« 鴨川! | トップページ | 牛に引かれて善光寺参りみたいな……&テニスでヘロヘロ »

2013年8月 6日 (火曜日)

海疲れ&突然、ブルックナーに開眼

 6時30分起床。

 若い頃は、放っておいたらいつまでも寝てられたし、助監督時代は寝坊して遅刻したことが記憶にあるだけで2回あったんだけどなあ。今は目覚まし時計が不要だなあ。

 薄曇り。

 天気予報では今日まで雨が続くらしい。

 と思っていたら、もの凄い雨が降ってきた。窓の外が真っ白。

 おかげで窓ガラスが洗われてキレイになった。ベランダがないので窓を外から拭けないから、マグネット式の「ガラスを挟んで拭くヤツ」を買ったのだが、雨がきれいに洗ってくれるのでまだ使ったことがない。ヤフオクで売り飛ばそうかな?

 朝のモロモロを済ませて、広島の原爆慰霊式典を見るが、アベ首相のスピーチに大いに違和感を持った。

 首相は「日本は反核の動きで世界を主導している」ことに胸を張って見せたけど、「核兵器の人道的影響に関する共同声明」には賛同しなかったんだよね。アメリカの核の傘に入っている以上、北朝鮮の不穏な動きもあるので、という理由らしいが、胸を張れる状況じゃないだろ。

 続いて「あまちゃん」。

 見ていて辛いなあ。一緒にやっていたみんながどんどんアイドルとして売れていくのに、それを見ているだけ、というのは辛いよねえ。学生時代な似たり寄ったりだったのに、社会に出るとみるみる差がついてしまったような感じで……。

 こんな朝っぱらに電話。高校の後輩のA。この間来たばかりなのに、また東京の息子のところに来ていて美術展を見て回っていると。

 明日の昼飯を一緒に食う約束をする。

 10時ごろに雨が上がったので、ボディボードケースやビーチシューズを屋上に干しに行ったら……。

 屋上が大洪水。排水溝が詰まっている。自分の区画に一番近い排水溝だけ掃除する。こういうとこ、管理人さんはチェックしてないんだよなあ。

 他の洗濯物は乾燥機を使う。いつまたゲリラ豪雨が来るか判らない。洗濯物は点数が多いので取り込んでいるとびしょ濡れになってしまう。

 乾燥機を回している間に、松屋でアサメシ。山形のだしをつける。やっぱり野菜を大きめに切った、松屋の方が美味いぞ。

 その後、ATMで記帳して500円玉貯金を入金。源泉徴収税や日本推理作家協会の年会費の振り込み票を持ってくるのを忘れたので、また今度。今は印税の端境期でカネがない。どうせなら期限ギリギリまで振り込むのは止めよう。

 ATMの隣を見ると、サラリーマン風の男性が、ダラダラと汗をかきながら、一生懸命振り込みを操作している。ゆっくりとボタンを押して、その都度汗を拭う。

 別にATMの中は暑くない。これは、冷や汗か脂汗か。なんか重大な入金をしているのだな。だから操作がゆっくりすぎるくらいゆっくりなんだ。

 いったい、どんな入金なのか興味津々。会社の正規の取引だったら、経理が振り込みをするだろうし……なにかの穴埋め?ブラック企業で経理がいない?ヤクザに脅されている?ブラックサラ金の返済?(この期限に遅れたら女房と娘を売り飛ばすどワレ、とか言われてる?)

 などなど、妄想が膨らむ。

 帰宅。

 で、仕事!

 徳間のぴかぴかの新作と、週刊新潮「黒い報告書」が目下の仕事だが、どっちを先にやるか。

 徳間の編集者承認済みの章割りを読み返すが、全然頭に入らない。

 

 昼が過ぎる。

 この前の「きらクラ!」で、ブルックナーの9番第2楽章を聞いて、「おもしれ~」と思った。どどどっどどど、 どどどっどどど、 という重量級サスペンス映画のテーマみたいなのが突然湧いて、突然消える。そういや7番も8番も、こういうのがあったなあ。それを考えるとブルックナーって凄くヘンだよなあ、面白いなあ、と思ったら……。

 そうか、ブルックナーって、こういう風に面白がって聞けばいいのだ、と思った瞬間、ブルックナーが好きになった。

 なにも難しい顔をして聞いて「理解しよう」なんて思わなくて、このオーストリアの変人の長大でヘンな交響曲を面白がればいいんだ、と思うと、俄然いろいろと聞きたくなった。

 これって、ヴェルディに「開眼」した時と同じだなあ。

 ブルックナーとブラームスはワーグナーにまつわる「ドイツ楽壇」の勢力争いに巻き込まれて、対立する役割を背負わされた感があるが、音楽も対照的。

 ブラームスは、オーソドックス。基本が室内楽だから、きっちりまとまっている。構成が端正で神経が細やか。

 対するブルックナーは、とにかく、ヘン。「ブルックナー開始」とか「ブルックナー休止」「ブルックナー・ユニゾン」「ブルックナー・リズム」「ブルックナー・ゼクエンツ」など、名前がついた特徴があるし、改訂に継ぐ改訂を施して、それをいろんな人が校訂して、ますます版が増えてしまって、どの版がどうなのか、どれを聞いたらいいのかよく判らないというクソ面倒なことも起きているし。

 ブルックナー本人も相当な変人で、いろんな女性に求婚しまくってフラれ続けて独身のまま世を去ったとか、すぐに自信を喪失してしまって(このへんが尊敬するワーグナーと違うところ)いろんな人の意見を聞いてしまって何度も改訂してしまったり。

 おれはブラームスが大好きだし、作品的にも、構成がカッチリしたブラームスに学ぶところが多いと思っている。けど、ブルックナーを「やりたい放題のオッサン」と思えば、それはそれで俄然、興味の対象になる。

 以前なら、石丸電気レコードセンターに飛んでいって、CDを漁るところだが、あの店って、まだあるのかな?

 午後、また外出。

 「福しん」でチャーハンと「おともラーメン(麺とモヤシだけの半ラーメン)と餃子を食う。本当は「柏屋」で炙り焼き豚おろしそばを食べたかったのだが、今日はお休みだったので。

 ちょっと食い過ぎ。

 帰宅して、相方と電話で話した後、戴き物のブルックナーの7番(マタチッチ指揮チェコフィル)のCDを聞いていると、寝てしまった。

 

 なんか、妙な具合に昼寝してしまったので、頭はぼんやり、カラダも妙にだるい。

 寝冷えしてしまったのかも。

 晩飯は、ずっと冷蔵庫にあった、お総菜の野菜の煮物と、さっき買ってきた鰺の磯辺揚げとセブンイレブンの「山形のだし」で。

 風呂にゆっくり浸かって、汗を出す。

 なんか、冷房病になった感じもする。がんがん冷やさないと暑い。けど冷えすぎて寒かったりもする。

 

 なんだか夏風邪を引いたみたいな感じなので、早寝。

 23時過ぎに就寝。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2521kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α 

« 鴨川! | トップページ | 牛に引かれて善光寺参りみたいな……&テニスでヘロヘロ »

コメント

初めまして、BWV1000番と申します。先日の「きらクラ!」の「BGM選手権」でストラヴィンスキーの「火の鳥」の「子守歌」で採用された者です。
ふとしたことでこのブログにたどり着きました。
実は、2月17日の「たけくらべ」で、グリーグの「過ぎた春」でベストになったのも私です。
ブログを拝見させていただき、私の選曲2つ共に共感していただいていることを知り、嬉しく思っています。しかも、徳島出身の方と知り、驚きました。(私は、徳島生まれ、徳島育ち、現在も徳島に住んでいます) プロの作家さんなのですね。
「きらクラ!」がお好きなようなので、お時間ありましたら、うちのブログものぞいてみていただければ幸いです。「きらクラ!」専門のブログです。

BWM1000番様:
おおおお!常々、尊敬しておりました。コメント有り難うございます。
「BGM選手権」は毎回、感心して聞いております。「勝手に名付け親」のコーナーには何度も投稿して、一度は番組で読まれたこともあるのですが、BGM選手権の方は、なかなか投稿できません。放送を聞いて「なるほど!」と感嘆するばかりです。
「火の鳥」の「子守歌」は、全曲の白眉で、とても好きな曲なので、ハーンのあの文章と本当にピッタリ合っていると思います。2月のグリーグも、心に染みいりました。
僕はかなり偏った「クラファン」なので、守備範囲が狭いです。やっとブルックナーを聞き始めた段階ですし……。
徳島にはなかなか帰れませんが……。今後とも宜しくお願い致します。貴サイトにもお邪魔してみます。

BWV1000番様:
うわ。お名前を間違えてしまいました。
朝から申し訳ありません。

尊敬だなんて・・・過分なお言葉ありがとうございます。
ご経歴を読ませていただきましたら、映画のお仕事をされていたとか。BGM選手権どころか、本業になさっていた方なのですね。
ラジオネームは、○ムさん(一部伏字)でしょうか。「おとっつぁん、お粥が・・・」の投稿、私はその元ネタは何となくしか記憶にないですが、ラジオの前で笑わせていただきました。
私のブログには、いつの間にかきらクラ!リスナーさんが集まるようになってしまいまして、その中にはBGM選手権の採用者(ベストの方も)がたくさんいらっしゃいます。投稿締め切り後に、各自のブログで投稿した曲のご披露をするのが習慣になっています。主要メンバーのことをいつしか「トンデモナイン」と称するようにもなりました。
8月4日のベストの方もその中のお一人です。

BWV1000番様:
ご明察です!どうして判ったんでしょう?コワいくらいですね!
しかし、ふかわりょうが「シャボン玉ホリデー」を知らないというのには驚きました。テレビ・バラエティ史上有数の番組だったのに。関西の人間にとっての吉本新喜劇以上に、カラダに染みこんだギャグやコントばっかりだったのに……テレビ番組は映画と違って保存が悪いので、年代が違うと知らないと言われたら仕方がないのでしょうね。
この投稿は、2ちゃんねるの「きらクラ!」スレでもウケていたので、嬉しかったです。
で、僕は助監督はやってましたが、選曲の仕事はしたことがありませんので、この方面では完全な素人です。だから、投稿される方々の選曲が素晴らしくて、毎回、「なるほど〜!」と感嘆しております。これはもう、センスの問題なので……。
貴ブログにもお邪魔させて戴きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57943098

この記事へのトラックバック一覧です: 海疲れ&突然、ブルックナーに開眼:

« 鴨川! | トップページ | 牛に引かれて善光寺参りみたいな……&テニスでヘロヘロ »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト