« 「第4章」書き上げられず 夏の夜 | トップページ | 睡魔には 勝てぬ日もある 文月末 »

2013年7月25日 (木曜日)

「第4章」なんとかアゲて 三船さん

 6時起床。

 曇り。まるで梅雨みたいな天気が続く。

 近所の公園ではラジオ体操をやってるなあ。

 混ぜて貰おうかなあ。

 朝のモロモロをして、「あまちゃん」。今週はシビアな話が続く。その中で年老いた喫茶「アイドル」のマスターが笑わせてくれる。松尾スズキがどうして若作りだったのかその理由が判った。

 で……太巻がアキが春子の娘だと知って取り乱したその理由を推理してみた。春子の性格上、ただで芸能界を辞めてアイドルを諦めたとは思えない。東京に居るんだし。きっと、ヤンキーの血が騒いで、太巻にかなりの「制裁」を加えたんじゃないのか?

 良心の呵責だけで太巻があんなに取り乱すとは思えないから……春子に恐怖を味あわされたんじゃないのか?般若の形相のキョンキョンって、すごく怖そう。演じるのは有村架純だと思うけど。

 「アサイチ」の楽しいオープニングを見てから、仕事開始。

 

 途中、ご飯、目玉焼き、しらす、漬け物、インスタント味噌汁の朝食。美味いねえ。正しい日本の朝食。

 ガリガリやる。というか、一日遅れているのだ。いやいや、それを言えば皮算用から数日遅れている。

 少し早めの昼は、まだまだ残っている夏野菜カレー。あと5回分は残っているぞ。美味いけど。

 鍋に残っている分を小鍋に移して冷蔵庫で保存しやすいようにする。

 仕事再開。

 あと少しで「第4章」書き上がる、と言うところで相方から電話。「第4章」で書き加えたいポイントについて。それをメモにして送って貰って、書き上がってメモを見て確認・修正することにする。

 で、13時ごろ、なんとか書き上がる。

 相方のメモはまだ来ないので、小休止。

 「孤独のグルメ」第3シリーズ、今まで放送した分の中でも特に素晴らしい出来だと思える「横浜・日ノ出町の『パタン』」の回をもう一度見る。やっぱり、この回は「詩」を感じる。「ホルモンと白いメシとおれ。この三角ベースを永遠に走り続けたい」(というモノローグだったと思う)は、偉大なる詩である。

 これに比べて、伊豆・河津の回は観光に気を取られて、食い物への過剰な傾斜が足りなかった気がする。まあ、なんというか、日ノ出町の回が神懸かっていたと言うべきか。

 いやもちろん、これはおれの勝手な思い込み。

 14時を過ぎて、相方からメモが届いたので、急いで改め、原稿と対比させ、修正。ゆっくり読み返せばもっと直したい箇所が出て来るはずだが、今はこれでいいと判断。

 相方と祥伝社M氏に送る。

 思ったより早くというか遅くというか、「第4章」があがった。もっと早く上がっていれば、このまま集中して「第5章」に突入すべきだし、もっと遅くなれば疲れ切ってしまって、外には出たくないから、どっちにしても外出は止めようと思った。

 しかし、このタイミングで「第4章」が上がると、外出する絶好の機会という感じ。

 「外に出て気分転換せよ。気学を学べ」と神のお告げが下ったのだと思うことにして、一度は「行けないかも」と伝えていた、ツキイチの「気学教室」に参加することに決定。

 シャワーを浴びる。

 それでも時間があるので、しばし休憩。アタマはもうぐったりしている。気学教室に行っても、なにも頭に入らないかもしれない。

 

 で、駅で相方と待ち合わせるが、コンビニにあった雑誌の表紙に有村架純が。「あまちゃん」のふっくらした感じとは違って、もの凄く美人じゃないの!この子は人気出るんじゃない?芝居も巧いし。

 で、教室のある水天宮前近くの中央区の施設へ。

 今回も、とてもいい話を聞けたが、「自分でやってみる」コーナーはもう、ちんぷんかんぷんもいいところで、こんなに何がなんだか判らなくて茫然自失になるのは高校時代の数学のテスト以来。この時おれは0点を取ってクラス全員に引かれたんだよなあ。ウケると思ったのに。

 それはともかく、参加出来てとても良かった。


Img_1151

Img_1152

 教室の後は、Fumikaさんが強力に勧めた「三船」へ。ここは大々的に三船敏郎をフィーチャーした居酒屋だから、きっと三船さんの家族の公式な許可を得てるんだろう。

 だったら、「用心棒」に出てきたあの「一膳飯屋」みたいな内装にすればいいのに。真ん中に囲炉裏があって……って、それは無理か。

 ここは、魚はイマイチ(みんなの評。おれはまあ、こんなもんじゃないかと思ったんだけど)だが肉は美味かった。特に豚汁の味は凄く美味かった。〆で「用心棒セット」を頼んだが、出てきたのは塩むすび(ノーマルな握り飯に自分で塩を掛ける+梅干し+タクワン)と豚汁。

 ビールは1杯だけで、もうぐったり。原稿を上げて、グビグビとはいかないのは、おれが酒飲みじゃないからだなあ。

 23時過ぎに帰宅。

 くーたんにご飯を出して機嫌を取るが、一緒に遊ぶ元気はなく、シャワーを浴びて、お休みなさい。

 0時過ぎ、就寝。

 しかし、スペインの列車事故……信じられないとは言えない。福知山線の事故があった以上。あれと同様に、スピードを出しすぎた運転手の人為的ミスが原因じゃないの?ブレーキとかコントロール系に故障があったという可能性もあるとは思うけど……。

 で、明け方に、物凄くいいアイディアが天佑というか天恵というか天啓というか、思いついたので、飛び起きてメモ。こういうのは「目が覚めた瞬間忘れる」「メモを見たらまったくたいしたことがなかった」テな事が多いが、今回は違う。以前からずっと温めていたアイディアと結びついて、これはいけるんじゃないの?

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2008kcal

本日の消費カロリー:日常生活+213kcal/3596歩

« 「第4章」書き上げられず 夏の夜 | トップページ | 睡魔には 勝てぬ日もある 文月末 »

コメント

有村架純は、最近、顔がぱんぱんになってきましたね。
でも、可愛いですね♪
クドカンの『11人もいる!』のときからのファンなんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57865830

この記事へのトラックバック一覧です: 「第4章」なんとかアゲて 三船さん:

« 「第4章」書き上げられず 夏の夜 | トップページ | 睡魔には 勝てぬ日もある 文月末 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト