« テニス合宿 in 仙台 | トップページ | へろへろだが、気功 »

2013年6月 9日 (日曜日)

仙台市内をぐるぐる観光

 6時に目が覚めたが、6時40分に起きる。

 7時に食事に行く一行を見送って、我々最後まで起きていた3人はまず、お風呂。

 今日のお風呂は、「広い方」だが、広すぎて、仰天。なんだこの超豪華な風呂は!

 露天だらけ。しかも、一人用の壺湯もあるし、桧風呂もあるし、温度も違う。おれはぬるめの方が好きなので、ぬる湯の湯加減に感動。

 食事時なので、人も少なくて……いや、けっこういたかもしれないけど、余りに広いので閑散としているような感じだった。

 昨日は感じなかったが、微かな硫黄臭があった。やっぱり温泉だねえ。

 相方は先に食事を済ませたので、おれは元コーチのHさんと朝食。和食で攻めたが、どうもここは洋食系の方が美味しかったらしい。たしかにスクランブルエッグはとても美味しかった。温泉玉子も出汁巻き玉子も食べてしまった。

 その後、荷造りして、相方と待ち合わせて、温泉街を散策。

 「おはぎの手作り」で有名なスーパーマーケットに行く。

 ここは一見、普通のスーパーなのに、おはぎ売り場が異様に充実。していて、お客もおはぎをメインに買っていく。

 あんこのオーソドックスなおはぎと、胡麻のおはぎを買う。

 近所の公園で食べようと思ったが、公園のように見えたのは個人所有の駐車場兼ゴミ置き場だったので退散。

 宿のロビーで食べて、ついでにお土産も買う。部屋にあって美味しかった梅餡のお菓子を。

 で、ロビーで喋っていたら、他の面々も集まってきた。

 

 11時前に出発。

 30分後に、仙台駅到着。帰りのチケットを貰って、解散。新幹線まで自由行動。

 宿で貰った仙台の案内マップを見て、おれたちは、市内を循環する「るーぷる仙台」というバスに乗ることにする。

2504dc_loople_top

 荷物を預ける大型ロッカーがなくて、新幹線南口まで行って、やっと発見。

 荷物を預けてバス乗り場に行ったら、タッチの差で11時30分のバスが行ってしまった。

 次のバスを待つが、このバスは人気があって満席になったので、1つ待ってよかったのかも。

236map

 で、「杜の都」を象徴するようなケヤキ並木を歩きたかったので、「メディアテーク前」で下りることにする。今回は時間がないので、仙台城趾や博物館などは通過。

 しかし、仙台市内をぐるっと回ったので、この街が持つ気品のようなものは感じることが出来た。

 落ち着きと豊かさとセンスを感じる。

 適度に都会で、自然が豊か。街というのはこのくらいの規模がちょうどいいのかもしれない。北の街ということもあって、なんとなくヨーロッパの感じもするのよね。

 あ、風が違うのか!

 今日は昨日と一転して、素晴らしい天気。日差しが強くて、痛いほど。しかし風は爽やかで、何とも気持ちがいい。この空気が、何とも素晴らしい。

Img_1119

Img_1120

 街の目抜き通りに、鬱蒼と茂る並木があるのも素晴らしい。

 やっぱり、雄藩の城下町というのは、凄いものがあるんだな、と感服。

 徳島なんか、甞てはそこそこ金もあったはずなのに、街は貧相でまるでお話にならない。金がある時に街をまるで整備しなかったから……いや、金があったのは明治時代までで、あとはじり貧だから、近代的街作りも出来なかったのか。隣の香川・高松と比べても雲泥の差だったもんなあ。

 典型的田舎町と、地方の拠点都市の大きな違いだねえ。

 文化の香りもするし、この街なら住みたいと思う。けど今は復興バブルだとかで、家を捜すのが大変らしい。

 で、ケヤキ並木を歩いて、アーケードの商店街に入る。

 相方のウィンドウ・ショッピングに付き合ったのだが、このアーケード街にはもの凄い人がいた。

 地方都市ってけっこう中心部に人がいなくて郊外のショッピングセンターに分散してしまったりするが、仙台は違う。やっぱり街の中心部は賑わっていなきゃ、街が死ぬ。

 こういうところも、ヨーロッパの街みたいで、とてもいい。

 別にヨーロッパの街的だからイイと言うのではないのだけど、ヨーロッパの街って、首都を除けば、人間のサイズに合った、住みやすくて暮らすのが楽しくなるような顔を持っている、と思う。しかし日本の都市って、そう言う顔がなかったりする。中心部に人がいなくてガランとしてシャッター商店街が並んでいるような街は、死んでいるに等しい。そうなるのは郊外の巨大ショッピングセンターが出来たせいもあるだろうが、都心部に魅力が無くなってしまったコトも大きいはず。昔のままの商売が通じる世の中じゃないんだから、商売人としてはいろいろ工夫しなきゃダメでしょ。

 しかし、仙台は、いろいろと違う感じがする。徒歩圏内にすべてがあるからとても住みやすい、と元コーチも言っていたし。

 牛タンの老舗の本店でランチ、と思ったが、おはぎを食べてお腹が空かない。というか、疲れてきて、食欲も湧かなくなってしまった。

 昨日散々テニスして、酒を飲んで夜更かしして、今日は1万歩歩いたんだから、疲れるよなあ。

 アーケード街を歩いて、仙台駅へ。

 結局、駅の中にある「伊達の牛タン」の店で、ランチ。

 比べてはいけないのかもしれないが、東京の「ねぎし」よりも格段に美味いと思った。

 美味しいものを食べると、食欲が回復してくるし、疲れも取れる感じ。

 で、荷物を出して、新幹線のプラットフォームへ。

 

 みんなと落ち合って、「やまびこ60号」で上野へ。

 おはぎを食べたりして、喋っていると、あっという間の2時間。

 上野駅のプラットフォームで解散。

 京成線で千住方面へ。

 夕食を食べる元気もなく、帰宅。明るいうちに帰宅すると、なんとなく余裕がある感じ。

 くーたんがお出迎え。もうベタベタ。

 荷解きして、ソファにひっくり返ると、そのまま寝てしまった。

 目が覚めたらもう外は暗くなっていた。

 風呂に入る。

 21時近くなるとさすがにちょっと腹が減ったので、自転車で外出。

 「柏屋」はさすがに閉まっていたので、駅前の「富士そば」でざるを食べる。

 帰宅して、録画した「タモリ倶楽部」を見て、「お天気お姉さん」最終回を見始めたが、途中で沈没。

 もうダメだと、22時30分に就寝。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2316kcal

本日の消費カロリー:686kcal/11597歩

« テニス合宿 in 仙台 | トップページ | へろへろだが、気功 »

コメント

ようこそ仙台へ。機会があったら、穴場ご招待しますよ。うちのお墓とかw

仙台は、いい街ですね!一目惚れしました。
最近、東京が疲れるんですよね。って、東京の田舎である北千住からあんまり出ないんですけど……。
適度に都会で自然があって、郊外に有名な温泉があって、食べ物が美味しくて、街に清潔感が漂っていて……と、いい事しか目に入りませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57561403

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市内をぐるぐる観光:

« テニス合宿 in 仙台 | トップページ | へろへろだが、気功 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト