« ええと今日は何をしたっけ? | トップページ | 気功、100回記念 »

2013年5月26日 (日曜日)

いろいろあって筑波山ドライブ

 7時起床。

 薄曇り。

 朝のモロモロのあと、朝食。パンケーキを焼いて、ハムと目玉焼きを挟んで食べる。これはこれで美味い。

 iPhoneに新しい音楽を入れたりしたあと、新作の思いつきをメモする。具体的なアイディアではなく、概念的なイメージだけ。口で話せる程度だが、文章にしてみて正否を判断したいので。

 

 本日は、相方の荷物運びのためにレンタカーを出す。

 12時前にニッポンレンタカーへ。予約したものよりデカい車しか用意できないと昨日言われていた。荷物運びだから小さいのじゃ困るが、大きいのであれば大丈夫。

 が、借りたキャラバン・ロングは、トラックみたいな車高なので乗るのに一苦労。乗馬も馬に乗るまでがまず大変らしいことを思い出した。

 最近の商用車は設備がいいなあ。ちょっと前なら、本当に「荷物を運ぶだけの車」だったのに。

 相方と荷物をピックアップして、まずは三郷のオフハウスに行って、タンスを載せる。ついでに自分用にサーキュレーターを買う。今ある扇風機は古くて、コンデンサーから発火する危険があるし、デカい。低くて小さいサーキュレーターの方がいい。

 その後、腹が減ったので、この地域最大のショッピングセンタ「ピアラシティ」のホームセンター(常々思っているのだが、この「ホームセンター」っていかにも妙な言葉だと思う……しかしアメリカにもHome Centerという呼び方はあるのね。建材専門店を指すらしいが)にあるフードコートで昼飯。

 いつも見慣れたマルイのフードコートとは客層が違う感じ。まあ駅ソバと郊外ロードサイドの大規模店の違いがあるし。

 オムライスのハンバーグ載せを食べる。まあまあ。

 ついでに、ここで毛布を買う。安い!たった980円。ディノスや無印良品だと1万円近くしたのに。夏用のぺらぺらの毛布で充分だし。タオルケットではまだちょっと寒いので。

 その後、足立区まで戻って、荷物を目的地まで運んで降ろす。

 せっかく車を借りたのだからドライブしようということで、どこに行こうか考える。日帰りだし、もう15時になっているので、行き先は限られる。日曜で道も混んでいるし。

 袋田の滝という案もあったが、遠すぎる。

 ということで、筑波山に行くことにする。

 常磐道を疾走。

 「ナブッコ」の、サントリーホールオペラのライブ録音を聴きながら。ブルソンやグレギーナの豪華キャスト。東響の演奏も、この前の新国の東フィルより重厚でどっしりしている感じ。まあ、この音楽だとあの演出には合わなかったかも。

 高速を降りて並木が美しい「学園西通り」をえんえん走って、筑波山。

 筑波神社周辺は、驚くほど駐車場が少ない。17時に到着したから駐められたけど、観光シーズンの昼間とかだと、あぶれる車も多いだろう。

 駐車場は500円。しかし1日駐めても800円。この差はナニ?

 ケーブルカーで山頂に登ろうとしたが、駅は筑波神社の境内というか隣にある。

 ということで、というと筑波神社に失礼だが、まずはお参り。けっこう石段を登る。

Img_1095

 本殿にお参りした後、おみくじを引くと、大吉!

 去年の夏から、おみくじは大吉ばかり。まあ、そのワリには特別いいことは起きていないけど。しかしそれまでは「末吉」や「中吉」ばかりだったのに。

Photo

 併設された(というか)「出世稲荷」にもお参り。

 お参りしてから、今日は我々にとってこの方角はまさか「凶方」ではなかったよなあ、と考える。考えても判らないから、気にしないことにする。

 少なくとも吉方ではない。

 その後、ケーブルカーの駅に行こうとしたら、さらに石段を登らないとたどり着けない事が判った。

 この時間だと、山頂に着いてもすぐに戻らなければならないので、それはあんまりだろ、ということで、断念。また改めて来ることにしよう。

 筑波山山頂から関東平野を見渡す夜景が素晴らしいとのことだが、ケーブルカーの夜間運転は冬だけ。え~?どうして寒い時期に?まあたぶん、夏だと夜景がキレイに見えないからなんだろう。

 で、駐車場からの眺め。たしかに関東平野を一望の下に見渡せる。

Img_1097

 ということで、「筑波パープルライン」を走ることにする。

 この道路は、後から調べたら、「表筑波スカイライン」と「筑波スカイライン」の総称らしい。行ったときはそれを知らず、「パープルライン」という名称がどこにも書いていないので、迷ってしまって、ロープウェイの駅まで行ってしまった。

 ロープウェイはもう終わっているので、引き返して、やっぱりこの道だろうと、「表筑波スカイライン」に入る。

 この道はもう、盛大なワインディングロード。おれはこういう道は嫌いなのだが、車を借りると何故かこういう道を走る事が多い。

 実に不可解。

 後ろにスポーツカーがぴったり張り付いているが、これ以上スピードを出すとコワイ。どうもこの道は「走り屋」が集まるところらしい。上ってくる車も、こんな狭くて曲がりくねった道をガンガン飛ばしている。

 途中の駐車場に入ってスポーツカーをやり過ごそうとしたら、そいつも一緒に入ってきた。が、すぐにUターンして登っていった。

 常磐道で、東京に戻る。

 快適な走り。が、事故で渋滞が発生しているとのこと。

 それを避けるのと、腹も減ったので、途中の守谷サービスエリアに入る。

 60年代のアメ車が集まっていて、まとまって出発していった。「アメリカン・グラフィティ」に出てきたような、過剰にデカくて後ろに羽が生えているような、いかにも「アメ車」。

 一度でいいから、こういう無駄の極みのようなアメ車を所有してみたいねえ。維持費が大変だろうけど。

 パーキングエリアではそばとかカレーの軽食しか食えないが、サービスエリアならと思ったら、建て替え工事中で仮店舗。ちょうどメシ時でごった返していた。

 茨城だから豚肉が美味いだろうと、おれは生姜焼き、相方はトンカツを。

 客層は、タトゥーもりもりにモヒカンとか、ヤンキー風とかの、「ユニークな人たち」が多くて、こんな光景は東名とか他ではあんまり見ないなあ。

 しかし彼らは静かに食事して、終わるときちんとトレイを戻していた。こういう人たちは、社会のルールはきちんと守るし、けっこう律儀なのだ。人を見かけで判断してはいけないという典型。

 というか、小泉今日子も、普段は穏やかに暮らしているが、仕事で納得いかないことが起きると「ヤンキーの血が騒ぐ」らしい。

 そういうヤンキーはいいなあ。あのファッションは好きになれないが、気風はいいんじゃない?

 食事を終えて走り出したら、渋滞は解消されていたし、すっかり夜になってしまった。

 ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会のワルツ」が夜の高速道路にピッタリ!というか、なんかサスペンス映画かなにかで、敵に挑みに行く出撃の時みたいな感じ。

 相方を送り届け、自宅に戻ってサーキュレーターや毛布を降ろして、ガソリンを入れて、90分早く車を返す。

 自転車で帰宅。

 くーたんの機嫌を取ってご飯を出し、風呂に入る。

 涼みがてら、ゴミ出し。

 久しぶりに運転して、疲れた。しかもデカい車だったし。

 「情熱大陸」は壇蜜だったので、見ず。この人は普通に美人。普通にしていれば清楚系。営業努力で「劣情くすぐり系」を演じている。

 くーたんと遊んで、23時30分頃、就寝。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2768kcal

本日の消費カロリー:351kcal/5821歩+338kcal(車の運転)

« ええと今日は何をしたっけ? | トップページ | 気功、100回記念 »

コメント

益子に行くのに、よく通ります。山のない土地に暮らしている身には、筑波山からの眺めは感動です。

喜悦師さま:
お車で、でしょうか?
今度は筑波山の山頂まで行きたいと思います。
いやしかし、ケーブルカーだと駅まで辿り着くのが大変なので、ロープウェイで行こうかと……。

車と歩きです。眼下の眺望、唸りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57468630

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろあって筑波山ドライブ:

« ええと今日は何をしたっけ? | トップページ | 気功、100回記念 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト