« 人生五十年(+五年)。 | トップページ | 仕事進んで「稲村クラシック」開催されて気学教室行って楽天優勝! »

2013年9月25日 (水曜日)

「あまちゃん」で泣き疲れ

 6時起床。

 どうしても目が覚めてしまう。

 雨。

 早起きしたのに、トロトロやっていると、あっという間に「あまちゃん」の時間。

 今回は、本当に、泣きましたね。

 音痴の鈴鹿ひろ美を薬師丸ひろ子が演るということは、絶対に音痴を克服して、あの天使のような歌声を披露する場面があるはずだ!と思ってはいたのだが……。

 こんな形で登場するとは!

 しかも、歌詞を書き換えた部分がまた泣かせる。

 しかも、急遽吹き替え要員として駆けつけた春子の身のこなしがスパイ映画のトム・クルーズみたいで異様にカッコよかったし(マイクを持って舞台袖にさっと入ったところとか)。

 しかも、そのマイクから電池が抜けて太巻の額に命中するし。

 しかもしかも、ヤング春子が出て来るし。おれはもう、ヤング春子が出て来ると条件反射で切なくなって泣いてしまうから、すべての相乗効果で、号泣。

 そして……薬師丸ひろ子の歌声が……それはそれは素晴らしくて、本当に、天使のような汚れなき澄み切った天上の音楽で。千円返してとか妙な部分が聞こえなくなるほどの「女神の声」だった。

 「アサイチ」の有働アナとイノッチの、おばさんのような会話にも「そうだよねえ」とオバサンのように頷いたし。

 あまりの感動に、お昼の再放送も見て、再放送の方がよりいっそう、泣いた。

 で、仕事。

 昨日から進み出しているので、その勢いで今日もやる。

 資料を駆使して書いているけど、どれを見ても隔靴掻痒。知りたいことがズバリと書かれていない。仕方がないからそのへんは誤魔化して書き進める。しかしこのままじゃあダメなので、設定を全面的に書き直すか、推敲段階で大阪に行って自分で確認してこようか。どっちにしても、今行くのは無理だし。

 気分転換に、大阪往復の一番安い方法を調べたり。JR東海の出張パックは、日帰りと一泊ではたった800円しか違わないぞ!

 もう夜行バスじゃあ、カラダに応えるしなあ。いくら豪華バスでも横になれないのはシンドイ。

 どうせ大阪に行くなら、大阪の書店さんに挨拶回りするとか、快楽亭の大阪公演に顔を出すとか、心斎橋の名店・田門の極上のしゃぶしゃぶを食べるとか、そういうこともしたい。京都で湯豆腐、とか考えると、どんどん話が外れてしまうが。

 ご飯を炊いて、ブランチ。ベーコンご飯に目玉焼き。

 JR北海道の酷い実態が次々と明らかになってきた。日本の鉄道の安全神話がガラガラと崩れ落ちた。ここまでムチャクチャだったとは。

 資金不足が決定的な要因なら、何らかの方策があるだろうに……。

 日本の場合、鉄道だけは大丈夫、と言う強い信頼があったのに。それはまあ、確かに、いろんな大事故があって、そういう信頼は虚しいと言うことも突き付けられてきたけれど……。保線に関しては、日夜黙々と、保線マンたちが地道な努力を重ねていると思ってきたのに。

 これからどうするか。是非ともきちんとして欲しい。それが利用者の願いだ。

 午後も仕事。

 雨になって、今日のテニスについて、一気に萎えてしまった。雨の中テニスに行きたくないし、連日の外出でなんだか疲れているし、仕事もやっとノッてきたのでこの調子を中断したくないし。

 というわけで、お休みすることにして、電話連絡。

 仕事続行。

 夜、郷里のAから電話。「すだち」を送って貰った返礼に、明治座特製の西京漬けの詰め合わせを送ったのだが、そのお礼。

 近況報告をしあって、ハナシは「半沢直樹」に。いかにナンセンスなドラマだったかを語り合った。手練れなスタッフが「すべて承知」で全力でウケを狙って視聴率を取りに行った結果、TBSのドラマとも思えない、ある意味破格なものになって、その思い切りのよすぎる割り切りのよすぎるナンデモアリな異様な迫力が生まれたのだろう。なにをやっても最低だったTBSだもんねえ。今はフジテレビがその地位に就いてしまったようだけど。

 で、あの池田信夫が「経済ドラマとしてムチャクチャ」と評した(「実際の不良債権は、あんなきれいごとじゃないよ」「今ごろ日本国民は『不良債権』というものを知って驚いているということなの?これだけ金融リテラシーが低いと、アベノミクスにだまされるわけだ」とか)が、「あのドラマ、誰も経済ドラマとして見ていない」などと書かれて、やっと矛を収めたらしい。しかし1回見れば、これがマトモな経済ドラマではないと判りそうなモノなのに。香川照之の芝居を見て、判らないか?池田サンはドラマ畑ではなかったとは言え元はテレビマンだったのに、そういう感覚もなかったとは。テレビマン的発想がまったくないのは、やっぱりさすが、池田信夫と言うべきか。

 個人的な好き嫌いで、「こんな子供騙しのドラマ、大嫌いだ!」と言えば、賛同する人も多かっただろうに。

 この人は、世間の主流な考え方に異を唱えるのが趣味というか生き甲斐だからなあ。だったら今まで通りに、上から目線で原発推進だけ唱えて反原発派を小馬鹿にしてればいいの。

 夜は、外に出るのも面倒になったので、冷蔵庫にあった冷凍ハンバーグに冷凍ミックスベジタブル、冷凍スパゲティ、最後の一つになったトマトで。

 食後休憩するつもりが、食べた後、急激に睡魔に襲われて、21時のNHKのニュースから「報道ステーション」までほとんど寝てしまった。

 で、風呂も何もかも諦めて、「孤独のグルメ」最終回は録画して、早々に寝る。

 23時過ぎに就寝。

 ああ、今夜もくーたんと遊ばなかった。しかし、昨日はドタバタ暴れていたくーたんは、今夜は大人しく寝ている。体調でも悪いのか?と心配してしまうほど大人しい。

 でも食欲旺盛だし便通も大丈夫だし、抱っこしても熱があるようにも思えないし。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1645kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

« 人生五十年(+五年)。 | トップページ | 仕事進んで「稲村クラシック」開催されて気学教室行って楽天優勝! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58267630

この記事へのトラックバック一覧です: 「あまちゃん」で泣き疲れ:

« 人生五十年(+五年)。 | トップページ | 仕事進んで「稲村クラシック」開催されて気学教室行って楽天優勝! »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト