« 〆切が 気が気じゃなくて 屋形船 | トップページ | 「第4章」書き上げられず 夏の夜 »

2013年7月23日 (火曜日)

唐揚げを 食べて本日 胸が焼け

 6時起床。

 晴れ。もう、朝から暑い。夏だなあ。いいねえ。やっぱり夏は暑いから夏なんですよ。(と、井ノ頭五郎風に)

 昨夜は早引けさせて戴いたので、早起き出来てスッキリ。やっぱり酒が弱いので、こういう非常事態では無理しない方がいいと納得。

 朝のモロモロを済まそうとするが、せっかくのいい天気なので、洗濯機を2度回してタオルケットなどの大物も洗って干す。

 またも、朝の「あまちゃん」を見逃してしまった。「アサイチ」オープニングでの有働さんとイノッチの素人みたいな感想が面白いのに。

 昨日買っておいたミックスサンドを食べる。

 今朝の朝日新聞に、興味深い記事が二本。参議院選挙の結果を受けての対談と、内田樹先生の寄稿。

 野党多弱の現状をどうするか。民主党がいかに未熟だったか。いやしかし、民主党がこんなに未熟だったとは、今も驚きだ。野党のままだったら厳しい責任を問われることもなく、未熟さは露呈しなかっただろう。問題は、この未熟さを、民主党は政権を失ってもまだきちんと理解出来ていないのだと言うこと。菅元首相の行動など、その最たるもの。いろんなシガラミがあっても、彼がすべきだったのは後任を外れた候補を説得して立候補を断念させることだったんじゃなかったのか?それすらも出来ない政治力の持ち主が、政権を担当できないよなあ……。

 まあ、自民党だって似たようなものだが、自民党には「悪」というイメージがある。悪党なんだから悪いことをして当然というダーティヒーローの有利さがある。しかし民主党は「正義」「エエもん」というイメージで登場したから、ダーティヒーローでは許されない。悪を追及する側に瑕疵があってはいけないのだ。だからそれだけ自分に厳しくしなければならないのに。それが「自民党と似たようなもの」「劣化した自民党」「自民党の劣化コピー」とか言われたら、存在価値ないもんねえ。

 内田先生の寄稿のテーマは「ねじれのナニが悪い?」と直球勝負。調整するのが民主主義の政治なんだから、いろんなところでねじれがあって当然ではないか、それを調整できない政治がだめなんだろ、と。

 しかしまあ、調整できない長い期間があって、ウンザリしていたこともあったしなあ……。

 ねじれは民主主義のコストであると理解して割り切れるほど、日本人の政治感覚は成熟していないのだろうなあ。とか思ったりするが、アメリカだって大統領は民主党だけど議会は共和党が多数で捻じれているし、フランスだって「コアビタシオン」な時代が長く続いたんだし……。その中でどうやって政治を進めていくかが課題だし、民主主義を守れるかどうかの鍵だろうとは思うんだけど……。

 しかし、いろんなことが、ひどく虚しいですな。

 しかしこの二本の記事は保存しておいて、時々は読み返そうと思う。

 本日も、昨日引っかかって営業終了したところから書き出すが、一晩寝ると不思議と解決案が頭の中に用意されている。寝ている間に、脳はあれこれ考えているからだ、と言う説があるらしい。

 ずーっと仕事。

 お昼前に、外出。店が混む前に昼飯を食べて、買い物をしてこようということで。

 しかし、先にスーパーで肉とか米とか買い物をしてしまったので、外食は止めて、弁当を買って買えることに方針転換。スーパーで売ってる弁当はあんまり美味しそうじゃないのでパス。

 行きつけの弁当屋で「トリカラ弁当」を頼んだら、もの凄く時間がかかってしまって、後から注文した「幕の内」や「サバ塩」にどんどん追い抜かれてしまった。待つのはいいんだけど、スーパーで買った生鮮食料品が炎天下で傷むのが心配で。

 やっと出来上がって受け取ったが、おれも大人げないなあ、ブスッとしてしまった。揚げたてのお弁当なんだから、ニッコリ受け取れよ、自分!

 帰宅して、冷蔵庫に買ったモノを入れる。幸い、肉などに冷気は残っていた。夏野菜カレーを作ろうと思ったので。

 で、弁当を食べる。美味い。美味いけど、カラダが弱っているのか、胸焼け。昨夜の屋形船の美味しい天ぷらの影響か?

 ずっと胸焼けが残る。

 「あまちゃん」再放送を見る。うーん。ここしばらくは辛いエピソードが続くなあ。その中で、誠実そうだけど意味のない笑みを浮かべる「無頼寿司」の大将(ピエール瀧)が妙に面白いなあ!意味ありげでまるで意味のない微笑み、というのは美味いなあ!以前は「不思議な日本人の微笑み」とガイジンに言われたが、こういう形でギャグになるとはなあ!

 仕事は、パーッと進んで「第4章」を終わらせるという皮算用というか野望があったが、そこまで行かず。まだ細部を詰めていなかった部分に差し掛かったので、ディティールを考えながら書いていると、10ページ書くのがやっと。う~。

 しかしそれでも、ぐったり。

 へとへとになっているが、書き終わると、途端に元気になるんだよなあ。昨日この日記に取り上げた「新型うつ」とどう違うんだ?あの症状である限り、おれは「新型うつ」って鬱病ではないと、どうしても思うんだがなあ。プレッシャーに負けた病って事じゃないの?

 給食のお代わりをしてアレルギーを発症して亡くなってしまった女児、お代わりしたのは「クラスの給食完食達成」に貢献したかったから……。なんとも悲しい。悲しすぎる。

 山口・周南市の連続放火殺人事件。集落に住んでいるのはみんな同世代、というか、ほとんど学校の同級生みたいな年格好というのが凄いというか。そりゃいろんな意味で結束して、外部の者を排除する作用が働くだろうなあと思う。たぶん、その意識は当人にはまったく意識しないことだろうから、余計に厄介だ。15世帯だけ、と言うのも凄く閉鎖的だし。

 関越バス事故の運転手が「自分は睡眠時無呼吸症で、事故の時居眠り運転ではなかった」と無罪を主張。

 これ、おかしい。おれも睡眠時無呼吸症だが、ずっと「なんかおかしい」という自覚症状はあった。昼間、きちんと寝たのに眠いとか、疲れが取れないとか、自覚症状は必ずあるはずだ。それをなかったと主張するのは、罪を逃れるための嘘だし、嘘でなければ、自覚症状も判らない相当の鈍感者で、自己管理がまるで出来ていない、乗客の安全を守るバスの運転手として失格だ。

 こんなクソな言い訳が通るはずはないと信じるが、裁判員と裁判官は、多くの犠牲者を出しているのにこんな嘘や言い訳をする被告を、きっちりと断罪して戴きたい。

 出来たところまでをHPminiに入れて、夜、相方と打ち合わせ。

 大雨になりそうなので、北千住ルミネで待ち合わせ。

 雨は、ポツポツ状態だったが、濡れるのが嫌なので、歩いて行く。

 「Wired Cafe」に入って、おれはタコライスとチョコレートケーキのセットを頼む。

 食べたら、胸焼けは収まった。

 で、今後の打ち合わせ。もう残り時間は10日を切ったぞ。以前なら間に合わないと諦めたところ。最近はこれでも書くスピードと効率が上がったので、推敲もして、なんとか滑り込めると思っているが。

 で、これを乗り切るには、〆切をクリアした後の「お楽しみ」を考えるのが一番。目の前にニンジンをぶら下げるのだ!

 こう書いたら、ずいぶん前に批判されたことがあるが、キツい〆切をクリアするのにご褒美を用意して頑張ることの何がイカンのか、未だに判らない。小説を書くのが好きだとか好きな仕事をやっているとかとまったく別の話だろうが。おれは粘着質で執念深いから、今も覚えているぞ。あの頃は実績もなくて黙っているしかなかったが、今言われたら「倍返し」で言い負かしてやるんだがな。

 とにかく、〆切をクリアしたら、海に行くぞ!鴨川とか江ノ島なんだから、可愛いもんじゃないの。なにもカリブ海とかエーゲ海とか言ってるんじゃないんだし。

 眠気覚ましにエスプレッソを頼むつもりが、何故かカプチーノを頼んでしまった。口が勝手にカプチーノと言ってしまった。気味悪いなあ。

 しかし、カプチーノとカフェラテの違いがよく判らん。調べてもよく判らない。

 帰宅して、もうちょっと仕事、と思っていたのだが、風呂に入ると、疲れがどっと襲ってきて、夜のニュースを見ながらソファで寝てしまった。なんともぐったりして、凄く気持ちがいい。

 なので、今夜は諦めて、1時過ぎにベッドへ。

本日の体重:92.20キロ

本日の摂取カロリー:2232kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 〆切が 気が気じゃなくて 屋形船 | トップページ | 「第4章」書き上げられず 夏の夜 »

コメント

タイトル、五七五にしたのね。

大師匠:御意にございます。

そう言えば批判されましたねえ……。
それも、そういうことを言ってきた人たちは一人だけではなかったような。

今となっては誰だったかすら覚えてないですよ。

理不尽なことを言われて何も言い返さないのは弱いから、あるいは間違いを認めているから、などと誤解されがちなんだけど、それは違うのよね。

言い返すことによって、つまりこちらの言い分を主張することによって、そういう理不尽な人との関わりができてしまう。その苦痛とコストが馬鹿馬鹿しい。感情と時間の無駄づかい。

それが黙っていることの最大の理由。

違いますか?

せっかくそういう人たちとは縁が切れたのですから「今なら言い負かせる!」なんて、もちろん冗談ですよね(汗

あ、「今言われたら言い返す」ってことで。縁が切れてる相手だから、もちろんそんな無駄なことしません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57853900

この記事へのトラックバック一覧です: 唐揚げを 食べて本日 胸が焼け:

« 〆切が 気が気じゃなくて 屋形船 | トップページ | 「第4章」書き上げられず 夏の夜 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト