« 疲れがなかなか抜けないというか | トップページ | 「不知火検校」見て「半沢直樹」最終回見て »

2013年9月21日 (土曜日)

盛りだくさんな一日

 5時に目が覚めたが、いくらなんでも早いので、二度寝。

 しかし6時過ぎに起床。

 今日も気持ちのいい晴れ。

 本日はちょっと水戸に行く。すっかり水戸が、というか、千波湖が好きになってしまった。

 で、特急券をネットで買っておいたのだが、早起きしたので特急に乗らず、その前の普通電車に乗っていくことにして、特急をキャンセル。でもネットでもキャンセル料が300円、掛かるのね。

 くーたんにご飯を出してシャワーを浴びて髭を剃っても、6時40分に出かける支度が済んでしまった。

 北千住駅構内のNEWDAYSで駅弁じゃなくても弁当を買おうとしたら、売ってない。しかたなくおにぎりで我慢。

 7時14分発の勝田行きのグリーン車に乗り込んでおにぎりを食っていたら、車内検札のアテンダントさんが来て、この車両は土浦止まりなので水戸まで行きませんがどうしますかと聞かれたので、じゃあグリーン車の利用を止めるので料金を返して欲しいと言ったところ、「払い戻し券」を出してくれた。しかも、土浦まではグリーン車に乗っていていいという。

 ならば、と土浦までグリーン車。

 9時7分、水戸着。

 今日は土曜日なので、レンタサイクルがある。土日祝祭日に限って自転車を貸してくれるのだ。

 500円払って、自転車を漕いで、桜川に沿って千波湖へ。

 何度来ても、美しい。素晴らしい。

 みんなが大切にしている場所、と言うことが伝わってくる。

 ゴミなんかまったくないし、水鳥たちも人間をまったく恐れず、自転車やジョガーが横を通り過ぎるのに、ノンビリと道に出てきて休んでいる。

Img_1232


 いいねえ。

 素晴らしい。

Img_1233

 常磐神社にお参りして、しばし休息。おみくじを引いたら「吉」だった。

 まだ時間が早くてレストハウスが開いていない。ソバでも食いたかったんだけど。

 汗が引くまで、休憩。

 常磐神社の人たちは、みなさん挨拶をしてくれるので、もちろんおれも丁寧に挨拶を返す。

 偕楽園も素晴らしいが、この常磐神社も素晴らしい。

 なんか、水戸が好きになってきたぞ。納豆は苦手だけど。

 で、自転車で、前回は行かなかった、千波湖の対岸を走る。

 動物愛護の集まりをやっていたり、黒鳥にエサをあげるおじさんがいたり。エサをあげるのはいけない事だと思うが、せがんでいる黒鳥が極めて可愛い。

Img_1234

 市内に、これほどまでに大きくて美しい湖があるというのはいいなあ。本当に憩いの場所だもんなあ。

 まあしかし、東京に住んでいる者としては、上野公園をもっと大事にすべきだなあ。不忍池だって素晴らしい場所なのだし。

 もっと上野公園に行こう!

 11時1分の上野行きに乗るべく駅に戻って自転車を返し、帰りのグリーン券を買って改札を通り、窓口にグリーン車の払い戻し券を差し出す。

 すんなり受理されて返金されてオワリだと思ったら……。

 Suicaに北千住から水戸までのグリーン券情報が残っていないし、グリーン券情報が上書きされているのでどうのこうの、と言うことになってしまった。払い戻しを受ける前に帰りのグリーン券を買ってしまったのがいけなかったのか?しかし係の人はそうではない、と言う。北千住~水戸の情報が消えているのは、車内で「払い戻し券」を発行した段階で消去されたんじゃないの?

 しかし、係の人は数人集まって処理を相談しはじめた。ええ?なんで?

 発車は迫っている(次の電車は11時30分。特急は満席)し駅弁も買いたいのに、よく判らないが処理方法で揉めて難航している様子。

 まあ、グリーン車が土浦止まりだったのが根本原因。で、車内精算が出来なかったのもよく判らないし。

「まだですか?!」

 と声を荒げていたら、やっと処理完了。来たときのグリーン券分返金されて、帰りのグリーン車代はなぜかSuicaの情報が消されて「業務連絡書」というのが発行されて、それで代用するという、よく判らない処理になった。

Photo


 でもまあ、幕の内弁当を買ってグリーン車に乗り込む。

 アテンダントさんが来たので、「業務連絡書」を見せたら、もの凄く怪訝な顔になった。こういうのを初めて見た、という感じ。でもまあ、グリーン券の代わりになって、問題はなかった。

 幕の内弁当を食べ、持参したHPminiで仕事。行きでは出来なかったので、帰りで頑張る。

 いろいろ刺激になったのか、まとまらなかったイメージがまとまって形になった。

 車中できちんとした文章は書けないので、構成を箇条書きにしておく。

 で、13時前に北千住到着。アテンダントさんは「業務連絡書」を改札で見せて通ってくださいと言ったけど、降車したらおれがグリーン車に乗っていたのかどうか判らないんだし、見せる意味がない。実際、見せないまま改札を通過。もちろんSuicaはタッチしたが。

 で、帰宅。

 昨日分の日記を書いてアップして、今朝の「あまちゃん」の録画を見て、ついでに昨夜の「タモリ倶楽部」も見る。

 そうこうしていると、本日夜の部の行事が迫ってきた。

 今夜は、日芸の前に2年間在籍した玉川大学の演劇部の同窓会。当時、玉川大学には映画関係のサークルがなかったので、映画に一番近い演劇部に入った。

 おれは第一志望がICUで、ICU一本槍の受験勉強をしていたのだが、落ちた。国立大学並みの偏差値だったもんなあ。落ちて当然。浪人するつもりだったが、急に浪人するのが怖くなって、その時点でまだ受験出来る大学を捜して、ニワカ受験勉強をして数校受けて、玉川に引っかかった。しかし受験の成績はかなり良好で、あと一歩で特待生だったと言われ、クラス委員になったりした。その頃は、この大学で英語を勉強してUCLAかUSCに留学して本場で映画の勉強をしたかったのだが、いろいろ調べたら、「日芸で充分じゃん」「ハリウッドで仕事するのは相当に大変」ということになって、2年生が終わる春に再受験して日芸に入り直した。その分親には負担をかけてしまった。お坊ちゃん大学トップクラスの玉川大学は学費が高かったし、日芸だって同じくコストの掛かる大学だったし。

 まあ、そんなこんなで、玉川大学の2年間、正確には2年の秋以降は大学に行かず家で受験勉強していたのだが、演劇部のみんなは、とても懐かしい大切な存在だ。

 大学の演劇部って、もっと熱くてめちゃめちゃなところ(朝まで酒を飲んで演劇論を熱く語り合うとか意見が合わずに喧嘩になるとか男女関係が乱れまくっているとか)だというイメージがあって、それなりの期待もあったけど、その期待は大きく裏切られた。玉川大学演劇部は極めて真面目。超真面目。酒は飲んだけど朝まで激論を交わすことなく、喧嘩もなく、男女の乱れなんか一切ナシ。中村雅俊の「俺たちの祭」とかで描かれる演劇サークルとは正反対の品行方正超真面目集団だった。

 今は知らないが、当時の玉川大学は創始者がまだ健在で、建学の精神が現在形で生きていたからなあ。

 まあ、そのスクールカラーに、おれは徹底的に合わなかったのだが。

 おれが辞めて数年後、薬師丸ひろ子が入学したのよね。

 で……そういう中退者だということと、演劇部の一種、「玉川イズムの布教活動の最先端」みたいな雰囲気がまったく合わなかった、ということもあって、同窓会にはほとんど顔を出さなかった。こういうものは、顔を出さなくなると、次が行きにくくなる。行きにくいと億劫になって行かなくなる。

 おれの意識の中では、「おれは日芸卒」ということになっているし……。

 しかし、演劇部の連中は今でも仲間だという意識もある。全然顔を出さないのに、今も声をかけてくれる。

 ということで、〆切に追われてヒーヒー言ってるタイミングでもなく時間もあって、モロモロ条件が揃ったので、10数年ぶりに行ってみた。

 しかし、会場に近づくにつれて、「忘れ去られてるんじゃないか」「会話がまったく噛み合わないんじゃないか」「完全アウェー状態で居たたまれないんじゃない」とか思って不安になってきた。で、落語会の会場まで来て帰ってしまった立川談志みたいに、ドタキャンして帰っちゃおうかと思ったりしたが……。

 結果として、こういう事は、「案ずるより産むが易し」。

 会場に入った途端に、玉川を辞めてから30年以上会ってなかった人たちとの垣根が一瞬にして消滅して、「あの頃」が戻った。

 えらいもんですな。これが同窓会のいいところなんだよなあ。

 ウソかホントか「全然顔を出さないおれのための会」とか言ってくれて、アウェー状態になんか、なりようもなかったし。

 区議会議員になったヤツもいるし家業を継いで社長になった者もいるし学生時代から秀でていたワザを磨いてその道のProになった者もいるし……。女性軍はみんなマジで魅力的に年を重ねていて、まあ、みんないろいろ抱えていることもあるだろうけど、いい感じで50代になってるなあ。男はみんなオッサンになってるが、女はオバサンじゃないところが凄い。まあ、そもそも、玉川というところは女の方が強い(意識が高くて目的意識があって勉強も出来て気も強い)大学だったけど。

 とても仲よくしていて今日は来なかったヤツが早稲田の大学院に進んでシェイクスピアの研究で博士になって大学で教えていたとか、意外な事実を知って驚いたり。

 遠くに帰らなければならないメンバーを送った後、二次会に行き、そこでも盛りあがったが、深酒をしないのがこのメンバー。

 電車のあるうちに解散となって、0時前に新宿から電車に乗り、1時前に帰宅。

 いやあ、めくるめく一夜だった。

 風呂に入って、くーたんと遊んで夕刊を読み、NHKの深夜番組を見る。視聴者が眠たくなるまでやる、と言うクドカンたちのゆる~い番組。

 これを、ウトウトしながら3時前まで見てしまい、慌てて寝る。

 いやあ、本日は盛りだくさんな日だったぜ。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2400kcalくらい?

本日の消費カロリー:639kcal/10733歩

« 疲れがなかなか抜けないというか | トップページ | 「不知火検校」見て「半沢直樹」最終回見て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58241766

この記事へのトラックバック一覧です: 盛りだくさんな一日:

« 疲れがなかなか抜けないというか | トップページ | 「不知火検校」見て「半沢直樹」最終回見て »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト