« 所用で秦野へ | トップページ | 今日も竜巻! »

2013年9月 3日 (火曜日)

仕方なくプリンターを買い換えた

 7時起床。

 薄曇り。

 例によって朝のモロモロをやって「あまちゃん」。

 今日放送分は、あの震災からしばらくの間の事を思い出した。コンビニもスーパーも、本当にモノがなかったんだよねえ。でも、個人商店にはパンも玉子も牛乳もトイレットペーパーもあった。在庫を持たず必要分をトラックで運んでくるのがコンビニ流だが、その流通がズタズタになったらアウト。

 あの数日間を思い出して、今日も泣いた。

 で、2年前の日記を読み返してみた。

 地震発生の翌日から、原発のことばかり書いてあった。14日までは「東電頑張れ」「批判するより今は東電を応援しよう」「風評被害をまき散らすな」ということを書いていた。

 まあ、あの時点では、とにかくなんとかして貰いたい一心だったし、放射性物質がこんなに広範囲にまき散らされたことを知らなかった。で、当時から読売新聞は原発に関して不安を翻るアレコレに凄く批判的だったんだよね。

 プリンター問題。

 今日も依然として給紙できない。どうも給紙ローラーが廻っていないようだ。

 それでも、ヒューレット・パッカードのサイトに書いてある説明の通りに、給紙ローラーを掃除してみることにする。

 メシのついでに外出して、薬局で蒸留水とガーゼを買ってこよう。

 ということで、12時前に「柏屋」へ。ネットで読んで美味しそうだった「みぞれ揚げモチソバ」を食べよう。

 まだお昼前なのに、1階は満席。2階へ。

 「みぞれ揚げモチソバ」は美味かった。しかし見事に炭水化物だけ。ちょっと寂しかったが、サイドで板わさを取ってもなあ。

 トポスでサンドウィッチを買い、薬局コーナーで蒸留水とガーゼを買って帰宅。

 

 ラックからプリンターを取り出す。結線を全部外すが、これ、戻すのが大変だなあ。

 説明の通りに「自動両面印刷ユニット」を外してローラーを掃除し、問題の給紙部分も指を突っ込んで掃除する。

 電源を入れてテストして見ると……やっぱり一番最初の紙を奥に送り込むローラーが動いていない。

 この部分のモーターが壊れたか断線してるか、コントロールする部分がいかれてしまったのだろう。

 HPのサポートに電話するが、この機種の修理というか、今は「修理」はせず、同じ機種とまるごと交換することを「修理」と呼んでいるようなのだが、今年の7月でこのサービスは打ち切った、と。だから、修理できないと。

 この給紙だけが問題なんだけどねえ。スキャナーもCDの盤面プリントもFAXも、問題なく使えるんだけどねえ。

 しかし、買い換えるしかない。

 HPのプリンターは多機能だし安いし印字品質がいい。しかし安い分、メカ部分が弱い(堅牢ではない)んじゃないか?

 だから、エプソンとか他のメーカーに乗り換えようかと思ったのだが……買い置きのインクを新機種のものに交換してくれるとか、メーカー直販で買った場合は買い換え割引をしてくれるというので、同じHPのものにすることに。

 どうせどのメーカーも中国とか東南アジアで作ってるんだし、徹底的にコストダウンしてるんだし、似たり寄ったりだろう。

 のちほど直販担当者が電話するというので、それを待ちながら、自分でも機種を探してみる。ごくたまにしか来ないが、FAX機能は必要。ごくたまにだからむしろ専用機は要らない。

 今はCD盤面印刷機能はなくなった。まあ、いろいろな機能が多いと、それだけ故障の原因も増える。今度は家庭用ではなくてビジネス用にしよう。FAX機能がついているものはHPではビジネス機の分類になるのだが。

 3機種をピックアップ。あとは担当者に「どう違うのか」質問しよう。そして不要になった旧機種の引き取りサービスがあるのかどうかも確認しよう。

 しかし……プリンターはない方がスッキリするんだけど……でも、ないと困るなあ。スキャナーも必要だしなあ。

 ちょっと腹が減ったのでサンドウィッチを牛乳で流し込む。

 いろいろ考えていると、眠くなってきて、ソファで昼寝。

 なんか、疲れてしまった。せっかくプリンターを掃除しても無駄に終わってしまって、徒労感が募った。

 17時近くになって、電話。こっちが下調べしてあったので、話はテキパキと進んで、「Officejet6700」に決める。割引が適用されて、送料込みで17000円チョイ。まあ、安い。昔だったらこの数倍してたはず。安くて壊れやすくて修理できないモノを頻繁に買い換えるのは、資源の無駄だと思うけどなあ。多少高くてもずっと使い続けられるものの方が……しかしメーカーとしては新製品を売りたいんだよね。リサイクル社会への変化を邪魔するのは資本主義なのである。

 NTT電話がずっと使えないのも困るので、臨時に電話線をセット。FAXは使えないが電話だけは使える。

 まあ、壊れたプリンターをそのまま戻して指で紙を送ってやれば、今まで通りに使えないこともないんだけど、一度ラックから取り出して結線も抜いたりしたモノをまた戻すのはめんどいし、徒労でもある。

 しかし、安いとは言え、2万円の予想外の出費。こうなるんだったら、Gショックを買わなかったのに。

 夕食は、カツオのタタキ。夕食を魚にすると体重は減る。これは間違いない。ご飯を食べてもおかずが肉ではなくて魚だと、体重は減る。これからしばらく、夜は魚にしよう。しかし明日はそうもいかないか……。

 スーパーで買ってきたカツオをスライス。刺身包丁だとすっと切れるんだけど、フルーツナイフじゃごしごしやらないと切れない。刺身包丁はあるのだが、鉄製なのできちんと手入れしないと錆びちゃうのよね。

 タマネギやキュウリをスライスし、生姜とニンニクもスライス。ミョウガも加えて、完成。ポン酢をたっぷりかけて、食う。

 美味い!カツのタタキ、美味いぞ!毎日食うと飽きるだろうが、美味い。昨日も食ったけど、美味い。

 で……仕事の方は、徳間新作の第1章のファイルを開けてイメージを膨らませているのだが、まだまとまらないので、書き出せない。というか、アタマがずっと「悪漢刑事11」のゲラでそっちに戻っていたので、切り替えが上手く行かない。

 しかし、竜巻って、アメリカ大陸特有のものだと思っていたのに……越谷で起きるなんて。

 今年は島根や九州や四国でもの凄い大雨が降り続いている(なのに早明浦ダムには水が溜まらない)し、以前の日本の気象ではない。これはどう考えても、温暖化の影響であるとしか思えない。

 これは地球のちょっとした気象の変動なのであって、温暖化(だとしても長い地球の歴史においてはホンの些細な、いわば誤差の範囲)じゃないという「自称物知り」もいるが、彼らは2年前にウジャウジャいた「自称放射線医学の専門家」みたいなもので、知ったかぶりのイッチョカミの知識の断片を便利に組み合わせてるだけの「パチモン」だと思うんだけどなあ。隕石の激突とか火山の噴火に匹敵することを、人間がやってると思うんだが。

 風呂に入って、早々に寝てしまおうと思ったら、「改訳完全版」の「マルタの鷹」(小鷹信光訳・ハヤカワ文庫)を手に取って読み始めてしまった。

 旧版の村上啓夫訳(創元推理文庫)の訳がかなり古色蒼然としているので買い直したのだが……風通しがよくなって、とても気持ちよく読める。この改訳には、諏訪野先生の「マルタの鷹」研究が反映されていて、原書の誤植に遡って訂正されている。

 終盤のサム・スペードの名台詞2つ、映画オリジナルの台詞かと思ったら、1つ(「お前が死刑になっても、時々は思い出してやる」)は原作にあった。改訳のほうが映画の字幕に沿っている。もう1つの、

「(マルタの鷹の像を持って)重いな」

「夢が詰まってるのさ」

 は、映画オリジナルだが。

 

 ということで、1時ごろ就寝。

本日の体重:92.25キロ

本日の摂取カロリー:1576kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 所用で秦野へ | トップページ | 今日も竜巻! »

コメント

タイトル、川柳仕立てですね。

あ、まったく気がつきませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58125397

この記事へのトラックバック一覧です: 仕方なくプリンターを買い換えた:

« 所用で秦野へ | トップページ | 今日も竜巻! »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト