいに「はなまるうどん」があったので、きつねうどんの小を食べてしまった。総会って、何時間かかるか判らないから、腹が減ったら困るので。

 で、うどんを食っているときに、アイディアが閃いた。

 ずっと考え続けていた、犯人像について。

 これでいけるぞ!

 これを思いついただけでも新橋に来た甲斐があった。

 で、10分前に会場に行ったら、誰もいない。いや、事務局の方らしい人はいた。

 おれのイメージとしては雛壇に向き合ってパイプ椅子がずらっと並んでいて、その末席に混ぜて貰う感じだったのだが(なんせ「総会」だし)、紺のクロスが掛かったテーブルが「ロの字」に組まれた、「会議」みたいなパターン。

 前の方からどうぞ、と言われたが、一番末席に座る。それが正解だった。上座には理事さんたちが座ったので。

 純文学の世界はまったく縁がないので知らないが、ミステリー作家の世界では、売れてるかどうかがほとんど唯一の序列というか格づけというか、そんな感じ。面白い作品は売れるし、優れた内容の作品は賞を取って、売れる。だから、橋下大阪市長流にざっくり言ってしまえば、「売れてる」という基準は、単純にして明快なのだ。

 映画監督の場合は、「興収か賞か」の二本立だが。

 ま、売れてる方々ばかりを前にすると、そういうふうに思ってしまう。

 理事さんたちは、今をときめくビッグネームなばかり。で、このクラスの方々はみんな仲よしで、場を仕切っている感じのあるO氏は誰かをファーストネームで呼んだりして、大学のサークル的ノリ。しかし皆さんパリッとした格好。男はダークスーツ。ネクタイはしていないがジャケットは着ている。おれは……暑いし作家の仲間内の会合なんだからとポロシャツで行ったので、もう浮きまくり。

 考えてみたら、この後に「日本推理作家協会賞」の授賞式が控えているので、みんなフォーマルな装いなのね。おれは授賞式は欠席するので……。しかしもう、完全アウェー感びしびし。

 事前に送られてきていた書類に基づいて、O氏がテキパキかつユーモアを交えた議事進行。さすが。

 作協は、赤字。しかもその額は年々大きくなっている。内部留保があるからなんとかなっている(ってことは巨額の内部留保があるのだ)が、この取り崩しを続けていると早晩ゼロになって財政危機に直面すると。

 その原因は、推理作協が音頭を取って発行している出版物が売れないことと、会費未納者が増加していることと賛助会員の減少。

「切り詰められるところは切り詰めて、この結果です」

 とO氏。

 乱歩賞パーティの食い物が減ったと以前、日記に書いて、某フリー編集者に怒られたが、まあ、そういうことは言わないようにしよう……でも「乱歩賞パーティ」は講談社とフジテレビが費用を持ってるんだよね?

 

 各議題に異論は出ず、拍手を持って賛意を示す。

 2期4年理事長を務めた東野圭吾氏が退任して、後任は今野敏さん。新組織では「代表理事」ということになる。

 ということで、30分で終了してしまった。

 このあと理事会に移るので、ということで、一般会員は退席。

 理事ではない一般会員の参加者はおれを含めて3人?

 出席してみて判ったのだが、理事というのは選挙で選ばれているから、議員そのもの。

 理事ってものがよく判っていなかったが、要するに代議員なんだな~。で一般会員も出席できるけど、ここは理事にお任せしておくべきなんじゃないか、ということが判った。

 組織に属したことがない(属したことはなくはないが……)ので、こういうことが理解出来ていなかった。

 なにか重大な問題があって、是非とも意見を開陳したい!という時以外は、委任状を出して理事の方々にお任せするのがいいのだろう。

 ということで、授賞式には出ないので、帰ることにする。30分前にうどんを食ってしまったので腹も減っていないし。こんなことなら我慢しておけばよかった。

 サラリーマンの聖地・新橋で、安くて美味いモノを食って帰ろうと思っていたのだが。

 帰路、「トポス」でカツオのたたきなどを買う。

 帰り着いたときに、「あ、こういう事なら阿佐ヶ谷にいってラピュタで映画を観るべきだった」と思ったけど、もう帰って来ちゃったし。

 17時にはファイルを開いて、仕事開始。

 とにかく仕事を頑張って、多少は名前を知って貰える存在にはなりたいものだ。

 ご飯を炊いて、夕食の支度をしていると、素晴らしい夕陽。空いっぱい真っ赤。

 写真に撮ろうかと思うほどの素晴らしさ。でも、この美しさはうまく撮れないんだよねえ。

 カツオのたたきのパックに添えられた野菜だけでは足りないので、ニンニクとミョウガと生姜と大葉を足す。

 それに野菜天ぷらを温めて。ホウレンソウの胡麻あえも。

 なかなかヘルシーなメニューだと思うが。

 食後、なんだかんだしていて、NHK-BSの三宅裕司の「コントの劇場」を見る。三宅裕司と小倉久寛以外は毎回顔ぶれを変えてやるらしい。

 う~ん。昔のコント番組って、もっとテンポがあって面白かったと思うけどなあ。というか、たけしと石橋の番組でたまにやっていたコントの方がずっと面白かった(名優・大杉漣がゲストで出た時は、驚異的に面白かった)。ネタというか台本を磨く時間が足りないのだろうとは思うけど。

 ネタとしては「大女優」のコントが一番面白かった。よくあるパターンを利用する方が、こういう場合は有利だと思う。

 しかし、このヌルさは、NHKだから?

 「お天気お姉さん」を見ていると、モーレツな睡魔に襲われて、どうにも目が開けていられなくなった。録画をしていないので、見なければならない!

 後半は半分寝ていたので、詳しい事が判らない。

 「タモリ倶楽部」は録画して、シャワーを浴びて、0時30分、寝る。

本日の体重:92.35キロ

本日の摂取カロリー:2230kcal

本日の消費カロリー:日常生活+381kcal/6429歩

« 参考資料読み込みの日 | トップページ | 章割りやって、「さらば愛しき女よ」を再見 »

コメント

う~ん…。

ちょっと言葉足らずだったかもしれない部分を加筆しました。

いえいえ、体重が…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57500620

この記事へのトラックバック一覧です: 日本推理作家協会定期総会に出席してみた:

« 参考資料読み込みの日 | トップページ | 章割りやって、「さらば愛しき女よ」を再見 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト