« 「第4章」なんとかアゲて 三船さん | トップページ | 二人会 録音終えて 隅田川 雨に降られて 残念至極 »

2013年7月26日 (金曜日)

睡魔には 勝てぬ日もある 文月末

 6時起床。

 もっと寝たかったが、アイディアを思いついて飛び起きて、メモをしていたら完全に目が覚めた。

 曇り。

 近所の公園ではジジババに混じって小さな子供が一生懸命ラジオ体操をしている。とても可愛いねえ。

 目が覚めたときに思いついたアイディアにはビジュアル(あたかも映画化されたときのポスターみたいな)もついていたので、それに従って作ってみようと材料を捜し出したが、人物の切り抜きをどうやれば出来るのか判らない。材料集めだけ。


 日記を書く時に「居酒屋三船」について、ちょっと調べる。

 ここは、六本木に「三船」という料理屋をモデルケースとして出しているのね。三船プロの監修を得て。で、フランチャイズとかを募ったけど料理屋というのはハードルが高いので、その廉価版として居酒屋バージョンを人形町に開店して、新宿や神田にもあるのか。

 どうせなら「三船敏郎のテーマパーク」みたいなコンセプトをもっと濃厚に……客を選んでしまうかも。「おれは、酒を飲むと頭がよくなるんだぜ」(「用心棒」)みたいな名台詞を店に散りばめる、ということをやったら、脚本家との権利問題が発生するか……。スチール写真を飾るのも、各監督や東宝との問題が生じるか……。

 朝のモロモロをやって、「あまちゃん」。今日の放送分は特に傑作。絶対音感の持ち主の水口に、鈴鹿ひろ美の音痴な歌声を聞かせて「拷問」するのが無茶苦茶面白くて大爆笑。オフィスの外からだとナニが起きているのか判らない、というのがこれまた笑いに油を注ぐ。

 その後の、若き日の春子が寮のソファにぽつんと座っている姿だけで涙がぶわっと出てきたぞ。口ではズケズケ言うクセに……という「……」の部分が凄く伝わってきて、泣ける。

 有村架純って、名優だと思う。凄く巧いと思う。

 「あまちゃん」は、「カーネーション」と並ぶ朝ドラの金字塔だなあ。

 で。

 仕事。

 昨日の疲れが全然抜けない。寝たのに眠い。

 で、月末で、ツキイチの病院にも行かなければならない。

 月末に病院、というローテーションが悪いのだ。月初めに行けばいいのに。

 で、主治医は金曜・月曜・火曜に診てくれるが、来週の月曜火曜はもう、〆切と格闘している頃だから、病院まで手が回らないのは必至。じゃあ今日行っておこう。

 それもあるし、 明日は昼間、快楽亭の録音に行かなければならない。快楽亭の日記を見ると、明日は鈴々舎馬るこさんとの二人会で張り切っていたはずなのに。馬るこさんダブルブッキングで会の方向性が変わってしまった。予定通り録音するのか?ナシならナシで有り難い。

 で、快楽亭に確認の電話を入れると、「やります!」とのこと。

 

 ということで、厚切りトーストにゆで卵のアサメシを食べてから出かける。

 

 1時間ほどでクスリまで貰って、終了。

 病院近くの、旧居時代はよく通ったそば屋に入ってランチ。玉丼盛りそばのセット。ここの玉丼は美味い。

 帰路、晩飯用のサラダを買い、図書館に寄って予約して置いた資料を借りる。

 で……。

 最終章のナラビをどうしようか考える。

 明日は半日使えないとなると、今日頑張っておかないと大変なことになる。しかし、頭がぼーっとして考えがまとまらない。というか、イメージがまとまらない。

 通常、次の章に入るには1日くらいのインターバルが必要なんだが……。

 絶望的になったりしたが、そこはそれ、大詰めだし、やらなければいけないことはもう決まっている……。

 眠い。ヒジョーに眠い。

 昨夜は中生1杯だけしか飲んでいないし、食い物だってそんなに食べていないので、肝臓の負担にはなっていないはず……だが、これまでの疲れが蓄積されているのだろう。

 Macの前で何度もオチるが、なんとか睡魔と格闘しつつ、材料を並べ替えていると、なんとなくまとまってきた。

 で、「これしかない!」というナラビが見えた!

 これしかないでしょう。

 これが見えたら、もう出来たも同然(そんなことはないが)。

 最終章を書き始める。

 しかし、それはそれで、本当にこの場面から入るのでいいのか?と考える。構成のナラビはいいが、書くとなると流れ的に無理が生じる。無理が生じると書けない。なかなか書き出せないのは、無理があるからだ。クーンツの教えの通りだ。

 で、最終章の頭の部分のナラビを再検討。

 いい案が出ない。睡魔が逆襲してきた。

 ソファに転がって、少し寝る。というか、意識を失う。

 まだ時間の猶予はなくはない。昼寝しても大丈夫だろう。

 モーローとしたまま「ミヤネ屋」を見る。山口・周南で起きたあの事件について。

 どうも犯人とされる63歳男性は、ジジババしか居ない集落では「若手」で、いろいろな(村を維持する)ことを「させられていた」様子。草刈りとか、そんな「勤労奉仕」。

 親が生きているうちは従っていたけど、親が死んでしまってからは、反抗するようになって、それまでの不平不満も溜まっていたので、激烈に歯向かうようになっていったんじゃないのか?

 10年前に刺された件も「そりゃ揉めることもありますよ」「先っちょがちょっと当たっただけでしょ」と刺した側は悪くないと決めつけるババアが居たり(このババアのインタビューは「ミヤネ屋」には登場しなかった)するから、こういう村って、ここで生まれ育って外を知らないまま年老いた人の中に、余所者が入っていくのはとても困難なんだろうなあと思う。

 スペインの大事故、その瞬間の映像があると言うのがスゴイ。しかも普通は死ぬ運転手が軽傷で生きているし、事故直前の無線交信も残っているし、フライトレコーダーみたいなモノも設置されていたらしい。

 80キロ制限のカーブに190キロで入ってきたらしいが、どうしてそんな無茶なことになったのか?

 しばらくぼんやり。しかしこのままウダウダしていてもクサクサするだけなので、皿を洗う。

 と、するっと名案が浮かんだ。なるほど、そう流せばいいのか。

 ユーレカ!と叫びつつ、Macに向かう。

 とは言え、疲れているので、そうは進まない。

 しかしまあ、先は見えた。

 夕食は、ご飯を炊いて、たっぷり残っている夏野菜カレーを食う。なんせ8皿分作ってしまったので、あと3皿分はあるぞ!まあ、土日の食料は、外に出なくてもあると言うことだけど。

 夕食後もMacに向かうが、どうにも頭が働かない。

 今日はもう終了しよう。

 ゆっくりと温めの風呂に入ると、汗が全然引かない。

 う~。

 

 「タモリ倶楽部」は録画して、23時過ぎにぶっ倒れるように就寝。

 くーたんがゴソゴソやっていたが、放置。まあそう悪い事はしないだろう。くーたんも壮年期に入って落ち着いてきたし。

 今夜は特にいい夢も悪い夢も見なかった。何か見たけど。

本日の体重:92.65キロ

本日の摂取カロリー:2389kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 「第4章」なんとかアゲて 三船さん | トップページ | 二人会 録音終えて 隅田川 雨に降られて 残念至極 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57871568

この記事へのトラックバック一覧です: 睡魔には 勝てぬ日もある 文月末:

« 「第4章」なんとかアゲて 三船さん | トップページ | 二人会 録音終えて 隅田川 雨に降られて 残念至極 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト