« 台風の中、打ち上げ | トップページ | 今日は1日、眠かった! »

2013年10月16日 (水曜日)

台風……伊豆大島……

 6時起床。

 雨。

 四国育ちとしては、台風となると落ち着かない。まあそれは四国育ちとは関係ないか。

 

 雨は8時ごろまでかなり降ったが、その後は風の方が強かった。

 起きてからずっとテレビの台風情報を見続ける。

 伊豆大島で家屋が倒壊、というニュースはけっこう遅くなってから報じられたが、最初は軽微な被害のように伝えられた。まあ、阪神大震災の時だって最初はそうだったのだ。

 首都圏の被害報道ばかり続く。

 「ごちそうさん」を見る。のどかな15分が帰ってきた、という感じ。「あまちゃん」の15分は30分くらいの内容が詰まっていて、その快速テンポが心地好かった。しかしまあ、あんなテンポは前代未聞にして空前絶後だろう。

 台風情報に戻る。首都圏の交通はほぼ麻痺。

 伊豆大島からの中継(最初はネットを使ったカクカクした映像)が入るようになってきて、山が崩れて街の方まで土砂が押し流されてきている映像が流れるようになってきた。

 その後は、ヘリの空撮を含めて詳細が報じられるようになってきた。

 特別警報が出なかった事をマスコミは問題視しているが、特別警報が出たから自動的に住民は避難して被害がなくなるわけではないし、気象庁は町役場に警戒すべきであると伝えていたし、警察も同様だった。

 しかし町長と副町長は会議などで出張中。時間が午前2時で暴風雨の真っ直中。このタイミングで避難させるのは危険だという判断もあるとは思う。

 後からなら、なんとでも言えるし、たら・れば、の話も幾らでも出来る。

 とにかく今年は特に、雨の降り方が尋常ではなかった。過去の経験なんて役に立たないことの方が多かった(いや、台風はまだまだ来るかもしれない)。

 都市に住んでいても、想像も出来ない災害が発生するかもしれない。

 防災関係者は、いたずらに人心を混乱させないようにと控えめな表現をするが、その一方で週刊誌などは危機を煽り立てる。まあその危機とは地震とか富士山噴火のタグイだが……。

 みんなが各自、防災に関する知識を学んで身につけて、自分で判断できるようになればいいのだろうが、それはそれで混乱も生ずるだろう。

 ほんと、どうすればいいんだろう?

 ということで、今日は仕事にならなかった。

 東京は午後を過ぎて夕方になって青空が広がった。

 朝食は、トースト1枚にコーンフレーク少々(残り少なかった)にゆで卵。

 遅めのランチは、外に出て「キッチン・フライパン」に久々に行って、ハンバーグ定食。こういう洋食屋さんのハンバーグ定食って、好きなんだよなあ。

 大学受験の時、西荻窪にある親戚の家に泊めて貰って、駅前の定食屋(生まれて初めて入った)でハンバーグ定食を食って、そのまずさに衝撃を受けて、「こんなものをこれから食い続けなければならないのか!」と暗澹たる思いになった。ラーメンの味も違うし、うどんの味も違う。味の違いで衝撃的なカルチャーショックを味わったなあ。文字通り。

 まあすぐに、定食屋ならではの美味しいもの(サバの塩焼き……実家では食べたことがなかった)に出会ったり、ハンバーグ定食だって美味い店はたくさんあるのだと知ったり……。

 帰宅して、少し仕事をして、夕方の「相棒」の再放送。

 悲しい場面で決まって流れるなんかのレクイエムのような音楽がだんだん耳に付いてきてしまって、「また使ってる!」と笑ってしまった。

 冷蔵庫に入っていた生クリームのようなものを舐めてみた右京さんが相棒を呼んで

「舐めてみてご覧なさい」

「うわ。まずい!」

「そうでしょう。食べられたものではありません」

「じゃあどうして僕に食べさせたんですか!」

 というやり取りには爆笑。

 で、テニスの時間。休んで仕事すべきだったが、先週が絶好調だったので、この好調さをぶった切りたくなかった。

 結果は、まあまあ。今日もボレーがラインぎりぎりに決まったり。

 

 夕食は、喜多方ラーメン坂内小坊師で、と思っていたが、突然、オムライスが食いたくなったので、曳舟駅前の食堂「あずま」へ。

 で、オムライスだけじゃあ寂しいので、コロッケをおかずに頼んだら、これが量が多かった!キャベツの千切りがなかなかの量で、マカロニサラダもなかなかの量。しかし美味い。完食。

 食い過ぎた~と思いつつ、帰宅。

 部屋に入った途端に疲れがどっと出る。しばらくソファから動きたくない。

 おれの目の前でくーたんが鳴くので、ご飯を出し、「相棒」の終わりの部分を見る。

 警察庁の次長を拉致した犯人グループが全然武器を持っていない件は、それまでを見ていれば納得する設定なんだろうけど。

 引き続いて「報道ステーション」を見る。

 伊豆大島の被害は拡大。

 無茶苦茶な量の豪雨が頻繁に降るようになると、今までの防災計画は通用しなくなるんじゃないか?

 大変な時代になったと思う。

 23時を過ぎて、今夜は早々と寝てしまう。

 深夜、冷え込みそうだったので、毛布を止めて春夏用の布団を出したが、これが正解だった。明け方は寒かった。

本日の体重:92.65キロ(ダイエットを断念したんですかと言われるが、この数字を見ればそう言われても弁解できない)

本日の摂取カロリー:2742kcal

本日の消費カロリー:702kcal+137kcal/3826歩+81kcal(自転車)

« 台風の中、打ち上げ | トップページ | 今日は1日、眠かった! »

コメント

先生、ダイエットはおやめになった方がいいですよ。
ダイエットなんかしなくても、やせる方法はいくらでもありますから。
ダイエットしたときのメリットより、またダイエットに失敗したときのデメリットの方が大きいですから……
ご存じとは思いますが、ダイエットでいいところまで行って、でも挫折してしまって、また元の体重に戻ってしまったとしても、同じ体重ではあっても、体の組成はまるで違っているわけですから……

無呼吸症候群でいらっしゃるわけですから、ダイエットに失敗して体の組成がより悪い方向に進んでしまうと、高血圧、高脂血症、糖尿病をかなり高い確率で引き起こしてしまうわけで、それが
「もしかしたらまた挫折するかもと思うなら、ダイエットはするな!」
という根拠になっていますから……

ダイエットというより、とりあえず炭水化物の重ね食いや、主食が常に炭水化物という点だけ改めるだけでも、体重は自然と落ちてくると思います(経験者より)。

それではますます面白い新作を期待しております。

あぽんぬ様:
有り難うございます。僕は過去に一度、リバウンドをやりまして……。いや、二度かな……。
無理なダイエットは出来ないので、一日1750kcalくらいに抑えれば体重は減っていくことを確認したので、そういうダイエットをしているのですが……。
仰る通り、炭水化物の重ね食いはイカンですよね。まあ、日本の場合は、「主食」「副食」という概念があって(これは日本特有なんですよね?)、その主食はだいたい、ご飯ですから、主食は炭水化物になってしまうので……。しかし、時には、完全に西洋料理みたいに、「ライスは付け合わせの野菜扱い」「パンも少しだけ」ないしは「炭水化物を食べなくても成立する食事」にすることで、効果は出ますよね。
というか、炭水化物は食べても脂分を控えると体重は落ちますし……。
あんまり「ダイエット」に邁進すると、毎日の暮らしが味気なくなるし、パワーも出ないので、「節制する」感じでやっていこうと思います。放っておくと一日3000kcalくらい食べてしまうので……。

すみません。お名前を間違えました。「あぼんぬ」様でしたね。大変失礼致しました。

お返事どうもすみません。
ダイエットですが、カロリー計算によるものは、今やほとんど意味を持たないというのが常識となりつつあるようです。

というのは、炭水化物を減らして脂分を増やした方が、カロリー的は高くなりがちですが、痩せるからです。
(正確には、脂分を増やさず、摂取するタンパク質を増やすということです)

少し前にはやった「糖質制限ダイエット」ですが、炭水化物をゼロにすることのリスクについては、甲論乙駁で、いまだに正解は出ていませんが、それでも「ゆるゆる糖質制限」については、ほぼ糖質制限側の圧勝に近いようです。

これとはまったく関係ないことですが、肝臓がお悪いそうですが、その原因はなんでしょうか?
お酒はほとんど飲まれないということですから、非アルコール性の脂肪肝ではないかと推察されるのですが……

あぼんぬ様:
僕はカラダが単純に出来ているのか、カロリー制限をするとバカ正直に体重が減ります。なので、「1日1746kcal」という枠を守っていると、体重は減っていきます。寝る前に食べたりするとダメですが。そして、炭水化物を減らすと、これまたバカ正直に体重は減ります。
小林信彦さんが「ドジリーヌ姫」で書いていましたが、「ご飯と肉(脂っこいもの)を一緒に食べるのがいけないの。それぞれ単独なら悪くない」というのは真実だと思っています。
で、酒を飲まないのに肝臓が弱っているのは、ひとえに、食い過ぎているからです。ですから、食い物の「総量規制」が必要で、その目安としてカロリー制限が有効だと思うし、僕の単純なカラダには妙に合っている、と思っています。

いやあ、単純な食べ過ぎで肝臓が弱るというのは聞いたことがありません。
そうだとしたら、可能性が高いのは、やはりNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)か、その一歩手前ということでしょう。

とりわけなんどかカロリー制限によるダイエットに失敗しているようですから、まずは内臓脂肪の蓄積があることは間違いありません。

前回も書きましたが、カロリー計算によるダイエットというのは、ほとんど意味をなさないですよ。もはやカロリーでダイエットするという方法は、各種インストラクターで採用している人はほとんどいませんから……
(緊急事態で絶食に近いことをやらないとダメな場合、たとえば何を食べても血糖値が急上昇してしまう場合などは別ですが、そうなるともう入院治療レベルです)

大事なのは、何をどれぐらい食べたかです。

炭水化物を減らせば、おっしゃるとおり体重は減るでしょうが、それは体が「バカ正直」なのではなく、これまでが食べ過ぎだったからです。
つまり、体が必要とする以上のタンパク質を摂取していたから、おのずと急激に体重減となるわけです。
つまり、ご自分で「減らした」というのが、実はようやく適量だったのだと思いますよ。

ともかくいきなり1746kcalというのは目標が高すぎると思います。高すぎるからこそ挫折するのだと……
まずはご飯の量を半分にする(一膳につきおよそ125kcal減)ことから始めてみてはいかがでしょう。
それだって、先生のいつもの総摂取カロリーよりも300キロカロリーとか少なくなるわけですから。

すくなくとも、どんぶりご飯に、小腹が空いたから焼きそばという重ね食いをするのだけはやめた方がいいです。これは衷心から。
心筋梗塞だの脳梗塞だの、動脈硬化が引き起こす病気はコワイですから……

あぼんぬ様:
ご心配、有り難うございます。
エコー診断によると、内臓脂肪がたっぷり付いています。どうしてこうなったかというと、やっぱり、食い過ぎ以外考えられません。
カロリー計算に関してですが……ただまあ、僕の場合、1日1746kcal以下に抑えると、翌日確実に体重は減っているので……。
どんぶり飯は外食するときだけですが、「ご飯少なめ」で頼むようにします。小腹が空いたから焼きそば、と言うのは、かなり前からやっておりませんです。
たしかに、必要以上の炭水化物を摂っていたから、減らすと体重は減るんですよね。で、どれだけ必要なのかという目安が「総カロリー数」なんだと思うのですが。

もうこれぐらいにしておこうと思いますが、内臓脂肪がたくさんついてしまったのは、もちろん食べ過ぎが原因でしょうが、それをはるかに上回るのが、実は「ダイエットの失敗」なんです。

つまり、カロリーを制限してある程度痩せたはいいものの、挫折してまた元の体重に戻ってしまった場合に、内臓脂肪がたあっぷりとついてしまうんです。

たしか以前、ダイエットに失敗したとき、どなたかに太ったと言われ、それに対して、
「体重は変わっていないから同じはずなのだが」
というような発言をされていたように思いますが、体重が元に戻っても、それは以前の体に戻ったわけではありません。
これが、「体の組成が変わる」と申し上げたことなんです。

体というのは、どんな状況であれ、その中でベストの状態を保とうとするようです。
ですから、標準体重であろうが30㎏オーバーであろうが、体はなんとか自分を維持しようとがんばるわけです。
その状態でダイエットをすると、どうなるか。
いきなり、エネルギーが足りなくなるわけです。その体重なりのバランスを摂るために、ベストであったはずのエネルギーの供給がなされなくなってしまうわけです。
体は大慌てです。
で、どこかに摂取エネルギー以外の代用品はないかと探して、「筋肉」というものがあることに気づき、これを燃焼することによって、不足してしまったエネルギーを獲得するわけです。

なぜ筋肉が選ばれるかと言えば、脂肪は燃えにくいからです。ですから、筋肉の大半を燃やし尽くして、もうこれ以上燃やすのはマズイといった状況になって、ようやく脂肪を燃焼させ始めるんです。
つまり極端なダイエットを始めた時点で、すでに体は脂肪過多、筋肉減少という組成に変わってしまっているわけです。

その状態で、ダイエットに失敗したとしましょう。
体は、欲しくて仕方がなかったエネルギーすなわち食べ物を燃やして、体を維持しようとします。
もうバンバン燃やして、わんさかエネルギーを作り出します。
ところがこのエネルギーを食べてくれる筋肉は、もうやせ細って、以前のようには食べられません。
つまり体の中は、余分なエネルギーであふれかえってしまうのです。

するとどうなるか。
余ったエネルギーのほとんどすべてが「脂肪」として蓄えられるんです。
皮下脂肪から内臓脂肪まで、もうバンバン脂肪がつきます。
ですから、元の体重90㎏に戻っただけだから、同じことだと考えるのは、まったくの見当違いなんです。
同じ体重でも、筋肉はやせ細り、脂肪は以前の何倍かにふくれあがっているのですから……
ですから「太りましたか」と言った人は、正しいんです。
太って見えるんです。それだけ脂肪がついてしまえば。

筋肉はつきにくく、脂肪は簡単につきます。
これを考えずにダイエットすることが、いかに危険であるか……ありとあらゆる病気を呼び込むきっかけとなります。

よく、とても太っているのに、体には差し迫った病気が見つからないという人がいます。僕の友人もそうでした。
糖尿病になっていてもおかしくないのに、血圧も正常だし、ポリープも見つからない。中性脂肪が高いのと、悪玉コレステロールが異常に高かったことを医者から注意されていましたが。

以下は僕の憶測に過ぎませんが、体というのは、病気になるまではギリギリまで自分を維持しようと頑張るものだと思います。
ところが限界を超えた途端、もう堰を切ったように、病気が爆発して、至る所で生命の危険を伴うような危険な状況になるんだと思います。
東洋医学で言うところの「未病」というやつです。
いまだ病には到っていないが、いつ病気になってもまったくおかしくないということです。

その友人はガンにかかってしまいましたが、幸いなことに完治(という言葉がはたして正しい物なのかは別として)して今は元気ですが、度重なる入院と通院治療で、医者からきびしい栄養指導をされ、まるで別人のように痩せて元気になっています。
彼が言うには、以前から少しでも痩せようとダイエットもしてみたが、すぐにひもじくなって挫折していた。
ところが医者から、
「このままでは死にますよ」
と言われた途端、あれだけ強かった食欲がすぐに引っ込み、入院していたときには点滴で栄養を入れるだけで見る間に痩せていったが、点滴をはずしてからはもう以前のような異常なまでの食欲がきれいさっぱり消えていたのだそうです。

つまり煙草と同じで、苦しいのは最初だけで、次第に体が動くようになると、運動(彼の場合はリハビリ)ができるようになり(有酸素運動と、筋力を取り戻す運動です)、するとますます食欲が落ち着いていって、なにか食べるときにも、これでは脂肪が多すぎるとか、ご飯は半分にするとか、お菓子をやめるかわりに果物をたくさん摂ろうなどと、意識にも変化が起こってきたと。

内臓脂肪の蓄積があり、かつ①血中脂質値が異常であるか(中性脂肪が150㎎/㎗以上、HDL(善玉)コレステロールが40㎎/㎗未満のどちらかあるいは両方)、②血圧が高いか(上が130㎜Hg以上、下が85㎜Hg以上のどちらかあるいは両方)、③高血糖(空腹時血糖が110㎎/㎗以上)のうち、あてはまるものが一つでもある場合を、メタリックシンドロームと診断しますが、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の患者の3分の2がメタリックシンドロームにあてはまるそうです。

つまり、先生が肝臓が悪いと言われているのは、あきらかに脂肪肝と断じていいと思いますが(お医者さんからも聞いていると思います)、この状態が進むと、肝炎の症状である黄疸や腹水、浮腫、静脈瘤、傾眠傾向(ひどくなると意識混濁)、出血傾向などがつぎつぎと現れてきます。
これは肝細胞の破壊が進んでいることを意味するもので、脂肪肝と言われても、
「大したことないだろう」
と思いがちなのですが、実はまっくそうではありません。

肝細胞が破壊されると、肝臓の繊維化が始まり、やがて肝硬変に移行し、ついには肝臓ガンにまで進行します。
しかなり恐ろしい病気なんです。

つまり、たかが太りすぎなどと悠長なことを言っている場合ではないので、前回あえて、もしかしたらNASHではありませんかとお尋ねしたのです(お答えはありませんでしたが)。
そして、血糖値はまったく問題がなかったとのことですが、肝炎が進むと、糖尿病を併発することが多くなります。
膵管が太くなり、膵炎から膵臓ガンへの移行もあり得ることになります。
さらに肝炎や肝硬変となると、腎臓の機能も弱ってしまうので(肝腎症候群)、腎不全を引き起こす可能性もあります。

ですから、限界まで体重が増えると言うことは、内臓のどこかで何かが一気に爆発することが多いに考えられるわけです。
それでしつこく書いてしまったのですが、これについては無呼吸症候群でかかっていらっしゃるお医者さんが、もしそれらについてなにも説明していないとなると、これは単純な総合内科に過ぎず(医者個人の出来不出来の大きい診療科です。知識と想像力が物を言うので、適当に薬を与えて数値が落ち着いていればいいやといういい加減な医者だと最悪です)、消化器内科のような診断が出来ていない可能性があると思います。

よって、そういう深い部分から言っても、カロリー制限でダイエットをするのは、愚の骨頂であり、まずは食事を我慢できる程度に減らすことからスタートするとともに、水泳かウォーキングなどの有酸素運動をし、なおかつ腕立て伏せや腹筋、背筋、スクワットなどで筋力をつけて筋肉にもカロリーを食べてもらい(ただし太りすぎで腰や膝が悪い場合には、運動方法がまったく違って来ます。その場合、テニスのように膝に何トンもの体重がかかる運動は厳禁です)(筋肉がつくと、寝ている間もカロリーを消費してくれます)、少しずつ痩せるのがベストだと思います。
(栗本薫さんのように乳ガンの再発が怖いなどと言ってバカ食いするのは、本当に馬鹿げた行為です。結局彼女の場合、肝臓から膵臓へと行ってしまったわけですが、乳ガンから確か20年ぐらい経っているはずなので、直接の原因ではなく、あくまで運動不足の過食症だと思います)

1年計画とかで痩せる場合ならリバウンドは起こりにくいですが、限度を超えるとすぐにまた挫折してしまうと思います。

それでは末筆ながら、くれぐれもお体大切に、面白い作品を書いてください。悪漢刑事が今後どのような人生をたどっていくのか、何に追い詰められてゆくのか、味方が出てくるのか出てこないのかなどと、楽しみでしかたがありません。

あぼんぬ様:
専門的なご指摘、有り難うございます。
本日、ツキイチで睡眠見無呼吸症の検診を受けに行くので、その際に血液検査をして貰って、最新のデータを取ってみます。
ここでのやり取りでは、きちんと伝わっていないこともあるようですが……実際は太ったのに体重計のアジャストが狂っていたので正確な数字が出ていなかった(本当に太っていた)とか、非アルコール性の脂肪肝であると言われたとか……僕がきちんと書いていなかったのかもしれませんが。
とにかく、「急激なダイエット」は謹んで、長期間のダイエット(減量)をしようと思います。来年の夏には、減量したカラダで海に行きたい、と言う目標を立てて。テニスは週一でやっているので、これは止められませんが、ウォーキングは励行しようと思います。
いろいろなご指摘とご教示、有り難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58400739

この記事へのトラックバック一覧です: 台風……伊豆大島……:

« 台風の中、打ち上げ | トップページ | 今日は1日、眠かった! »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト