« 夜にまとめて仕事 | トップページ | ショウ・マスト・ゴー・オン »

2013年5月10日 (金曜日)

新しい歌舞伎座で五月大歌舞伎第二部を見た

 9時起床。

 晴れ。

 思い立って部屋中に掃除機をかけたりして、朝のモロモロをしていると、すぐにお昼。

 キャットフードがなくなったので、ブランチがてら外出。

 北千住東口の定食屋でサンマ焼き定食と冷や奴を食べる。サンマは脂がのっていてビックリするほど美味い。

 いつものペット用品店でキャットフードを買い込んで、帰宅。

 ネットで調べ物をしていたりすると、もう時間。

 今日は新しい歌舞伎座に行く。第二部を見るのだ。

 14時に北千住駅で相方と待ち合わせて、東銀座へ。

Img_1091


 新しい歌舞伎座は、国立劇場のいいところを取り入れている感じ。2階ロビーは広くなって吹き抜けもある感じはモロに国立劇場。

 そして……絨毯がふかふかで、ちょっと驚いた。以前のはカーペットみたいだったもんな。

 3階A席を取ったが、以前なら花道なんか全く見えなかったのが、今度はちょっとは見えて、いい感じになった。劇場は新しい方がいいなあ。古い劇場も、観客のことを考えてリニューアルしてくれれば、別に建物自体が古くてもいいんだけど。

 で、「伽蘿先代萩」の御殿の場と床下の場。

 御殿の場は、芝居自体がかなり辛い。若君のために我が子を差し出して殺されるのはねえ……。

 誰だったか、子役にいつまでも一本調子の「ワザと下手くそな芝居」をさせないで、子役にもきちんと芝居をさせるべきだと言った人がいたと思うが、この御殿の場だけは、「あーれー」といういつもの子役芝居のほうがいい。様式的な芝居がリアルさを消して、安心して見ていられる。これがリアルな芝居をされたら、あまりにも残酷で、見てられないもの。

 床下の場は、荒事の典型なのだそうだが、荒獅子男之助(っていう役名自体がスゴイ)の吉右衛門は「カッカッカッカ!」「ブルルルルル」としか言ってないように聞こえてしまった。昔懐かしハナモゲラ歌舞伎のネタになりそうで……。

 で、幸四郎はスッポンから現れて、そのまま花道を去って行く(三階からはその去って行く姿は見えない)だけ。

 以前、この「 伽蘿先代萩」は通しで見たはずなのだが、義太夫歌舞伎は苦手なので、まるで覚えていない。

 まだまだ歌舞伎を鑑賞する修行が足りないです。けど、無理して苦手なものを見ることもないか。

 休憩を挟んで「吉田屋・廓文章」。ニザタマ・コンビのこれがお目当て。というか、相方のお目当て。

 仁左衛門はとにかく愛嬌を振りまいて、上手いねえ。いつもの凛々しいカッコイイ仁左衛門はどこかに飛んで、「やつれ」の役にハマりまくり。

 仁左衛門、ええわ~。素敵ヤワ~と、関西のおばちゃんみたいに感嘆。

 相方は、玉さんがずっと浮かぬ顔だったのが気に掛かったと。途中までは浮かぬ顔でいいけれど、最後は晴れて結ばれるんだから喜びに満ちて欲しいのに、と。

 まさか、勘三郎の死を思っての事ではないと思うのだが……。

 しかしねえ、やっぱり、勘三郎の死を思うと、どうしても涙が出る。偉大な役者は数あれど、こんなに死を惜しまれていつまでも悲しい役者は古今東西そんなにはいない。

 芸にはマジメに精進したけどヤンチャ坊主がそのまま大人になって、死ぬまでヤンチャをして歌舞伎を活性化させて盛り上げて、周囲を賑やかにして、突風のように駆け抜けて、逝ってしまった……。

 勘三郎の穴は、ちょっとやそっとでは埋まらないだろう。勘九郎は声や芝居はとてもよく似ているが、生真面目だからオヤジとは違う。やんちゃな部分は七之助が受け継いでいるのかもしれないが、女形だといろいろ制約があるよねえ。

 

 終了後、歌舞伎座の中を見物しながら、降りる。

 食事は、歌舞伎座の裏の「ぐーばーぐ」というハンバーグとスパゲティの店に初めて入ったが、なかなか美味かった。

 歌舞伎座の裏側、マガジンハウスの周辺って、あんまり足を踏み入れなかったけど、手頃で美味しそうな店が並んでるなあ。

 近所には「パリのワイン食堂」というのもあった。これはパリの裏通りにある気の置けないブラッセリーみたいな雰囲気で、とてもいい感じ。中なら金髪碧眼のお姉ちゃんが出てきて「ボンソワール」とか言ってたぞ。次はここでメシを食いたい。

 夜の歌舞伎座はライトアップされていて、美しい。

Img_1092


 帰宅して、月曜の気功に持っていく気功DVDを焼きましたり、押し入れから探し出した「Z」のサントラをiTunesに取り込んだり。この時、iTunesStoreで「Z」のメインテーマが売られていたので、もしかしてと検索してみたが、全曲はない模様。

 中古CDで「Z」が収録されているものを見つけたが、コレクターズ・アイテムなのか、1万円もする。

 LPから取り込んでCDにしたものを聞いてみると、音は悪くない。鑑賞には充分に堪えるので、もうこれでいいや。

 なんだかんだで23時前。

 ハワイアンを聴きながらゆっくり風呂に入る。気分はもう夏だ。

 風呂から出てきたら、「お天気お姉さん」は佳境に入っていた。全く笑わない武井ちゃんは極めて魅力的!武井ちゃんは笑っても可愛いんだけど、笑っていないと美しい。元ヤンらしいけど、元ヤンには美形が多いのはどうして?佐々木希もそうらしいし。

 録画して寝てしまおうかと思ったが「タモリ倶楽部」を見る。道路の「止まれ」を書く作業。今回は空耳アワーが面白かった。

 ついつい「ぷっすま」も見てしまい、1時過ぎに就寝。

本日の体重:91.60キロ

本日の摂取カロリー:1735kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 夜にまとめて仕事 | トップページ | ショウ・マスト・ゴー・オン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57359928

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい歌舞伎座で五月大歌舞伎第二部を見た:

« 夜にまとめて仕事 | トップページ | ショウ・マスト・ゴー・オン »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト