« 新作準備しつつ、テニス | トップページ | 日本推理作家協会定期総会に出席してみた »

2013年5月30日 (木曜日)

参考資料読み込みの日

 6時30分起床。

 雨。

 この調子で起床時間を早めていければいいなあ。

 朝のモロモロをしていると、宅急便が。アマゾンに注文していた参考資料がまとまって届く。

 パラパラ読んでいるとモーレツに腹が減ってきたので、ご飯を炊く。

 先日、筑波山に行ったとき、守谷サービスエリアの売店で買ったイカ天とゴボ天、そして玉子かけご飯にインスタントのしじみ汁で朝食。

 参考資料、とても面白いが、まさに「事実は小説より奇なり」だよなあと思う。どんなにリアリティのない展開でも、それが「本当に起きたこと」なら仕方がない。不思議だが本当だと言うしかない。しかし、小説でそれクラスの作り話を書くと「なんじゃこれは」と言われてしまう。編集者は通過しても読者諸兄に相手にされなければ、それは失敗作だ。

 う~む。

 新作の犯人像について、いろんな可能性を考えて、まだ「これだ!」という段階には達しない。

 一方、村上春樹訳の「ロング・グッドバイ」は、分厚いのに驚き、ぎっしり詰まった書式にもビックリ。清水俊二訳の「長いお別れ」はこんなに分厚くなかったよね?それだけカットされていたと言うこと?

 巻末に村上さんの訳者あとがき、というよりも長いエッセイというか、チャンドラー論・「ロング・グッドバイ」論が載っていて、これまた面白い。

 構成的には、今回は正統派ハードボイルドで行こうと決めた。

 で。

 分厚さ、と言うことで驚いたのは、Mac専門誌「MacPeople」最新号。

 先月号までは右綴じ平綴じ縦書きだったのに、突然、左綴じの中綴じ、横書きに変更。しかもかなりの減ページで、広告が入るべき最後のページまで記事が詰まっている。

「え~なんだこれ」と、かなりのショック。それだけ広告が入らないのか、売れないのか。

 おれはずっと「MacPower」を読んでいたが、あの雑誌は上級者向けでおれには難しかったので「MacFan」を経て「MacPeople」に移った。ほどなくして「MacPower」は内容を変え季刊になり、今は年2回発行の「MacPeople別冊」みたいな扱いになってしまった。

 純粋に内容だけを見れば、特集の切り口としても他の記事にしても、「MacFan」のほうが優れている。というか、おれレベルのユーザーにはぴったり。

 だけど……おれはアスキーの雑誌に特有の「同人誌の名残」みたいなノリが好きなのだ。プロの編集者が仕事として作っている雑誌と言うよりも、好きな連中が集まって好きなことをやってる感じがあって、そのユルさが好ましいのだ。

 雑誌って、「無駄なページ」がキモなんじゃないかと思う。エロ雑誌に何故か紛れ込んでいるエロじゃないコラムが妙に面白くて毎号買ったり、硬い雑誌の軟派ページやその逆とか、その雑誌本来の部分ではない、オマケ的なページが好き。そういうのは多分、多くの人と共有できるんじゃないかと思う。

 で、おれはアスキーの出している雑誌にそれを感じていたのだが……こんなに無残な感じになってしまったら、もう「MacFan」に乗り換えようかなあ、と思ってしまう。

 今までこの「MacPeople」は中綴じになったり平綴じになったりと判型は何度も変わってきたけれど、今回の変更には大きな違和感がある。たぶんそれは横書きになったことだと思う。

 とまあ、不満タラタラで読んでいくと、急遽判型を変更したんじゃないかと思われる箇所が多かったが、これはまあこれでいいんじゃないの、と思えないこともない。おれが好きな「同人誌臭さ」も残ってはいるし……。

 あっという間に夕方。

 今日はカイロの予約を入れてある。昨日のテニスで右腕が痛い。

 雨がパラつく中、自転車で行く。

 やって貰っている最中に、iPhoneに着信。青汁の配達とぶつかっていた。カイロの予約を変更したので、それでかち合ってしまったんだろう。

 施術の後、「グルメシティ」で夕食のおかずを買って、帰宅。

 ほどなく青汁おばさんが来る。

 資料を読んでいると、もう夜。

 買ってきたコロッケを温める。グリル・プレートではなく、オーブントースターを使う。どっちも似たような感じだけどなあ。オーブントースターの方が上下いっぺんに加熱出来るから便利な気もするけど。

 キャベツの千切り・ポテトサラダとともに。

 食後も資料を読む。

 う~んどうするべきか。悩むなあ。

 夜、相方と電話で打ち合わせる。構成については意見の一致を見たが、犯人像についてはまだまとまらない。あんまり現実の事件に引っ張られるのもアレでナニだしなあ。

 風呂に入ったら、22時を過ぎる。「報道ステーション」を見る。

 大阪市議会の問責決議、今回は橋下氏の作戦勝ち。問責を出す方がびびってたら負けるだろ。で、負けると実にカッコ悪い。

 橋下氏は、今回の「軍隊と性処理」というとてもデリケートな問題をかなり乱暴に扱った結果、味噌をつけてしまったが、「味噌をつけてしまった」程度で済むのか、これがジワジワと効いてくるのか、橋下氏が今回の失敗で学ぶのか、居直るのか、注目ではある。この人の発進力と腕力は、決して侮れない。

 オザワだって、今度こそダメだろうと思うが、新進党を解党してから自由党で連立入りして、それが分裂して凄く小さな自由党になった時も「これでオザワは終わり」と誰もが言っていたのだ。だから今回も……とは思うが、しかしさすがにねえ。

 オザワが入った(噛んだ・絡んだ)政権は、途中でオザワが制御不能になって空中分解してしまうことがこれだけ続けば、もう誰も組まないんじゃないか?党勢拡大はしても、政権を取ったら野党より扱いにくい反主流になって反旗を翻すんじゃ、たまらない。

 早く寝ようと思ったが、「アメトーク」の「あがり症芸人」を見てしまった。彼らもプレッシャーや緊張と戦ってるんだなあ。で、彼らの「うわずり芸」は、実はあがり症ゆえの事だったのだと氷解。「NONSTYLE」の「井上じゃない方」がオチをミスったときにさりげなく井上がフォローしていて、井上の好感度アップ!あれは嫌われ芸なのか?

 とかなんとかで、0時過ぎに就寝。

 明日は日本推理作家協会の「総会」に初めて出席する。今まで委任状を出してパスしていたが、一度くらいは出てみて、総会の雰囲気を見てみたいので。

本日の体重:91.60キロ

本日の摂取カロリー:1613kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 新作準備しつつ、テニス | トップページ | 日本推理作家協会定期総会に出席してみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57494296

この記事へのトラックバック一覧です: 参考資料読み込みの日:

« 新作準備しつつ、テニス | トップページ | 日本推理作家協会定期総会に出席してみた »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト