« 第1章終えて、テニス | トップページ | おれたちの夏はまだ終わらないのだ »

2013年9月12日 (木曜日)

水戸の千波湖は素晴らしい!

 6時起床。

 泣きたくなるほどの快晴。しかし秋の快晴だ。

 目が覚めなかったら中止、と思っていたのだが、きっちり起床したので、所用を果たしに水戸に行く。それに、こんなに天気がいいんだし。

 くーたんにご飯を出し、手早く支度をして、外出。

 ここで、何をトチ狂ったか、北千住から水戸まで常磐線普通電車で行けばいいのに、上野に出て特急に乗る選択をしてしまった。到着時間にさほど差は無いのに。まあ、「フレッシュひたち」に乗ってみたかったと言うことはあったんだが。

 日比谷線で上野。来てしまった以上は予定の特急に乗らなきゃバカだ。

 急いで自由席特急券を買い、JRの改札を通り、駅弁を買い、特急「フレッシュひたち」に乗り込む。しかし自由席はほぼ満杯で、タブレットをしきりに操作する方の横に座らせて貰う。

 「フレッシュひたち」は極めて快適な特急で、ほとんど揺れない。保線もいいのだろうが、この特急車両はいいねえ!

 秋限定のお弁当は松茸ご飯がなかなか美味しかった。

 近くの席で、ノートパソコンで一心に文書を作成中の女性。ノートパソコンのキー打音はパコパコじゃなくてカチカチなのね。小さなスイッチが絶え間なく押される感じ。けっこう耳につく。

 ごくたまに、おれも車内でノートパソコンを使うので、こういう音については周囲に迷惑をかけてるんだなあと気づく。本人は気づかないよねえ、こういう音。気をつけたいけど……。タブレットなら音はしないか。いや、画面を叩く音はそれはそれでうるさいだろうなあ。

 iPhoneでニュースを見たり、「第2章」のメモを読んだりしていたが、そろそろ水戸と言うときに催してきた。

 新しい車両はトイレも美しい。

 用を足して外に出たら、ちょうど水戸駅に滑り込むところだった。なんというタイミング!用足しが終わらなかったら、そのまま次の勝田まで連れて行かれてしまったところだ。

 水戸駅南口は、空が広くてパーッと開けている。なかなか劇的な駅前の空間だ。北口は「よくある駅前」で面白くも何ともないが、南口のこのドラマチックな佇まいはどうだ!

 水戸での所用を済ませて、偕楽園まで歩くことにした。バスに乗ろうと思って時間も調べてあったのだが、このいい天気。歩きたくなった。前回少し歩いた千波湖の景色がとても気に入ったし。

Img_1224

 ノンビリ歩く。

 市内にこれほど素晴らしい川と湖があって、市民が三々五々歩いたり走ったりしていて、そのすぐそばに水鳥たちがノンビリ休んでいる。

 この光景は素晴らしい。誰も水鳥をいじめないから、彼らも人間を恐れない。なんて素晴らしいのだろう。

Img_1220

 常磐神社にお参り。

 おみくじを引くと、久々の「大吉」!

『これから次第に調子が出てきて運勢は登り坂にさしかかります……』と、今の状況でもっとも言って欲しかった内容が並んでいる。有り難い。頑張ります。

 参拝客に供される麦茶を戴いて、しばし休憩。

 その後、偕楽園を少し歩いて、南門から出て、千波湖の側に渡り、湖畔に沿って歩く。

 この湖を一周すると約4500歩らしい。駅から歩いて往復すれば1万歩を超える。格好のウォーキング・コース。しかしレンタサイクルもある。次はレンタサイクルで走りたいなあ。


 いい汗かいて駅まで戻る。

 思えば1万歩越えのウォーキングは、2ヵ月ぶり。夏の盛りは歩く気にはなれなかった。夏は大好きだけど、異常なほどの猛暑はねえ。

 牛肉弁当を買って、11時1分発の普通電車のグリーン車に乗り込む。

 牛肉弁当はすき焼きふうでまあまあ美味かったが、どうせなら水戸ならではの弁当にすればよかった。納豆は食えないけど。

 ウトウトしながら2時間。

 北千住に戻ってきた。

 帰宅して、洗濯しながらシャワーを浴びる。

 早速干して、部屋に戻ってノンアルコールビールを飲む。本当はビールをグビグビ飲んでプハーをやりたかったのだが、仕事しなきゃ。昼間のビールは泥酔するのよねえアタシ。

 「第1章」について、かなり大幅な直し提案が相方からあって、どうしようか考える。かなり大幅な直しのようでもアリ、そうでもないようでもあり。

 今夜打ち合わせしたいと相方に伝える。

 で……録画した「あまちゃん」と「孤独のグルメ」を見る。

 西尾久のとんかつ屋の「酒鍋」ととろとろのトンカツ。食べたい~っ!

 しばしソファにひっくり返ってウトウト。久々に歩いて汗かいてシャワー浴びてエアコンの効いた部屋で昼寝するって最高のゼイタク。しかも外はいい天気の真っ昼間。

 と、電話が入る。週刊新潮編集部から。渡してあった「黒い報告書」、掲載はずっと先になると思っていたら、急遽来週号に載せることになったので、今夜ゲラをFAXすると。

 おー。プリンターを換えておいてよかった!

 結局、直しはそんなに考え込まなくても大丈夫な気がしてきたし、相方も「第2章のメモを作りたい」とのことなので、打ち合わせはナシ。ゲラについても何かあれば電話で確認し合うことに。

 で、メシ。

 朝昼の駅弁でカロリーは足りているが、やっぱり夕食を抜くのはツラい。1万五千歩歩いたんだし。

 考えた末に、回転寿司にする。マグロ中落ち、ハマチ、イカ、甘エビ、イクラ、穴子、あじ、明太子にシジミ汁。美味かった。

 帰宅して夕刊を読んでいると、NTT電話が鳴った。放置しておくと、ファックスが作動して、無事、「黒い報告書」のゲラを受信。専用機じゃないと、いつもファックスがきちんと受信出来るのか不安になるのだ。追いかけるようにしてまた電話。これはファックスじゃないだろうと出たら、編集部からで、FAXが無事についたかどうかの確認の電話だった。

 ゲラは細かくチェックが入っていて、さすが週刊新潮!文章の勉強になる感じ。

 ほとんどゲラで指摘された修正に同意するが、数ヵ所、「ママ」指定をする。相方に確認することもないチェックだったので、そのまま返信。しかしB5のゲラをA4で受けたので、字が小さい。それをそのまま返信したので余計見難いだろう。

 ゲラをスキャンして、その画像をメールする。が、画像を何枚も貼ると容量オーバーで送れないこともあるので、宅ふぁいる便も使う。これだけのことをすれば、なんとかなるだろう。

 ファックスを頻繁に使うなら、B版も受信出来る専用機を用意するんだけど……今はほとんどFAXが来ることもないから。

 ゲラ拝を終えたらぐったりしてしまい、本日の営業は終了。

 くーたんと遊ぶ。

 くーたんは身体能力の高い活発なネコだから、ふんだんに遊んであげないと可哀想。

 相方が読売新聞で読んだというエッセイを思い出す。自然豊かな別荘に飼い猫を連れて行くと、一日中思い切り遊んでいる。それはもう本当に楽しそうで幸せそうに。

 で、休暇を終えて東京のマンションに戻ってくると、悲しそうに窓外ばかり見ている……あの森はどこにいってしまったの?という顔で。

 その文章を思い出す。だけど、東京で放し飼いは出来ない。近所に迷惑が掛かるし、誘拐されるかもしれないし虐待されるかもしれないし車に轢かれてしまうかもしれない。

 くーたんは元々ストリートキャットだったのを保護されたから、野性の血が濃い。だから、外に出て思い切り走り回りたいだろうなあ……申し訳ないねえ……。

 23時過ぎに就寝。

本日の体重:92.60キロ

本日の摂取カロリー:2995kcal

本日の消費カロリー:日常生活+924kcal/15772歩 

« 第1章終えて、テニス | トップページ | おれたちの夏はまだ終わらないのだ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58182617

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸の千波湖は素晴らしい!:

« 第1章終えて、テニス | トップページ | おれたちの夏はまだ終わらないのだ »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト