« 仕事したりカイロ行ったり | トップページ | 夜になって、やっと仕事のスイッチがON! »

2013年6月15日 (土曜日)

偕楽園で汗だくだく

 7時30分起床。

 曇り。

 今日は所用で水戸に行く。新しくなった「スーパーひたち」にも乗りたいし。

 朝のモロモロを手早く済ませて、9時過ぎに出発。

 上野で駅弁を買い、スーパーひたち15号に乗り込む。

 発車そうそう駅弁を食べる。上野限定の「上野弁当」という名の幕の内。おれは幕の内弁当が一番好き。凝った弁当だとハズレもあるが、幕の内でハズレる事はほぼ、ない。

 スーパーひたちの乗り心地は抜群。在来線特急の中でも上位に来るんじゃないか?揺れないし、静か。座席のアームレストのところにACコンセントもある。いや~知らなかった。車内で仕事が出来るねえ。

 水戸について所用を済ませ、せっかくだから偕楽園に行ってみる。人生初の偕楽園。

 バスに乗らず、歩く。が、すぐに後悔。

 暑い!というか湿気が凄い!歩き出してすぐに汗が噴き出してくる。ポロシャツがぐっしょり。

 しかし……千波湖は、素晴らしい。街中にこんな素晴らしい自然のある水戸って、良い街だなあ!

Img_1123

Img_1127

 いじめられないから人間を恐れないアヒルたちが道ばたで一休みしていて、そのすぐ脇をジョギングの人とか車椅子の人が通り過ぎる。なんとも素晴らしい光景。

 偕楽園の隣にある常磐神社にお参り。ここはパワースポットと言う人がいるけど、明治7年に出来た新しい神社なんだけど……。

Img_1129

 おみくじを引いたら、またも「大吉」!これで去年の夏から大吉しか出ないという不敗神話を更新。いやいや、これで運を使ってるんじゃなきゃいいけど……。

Photo


 レストハウスでそばでも食べようと思ったが、「梅うどん」というのがあったので、せっかくだから食べてみる。

 梅を練り込んだうどん。そのうどんの上に梅干しの果肉がトッピング。つゆには納豆が添えられていた。

Img_1132

 ちょっとだけ食べてみたけど……やっぱりおれは、納豆がダメ。苦いんだもん。

 その後、歩いて水戸駅まで戻ろうかと思ったが、せっかくここまで来て偕楽園を散策しないのも惜しい。

 梅の季節ではないけど、園内を歩く。

Img_1133

 と……。

 素晴らしい。実に素晴らしい。

 小高い丘になっているので、千波湖を見下ろせるし、広大な偕楽園を見渡せる。ゴルフ場かと思ったら、全部偕楽園なのね!

Img_1134

Img_1135

 なんたる贅沢!徳川斉昭公が作った偕楽園を今もきちんと守り続けていることにも感動。あ、元々は11ヘクタールだったのが、後年整備されて300ヘクタール(千波湖含む)にまで拡張されたのね。市街公園としてはニューヨークのセントラルパークに次いで広いらしい。

Img_1137

 いやしかし、素晴らしい。また来たい。

 レストハウスで相方に「梅しそ饅頭」と梅昆布茶をお土産に買う。

 

 水戸駅までバスに乗る。

 新人研修の運転手の横に指導員が居て、実に細かく「指導」していた。おれなら嫌になるくらい。

 中学生の女の子がバス停に向かって必死で走っていたので「ちょっと速度落として乗せて上げて」と、指導員。いい光景ですな。

 で、13時27分の「スーパーひたち38号」に乗る。普通電車で帰ってきてもよかったんだけど……所要時間も30分くらいしか違わないし……でもまあ、そうそう常磐線の特急に乗る機会もないし。

 帰りも駅弁を買う。またしても幕の内。

 食後、資料本を読んでいたが、柏を過ぎる頃に寝てしまった。目が覚めたら北千住を通過中。

 上野で降りて、北千住に引き返す。

 帰宅したら、へとへと。久々に1万歩歩いたし。

 すぐシャワーを浴びる。

 仕事しようと思ったが、ヘロヘロなので、休憩。

 夜、相方と会って食事。久々に「鶴亀飯店」へ。隣に座ったじじいがやたらにおれたちをじろじろ見ていたなあ。

 本日の日替りの「回鍋肉定食」と豚バラ肉のピリ辛炒めを相方とシェアする。

 その後、ウチで映画を観る。

 イラン映画の「別離」。

 みんな、少しだけ本当のことを隠して嘘をつく。だからややこしいことになってしまう。

 その話術が上手い。巧みに「肝心なところ」を見せなかったり、曖昧な表現にするから、「本当のところ」がよく判らないのがミソ。

 それプラス、イランの人たちの日常生活が垣間見えて、たぶんこれは偏見なんだろうけど、もっと未開な、イスラム原理主義的ゴリゴリの生活なのかと思ったら、けっこう近代的なアパートに住んで電化製品に囲まれて、女性も働いて、車を運転して、実に普通の生活をしている。

 英語学校の先生をしているらしい奥さんが一家で外国に移住したくて手続きをしたのに、ダンナがウンと言わない。アルツハイマーの年老いた実父を置いていけないと。

 離婚訴訟を裁く人(画面には出て来ない)も、イスラム的に強圧的に「お前の言い分はアラーの教えに背く!」とか裁くのかと思ったら、意外に民主的。

 で、奥さんは別居。家事を頼むのに奥さんの知り合いの女性を雇うのだが、この女性が家庭に問題を抱えている。

 小さな隠し事だと思われたことが、雪だるま式にややこしいことになって、決定的な事件になってしまう。

 この中で隠し事をしていないのは奥さんだと思うが……。

 映画は、離婚の際に一人娘が父と母、どっちにつくか、というところで終わる。映画はその答えを見せないまま。まあ、答えは見せられないだろうなあ。

 イランも、あの妙な大統領が事態をややこしくしていると思うが、元々はパーレビが強引に近代化路線を敷いていた国だし、日常生活が欧米化しているのは当然なのかも。

 イランで、老人介護問題がどうなっているのか判らないので、この一家の個人的問題なのか、イラン全体が同じ問題を抱えているのか(一昔前の、そして今も田舎にはびこる日本のように、老人介護は家族の問題で、介護するのはヨメの勤め、という古い考え方……アベ首相も時々こういう事を口にするよね)よく判らないが……。

 中東の国の人自身が「我々は15世紀から進化していない」と言っている(出典不明)ように、生活的には欧米化していても、意識としては中世暗黒時代を引き擦っている。宗教が凄い力を持っているのは近代ではない。

 とは言いつつ、この映画で言えば、家政婦の女性はとても信心深くて老人介護をするのに(他人の老人とは言え男性の裸身を見るのは宗教的に許されるのかどうかお伺いを立てている)、他の人たちはそうでもない。「コーランに誓えるか?」という場面はあったが。

 日本人だって、不意に、もの凄く古くさい土着的で封建的な考え方がポロッと顔を出すことがある。それは、往々にして自分の主張に都合のいい論理的支柱として使われるのだが……人間ってものは、なかなか身も心も近代的にはなれないと言うことか。

 おれはこの映画を観て、イランって、もっと暗黒社会だと思っていたので、意外に近代的なのに驚いたのだが。

 これがイラクだとどうなんだろう?同じイスラムでもイラクとイランじゃ文明が違うし人種も違うし言葉も違う。イランはイスラムでもアラビア語を使わないし。サウジアラビアは?

 イスラムの中で最も近代化に成功したトルコでも、エルドアン首相がイスラム化政策を推し進めて大混乱が起きている。

 ほとんど無宗教(というか宗教的に無節操すぎる)日本人からすると、理解出来ない部分が多いイスラム社会を垣間見ることが出来て、実に興味深かった。映画としても、「隠す」話を演出的に「隠す」巧さが際立っていたし。

 「チューボーですよ!」の最後だけ見て(チキン南蛮をハマカーンと作る)、0時過ぎに就寝。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2341kcal

本日の消費カロリー:638kcal/10577歩

« 仕事したりカイロ行ったり | トップページ | 夜になって、やっと仕事のスイッチがON! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57602180

この記事へのトラックバック一覧です: 偕楽園で汗だくだく:

« 仕事したりカイロ行ったり | トップページ | 夜になって、やっと仕事のスイッチがON! »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト