« 夏過ぎて あまちゃん終わり 虚脱感 | トップページ | チョン・ミュンフン/フランス国立放送フィルに痺れた »

2013年9月29日 (日曜日)

「きらクラ!」聞いて仕事して

 6時30分起床。

 まだ寝たかったけど、トイレに起きて、そのまま目が覚めてしまった。

 薄曇りだったが、8時を過ぎると、今日も晴天。

 一応、6時間以上寝たので、スッキリ。やっぱり昨日のどんより感と疲れが抜けない感じだったのは、寝不足だったのだなあ。

 朝のモロモロを済ませて、パンケーキを焼く。ベーコンを乗せて焼いてみた。それにマーガリンを塗って。マーガリンの塩味が効いて、美味しい。「エッグスン・シングス」のパンケーキの絶妙な塩味は、バター由来だったのかなあ。

 3枚焼いてその1枚には目玉焼きをトッピング。もう1枚にはメープル・シロップを垂らす。これも美味い。

 読売に、東電の広瀬社長のインタビューが載っているが、

『福島第一原発事故に伴う廃炉や除染の費用については、「一つの企業では、とても負いきれない」とも述べ、国の財政支援を求める考えを示した』

 って、ナニこれ?

 広瀬社長は先代の尻ぬぐいに奔走して気の毒なくらいだが、あんまりバカな事は言って欲しくない。

 電力会社は、原発の廃炉費用を積み立てていたんじゃなかったのか?こんな事が通るなら、今後、原発を廃炉にする費用は国が持たなきゃならないことになるんじゃないの?他の原発も事故を起こして廃炉にしなければならなくなった場合、その電力会社はお手上げになるのか?

 じゃあ、やっぱり、原発なんか、作ってはいけないものなんじゃないか。作って動かして、廃炉にするお金はありませんって、こんな無責任な会社がどこにあるんだ?ここにあるんだけど。

 つまり、電力会社は、原発が事故を起こした場合の費用をまったく考えていなかったわけだ。それで「原発はコストが安い」とまだ言っている。論理が破綻しているのに、それを認めないのは原発推進派だけ。彼らは論理的思考力が欠如しているから、原発を推進出来るのだと言うことがこれでハッキリした。 

 で、仕事。昨日はサッパリだったが、今日はさすがに進んだ。

 14時になって、NHK-FM「きらクラ!」を聞きながら。2週続けてお休みだった、ふかわりょうが復帰。やっぱり、ふかわりょうのちょっと気の抜けたようなお喋りがこの番組には合う。日曜の午後にはピッタリだと思うなあ。

 この2時間、手が止まりがち。録音もしているが、オンエアで聞いてしまった。番組で流れたラフマニノフの交響曲第2番第3楽章がやたらといい。プレヴィン指揮のLSO。プレヴィンはこの曲を布教したようなものだ。バーンスタインはマーラーを布教したが、プレヴィンはこの曲やコルンゴルトを布教した。

 番組を聴きながら、ふと、「悪漢刑事12」のストーリーが浮かんだのでメモする。

 番組が終わり、仕事に戻る。が、腹が減った。

 17時すぎに外出。

 いろいろ考えた末に、「日髙屋」に入ってしまった。これだけでも間違った選択だというのに、「餃子+豚骨ラーメン+半チャーハン」という最悪のメニューを頼んでしまった。これはもう、魔が差したというしかない。本来は、餃子をオカズに白い飯を食べたかったのに。

 食べ終わって、さっさと帰宅。

 食後休憩しつつ、日テレ「バンキシャ」を見る。JR北海道のずさんさと、宮崎の「自宅に娘の死体、母親は福岡空港で半狂乱」事件の詳細。と言ってもどうしてこんな事になってしまったのかは全然判らない。それと、京都で起きた小学生の列に車が突っ込んだ事件。運転していた18歳のガキは、日頃からドリフト運転に凝っていたようだ。フェアレディを買い与えた親は、自分のガキが朝早くから無茶な運転をしていたのを叱っていなかったのか?ガキの言いなりになっていた親、と言う構図が浮かぶのだが。

 その後、NHKのニュースを見て「ダーウィンが来た」でイルカの高度な知能が判るアレコレを見て、「八重の桜」。同志社大学に入学したくなってきたぞ。

 しかし、「内戦」が如何に傷跡を深く残すか、ここまで描いたドラマはなかったんじゃないか?単細胞な山県有朋に腹が立つ。

 その後、風呂に入って、今日はもう営業終了かと思ったが、もう少しやろうと仕事を再開。そうしたら、意外にもどんどん進んで、1ブロック終了。しかし本来は今月中に最低、第3章まで終わらせる予定だったのだ。予定からは大幅に遅れている。

 

 ゴミ出ししたり、くーたんと遊んだりして、0時30分就寝。

 「あまちゃん」がまだ続いている夢を見た。

 思えば、このドラマで幸せになった人が多い。自分のブログで「あまちゃん」のイラストを好きで載せていたらそれが評判になって本になるとか、地元に観光客が殺到してるとか、脇の出演者が脚光を浴びるとか……。このドラマに批判的な人はいない(産経新聞の関西発の記事がしつこく「関西では視聴率が上がっていない」と書いていたが。ついでに書くと、産経新聞京都の岡田という記者は署名記事でこれまたしつこく村上春樹を私憤剥き出しな新聞記者にあるまじき文章で貶し続けているが、そんなのは個人のブログで書け)し。

 賛否両論で褒める人も苦笑しながらの「半沢直樹」と本当に対照的だなあ。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2551kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

« 夏過ぎて あまちゃん終わり 虚脱感 | トップページ | チョン・ミュンフン/フランス国立放送フィルに痺れた »

コメント

こんばんは。
今回の「きらクラ!」の本放送の同時刻に、徳島交響楽団の定期演奏会がありました。プログラムは、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と、ラフマニノフの交響曲第2番でした。何という偶然でしょう! しかし、その演奏会を私は聴きにいっていません。(その時、私は佐賀にいました)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58292631

この記事へのトラックバック一覧です: 「きらクラ!」聞いて仕事して:

« 夏過ぎて あまちゃん終わり 虚脱感 | トップページ | チョン・ミュンフン/フランス国立放送フィルに痺れた »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト