« 新しい歌舞伎座で五月大歌舞伎第二部を見た | トップページ | (たぶん)生まれて初めて投稿が番組で読まれた »

2013年5月11日 (土曜日)

ショウ・マスト・ゴー・オン

 天海祐希の心筋梗塞による降板で、急遽代演をすることになった宮沢りえ。わずか2日半の稽古で、見事に演じきり、10日の舞台は「伝説の一夜」になった。それを報じる日刊スポーツの記事が感動的なので、ここに保存しておきたい。

 宮沢りえ(40)が奇跡の舞台をみせた。10日夜、心筋梗塞で降板した天海祐希(45)の代役を務める舞台「おのれナポレオン」が上演された東京・池袋の東京芸術劇場のステージに立った。わずか2日半の稽古で本番に臨んだが、130のせりふもよどみなく、完璧に演じきった。カーテンコールでは、満員の観客から総立ちの拍手を浴びた。5月10日は伝説の一夜になった。

 舞台の神様が、りえに舞い降りたとしか思えない舞台だった。8日の代役決定からわずか2日半。25時間の稽古時間しかなかった。誰もが不安視する中、幕が開いた。

 開演から8分。ナポレオンの愛人アルヴィーヌ役のりえが「ようこそ、おいでくださいました」と最初のせりふで登場した。言葉は自然に響いて聞こえた。心配は吹き飛んだ。

 野田秀樹が演じるナポレオンの前で、夫(山本耕史)とともにモリエールの芝居を見せる劇中劇の場面。りえが「せりふは入っているわね」と聞き、山本から「お前に言われたくないよ」と切り返された。りえの置かれた状況を逆手に取ったやりとりに笑いが起こった。さらに2人が稽古をしていたことについて、野田が「1日か2日、稽古をすればうまくなるのか」と尋ねたり、「見ている人を緊張させてはいけないな」と言うなど、作・演出の三谷幸喜氏が今回の代役劇を笑いに転換する仕掛けもはまっていた。天海を想定して書いた細かい部分はカットしていた。

 りえは、生き生きと演じた。時にはかわいく、時にはなまめかしく、違和感なく表現した。初日から1カ月経過した舞台にとけ込んでいた。三谷作品らしい笑いの場面では、普段の舞台で見せないコメディエンヌの一面も発揮して新鮮な印象さえ与えた。制作側は、せりふや立ち位置、所作などを忘れた場合に備えてプロンプターと呼ばれるスタッフを配置したが、無用だった。130を超えるせりふもよどみなく、ノーミスで演じきった。

 そしてカーテンコール。休憩なしの2時間20分の舞台をやり遂げたりえを、立ち見も出た満員の観客は総立ちの拍手でねぎらった。三谷氏は舞台そでから、野田、内野聖陽、山本ら共演者も舞台上で拍手を送った。硬い表情だったりえも、野田の腕をつかみ、「やめてくださいよ」というしぐさをみせ、しきりに照れていた。女優として評価を上げ続けるりえにとって、今回の代役はリスクの高い賭けだった。好奇の視線も浴びたこの日の舞台は、確かに伝説の一夜となった。まずは初日を乗り切った。12日の千秋楽まで公演はあと3回ある。【林尚之】 [2013年5月11日7時5分 紙面から]

 古今東西、代演からスターになった役者やオペラ歌手は多々あれど、すでにスターの宮沢りえが、大きなリスクを覚悟して代演を引き受け(スポニチの記事によれば野田秀樹の打診に二つ返事だったとか。以前に野田秀樹に迷惑をかけた恩返しとのことだが、それにしても……)たのは、その「男気」に感嘆する。しかも、プロンプターも不要だったほどのほぼ完璧な出来だったと言うから、これはもう、凄いことだ。

 三谷さんの芝居に「ショウ・マスト・ゴー・オン」という名作がある。舞台は、幕が開いたら何が起きても絶対に続けなければいけない。それは公演が始まったら終演までも同じ事。あの芝居を地でいく、凄いことをやったわけで、この快挙には感動するしかない。急遽台本を書き換えて演出も変えて、この窮地をギャグにしてしまった三谷さんも凄いし、なんとかバックアップしようとした周囲も凄いが、何と言っても、宮沢りえ!

 プロとはこの人のことを言う。

 誰もが出来ることではない。

 で。

 本日は、朝早くに海浜幕張に行かねばならない。

 6時起床。

 目覚ましが鳴ると同時に起きて、くーたんにご飯を出すのも含めて20分で支度をして外出。

 つくばエクスプレス~武蔵野線で、7時30分に海浜幕張着。

 所用を済ませて、せっかく来たのだから、ちょっと仕事をしていこうと、駅周辺のファミレスを捜す。

 事前に調べたところでは、数軒のファミレスがあるはずだが、見つからず。もっと捜せば良かったのだが、雨が降ってきて傘がなかったので、南口にあるパン屋の「サン・エトワール」に入ってクロワッサンやクロックムッシュ、ピザを取って、店内で食べつつ、持参したHPminiで仕事。

 ここは外国人がとても多い。キーボードを叩いていると、オレを知り合いと間違えたのか、親しげに「Good Morning!」と言われて、一瞬周囲を見渡してしまったら、相手の白人男性は苦笑して去って行った。やっぱ誰かと間違えたのかな?それともただ朝の挨拶をしたのにおれが応じなかったから困惑したのか?

 西洋といってもヨーロッパの人は知らない人にオハヨウとかあんまり言わない。アメリカ人は言うのかも知れないが。ま、おれの短い旅行の経験だけで判断するのはアレだけど。でも、いくらフランクでフレンドリーなアメリカ人でも、食い物屋にいる見ず知らずの者に挨拶はしないよなあ。おれ以外の人には挨拶してなかったし。

 ということで、人違いだったと言うことにしておこう。

 1時間居て、ウンコを催してきたが、この店にはトイレがない。他の客がトイレの場所を聞いているのが耳に入った。

 店が入っているビルのトイレを使えと言っていた。

 で、店を出て、ビルに入る。3階の男子トイレの個室には、先客が。かなり切迫してきたので、女子トイレに侵入しようかと思ったが、痴漢に間違われるのもナニだから、我慢。

 駅に入ってトイレ、と思ったが、駅のトイレでウンコしたくないんだよねえ。汚いから。

 で、北口を見ると、コーヒーショップが営業していたので、入る。

 ここはハワイアン・カフェだった。美味そうなパンケーキもあったが、さっきの店でさんざんパンを食べたので満腹。レモン・タルトとコーヒーを頼み、トイレへ。

 スッキリして席について、タルトを食べつつ、仕事続行。

 1時間ほど居て、帰ることにする。

 帰路は新松戸から常磐線にしようかなと思っていたら、常磐線で人身事故発生。上下線とも止まっているとのことで、来たときと同じルートで帰る。

 海浜幕張では結構降っていたが、北千住は霧雨状態。

 10時過ぎに帰宅して、日記をアップしたりしていると、お昼。

 帰路買ってきた「釜揚げしらす高菜明太ごはん」を食べる。

 今日明日とフルパワーで頑張らないと締切がクリアできない。ここは宮沢りえの頑張りに学んで、きっちり幕を閉めたい。つまり、締切を守りたい。

 相方からのメモも来ていたが、この前打ち合わせておれが書いたメモに補足した、と言うことだったので、逐次取り込むことにして、書いている部分を読んで取り込む。

 が、新しい章の書き出しやセッティングに迷って、なかなか進まず。

 寝不足なので眠い。

 15時から1時間ほどソファに横になる。横になった途端に、ベッドの布団に潜り込んでいたくーたんがやって来て、おれと一緒に寝始める。夜は絶対にベッドに入ってこないのに、昼間だとピッタリくっつきたいのは何故?

 

 夕食用のご飯を炊くが、お米が2合しかなかった。いつも3合炊いて残りをパックして冷蔵庫にしまうのだ。

 ご飯が炊けるまでMacに向かう。

 で、キャベツとソーセージを炒めて、夕食。

 食後、テレ東の「駅伝の旅」を見る。これは過酷だろう。というか番組に出てくれる人が少ないだろう。しかし猫ひろしの走りはさすが。芸人の余芸ではなく、もう本職という感じ。

 その流れで「アド街ック天国」も見る。三軒茶屋。中目黒に住んでいる頃は、三茶にはよく行った。ゴミゴミしているところが小ぎれいにまとまった世田谷方面の街には珍しく、面白いところだ。その中でも「三角地帯」はけっこうディープ。映画を観るためによく行ったなあ。

 こういう街を見ると、酒をあまり飲まないから、こういう街の楽しさを知らないんだろうなあと少し残念。しかし飲んで騒いでる分の時間を、おれは自由に使えるわけで。

 TBSの「ニュースキャスター」で宮沢りえの雄姿を見ようと思っていたら、相方から電話。相方のメモは、実は、結構変更があったようで、その変更について、その必要はないんじゃないかと思ったが、相方の考えも理解出来る。とにかくクライマックスで如何にサスペンスが盛りあげるか、そのためにはどうすればいいのか、が最大のポイント。キャラクターの一貫性もあるし。

 明日の朝、もう一度話すことにする。

 風呂に入って出てきたら、「チューボーですよ!」が始まっていた。今夜のゲストは宮藤官九郎。歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」をやったとき、稽古中、勘九郎が下ネタをやって、歌舞伎座でこんなことやっていいのかなと思ったら、一番大声で笑ったのが勘三郎だったとか、映画「真夜中の弥次さん喜多さん」にアーサー王の役で出て貰い、「夜でもアーサー」というセリフを書いたらウケてしまって、アリゾナから電話をかけてきて「夜でもアーサー!」と言われたが時差があったのに……という話が面白かったのと同時に……。やっぱり勘三郎がもうこの世にいないというのが信じられないし、信じたくない。

 遊ぼうと強烈アピールするくーたんを遊ばせつつ、仕事をするが、もう進まないので、終了し、村上春樹の「村上朝日堂」サイトの書き込みをまとめた本を読み、1時過ぎ就寝。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:1987kcal

本日の消費カロリー:日常生活+256kcal/4344歩

« 新しい歌舞伎座で五月大歌舞伎第二部を見た | トップページ | (たぶん)生まれて初めて投稿が番組で読まれた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57366255

この記事へのトラックバック一覧です: ショウ・マスト・ゴー・オン:

« 新しい歌舞伎座で五月大歌舞伎第二部を見た | トップページ | (たぶん)生まれて初めて投稿が番組で読まれた »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト