« 「第3章」に突入し、二期会「マクベス」に感激! | トップページ | カイロの先生の独立祝いに行って旧友と会って夜はクラ三昧 »

2013年5月 3日 (金曜日)

「0歳からのコンサート」に参った

 8時過ぎに起床。

 晴れ。

 行こうかどうか迷っていた、ラ・フォル・ジュルネの「0歳からのコンサート」(ビゼーの「アルルの女」組曲と「カルメン」組曲)だが、チケット代を捨てるのももったいないので、頑張って出撃。

 千代田線日比谷から歩いたが、日比谷~有楽町には機動隊がたくさん配備されていた。今日が憲法記念日だから?右翼と左翼が激突する予定があるのか?在特会がデモでもするのか?

 会場の国際フォーラムに到着。

 ちょっと何か食べようかと思ったが、どの屋台も10時開店。で、時間は9時45分。

 ホールAに行くと、ずらっとベビーカーの大群。「0歳からのコンサート」だもんね。これは覚悟しなきゃいかん。

 会場の98%はコドモ連れ。それも幼稚園以下。

 子供を連れていないのは、たぶん、おれみたいに間違えてチケットを買ってしまった迂闊なオトナなんだろう。

 椅子をバタバタさせたり泣き叫んだり。これはもう、演奏を聴くよりも、会場の様子を観察した方が面白そうだしイライラしなくていいかも。

 司会の石丸幹二が登場。ちょっとしたお喋りの後、「アルルの女」組曲を曲ごとに紹介。

 最初は大人しく聴いているので、それが意外だったが、15分を過ぎる辺りから、会場のあちこちで赤ん坊の泣き声が。

 おれの隣のコドモも、前の席の下に何か落としたみたいで、親に盛んにアピールしている。

 演奏はけっこういい感じだったが、客席をコドモがウロウロするわ、泣き叫ぶは、もう大変。

 いや……子供は悪くない。赤ん坊に聴かせようなんて、無理だ。

 だいたい、幼稚園児以下の赤ん坊に無理してクラシック音楽を聴かせる必要はない。英才教育をしたいなら、もうすでにやってるだろうし、音楽を好きにさせたいなら、好きなガキは放っておいても好きになる。

 まあ、「GWだし、たまにはコンサートとか行きたいよ!」というママに負けたパパが、「じゃあ0歳児から入れるコンサートがあるから、行くか」ということになったんだろう。日々、育児で目が吊り上がっているお母さんの気持ちはよく判る。だったら、託児施設のあるコンサートに行く方が精神衛生上いいんじゃないかなあと思う。

 しかしビゼーは素晴らしい。「アルルの女」組曲は美しいし、「カルメン」組曲も、オペラをまた見たくなってきた。魅力的な旋律と音色。やっぱり素晴らしい!

 でも、この環境では……。

 せっかくだから、屋台で何か食べて帰ろうと、「ステーキ丼」を買ったが、テーブルの空きがない。散々捜して、半ば強引に「相席」状態に。

 味はまあまあ。

 

 しかし、人は多い。嫌になるほど多い。お昼前だから、もうちょっと少なくて、ノンビリできるかと思ったら、ダメ。押し合いへし合い状態。

 最終日のコンサートのチケットを買おうかと思ったが、この人混みをまた相手にするのかと思ったら嫌になり、買うのを止める。GWは部屋でゆっくりしているほうがいい。

 でも……風は爽やかで、最高の天気。こんな最高の時に部屋の中にいるのはもったいないなあ……。

 東京駅まで、丸の内を歩く。

 この辺は街がきれいに整備されていて、街路樹の新緑が美しい。休日で車もあまり走っていないから、道が広い。

 この辺の街並みには、「格」を感じる。一丁倫敦の名残ですかのう。

Img_1090

 オープンテラスで何か食べていこうかと思ったが、スパゲティが1200円なので、止める。

 しかし、今の季節の丸の内界隈は、美しい。

 丸ビル1階のホールでは、ラ・フォル・ジュルネの一環の、ジャズ・コンサートをやっていた。立ち見は無料なのでしばらく聴く。ザ・ピーナツのカバーで知られている「可愛い花」をやっていた。

 いいねえ。音楽に溢れていて。

 そういやヨーロッパの街、特にアムステルダムは街が狭いし、あちこちで音楽を演奏していた。それが石造りの建物に反響して、極めて美しい音となって街中に広がっていた。

 ちょっとあんな感じ。

 東京駅から山手線に乗ると、秋葉原で緊急停止ボタンが押されたとかで神田で暫く停車。まあ、ほどなく発車。

 日暮里で常磐線に乗り換えたが、便意を催したので南千住で下車。

 駅のトイレで済ませたが、せっかく南千住に来たんだからと、駅前のバーガーキングへ。割引券を使って、ワッパーチーズとオニオンリングを食べる。やっぱりワッパーは美味い。

 で、13時過ぎに帰宅。

 仕事開始。

 イヤその前に、昨日の日記を書かねば。コンヴィチュニーの演出の素晴らしさをきっちり書き残しておかねば。

 というわけで頑張って書いたら、今日の精力の大半を消費してしまった感じ……。

 気を取り直して、仕事開始。

 予定したほど進まなかった。

 ならば、懸案化していた、旧友Oとの会食でもするかとメールして電話したが、応答なし。もしかしてと心配になる。電話くらい、出ろ!と思うが、まあ緊急の要件ではないし、出なきゃ出ないでエエわい。しかし、何かトラブルで出られないのではないかと思うと心配なのだ。

 夜になる。

 自炊するのは面倒なので、外に出て、迷った末に、北千住駅前の「富士そば」で盛りそばとカレーのセットを食べる。

 客の静態をいろいろ観察。一挙手一投足がどんくさい女性の独り客とか、おれが役者だったり役作りに応用できそうだなあ。人間はみんなとても個性的だ。

 帰宅して、仕事再開。

 アンドレ・クリュイタンスの「アルル」「カルメン」組曲のCDが欲しい。それもフランスEMIのものが。同じ録音でもフランス盤の音がとてもいいのだ。軟らかくて美しい。日本盤は音を弄ってるんだろうか、潤いがない。

 その点、Deccaは国内盤でも輸入盤でも音に大差はないのだが。

 アンセルメ盤はLP時代から愛聴しているので、クリュイタンス盤が聴きたいんだけどなあ。仕方がないから国内盤を買うかなあ。

 Oから電話が入った。無事に生きていたかと、安心。明日の昼に会うことにする。

 休憩。

 「金スマSP」で、坂上忍の葛藤に溢れた半生をやっていた。ギャンブルと女と会社の倒産で莫大な借金を残した父を嫌うのに、同じようなことをして仕舞うというのは、「サガ」というものか?

 

 風呂に入って、涼みがてら資源ゴミを出す。

 

 「お天気お姉さん」を見る。武井咲は凄くいい。

 美人はツンとしているか怒っている顔が魅力的だ、というのはおれの持論だが、これって真実でしょ?武井咲の「一切笑わない」姿は極めて魅力的。不思議ちゃんな役がとても似合っている。

 今回の謎解きはかなり無理無理だったと思うが。

 「タモリ倶楽部」は録画して、さっさと寝ようとしたらアレコレあって、1時過ぎに就寝。

本日の体重:計れなかった

本日の摂取カロリー:2776kcal

本日の消費カロリー:日常生活+451kcal/7620歩

« 「第3章」に突入し、二期会「マクベス」に感激! | トップページ | カイロの先生の独立祝いに行って旧友と会って夜はクラ三昧 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57305980

この記事へのトラックバック一覧です: 「0歳からのコンサート」に参った:

« 「第3章」に突入し、二期会「マクベス」に感激! | トップページ | カイロの先生の独立祝いに行って旧友と会って夜はクラ三昧 »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト