« 夏が、終わった! | トップページ | 「きらクラ!」聞いて仕事して »

2013年9月28日 (土曜日)

夏過ぎて あまちゃん終わり 虚脱感

 6時起床。尿意を覚えてトイレに行ったら二度寝出来なくなった。まだ寝たいが、目は覚めてしまった。

 本日もすごい晴れ。家にいるのはもったいない。これぞ行楽日和。空は澄み切って空気は爽やか。

 しかし、仕事しなければ。

 早朝からモロモロを済ませる。洗濯をして干し、ボードケースも念入りに洗って干し、その他シューズなども念入りに洗う。

 また、来年。去年は9月22日が最後の海だったので、記録更新か。しかし去年は「寒い」とは日記に書いていない。やっぱり気温が24度とかになると限界を超えるなあ。

 で……「あまちゃん」最終回。

 思えばおれは、「三陸篇」は「アマーソニック」とか「海女カフェ」とかの駄洒落小ネタに、オタクたちが大挙してやって来るとかのエピソードになんかノレないものを感じて(悪ふざけに思えた)、ほとんど見なかったのだが、「東京篇」が始まる辺りから見始めたら、すっかりハマってしまった。

 小泉今日子の魅力に圧倒されたのがおれの場合の食いつきだった。すぐに脇役アンサンブルの巧さに魅了され、だんだんと能年玲奈も可愛く思えてきて……気がついたら、朝と昼、酷いときにはBSの朝と夜の分も見たりして。薬師丸ひろ子に古田新太の登場が決定打だった。

 ちょうど、6月頃か。ピッタリと夏の間、おれは「あまちゃん」に狂ったのだった。

 アキとユイが笑いながらトンネルを潜ってその先の夏の陽光を浴びてキラキラ輝いている場所に走っていく……。なんとも味わい深い、深くて大きなラストではないか!

 希望、という言葉が照れずに言える。そんな気持ち。

 今どき、「希望」なんてコトバ、小っ恥ずかしくて口に出来ないけど、このラストを見たら、「ああ、希望があるっていいなあ。もっと素晴らしい明日があるに決まってるって思える事って、いいなあ」と素直に思える。それは、このドラマに邪心がなかったからだろう。邪心だらけの「半沢直樹」と大違いよね。(邪心大好きではあるんですが)


 役者も素晴らしかったが、演出も傑出していた。

 そして……宮藤官九郎の脚本。脚本自体は読んでいないけど、あの演出を引き出したのは、脚本の力だ。

 いつものクドカン節で、NHKだから、朝ドラだからと調子を変えず、いつもの通りやっていたのが、よかったのだ。長丁場だし、無理をしていつもの自分じゃないものを努力して出そうとしても、いずれ化けの皮は剥がれる。

 自分の声で自分の歌を歌え!

 なんか、鈴鹿ひろ美の話にダブってしまうようだけど、しみじみとそれを感じた。

 自分の歌を歌わなければ。

 月末になってしまったので、ツキイチの病院へ。

 その前に、松屋でアサメシ。ソーセージ玉子定食を食べる。

 で、病院。

 待合室のテレビで「そして父になる」の宣伝インタビューを福山雅治がやっていた。この映画は観たいんだよなあ。

 子供の取り違えって、とても残酷で難しい問題を突き付ける。「親子ってなんだ?」という根源的な問題が突き刺さるわけだし。

 福山の役より、リリー・フランキーの役の方に興味がある。リリーフランキーはこれも今公開の「凶悪」で、すべての元締めのような「先生」を演じていて、予告編だけだが、気味悪くて憎ったらしくて凄い存在感。「最後から二番目の恋SP」ではクセのありすぎる脚本家をやっていて、これがまたいい味出していたから……役者リリー・フランキーは目が離せないのだ。

 で、この映画はスピルバーグ(のドリームワークス)がリメイクすることが決定した。親子の問題は普遍的なテーマだもんね。でもまず、オリジナルを見ておかないと。

 診察は、海に行ったせいか、血圧は低くて正常値。

 薬を出して貰って、帰宅。

 ネットでは、というか、マスコミ的には、やっと、「半沢直樹」現象をどう理解するか、という声が出てきたが、最初の頃に出た意見(「これは経済チャンバラだ」という原作者のコトバ)の追認ばかり。しかし学者の「久しぶりに録画ではなくオンエアで見て『体験の共有』が出来たドラマ」とか「判断を迫られるが判断出来ない『判断麻痺』に陥っていた人たちに刺激を与えた」というのはナルホドとは思えた。しかしまあ、こういうのは後から考えた「後づけ」だよなあ。学者は常に、事が起きてしまってからでしか考えられない。発明系の学問以外は、みんな「事象の分析」だもんね。

 で、テレビ界では「背広時代劇」ジャンルというものが成立する気配は濃厚。小説の場合は、かつての「黒豹刑事」シリーズみたいにぶっ飛んだものじゃなければ難しいか。ならばそれはおれには書けないなあ。寄って立つ専門分野がないから、すべては絵空事の世界になってしまうし。

 そう。やっぱり「自分の歌を歌え!」なのだ。

 「第2章」のファイルを開けるが、手に付かず。

 昨日の疲れと、朝に夏の名残を全部洗濯してしまったのと、「あまちゃん」が終わってしまった、虚脱感。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。

 ガンマイクと言えばゼンハイザーのなんとかという型番のヤツが業界標準。発売して40年近くで、国内売り上げ1万本達成記念で、ガンマイクを知ろうというマニアックな企画。まあ、マニアックにするなら、もっとやって欲しかったけど。上から狙うのと下から狙う、音の違いとかもやって欲しかった。

 

 そうそう。書き忘れていた。

 報道では、みずほ銀行が暴力団員に融資していたことを隠していたらしい。

 今、暴力団にコピー機をリース出来ないし、ハガキの印刷も請け負えないし暴力団員が経営する店にお酒も卸せないしオシボリも納入出来ない。組員が電化製品や車を買うのに、ローンを組んでもいけない。

 これって、違憲状態なんじゃないのか?

 おれは「悪漢刑事」を書いている関係で、ヤクザのあれこれを調べることが多いが、「暴対法」や「暴排条例」って、憲法違反じゃないのか?と思う。ヤクザと言うだけで差別して基本的人権を保障しないというのは……。それが嫌ならヤクザを辞めろと言うのは判るけれど……。

 地方だと、地域に溶け込んで仲良く暮らしているヤクザの人も多いので、それを一律にまとめてしまうのは……ローンも組めないのは異常だと思うのだが。

 みずほ銀行の対応がぬるいとか、謝罪会見を開かないのはけしからんとか、みずほ銀行のガバナンスは問題だとか言われているが、そもそもはローンを受けたオリコが悪いんじゃないの?

 というか、車を買うのにローンを組むというのは末端の暴力団員じゃないのか?だったとしたら、末端をどんどん締めつけて、追い込んでいくと、ヤクザを辞めるどころか狂暴で過激な存在になっていく可能性は考えないのか?そうなったヤクザは凶悪犯罪を犯すんだぞ。警察は犯罪予防なんて頭にないのかね?ヤクザの解決が犯罪予防の最大の策だと思ってるんだろうけど、元士族を追い込んだ末に西南戦争が勃発した事をお忘れ無く。それで不満士族を一掃したんだから、警察はその再現を狙ってる?

 おれの故郷・徳島では、暴力団員が普通に軒を並べて暮らしていたし、組長の息子が普通に市立中学に通っていて普通に仲よくしていたし、ごく普通の存在だった。職業がヤクザで、ノミ行為とか強請り恐喝とかをやってたんだろうけど、そういう「対象」にならなければ、ごく普通の気のいいオッチャンだったんだけどねえ。

 関西や九州のおっそろしい連中のイメージだけが広がってるけど、警察だけじゃ解決出来ないモロモロをナントカしてくれる人たちでもある(一度頼んだら一生の付き合いになってしまうケースもあるだろうけど)のに……。

 録音したままになっていた、NHK-FMの「きらクラ!」を聞く。22日放送分の、ギターの鈴木大介氏がゲストの分。鈴木氏は喋りも達者なので、この二人でも番組は充分廻るし、遠藤真理さんがお休みの時にふかわりょうと鈴木氏の二人だった時より話が弾んで和気藹々としていた。旧知の仲だし、同じ演奏家だし、息もあってる。ふかわりょう、おちおち休んでいられないぞ!

 ピアソラの「リベル・タンゴ」はクラシック演奏家もよく取り上げる曲だが、番組内で生演奏。チェロとギター。これが素晴らしかった。特にチェロ。遠藤真理って凄いなあ。音が深くてとても感動した。

 聞きながら、冷凍チャーハンを解凍して、食う。

 聞き終わっても、なんか虚脱感。寝不足もあって、なんかぼんやり。

 ちょっと寝ようかとソファの毛布を捲ったら、ベッドで寝ているはずのくーたんがいつの間にかここにいた。

 くーたんに遠慮して狭いソファのその端っこで寝ると、くーたんが場所を譲ってくれたので、しばし寝る……が、寝られない。

 ボンヤリしたまま夕方のテレビを見る。

 晩飯は、外に出ていく元気もなくて、冷蔵庫にあった「野菜のさつま揚げ」とご飯。今日は質素に行こう。

 風呂に入る。

 ゆっくりと長風呂。

 土曜だが、TBSは「秋の感謝祭」特番だし、テレ東は洞窟探検なので、テレビは観ないで、朝刊と夕刊を読み、定期購読している「マックピープル」最新刊を読む。が、この「マックピープル」、突然中折りの薄い雑誌になってしまったのでガッカリしたのだが、今号は以前より分厚い特大号。iPhoneとiOSの新型が出たから、その総力特集。

 読みながら、くーたんと遊ぶ。

 猫は、真剣な表情がとても可愛い。集中して真剣に猫じゃらしと遊ぶ。この姿は本当に、たまらなく可愛い。

 で、早めに寝てしまおうと思っていたが、なんだかんだで0時就寝。

 寝るときはちょっと暑くて毛布を蹴り飛ばすのだが、朝方になると毛布だけでは寒い。かなりの温度差。ウチだけの特異な現象なのかな。

 久々に、映画の現場で助監督をしている夢を見た。それも市川組でカチンコを叩いている。例によってステージの隅から望遠で狙っているので、どこにカチンコを出していいのか判らない。これはもう一生のトラウマだな。

本日の体重:91.55キロ

本日の摂取カロリー:1804kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

« 夏が、終わった! | トップページ | 「きらクラ!」聞いて仕事して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58285873

この記事へのトラックバック一覧です: 夏過ぎて あまちゃん終わり 虚脱感:

« 夏が、終わった! | トップページ | 「きらクラ!」聞いて仕事して »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト