« 誤報でよかった | トップページ | 暴力的に暑い »

2013年8月 9日 (金曜日)

再度の鴨川

 6時起床。

 本日は、今年二度目の鴨川。

 朝のモロモロを済ませ、支度をして出発。

 駅の立ち食いそばとオニギリを食べる。

 今回は、東京駅からの「アクシー号」ではなく、千葉駅発の「カピーナ号」に乗ってみる。

 しかしこの場合、駅弁の調達を考えると、京成線で千葉まで行くよりも、船橋でJRに乗り換えた方がいろいろと便利だと判明。千葉駅構内に「万葉軒」の駅弁売り場があちこちにある。しかし京成で行くと、千葉そごうの地下まで行かなければならない。それをしていると時間を食ってバスに乗り遅れる心配がある。

 ということで、JR経由で行く。

 駅で相方と待ち合わせて、千葉へ。

 船橋の乗り換えで急いだが、以前のことを考えると、乗り換えは楽になった。

 このルートのいいところは、下りなので電車が空いていること。

 千葉駅構内は工事中のせいか、駅弁売り場がなかなか判らなかった。下調べしておいたのになあ。

 中央口近くでスイーツを売っているお店の人に聞いて、場所が判った。

 「千葉幕の内」というのを買って、バス乗り場へ。

 初めての場所なので不安。しかしきちんと表示があったので、すぐに判った。

 バスは空いている。東京ドイツ村経由。ここはなかなかいい感じ。秋になったら行ってみよう。しかし車じゃないと不便そうだなあ。でもそれだとビール飲めないなあ。

 弁当を開ける。

 よくある幕の内だが、魚が多いのは千葉だから?

 とかなんとか考えているうちに、安房鴨川着。

 前回と同じ海の家に。

 波は、前回より高いと予測していたのだが、そんなことはなかった。サーファーには不満だろうが、ボディボードにはちょうどいい。

 で、サーフィン・ゾーンにサーファーはほとんどいなかったので……入っていこうとしたら、ライフセーバーの人に止められてしまった。でも海にはボーダーがたくさん入っているのに。

 まあ、この論法は「他にもやってる人、大勢いるやないの!」と切れる大阪のオバチャンと同じになるので、指示に従って遊泳ゾーンへ。

 こっちはお盆直前の金曜ということもあって、なかなか賑わっている。とはいえ、江ノ島の比ではない。ちょっと場所を選べば問題なく遊べる。

 で、どんどん乗る。

 もう、天国。

 ボーダーも多い。上手な人も多い。シンパシーを感じますな。

 鴨川の波は、小さくても力があるので、ボディボードには最適。海もキレイだし、人も多くないし。

 

 中国人の若者の団体がやってきた。

 ま、日本人と変わらない遊び方だが、彼らは喧しい。DQNな日本人の若いヤツ並みにうるさい。彼らは中国のDQNなのかもしれないけど。

 で、波打ち際にぼーっと立ってたりするので危ない。

 こっちも避けたりするけど、何度目かに避けずに突進していったら向こうが避けたけど。

 波打ち際でボーッとしてる人は、たぶん、海の遠くを見てるんだろうなあ。だから足元に突進してくるのが見えないのだろう。こっちもなるべく避けるんだけど。

 今回は3時の休憩はナシにして、ひたすら乗る。

 そのせいか、かなり疲れた。

 波も右から来る波が合体して複雑になって、姿勢制御するのに力が入ってしまって、右腕が痙りそうになった。

Img_1161

 そんなこんなで16時30分。

 海の家に戻って、シャワーを浴びる。

 相方が出て来るまで、かき氷を食べる。

 大型の、昔からの手回しの機械で作るかき氷って、美味い!

 氷がほわっと軟らかくて、すぐに溶けてしまうんだけど、優しい感じ。

 イチゴにコンデンスミルクを足して貰ったら、美味いのなんの。

 懐かしい味。

 で、17時を過ぎて、夕食。

 お目当ての「オリーブ」に行ったら、今日は定休日じゃないはずなのに、やっていない雰囲気。

 ドアは開いたので、中に入って聞いてみたら、ランチで食材を使ってしまって、夜はお休みですと。夏の間、お盆が終わる頃まではランチだけ、みたいな言い方をしていた。

 商売っ気がないというか……。

 それだけ、夜の客は少ないんだろう。でも、今はシーズンなんだし、おれたちみたいな客だっているだろうに。

 ここで、海を眺めながらモヒートを飲みたかったねえ……。

 まだ閉店時間前だから「キッチンまつもと」に入れると思ったら、ここもやっていない。

 どうなってるんだ、鴨川は!

 かと言って、今日は疲れてしまって、背負っているボードが重い。「居瑠家」は駅からちょっと離れているので、行くのがシンドイ。なので……。

 駅前に、前回入って微妙だった店の隣に「長久」というお店がある。ここは「食べログ」で評判がいい。

 店構えは、いかにも地元の常連さん御用達、という感じで、一見さんのおれたちには入りにくかったが、勇気を出して入ってみる。

 小上がりにはいかにも常連さんが居て、ビールを飲んでいた。

「そのへんに荷物置いて」

 と、店の大将に代わって仕切ってくれた。

 おれたちは、靴を脱ぐのが面倒だったので、カウンターに。

 いろいろ迷って、「刺身定食」にしたが、これが正解だった。

 わらさ・すずき、そしてなめろう。どれも美味しかった。ごはんをお代わり。どうせなら、なめろうを単品で取って、ごはんをもう1膳食べればよかったなあ。

 実に美味かった。ここの刺身は最高だ。

 時間があるので、駅の反対側に廻って、駅前のイオンに入って、ビーチサンダルを買い、帰りのバスの中で食べるメロンや海苔巻きなどを買う。

 相方がアイスを買ったので、バス停のベンチで食べる。

 帰りのバスは、時間の関係で、東京駅行きの「アクシー号」に乗る。

 車内でメロンを食べ海苔巻きを食べ、ブルックナーを聴きながら、寝る。

 21時を過ぎて、東京駅八重洲口に到着。ボードが重い。

 日暮里までの京浜東北線が混んでいて、けっこう辛い。千葉からゆっくり京成線で帰ってくればラクだろうなあ。しかし時間が凄くかかるか。

 やっとこさ、帰宅。

 ドアを開けると、くーたんが「遅いぞ」というように鳴く。

 くーたんにごはんを用意してから、洗濯機に洗濯物を放り込んで、風呂。

 風呂の後に、ボードを洗う。海の家で洗ったけれど、砂は1度や2度じゃ落ちきらない。

 「タモリ倶楽部」は録画して、0時過ぎに就寝。

 かなり疲れたけれど、充実&満足の鴨川だった。これで店がきちんと営業してれば最高なんだけどな。

 ここに来る客は、昼間滞在して、夜は車でどこかに行って済ませるのか、宿で食べるのか。地元の人は駅周辺ではないところに行くんだろうな。

 日帰りの、夜まで鴨川に居るおれたちみたいな客は、困ってしまうんだよなあ。まあ「長久」のような店があるけれど。

本日の体重:92.30キロ

本日の摂取カロリー:2905kcal

本日の消費カロリー:1353kcal

« 誤報でよかった | トップページ | 暴力的に暑い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57962292

この記事へのトラックバック一覧です: 再度の鴨川:

« 誤報でよかった | トップページ | 暴力的に暑い »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト