« いろいろ考え中。もしくはチャンドラーに夢中 | トップページ | 新作準備やってテニスして »

2013年6月 4日 (火曜日)

目的のラーメン屋が臨時休業で途方もない敗北感に打ちひしがれた夜

 7時前起床。

 完全に寝不足だが、昼寝すればいいや。

 晴れ。

 朝のモロモロをして、今朝はマクドナルドに行ってモーニングの「エッグマフィン」を食べる。

 玉子とベーコンと言うけど、ベーコンじゃなくてハムだよね。まあ、美味しい。

 ヘソクリを貯金して、記帳。完全に金欠。大赤字。しかしもうすぐ印税が入るから、それまでの我慢!

 

 帰宅したら、相方から電話。少し打ち合わせる。

 

 あれこれやっていると、すぐにお昼前になってしまう。それを考えると、主婦兼業作家の方々は本当に大変だと思う。

 と言いつつ、アサイチで届いた「ファミリー・ツリー」のブルーレイ・ディスクを見る。これは特典映像目当てに買った。

 とても和気藹々とした現場で、撮影監督が新入りに「現場がみんなこうだと思うなよ」と言ったとか。これは監督の人柄なのだろう。

「あの監督の映画には出たかった」

 と役者に思われる監督って、そんなにいない。

 スタッフやキャストの心を掴む。映画監督はこれが必須なのだが、なかなか出来るものではない。持って生まれた人徳なのかも。助監督時代、数人の監督にしかついていないが、見ていて、スタッフから好かれずキャストにもスルーされ気味だった監督を見て、おれは無理だ、と尻尾を巻いて映画界から逃げ出したもんなあ。

 アットホームな現場だったのはロケ地がハワイだったことも大きかったようで、「普通だとみんな早くロケを終えて帰りたがるのに、今回はみんなハワイに居続けたがっていた」と。そりゃそうだよねえ。ハワイはニューカレドニアより天国に近いと思う。美しい自然だけでは、いろいろ不便。しかしハワイにはホノルルという大都市もあるし。

 ジョージ・クルーニーが愛すべき人物で、しかも俳優としてはプロ中のプロ。メイキングでも常に共演者を笑わせて和ませている。主役は「座長」だから、そういう事が出来るのはやっぱり尊敬できるなあ。

 ハワイに行きたいなあ。

 ところで、最近は、なにかと「~活」と言いたがる風潮がまことに軽薄で嫌になる。「就活」はまあええわい。「婚活」となると浅ましい感じが強くなるが、「終活」ってなんやねん!2010年の流行語らしいから、もう古い言い回しだが、これほど人をバカにした表現もないんじゃないか?

『終活とは(自分の)人生の終わりのための活動の略』

 って、人生の終わりのための活動ってなんだよ!いやまあ、独身だったり独居だったりすれば、墓とか葬式とか遺産処理とか、いろいろあるのは判るが、それを「終活」と言ってしまうのは、人生への冒涜だと思う。そして、こんな言葉を使う連中は軽佻浮薄の典型で、下衆の極みである。

「美味いとんかつ屋を捜す活動」

 なら、『トン活』なのか?大島渚に「バカヤロー!」と怒鳴りつけて貰いたい気分。

 昨日打ち合わせした「犯人の件」を文章にして、相方と担当M氏に送る。

 だんだん作品の姿が見えてきた。

 で、中央図書館に行く。

 CDとストラヴィンスキー自伝を返すしに行くついでに、新たな本を借りる。買うべきかどうか判断がつかない本は、図書館で借りてみてから、を励行しよう、ということで警察関係の本を借りる。

 帰路、北千住西口の「柏屋」で、冷やし胡麻ダレそばを食べる。

 う~。やっぱり、美味い!なんだろうね、この美味さは。前回は特別美味しいと感じたのかと思ったが、今日もカラダに染み渡るような美味さ。

 帰宅して、借りてきた資料本を読む。1冊は余り役に立たなかったが、もう1冊は手許に置いておくべき本だと判ったので、アマゾンで注文。

 アマゾンのユーズドは、絶版本を買うときに利用しているが、アマゾンが配送を担当している店だと新刊と同じようにすぐ届く。代金は、送料を加算しても自分の店から発送する店とあまり変わらない。自分の店から発送するところは、配達が遅い場合があってイライラする。10日くらい待たされたときがあったぞ。その時は苦情を申し立てたけど。ん?それくらい待てって?

 その他にも類書を注文。

 で、なんとなく晩飯の時間が遅くなってしまった。ワールドカップ最終予選のオーストラリア戦は、見ないと決めていた(負けるのがコワイから)ので、ずっと参考資料を読んでいたら、出先から相方が電話してきて、また打ち合わせ。

 いろいろ細かなところで食い違っていたのを、摺り合わせる。

 この段階を疎かにすると、後から大きく書き直しの必要が出てきたり、途中で話が変わってしまったりして、余計に時間がかかってしまう。

 なので、この基礎工事の時間はキチンと取って、土台をしっかり固めてから書き出したい。

 電話が終わったのが、20時。

 今夜は、草加にある博多ラーメンの店「清水屋」に行く。上野の「一蘭」にしようか激しく迷ったのだが、クリーミーなスープを求めると、清水屋かなと思ったので。

 東武線の急行で10分。駅から5分。

 しかし、店の電気は消えているぞ。まさか潰れたんじゃないだろうな……。シャッターに張り紙が。

「社員研修のため、6月345とお休みします」

 なんだって~!先に言えよ!って、店のサイトまでは見ていなかった。というか、店のサイトなんかないじゃん。ツイッターはやってるのかもしれないが、おれはツイッターを廃止したので見ないし。

 途方もない敗北感に打ちひしがれてしまった。どうして、たかがラーメン屋が閉まっていただけで、ここまで落ち込むんだろうと自分でも思うほどの衝撃。

 まあ、町田や八王子から遠路はるばる食べに来たんじゃないし、同じ沿線なんだから、とは思うが……なんだ?この絶望感は。頭がおかしくなったんじゃないかとふと思ってしまったほど。

 しかしまあ、休みなんだから仕方がない。

 近所の「珍来」で食べて帰るのもなあ。美味そうな定食屋があったが、今日のおれは博多ラーメンを食いに来たのであって、定食を食いにわざわざ草加まで来たのではないのだ。

 

 ならば、ということで、次善の策を考える。浅草に行くか、上野に行くか。東武線に乗れば浅草に行くし、日比谷線に乗れば上野に行く。

 浅草の博多ラーメンの店は、おれの記憶では「まあまあ」。

 じゃあ上野の「一蘭」にするか、と日比谷線直通に乗る。

 車中で、日本代表は1-1の引き分けでブラジル大会出場が決定。オーストラリアには勝てないねえ。本田がいなかったら負けていたかも。

 それだけ本田って決定的な選手なんだと思うけど、本田がいなくても勝てるチームじゃないと……って、そんなのは無理か?外国の代表チームだって、「決定的選手」っているわけだし。

 本田も早く、メジャーなチームで活躍して欲しい。

 とにかく、よかったです。

 で、上野。JR上野駅のアトレにある。幸い行列は出来ていなかったので、すんなり入り、食券を買う。トッピングをあれこれ追加して、替え玉ではなく小ライスにする。スープに浸した海苔でご飯を巻いて食うのが好きなのだ。

 で、ここはブースになっていて、隣の客を気にせず食べられるので、女性客も多い。

 待つことしばし。

Img_1118

 注文のミスをしてしまったのか、真ん中に赤いものが乗っている。たぶん辛いんだろう。おれは博多ラーメンに辛さを求めないから……。レンゲですくいだせばよかったが、まあいいやと混ぜて食ってしまった。

 それが失敗だった。妙に辛みがアクセントになってしまって、辛いスープになってしまった。おれはこういうものを求めて来たんじゃないんだよ!

 「筑前屋」を基準にすると、クリーミーさが違うなあ。「一風堂」も違ったし……。

 常磐線で帰ってくる。

 「報道ステーション」で試合の結果を見る。

 日本が終始押していたのね。

 風呂に入って、くーたんを遊ばせてから、聖さんから戴いた「ブラックマスク異色作品集」を読んでいると、もう1時!

 慌てて寝る。

本日の体重:91.90キロ

本日の摂取カロリー:1974kcal

本日の消費カロリー:日常生活+234kcal/3938歩

« いろいろ考え中。もしくはチャンドラーに夢中 | トップページ | 新作準備やってテニスして »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57528595

この記事へのトラックバック一覧です: 目的のラーメン屋が臨時休業で途方もない敗北感に打ちひしがれた夜:

« いろいろ考え中。もしくはチャンドラーに夢中 | トップページ | 新作準備やってテニスして »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト