« 突然、夏になっちゃったぞ! | トップページ | 猛烈な豪雨のあと、気功へ »

2013年7月 7日 (日曜日)

突然の後輩からの電話、突然の夕立、突然の多幸感

 7時起床。

 晴れ。

 ベッド・パッドとシーツを洗って干し、夏用のベッド・パッドに敷き換える。もう完全に夏だもんねえ。

 そんなこんなで朝のモロモロを済ませ、ミニパンケーキを6枚食べて、仕事開始。

 四苦八苦して「第2章」に濡れ場を加筆し、午前中になんとか終わらせる。

 本格的に夏になると、やっぱりエアコン1台では暑い。キッチンの二号機を動かす。

 と、なんだか暑いので一号機に手を持っていくと、廻っていない!

 ええっ?夏本番を迎えて、壊れた?

 いろいろリモコンで温度設定とかを変えていると、動き出したので、安堵。

 NHK-FM「トーキング・ウィズ松尾堂」を聞きながら冷凍食品の麻婆茄子でランチを済ませる。今日は立川談笑さんがゲスト。

 トンデモ落語会に通っていた頃は、談笑さんの落語はよく聞いて、凄く面白かったのだが、トンデモから抜けて以降は聞く機会が無かった。というか、快楽亭以外の落語はほとんど聞かない状態になってしまったのだが。

 で、談笑さんは普通の喋りも面白いなあ!声がいいし。

 聞いていると、電話。数年以上連絡も取っていなかった日芸の後輩Hから。彼は産業映画の会社に入って、独立して、小品だが一部で注目される映画を撮り続けている。その彼におれは、今や貴重品の8ミリ映写機を貸したままなのだ。

 で、彼の要件は「官能小説を書いてみたいんですけど」。

 今おれは官能小説を書いていない事を話した上で、あれこれとアドバイスする。彼も、今後は小説で食いたいと言うかと思えば映画監督がメインで小説は副業で、と言ってみたり。まあ、いろいろと考えていると言うことだろう。

 8ミリ映写機を返して貰う時に、会って話すことになるのだろう。

 続いて、日曜の最大のお楽しみ、「きらクラ!」。こんなに熱心にラジオ番組を聴いて投稿したりするのはマジに高校時代の「チャチャヤング」以来だなあ。

 ふかわりょうの感覚の鋭さがだんだん判ってきて、これは本物だなあと思うと、その面白さもあるし、クラ好きで良かったなあとしみじみ思ったりするし。

 「BGM選手権」で岡倉天心の人間の勝手な欲望のために動物を犠牲にすることを厳しく糾弾する文章につける音楽、おれは1つめに紹介されたバッハの……なんだったっけ……に衝撃を受けたけど、岡倉天心はここまでの懺悔を求めていたのか?ということで却下になってしまった。このへんのバランス感覚もいいなあ。

 この番組は2時間じゃ足りない。けど、この「足りない感」がまたいいんだろうなあ。

 番組の途中で、相方から電話が入って、打ち合わせる。いつものように録音をしているので、聞きそびれた部分は後から聴き直そう。

 で、電話で「第3章」の打ち合わせ。

 電話が終わって、「きらクラ!」も終わると……空にナニやら重い雲が。レーダーを見ると、雨雲が黙々と発達中。

 即、干している洗濯物を取り込む。天気がいいので屋上の物干し場には布団とか干しているけど、みんな、そろそろ雨が降ってくるぞ!

 で、HPmini。WindowsXPからVistaに載せ替えて、ネットの接続が上手く行かずに四苦八苦して、一時は誰かに進呈してMac一筋に生きようかと思い詰めたが、なんとかネットに接続出来るようになった。しかし、最後の関門である、iPhoneとのテザリングが上手く行かなかった。これが出来ないと、無料WiFiがない場所でネットに繋げない。

 おれはそんなに外にパソコンを持ち出さないので、ポータブルのルーターを買う必要はない。以前は携帯電話のモデム機能を活用していたが、iPhoneはずっと日本ではテザリングが使えなかった。なので、安いWiFi有料ネットを捜してみたりしたのだが、ほとんど使わないのに毎月基本料金を払わなければならないのがバカバカしい。と言うか、無駄。

 だから、iPhoneのテザリングが出来るようになってとても嬉しかった(それ以前に、「iTether」というアプリを幸運にも入手できたので使っていたのだが)。

 で、XPでは問題なく使えていたのに、Vistaにすると、どうにも使えない。Bluetoothでは繋がるようになったのだが、これではバッテリーを食う上に接続がのろすぎる。どうせならUSBで接続したい。しかし、どういじっても、繋がらない。

 ネットでいろいろ調べたら、iPhoneの電源を切って、立ち上げ直してみれば?という書き込みを読んだ。

 ダメ元で試してみたら、これが大成功!

 見事に接続に成功!

 まあ、iPhoneも小さなパソコンだから、電源を落として再投入、というパソコンのトラブル対処の基本が使えるんだなあ。

 というわけで、これで、おれのHPmini5101は、完全にモバイル機として使えるようになった。3Gの電波が届くところならどこでも、ネットに繋げることが出来る。別にハードにネットを使いたいわけじゃなくて、旅行先から原稿を送る事が出来れば、それで充分なのだ。

 とは言っても、HPminiはすごく非力なマシンだから、もの凄く動作はトロイのだが。まあ、作文に使う程度なら、まだまだ使える。小さくて頑丈なのがいい。今となっては重くなってきたけど。

 おれが洗濯物を取り込んでしばらくすると、雨が降ってきた。それも大粒の豪雨。とたんにバタバタと足音がした。慌てて洗濯物を取り込んでいるのだろう。

 夏は、洗濯物を干したまま外出してはイカンと言うことね。最近はいつ夕立が来るか判らない気候になってきたし。

 腹が減ってきたが、雨が上がらないし、もう少し仕事を進めておかないと、外出して戻ってきたら疲れてしまって駄目になるぞ。

 ということで、仕事を進める。

 「第3章」は濡れ場から始まるが、「第2章」で書いたばかりなので、自分の中で飽和状態。ちょっと書くのがシンドイので、他の場面をつまみ食いするように、書く。原稿用紙に書いている時代は、こんな書き方出来なかった。いや、出来たけど、後が大変。しかし今は、どこから書いても跡が残らない。便利になったね~。

 いくつかの場面を飛び石のように書く。アタマから書き進めないと流れが出来ない、と頑なにアタマから書くときもあるが、今それをやっていては全然進まないから、イメージが浮かんだところからとにかく書く。後で繋げて繋ぎ目を直せば、きっちり繋がるんだから、こんな書き方があってもいい。これ、箱をしっかり作っている場合のシナリオの書き方でもある。

 18時になって、雨も完全に上がったので、外出。今日は絶対に、吉野家の牛丼を食うぞ!と朝から思っていたのだ。

 北千住の吉野家は、入居していたビルが建て替えになって消滅。この辺で食えるのは京成の千住大橋駅前の店のみ。

 自転車で行く。

 牛丼並を注文したが、新製品の「ネギ玉」というのがあったので、変更。

 弁当を買いにきた客が多くて、なかなか出て来なかったが、やっと出てきた。しかし運ばれてきたのは普通の牛丼。この店員、新人なのか手際が悪い。

 で、おれより先に来て順番を待っていたお客を飛ばしておれに運んできたことも判明。なんか悪いことをした感じ。悪いのはドジな店員なんだけど。

 結論。牛丼はノーマルが一番美味い。すき家の牛丼も同じ。変種は結局、さほど美味しくない。

 食べ終わって、以前住んでいた界隈を自転車で走ってみる。

 中目黒から引っ越して、最初に住んだのが、千住緑町。日光街道と隅田川に囲まれて、なんだかどん詰まりな感じがあって、なんだか気分的にしっくりこない街だった。2年半くらい住んだけど、ペットを飼えなかったこともあって、収入が増えたので、脱出するように引っ越した。

 その頃毎日のように利用していた店が2軒、なくなっていた。そして、住んでいたマンションの名前が変わっていた。

 まあ、ここに住んでいた時代は、いろいろ切ない記憶と切り離せないので、感傷的になってしまった。

 それを考えると、今は、本当に幸せだと心から思える。いろいろな苦境から脱することが出来たのは、さまざまな幸運があったからだし……なによりも、すべての面で、相方に大いなる感謝をしなければならない。

 で、今住んでいる界隈に戻ってきて、コンビニで買い物をしていると、もの凄い多幸感に包まれた。なんというか、ジーン・ケリーのように踊り出したいような、幸福な気分。

 帰宅して、風呂に入って、テレビを見ずに、仕事再開。

 あんまり進まないので、「きらクラ!」の録音を聴き直しながら、買ってきたサラダ巻きを摘まむ。

 その流れで、マーク/LSOでメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」と序曲「フィンガルの洞窟」を聞く。おれはこの曲が大好きで、スコットランドも大好きだし、フィンガルの洞窟があるスタッファ島にも行ったんだよなあ。


 23時からの「情熱大陸」を見る。綾野剛に密着。ドラマの掛け持ちは大変だろうなあ。

 NHKではウィンブルドン男子決勝。見始めると止まらなくなる。やっぱり世界最高峰の試合は凄い。

 フェデラーはサーブ一発で決めることが多くて、試合としてはツマらない。しかしジョコビッチとマレーはラリーが続いて、いろいろ仕掛けてきてそれを崩して打ち返すという駆け引きが見ることが出来て、とても面白い。テニスはこうでなくちゃ。

 ネット際にぽとんと落として、勝った!と思いきや、それを拾われて逆転で負けたり。

 スマッシュに持ち込まれると絶対に追わないのは、無駄な労力を使いたくないからか?

 で、心情的に英国人(スコットランド)のマリーを応援しつつ1時まで見たが、これはキリがない。試合終了が何時になるか判らないし。

 ということで、1時就寝。

 エアコンは二号機は切って一号機も温度を上げて風量を落として寝たが、暑くて暑くて、眠れない。

 サーキュレーターを回せば解決するはずだが、タイマーがついていないので朝まで廻りっぱなしになると、良くないだろう。

 結局、汗ビッショリになって2時にたまらず起きて、二号機をタイマーを掛けて動かし、一号機も温度を下げて風量を上げて回す。

 これで安眠。

 しかし明け方は寒い。ちょうどいい温度にするにはどうしたらいいのだろう?

本日の体重:92.40キロ

本日の摂取カロリー:1894kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α 

« 突然、夏になっちゃったぞ! | トップページ | 猛烈な豪雨のあと、気功へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57748239

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の後輩からの電話、突然の夕立、突然の多幸感:

« 突然、夏になっちゃったぞ! | トップページ | 猛烈な豪雨のあと、気功へ »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト