« 仕事やってテニスしてPOP作って「孤独のグルメ」見て | トップページ | 仕事して、書店廻り2日目 »

2013年7月11日 (木曜日)

新刊挨拶回り1日目

 7時起床。

 洗濯をしつつ、朝のモロモロを済ませる。

 「あまちゃん」を見る。

 人生最初のテレビドラマ出演で大失敗。「住人C」のちょっとした台詞をトチリまくり。

 この場面、いくらなんでもこんなミスはしないだろうと思うけれど……おれも、「ここぞというとき」に似たようなミスをした経験があるからなあ。

 助監督になって、サードのT先輩からカチンコを受け継いだのはいいものの、市川組のカチンコは極めて難しい。

 で、大原麗子のアップの撮影。アップの時は俳優さんの顔の前にカチンコを出して打つ。その時、思い切り打つと、俳優さんの耳が痺れるしカチンコに書かれたチョークの粉が飛ぶし、マイクをモニターしている録音技師さんにも怒られる。

 なので、出来るだけ小さな音で打たなければならないのだが、小さく打とうとすると、カチンコのスティックが合わないので、音が出ない。これではカチンコの役割が果たせない。

 そもそもカチンコの役割は、撮影用のフィルムと録音用のシネテープを同期させるためのマーカー。カチンという音のコマとスティックが合わさっているコマを合わせてやれば、音と画が同期する。なのに、音が出なければ、カチンコの意味がない。まあ今は違うシステムがあるから(イヤ、当時から電子的にマークするシステムは組み込まれていたのだが、使われていなかったし、ビデオで撮ればシンクロさせる必要はない)カチンコの役割は変わってしまったのだが。

 カチンコNGなんて、絶対にやってはいけないこと。カチンコ担当助監督の恥。それを五回六回とNGを出してしまった。

 この時はもう、脂汗が出ましたね。

 いくら市川さんの弟子だと言っても、下らない理由で現場が止まっているわけだから、スタッフ全員の「バカかお前」という圧力がおれに集中しているのはひしひしと感じていたし。すると余計に、どうしようもなくなっていく。アキの心境と同じ。

 もう、頭の中はパニック。汗はダラダラ出るし、どうしようかと途方に暮れたとき、大原さんがおれの耳元で「大きく打ってもいいわよ」と優しく囁いてくれた。

 あの時ほど救われた事はない。なので、それ以降、おれにとって大原麗子は女神なのである。

 その後、市川さんが「ええか、カチンコはこうやって打つんや!」とカチンコを打って見せてくれた。あの大巨匠が。

「市川さんがカチンコ打ったの、初めて見た!」

 と大ベテランのチーフ助監督が目を丸くして言ったほど、それはもう、異例なことだった。

 結局、おれのカチンコは役に立たなくて、カットが掛かると「ケツボールド!」と叫んでカット尻にカチンコを打ち直すことを繰り返した。その結果、ネガ編集では日本最長老のウルトラ大ベテランの南トメさんが「カチンコ打ってるの、誰?!これじゃあネガが傷んでしまう!」(カットの最後までネガを送らないとカットナンバーが判らないから、それだけネガを動かす分、傷む可能性が増す)とセットに怒鳴り込んできたし、撮影部からも、テストプリント用のカット尻が取れないと怒られるし……。

 もう、どうしてこんなに出来ないのだろう、たかがカチンコなのに、とそれはもう激しく落ち込んだものだ。

 しかし……市川組を離れて、ヨソの組で打つと、まったく何の問題もなく打てるのだ。スイスイ打てる。まったく何の問題もない。

 それだけ、市川組は、レンズの性能と能力をギリギリまで使い、照明も難しいことをやっていたので、カチンコはひどく難しかったのだ(と思うことにしている。それ以外、理由が思いつかない)。

 だから……天野アキを笑えなかったねえ……。

 で。 

 昨夜やって失敗したPOPの印刷、今朝は何故か問題なく出来る。へんなの。

 というか、こういう使い方をするなら、プリンターは多少高くても、もっと堅牢な機種にすべきかな。HPのプリンターはいろんな機能がついていて安いし、サポートも親切なので使い続けたいのだが……メカが堅牢で正確なのはエプソンかも。キャノンは使ったことないけど。

 プリント用紙が足りなくなったが、それはまあ、明日に繰り延べ。

 出来た分だけ封筒に入れて、関西方面の書店さんに発送。クロネコのメール便を使う。配達人の中にダメなのが混じっていて、配達できない分を自宅に仕舞い込んでいたりする不始末が全然なくならない悪名高きクロネコのメール便だが、速達便ではそういう不始末は起きていないようだ。

 発送手続きにえらく時間がかかる。メール便なんて企業が大量に出すのに使うのに、どうしてこんなに手間を食って時間もかかるのだ?企業の場合は専用のキカイを使うのだろう。たぶん。

 発送し終わって、北千住駅前に行って、ミニかき揚げ丼+盛りそばを食べ、帰宅して、シャワーを浴びて髭を剃り、出かける支度。

 駅で相方と待ち合わせて、上野を皮切りに、書店廻り。

 上野の後、相方と別れて、それぞれ廻る。

 とにかく、暑い。

 ずっとエアコンの効いた部屋で仕事をしているツケが回ってきた。汗がダラダラ出て、水分補給したくなる。しかし水やお茶じゃイヤ。ハッキリした味がついているものが欲しい。

 ついつい、コーラやオレンジジュースを飲んでしまう。

 昼は、新宿新南口の真ん前にある「GOOD TIMES」とかいうハンバーガー・ショップで。店の前の看板にあるハンバーガーが極めて美味そうだったから。

 チーズ・ベーコン・エッグ・バーガーにする。食べにくいが、美味い。美味いねえ。

 さほどの距離ではないのに、炎天下、高温注意報が出ているときに外を歩くのは、体力をヒジョーに消耗する。

 あんまり水物を飲むと胃液を薄めてしまって食欲不振になって、夏バテになる。だからジュースは控えめにしなければ、と思いつつ、自動販売機でコーラを買ったり、ミルク・スタンドで牛乳を飲んだり、カフェで特大のジュースを飲んだり……。

 噴水に飛び込んで、頭から冷水を浴びたい気分。

 秋葉原に寄ったので、プリント用紙を買い込んだら、バッグが重くなって、余計に体力を使ってしまった。

 あんまりしんどいので万歩計を見たら、1万5000歩を越えていたので、本日はもう終了。2万歩を超えると、いろいろとカラダにトラブルが生じるようになるし、もうシンドイ。

 ノルマ未達成だが、21軒回ったんだから、ヨシとする。

 前回、書店を廻ったときは、いつも既刊を揃えて平積みにしてくれていた書店さんが激減していて、棚挿しになってしまったり在庫そのものがなかったりしていた。それは結構ショックで、もう潮時なのかと思ったりもした。

 しかし、今日廻ってみると、「悪漢刑事」既刊を全部揃えてくれて平積みに戻った書店さんや、はじめて「涼次シリーズ」を全巻平積みにしてくれた書店さんが結構あったのが、とても嬉しくて勇気づけられた。出版社の営業さんが、凄く頑張ってくれたのだろう。感謝あるのみ。いや、良い作品を書いてお返ししなければ。

 相方と連絡を取り合って、上野で再集合することにする。上野に来るんだったら、秋葉原で重いプリント用紙を買わなくてもよかったんだなあ……。

 で、牛タンの「ねぎし」にするか、「ペッパーランチ」にするかで迷った。おれはもう、水分の取り過ぎで、お腹がちゃっぽんちゃっぽんだし、胃液が薄まって、食欲がない。かなりげっそりしてきた。

 なので、アッサリした寿司のほうがいいかな、と思ったが……上野の「寿司ざんまい」は駅から遠い。いや、ほんの少し離れているだけだが、その距離を歩くのがもの凄く億劫。

 なので、同じビルにあるペッパーランチへ。

 生ハムのサラダを食べると元気が回復してきて、塩味の「ペッパースパゲティ」を食べると、元気回復。温かい料理が如何に大切で必要か、よく判る。

 ずっと我慢していたビールを飲もうかと思ったが、モヒートにする。美味いっ!

 ここでハンバーグとかを食べずに、スパゲティに押さえたのが良かったのかも。

 元気回復。

 明日は朝から廻って、明日で終わらせてしまおうと思ったが、「第3章」がまだ終わらない事も心配。なので、明日は夕方から出かけることにして、日曜日にも夕方に横浜方面に遠征することに決定。

 帰宅して、くーたんの機嫌を取り、風呂に入り、POPを増刷。

 今夜はもう、早々と寝てしまおうと思っていたのに、なんだかんだやっていると、「アメトーク」が始まってしまって、最後まで見てしまった。松村邦洋リスペクト企画。若手だと思っていたのに、もうベテランの域に達していたのね。

 この人の「大河ドラマの再現モノマネ」は、その膨大な台詞量を思えば、空前絶後の芸だ。本人が忘れている台詞を滔々と繰り出すのは凄いとしかいいようがない。しかもそれを、突然言われてもさっと出て来るんだから。

 しかし、関係者以外誰も知らないディレクターやプロデューサーのモノマネが一番多かったのはご愛敬。

 で、1時になってしまったので、慌てて就寝。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:3134kcal

本日の消費カロリー:日常生活+1033kcal/17300歩 

« 仕事やってテニスしてPOP作って「孤独のグルメ」見て | トップページ | 仕事して、書店廻り2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57773643

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊挨拶回り1日目:

« 仕事やってテニスしてPOP作って「孤独のグルメ」見て | トップページ | 仕事して、書店廻り2日目 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト