« 久々に散髪、久々に「きらクラ!」 | トップページ | 下田BB旅2日目〜本日、絶好調! »

2013年8月26日 (月曜日)

下田BB旅1日目〜低温にやられた!

 6時起床。

 晴れだったっけ?

 手早く支度して、くーたんの世話をして、駅へ。

 

 相方と待ち合わせて、東京駅へ。

 地下の「グランスタ」で弁当を買って、東海道線プラットフォームへ。

 今回は久々に二泊三日の旅なので、急ぐこともあるまいと普通電車で伊豆急下田まで行く。が、車内で駅弁を食べるし長丁場なので、グリーン車。

 空は曇ってきたが、まあ今日は現地に着くのが15時過ぎだから、今日の天気は悪くても仕方がない。これが一泊二日だと、地団駄を踏むところなんだよな~。

 車内で弁当を食べる。

 どうも雰囲気的に熱海で伊豆急に乗り換えるヒトが多そう(親子連れでリゾート気分マンマン。こういう人たちは絶対に伊豆急に乗る)だと察知したので、おれが頑張って先行し、席を確保することに。こういうおれの読みはだいたい当たるのだ。って、普通に観察してれば誰でも同じ事を考えるだろうが。

 案の定、伊東線/伊豆急のプラットフォームはごった替えしていた。ちょうど到着したばかりの電車から降りる客と、プラットフォームで待っていた客が混ざって、かなりの混雑。

 それを掻き分けて先頭車両の方に行く。いつもはグリーン車運用の「ロイヤルシート」はすでに満席なので。

 で、席を確保して、相方のiPhoneに連絡を入れる。

 が。

 エアコンが効いていない。暑い。

 伊豆急の車両は伊東線内はエアコンを切るという新ルールでも出来たのか?

 車掌が通りがかったので「暑いんですけど」と言う。

 やっと伊東を過ぎた辺りでエアコンが入った。車掌が運転席まで辿り着くのにこれくらいの時間がかかったのか?

 熱海で買った駅弁(熱海の駅弁売り場は早く閉まってしまうので、過去何度もトライして買えたためしがなかった)を食うが、この安い幕の内はなんだかガックリな内容だった。

 伊豆急下田駅前のコンビニでいろいろ買い物をしていこうと思ったのだが、バスの時間が迫っていたので、買い物を止めてバスに乗る。

 目指すは、多々戸浜。この道はもう、すっかり通い慣れた。ここ数年、毎年来ている。

 バス停近くの開いているのかどうか判らないような雑貨屋のような店で、ビールやお菓子を調達して、民宿Mへ。

 去年までは二泊三日の旅が出来なかったのでホテルにしたが、今年は三日滞在できるので民宿にした。多々戸のホテルは「下田大和館」で、ここは素晴らしいホテルだが、その分高い。しかもシーズンだし。

 民宿Mは、以前に二泊三日していた頃に3度使ったことがある。最初は民宿手製の豪華な魚料理が出てきたのだが、翌年、若奥さんに子供が出来たので夕食は仕出しになった。それでも食べ応えのある内容だったのだが、今回は普通の弁当屋の生姜焼きとかトンカツの弁当しか調達できない。車があればどこかに食べに行くし、宿もそれを期待しているフシがあるのだが……。

 ま、圧倒的に安いんだから、いろいろ足りないこともあるだろう。

 民宿Mの向いにはペンションがあって、ここもなかなかいいところで、ここにも3度ほど泊まったことがあるが、部屋にはベッドしかなくて、机がないので、部屋に入るとベッドに寝転んでテレビを見るか寝るしかない。ロビーのような場所もないし、食後に食堂に居残るわけにもいかない。しかし和室だと、布団を敷かずに「部屋」として使える。

 で、チェックインして宿代を先払いして、着替えて、海へ!

 が、曇天で、水温も冷たい。気温も低くて濡れると寒い。しかも、波が難しい。

 今年の鴨川の波はとても素直で強いので、簡単に乗れる。しかし、多々戸の波はもともと中級~上級者サーファー御用達なので、難しい。同じ下田でも、白浜や吉佐美大浜の波は素直なのだが。

 それでも頑張っていると……なんだか足腰肩が痛くなってきた。いきなり無理をしたせいか?

 2時間ほどで引き上げたが、同宿の客と風呂の奪い合いに。宿には風呂が3つあって、その内1つは「離れの部屋」にあるのに、それに気づいていない家族連れ(3家族合同だったようだ)がやってきて、宿のおばさんが「小さい子が震えてるから先に入れてあげて」と言われたら譲らざるを得ない。

 もう一個の方は、鍵が掛かったままの無音状態。風呂に入っているならシャワーとか音がするはずなのに、無音。

 なんじゃこりゃ状態。

 まあ、なんとか風呂に入れた(最後の順番になったので、時間を気にせずゆっくり入れたが)が。

 その後、弁当の夕食。豚の生姜焼き弁当と、とんかつ弁当。伊豆まで来て、どうしてこんなものしか食えないの?と思ってしまう。相方は「来られただけで充分幸せ」と言うけど……。

 ま、弁当自体は美味しかったんだけど。

 ホテル泊の最上級のサービスに慣れきってしまった、というのもあるなあ。これは反省すべきだなあ。なんせ民宿は劇的に安いから。

 宿の調理場の冷蔵庫を使わせて貰って、ビールを出してきて飲んだら、350ミリ缶1つだけで酔っ払ってしまった。

 食後、持参したゲラをやろうと思っていたのに、もうダメ。畳にひっくり返って寝てしまった。

 その間、相方は、おれが見た分のゲラをやっていた。

 で、21時ごろに布団を敷いて、おれは早々とお休みなさい。

 相方は0時ごろまでゲラをやっていたらしい。

本日の体重:92.25キロ

本日の摂取カロリー:2489kcal

本日の消費カロリー:けっこう消費

« 久々に散髪、久々に「きらクラ!」 | トップページ | 下田BB旅2日目〜本日、絶好調! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58085513

この記事へのトラックバック一覧です: 下田BB旅1日目〜低温にやられた!:

« 久々に散髪、久々に「きらクラ!」 | トップページ | 下田BB旅2日目〜本日、絶好調! »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト