« 睡魔には 勝てぬ日もある 文月末 | トップページ | 久々に ユンケル飲んだら目が冴えて 頭も冴えたら 最高だったに(字余り) »

2013年7月27日 (土曜日)

二人会 録音終えて 隅田川 雨に降られて 残念至極

 6時起床。

 曇り。

 今日は「快楽亭&大本営八俵二人会」の録音に出かけるが、それまで仕事。

 朝のモロモロもそこそこに仕事開始……と行きたいが、「あまちゃん」を見る。

 うわ~春子が東京に出動!どうなる次週!しかし「無頼鮨」でサングラスで腕組みして立つ春子、カッケー!

 あらすじを見てしまったが、馘になったり復活したりの浮き沈みが激しくて、大丈夫か?


 木曜に戴いた芦川さんと藤村さんの新刊をご紹介しようとしたのだが、何故かスキャナーが不調に陥ってしまったので、仕切り直し。申し訳ありません。

 仕事開始。

 昨夜、ギブアップしたところはすんなり突破。

 しかし、すぐに出かける時間になってしまった。

 大本営八俵さん用のマイクがない。ホールのマイクスタンドに、いつものコンデンサー・マイクが装着できればいいが。

 今日は雨模様になるらしい。雨が降ったらタクシーで帰ってこよう。と、行きは電車で。北千住までキャリーカート(と呼ぶの?)に機材を縛り付けてゴロゴロ引いていく。

 日比谷線を上野で銀座線に乗り換えて、三越前駅。

 地上へのエレベーターを探して地下道を歩いていたら、JR新日本橋駅に出てしまった。面倒になって階段をひーこら上がる。重い荷物がなければ階段でもいいのだが。

 11時30分にお江戸日本橋亭。

 快楽亭とちょっと打ち合わせをして、セッティング。スタンドマイクは、会場のソニーのダイナミックマイクを使うことにする。ケーブルがもう1本あればいいが、ないので、メインマイクのケーブルを使い回す。

 破天荒な芸で知られる大本営八俵さんは、素顔は真面目な好青年というか若いおじさん風。ゲストのBBゴローさんも凄く謙虚な人柄。芸人さんって、ステージに立つとホント、豹変するよねえ。快楽亭はほとんど変わらないけど。

 準備はとんとんと進んだので、開演まで30分以上時間がある。近所のコンビニに行って、お茶とおにぎりを買ってきて、袖の録音基地で食う。

 開口一番は、ブラ坊さん。ボッタクリ居酒屋の実例を出して「じゃあお前は行ったのかってことになるんですが……」と落とす。巧くなったねえ。

 二番手は、ゲストの左談次師匠。東洋館と掛け持ちなので浅い出番に。ネタは、「僕の読書日記」。立川談慶・談四楼の本をケチョンケチョンに。普通に読めばスルーするところを、左談次師匠のツッコミが入ると、途端にトンデモ本に変貌する。これはCDになる。

 で、快楽亭。実に真っ当な政治噺がマクラ。

「入れる政党が無いというけど、だったら公明党に入れればいいんです。朝ドラに若き日の山本リンダの話をやって、大河では『人間革命』をやる4年間があってもいいじゃないですか」

 というのには笑った。いや、若き日の筒井さんが書いた問題名作短編を思い出したが。

 で、マクラが終わって入ったネタは、てっきり「芝浜」かと思ったら……。

 その次が大本営八俵さん。いったん幕を閉めて高座を後ろに下げて、マイクを付け替え、幕を開ける。

 登場した八俵さんは、 戦闘帽に浴衣といえば、傷痍軍人みたいだよねえ。この姿で、 なんとも形容するのが難しい「右翼漫談」。

 中入り後は、ゲストのBBゴローさん。この人は稲川淳二のモノマネで売っている。あの人の口調で普通のことを喋っても「怪談」になってしまうというネタ。

 続いて大本営八俵さん再登場。この人は歴史上の事件を講談調に立て板に水で喋る凄い芸がある。これをじっくりやったら凄く面白いんじゃないか?

 トリは快楽亭で「三軒長屋」。面白い。

 16時ちょっと前までたっぷりの「二人会」だった。

 八俵さんのネタは、どっちをCDに使うのかなと思っていたら、中入り後の方に決まった。

 後片付けをして、撤収。メインマイクのショック・アブソーバーがおかしくなってしまった。というか、使っているマイクはそろそろ更新の時期なんだよねえ。客席マイクにはノイズが載るようになってきたし……。手頃なのを捜してみるかな?

 帰りは、一番近い新日本橋駅から電車に乗ろうかと思ったが、総武本線は本数が少ないので止めて、三越前駅から普通に帰ることにする。

 お江戸日本橋亭に一番近い地下へのエスカレーターが完備した場所を発見というか確認。来る時も、ここを使えばよかったのだ。

 乗り換えいらずの半蔵門線で帰る。

 家に帰ればカレーがあるが、無性に豚骨ラーメンが食いたくなったので、久々に「翔竜」に行く。店に入ったら誰もいないのでアレ?と思ったが、すぐに店員が戻ってきた。

 翔竜麺+味玉+海苔+半ライス。ラーメンにニンニクをたっぷり入れる。

 

 雨が降り出すという警告が鳴ったが、空は晴れているし当分雨雲はやってこない。

 無事帰宅。

 PowerBookから録音データをメインマシンに移して試聴。なかなかいい感じで録れている。

 荷物を仕舞って、本日のミッションは完了。

 シャワーを浴びると、ぐったり。

 しばし休憩。

 そういや今夜は隅田川花火だなあとテレ東を見ると、なんだか雨が降ってきた様子。そういやiPhoneには大雨の警告がしきりに鳴っていたなあ。

 花火中継は「なんだか台風の現場リポートみたいになってきました」と高橋英樹の娘が叫んだように、風雨に雷が凄いことになってきた。花火は中止になり、高橋英樹も樹木希林もずぶ濡れ。樹木希林が「こんな大変な時に、よくまあ平気で喋ってられるわね」と「人間としてとても真っ当な感想」を述べたのが面白かった。

 ウチの窓も雨がガラスを洗うような雨。

 そのせいか、ぐったり。復活できない。

 しかし、そんなことは言ってられない。

 起き上がって、なんとか仕事。

 「アド街ック天国」は大宮。後半だけ見る。

 「ニュースキャスター」は、周南市の事件について。「両親が亡くなったあと、村を離れる選択はできなかったのか」と三雲さんは言ったけど、それはまあ普通に考えればそう思うわなあ。しかし、仕事を辞めて帰郷したんだし、いい年になってしまったんだから、今更帰れないだろうしなあ。意地ってものもあるだろうし。

 スペインの列車事故、生き残った運転手は証言を拒否していると。これが何よりの証拠だろうなあ。機械の故障で制御不能になったのならそう言って自らの責任を回避するだろうし。

 維新の会の橋下共同代表は、これで何度目かの辞意表明。しかしまたも慰留されて続投。なんだか「辞め辞め詐欺」か往年の「吉本新喜劇ヤメヨッカナ?キャンペーン」みたいになってきたぞ。

 田原総一朗はこの番組ではない別のインタビューか寄稿で、「大社民党の結成」を謳っていた。保守党に対抗して、社民主義の政党が対峙して拮抗すべきだと。ヨーロッパではそれがスタンダードな形で続いているし、対立軸としては一番判りやすい構図だ。日本の社会党~社民党が支持を失ってきたのは、共産党より融通の利かないガチガチな体質と、福島瑞穂嫌いが多かったからだと思う。ま、これはおれの気持ちなのだけど。

 しかし社民党には衰えたとは言え地方組織がある。民主党に流れた労組票を取り戻して自民党との価値観の違いを明確に出しつつ現実的な目もありまっせというところをアピールすれば、と言う内容だった。

 大賛成。

 福島瑞穂もやっと辞めたんだし、いいキッカケになる。というか、ここでなんにもしないと、野党は総崩れで55年体制よりダメなことになってしまうと思うんだけどなあ。

 票集めで「反自民ならなんでもいい」という再結集は論外だけど。「憲法観」「反原発」を軸にすれば、結集出来るんじゃないか?「TPP」は、おれにはよく判らんのだが。

 今のような、野党がメチャクチャな状態は、絶対によくない。

 民主党が今に至ってもバラバラなのは、自民党からやって来た人たちがリベラルでもない、ただの政治抗争で敗れた人たちだったからで、社民党だった人たちと共鳴できるところが少ないが大きな原因じゃないの?「反自民」だけでの結集じゃ、政権取ったらバラバラになるという実験結果が出たんだし。

 しかしまあ、自民党だって、かなり考え方の違う人たちが集まっているんだけど、ここには利権があるから、決定的にバラバラにならないんだよね。3年間だけ野党だっただけじゃ、こういう構図は崩れないまま。

 健全な政権交代システムを構築できなかった民主党の責任は極めて重い。

 とかなんとか思いつつ、もうどうにも眠いので、23時就寝。

本日の体重:92.20キロ

本日の摂取カロリー:1836kcal

本日の消費カロリー:日常生活+389kcal/6402歩

« 睡魔には 勝てぬ日もある 文月末 | トップページ | 久々に ユンケル飲んだら目が冴えて 頭も冴えたら 最高だったに(字余り) »

コメント

お。短歌に移行!

短歌モドキは何度も試みていたのですが、どうしても整いませんでした。いやもう、モドキもいいところですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57877844

この記事へのトラックバック一覧です: 二人会 録音終えて 隅田川 雨に降られて 残念至極:

« 睡魔には 勝てぬ日もある 文月末 | トップページ | 久々に ユンケル飲んだら目が冴えて 頭も冴えたら 最高だったに(字余り) »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト