« いろいろとスッキリしたけどテニス駄目 | トップページ | 本日はモーレツな脱力感 »

2013年10月 3日 (木曜日)

新国シーズン・オープニングで「リゴレット」

 8時30分起床。

 珍しく大爆睡。

 

 アサイチで、クロネコさんが「悪漢刑事11/殺しの口づけ」の見本を届けてくれた。

 今回は、いつもと趣向が違うので、カバー・イラストも色っぽいぞ!

 

 洗濯機を2回回して大洗濯大会。その他モロモロをやって、ATMに行って記帳などをして区民税も払って、北千住東口のペット用品店でくーたんの猫飯をまとめ買いして、おれもランチ。新秋刀魚の塩焼き定食。美味い!ヒジョーに美味い。ネギぬたを追加したが、これも美味い。東口には学生向きの定食屋が幾つか出来たが、西口にも欲しいなあ。大戸屋とかやよい軒とか。

 なんだかんだですぐに夕方。

 本日は新国立劇場のシーズン・オープニング。ヴェルディの「リゴレット」だ!ドイツの演出家による新制作。この演出家は以前の「ヴォイツェック」もやった。

 相方と駅で待ち合わせて、初台へ。

 いつものように「サブウェイ」でサンドウィッチを食べてから劇場へ。

 A席を買ったが、2階右サイドのバルコニー。今までで最高の良い席!

 去年は「ピーター・グライムズ」だったがので、一昨年になるのか、やはりシーズン・オープニングに来たら、周囲がタキシードのひとばかりでとても緊張してしまった。あの時はイタリア大使館の人が大挙してきていたらしくて2階ホワイエで関係者だけのレセプションもやっていた。しかし今年はそんな人も少なくて、平民が平服で来ている、という感じ。まあ、今日は暑かったし。もうちょっと涼しければネクタイでも締めようかという気分になるんだけど。

553048_582317975167819_1581273018_n

 マントヴァを歌うのは韓国の世界的テノール、ウーキュン・キム。自分で「朝青龍です!」と言っているそうだが、可愛い顔の時は舞の海みたい。しかし声は素晴らしい!

 リゴレットはイタリアのマルコ・ヴラトーニヤ、ジルダはロシアのエレナ・ゴルシュノヴァ。

 現代のホテルが舞台なので、マントヴァはこの界隈を仕切る親分さんというところか?

 リゴレットの家がどこにあるのか、よく判らない。演出家インタビューでは「ホテルの屋上に住んでいて、貧富の差を出したい」みたいなことを言っているけど、屋上には殺し屋スパラフチーレとマッダレーナ兄妹の店があって浮浪者が住み着いているということになっている。

 じゃあ、リゴレットはホテル住まいと言うことでいいのか?

993423_582318188501131_748019988_n

 相方に指摘されてナルホドと思ったのだが、今回の演出は、極力マントヴァを魅力的に描かない、と言う方針のようだ。美声を披露しても拍手させる間を取らない(特に第三幕の「女心の歌」の後とか、他にも多数)し、これもいいところなのに、マントヴァの取り巻きがやったであろう、レイプされた下着姿の娘(ドイツでならレイプの痕も生々しい全裸で登場させかねない)を弄りながら歌わせて、好感度を引き下げるようなことをしているし。

 だから、歌ったウーキュン・キムには少々気の毒だったような感じになった。でも、この歌声は強烈なインパクトがあった。

 相方は「このオペラは身分の違いとか貧富の差とか、そう言うことではなくて、同じ事をしてもイケメンは許されてオヤジだとセクハラになるようなことを描いているのだ」と言ったけど、まあ、そうかも。今回の演出はそれだ。それだけマントヴァは魅力的な男なのだろう。オペラ的にもこんなにいい歌を与えられてるんだし、マッダレーナに「あの人を殺さないで」と兄に懇願させるわけだし。まあ純情で世間知らずな処女(だった)ジルダが惚れてしまうのは無理ないとしても。

 第2幕で、らんちき騒ぎの酒池肉林でレイプされた犠牲者が4人、下着姿でセットの廊下を放心状態で歩き、4人目はカラダ中に痣を作って顔にも痣と血が付いているという、かなり凄惨な姿で出てきてメイン舞台でマントヴァたちに弄られるが、これはとても生々しくて、ちょっと正視に耐えない(と思いつつ双眼鏡でじっくり見てしまったけど)。

 それだけ、マントヴァたちの悪行三昧をはっきり見せているわけで、それはMETの画期的新演出の上をいった。賛否両論で、赤川次郎先生のように古典的演出以外は認めない方には絶対に受け入れられないだろうが……。

 おれも以前はそうだったが、いつもいつも初演当時のままのスタイルの演出じゃあ飽きてしまう。新演出ならいいというわけではなく、駄目なものは駄目だが、読み替えや新解釈に成功している場合もあるのだから、こういう試みを否定してはいけない。

 というわけで、歌手のレベルは高くてリゴレット、ジルダ、マントヴァにスパラフチーレ(今や新国の顔・妻屋さん!)は海外の歌劇場と比べても遜色ないんじゃないの?先日のスカラ座来日公演でのヌッチは大迫力だったそうだが。

 

 合唱団の、浮浪者に扮した女の子がとても可愛かったので、これも双眼鏡で見てしまった。

 幕間の休憩で、新国に貰ったブッフェ・チケットを使ってオードブルのような「お寿司」を食べ、終演後は、久々にHUBに行ってビールにフィッシュ&チップス、ローストビーフのサンドウィッチ、野菜スティックにミックスナッツ。美味かった。

 北千住のHUBは狭くて暗いので長居したくならないのだが、オペラ・シティのHUBは比較的明るくて広いので、いい感じ。ついつい話し込んでしまう。

 帰宅したら0時を回っていた。

 くーたんにご飯を出し、しばらく猫じゃらしで遊んで、夕刊を読んでいたら寝てしまった。が、1時30分に起き出して、ベッドへ。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2038kcal

本日の消費カロリー:日常生活+132kcal/3403歩+110kcal

« いろいろとスッキリしたけどテニス駄目 | トップページ | 本日はモーレツな脱力感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58317738

この記事へのトラックバック一覧です: 新国シーズン・オープニングで「リゴレット」:

« いろいろとスッキリしたけどテニス駄目 | トップページ | 本日はモーレツな脱力感 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト