« 猛烈な豪雨のあと、気功へ | トップページ | 新刊、「虐牝(いじめ)~裏探偵・涼次5」出ました! »

2013年7月 9日 (火曜日)

夜明けからフル回転

 まず、戴き物のご紹介から。

Photo

「殿さま浪人幸四郎~とむらい行灯」コスミック時代文庫

 人気シリーズが復活して、ますます快調!大名であるのを隠してだらだら浪人暮らしを満喫する幸四郎は頭脳明晰で剣の達人。今日も難事件を解決するのだが……。一筋縄ではいかないツイストの数々をご堪能あれ。


Photo_2

「妻たちが乱れた婚外セックス」文庫ぎんが堂

 直球ストレートなタイトルの、インタビュー集。18人の人妻が、赤裸々な告白の数々!「夫だけで満たされているのだろうか?」って疑問は、恐ろしいぞ。

-------------------------------------------------------------------------------


 で。

 4時30分起床。

 今日は必要があって、始発に乗って中野に行く。

 5時3分の千代田線始発で、西日暮里・高田馬場経由で新井薬師前に5時41分着。

 おお、こんな早朝に街を歩くのは北千住でもやったことないぞ。

Img_1141

 新井薬師にお参りして、昔は境内だったはずの新井薬師公園で休憩。早朝の公園は気持ちがいいなあ!空気はもうもわっとしてるけど。

 ここにはテーブルのついたベンチがあるので、持参したHPminiを起動させ、iPhoneでネットに繋いでみる。

 今朝は早起きして充電もせずに出てきたので、iPhoneのバッテリーは半分以下の状態。しかしUSB接続だと豊富な電力を持つノートパソコンから電源が供給されるので、充電もされる。

 自宅での無線LAN状態より速度は出ないが、プラグ&プレイでiPhoneを接続すれば即、作動。この前の苦闘が嘘のようにスムーズに接続。

 せっかく繋がったので、ここで日記でも書こうかと思ったら、お年寄りが三々五々集まってきた。どうやらラジオ体操が始まるようだ。

 どうせならおれも混ぜて貰ってラジオ体操をやろうかと思ったが、なんかそれも悪い気がしたし、ヤブ蚊が足元をぶんぶん飛ぶので、退散。

 早朝の中野通りを中野駅へ歩く。

 途中、「やよい軒」を発見したので、入る。目玉焼きの朝食を食べる。目玉焼きにソーセージというのは、松屋の朝食と同じだなあ。どうせならちょっと変えればいいのに。

 小さなお茶碗なので、ご飯をお代わり。

 本当なら、ファミレスに入ってちょっと仕事しようと思ったのだが、やよい軒でそれをやる雰囲気ではないので、食事が済んだら退散。

 

 中野駅の、サンプラザの裏手に、旧陸軍中野学校~警察学校があったのが移転して、広い公園に生まれ変わった。そこに行ってみる。朝食を出すカフェもあるらしいし。

 カフェは7時30分から営業なので、まだ開いていない。

 しかし公園にはテーブル付きのベンチがあって、爽やかな風が吹き抜ける。

 中野区民はいいなあ。早起きしたら、こんな爽やかな公園で一休みできる。足立区は貧乏だから、こんな環境はないのだ。

Img_1143

 で、HPminiを取り出して、ここでも接続実験。iPhoneのテザリングは問題なく作動。

 じゃあ日記か、光文社新刊のPOP文案を考えようとしたら……激しい便意に襲われた。

 あ~ん。せっかくアーバンなシティライフを謳歌しようとしたのに。ほんの少しセントラルパークでモバイルしてるような気分が味わえると思ったのに……。

 まあ、通勤タイムでベンチに座る人もいないので、ちょっとトイレに行っても大丈夫……。

 だが、近所のカフェはまだ開かず、コンビニのトイレは先客がなかなか出て来ない。

 仕方がないので撤収して、駅のトイレを使うことにする。

 というわけで、中野駅のトイレで用を足す。

 中野界隈の早朝の様子がよく判った。ミッション完了。

 中央線より中央総武線が空いてるだろうと思ったら、さにあらず。

 久々の満員電車を体験。痴漢冤罪に遭わないように気をつける。

 錦糸町まで行ってしまおうと思ったので、御茶ノ水も通過。しかしそれじゃあロスが多すぎるので、秋葉原で降りて、つくばエクスプレスに乗り換えて、8時30分には北千住。

 朝からパワー全開。

 帰宅して、シャワーを浴びる。もう朝から汗みどろ。通勤する人たちはそれで会社に行くんだから本当に大変だと思う。

 4時間弱しか寝ていないので、ちょっと寝ようかと思ったが、そういう感じではないので、日記を書いたりといつものように朝のモロモロをこなす。

 洗濯もやったぞ。

 昨日に引き続いて「第3章」をやる。

 そういや、昨日と今日、「ほおずき市」があちこちで開催される。浅草寺のほおずき市は、黒澤の「赤ひげ」でも、可哀想で可哀想で号泣してしまう「佐八」のエピソードの劇的場面に登場する。大地震で行方知れずになってしまった恋女房と、赤ん坊を負ぶった姿で再会するのだ。

Img_1176343_34404209_1

 思わぬ形で二人が再会したとき、一陣の風が吹いて、たくさんのかざぐるまが一斉にさーっと回る、この圧倒的な演出!おれは市川崑派ではあるが、この黒澤演出は見事すぎて、もう溜息と涙しか出ない。

 それを思い出して、浅草寺のほおずき市は覗いてみたいなあと思うが、今年はその時間は無さそうだ。来年は必ず。

 皮算用より進まなかったが、まあ、なんとか難所の目星はついた。

 昼は、エースコックのワンタンメンにネギをぶち込んで。

 

 夕方、くーたんのキャットフードを買いがてら、外出。少し早い夕食にする。

 久しぶりに美味いハンバーガーが食いたくなったので、KHバーガーに行って、BLTCバーガーを食べる。まだランチタイムなのでカップスープがついてきた。

 美味い。

 食後、今日が期限の「118の質問に答える」を図書館に返す。これは文京区の図書館から借りて貰ったものだから、期限を守らねばならない。

 

 その後、北千住東口に廻って、キャットフードを買い、帰宅。

 夕方のニュースを見ていたら、寝てしまった。

 このまま爆睡したいが、そうもいかん。

 なんとか起きる。やっぱり無理矢理早起きすると、生活のペースが乱れるなあ。早起きはとても気持ちが良かったんだけど。

 もうパワーが切れたので、夜は光文社新刊のPOPを作ることにする。

 相方のものは出来ているので、書影とあわせてレイアウトするだけ。しかし、3文字だけ色を変えなければならない。そのやり方を忘れてしまって、しばし苦闘。画像ソフトも毎日使っていれば忘れないのだが、新刊のPOPを作るときしか使わないので、細かい操作法を忘れてしまう。

 別のソフトも使って、文字にアンダーラインを引いたり。Photoshopがあればそれだけでやれてしまうのだろうけど、ウチにはないので、安い代用ソフトを数本併用して駆使することになる。

 途中、腹が減ったので近所のコンビニ行っておにぎりと魚肉ソーセージを買ってきて食う。

 相方の分が完成したあと、おれの分も作る。

 なんとか文案を捻り出し、何枚か手書きして、これだな、と思えるものができたので、加工。

 新刊の時に更新する「公式ホームページ」も更新しなきゃと思うが、これまたソフトの操作法を思い出さなければならない。

 

 ヒジョーに面倒になったので、それは明日に回す。

 ATOKの最新版をインストールしてから、ブラウザのSafariの挙動がおかしくなった。性格にいうと、ワイヤレスのマジック・マウスでSafariの操作がSafariを立ち上げて時間が経過すると、出来なくなるのだ。

 その症状について、ジャストシステムのサポートとやり取りを重ねていたが、その不具合を補正するソフトを送ってくれたので、早速インストールしてみる。

 しばらく使って、結果を報告しよう。

 でもこの症状、なんか、おれだけに特有のようで、とても申し訳ない気分ではあるのだが。

 風呂に入って、くーたんと遊ぼうとするが、ネズミのおもちゃにあまり乗ってこない。困ったね。

 で、0時過ぎにもうダメだとベッドへ。

 エアコンを回していたのに、ベッドは暑いぞ。

 二号機にタイマーを掛け、一号機は回しっぱなしにして、サーキュレーターも回しっぱなしにして、寝る。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2340kcal

本日の消費カロリー:日常生活+415kcal/6993歩

« 猛烈な豪雨のあと、気功へ | トップページ | 新刊、「虐牝(いじめ)~裏探偵・涼次5」出ました! »

コメント

拙作をご紹介いただきありがとうございました。
僭越ながら私のブログでも新作「虐牝(いじめ)」の告知をさせていただきました。
タイトルのすさまじさに圧倒されながらダークな世界に浸ってみたいと思います。

ご紹介ありがとう!
四万六千日、行きたかったけど行けませんでしたわいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57761428

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けからフル回転:

« 猛烈な豪雨のあと、気功へ | トップページ | 新刊、「虐牝(いじめ)~裏探偵・涼次5」出ました! »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト