« 仕事して、気功 | トップページ | 台風……伊豆大島…… »

2013年10月15日 (火曜日)

台風の中、打ち上げ

 7時前、起床。

 曇り。

 いつものように朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 今日は順調に進む。

 ブランチを挟む。今日はご飯を炊いて、玉子かけご飯、冷蔵庫にあったひじきにインスタント味噌汁。

 食後、仕事を再開。

 今夜、台風が接近しているが、新刊「殺しの口づけ」の打ち上げ。その席に次回作のメモを持っていきたいので、「第三章」と平行して考える。メインの事件はまだ浮かばないが、ディティールというか「趣向」の部分でいいアイディアが浮かんだ。

 それをメモして、「第三章」に戻る。

 夕方、1ブロックを終了。

 小腹が空いたので、エースコックのワンタンメンにキャベツを入れて食う。

 台風のせいか、ヒジョーに眠い。

 相方に貸していて昨日返ってきた「小澤征爾さんと音楽について話をする」(村上春樹)を読み返す。

 音楽には詳しいがプロではないハルキさん(と、エッセイなどでは表記したくなる)が小澤征爾と対談。レコードを聴きながらおやつを食べながらの砕けた雰囲気だから、お二人の「音楽雑談」を傍らで聞いている感じになる。

 プロとか音楽評論家が相手だと専門的になりすぎるし肩肘張ってしまうが、ハルキさんが相手だと専門的になりすぎず、かと言って素人相手の平明になりすぎず、ちょっと難しいという、おれにとってはちょうどいい案配のレベルで、けっこう深いことを語る。

 読み返して、いっそう面白く感じた。

 というか、小澤さんは外国語を余り解せなかったから、それが逆によかったんじゃないのかなあ、と思えた。と言うのは、小澤さんが出会った「先輩の音楽家」はみんないいヒトで小澤さんによくしてくれた、と。ジョン・カルショーの自伝では狭量でセコいオヤジのように描かれたヨーゼフ・クリップスは「僕をサンフランシスコに推薦してくれた恩人」として登場するし、バーンスタインには「依怙贔屓され」て代演する機会が多くてこれが勉強になったとか、カラヤン先生は本当に面倒をよく見てくれたとか、お金がないときにオーマンディに呼ばれてお金持ちオケのフィラデルフィアからいいギャラを貰ったとか、出会う人はみんなビッグネームで、かつ、いいヒト。

「裏ではいろいろ言われてたのかもしれないけど……判んないよね、そんなの」

 というのは、なんだか、最高のスタンスなんだなあと思った。言葉が判らないから妙な敵愾心を持つことなく、それで相手も敵意を掻き立てられず、政治には首を突っ込まず音楽に専念していたから、そういう敵もできず……。

 外国旅行をして、酷い差別に遭ったとか嫌な目に遭ったという話を聞くが、おれは、ほとんどそういう経験が無い。貧乏一人旅でヨーロッパを1周した時も、楽しい思い出や親切にされた記憶しか無い。言葉が出来ないし、こっちに敵意がないどころか「ヨーロッパ大好き!」丸出しだったので、マイナスなアレコレに関して鈍感だったのかもしれないし、マイナスを大きく凌駕する楽しいことばかり出現して、マイナスの記憶は押し出されて消えてしまったのかもしれない。

 一度だけ、マドリード中央駅のカフェテラスで、ボーイに東洋人蔑視の陰口を叩かれたと思って支払いの時に怒ったら相手はキョトンとしていた。これはおれの完全な勘違いで、蔑視もナニもされていなかったのだ。

 そんなことを思い出した。小澤さんはバイクとともに貨物船に乗ってヨーロッパに渡ったが、その軍資金を求めて財界の重鎮(三井不動産の江戸英雄とか)に会って、たちまち相手を魅了してしまう「とてつもない才能」(これをカリスマとか人望というのだろう)の持ち主だから、相手も小澤さんに好意を抱かざるを得ないのかもしれないけど……。

 相手のことを悪く思わなくて好意を持って接していれば、相手だって妙な悪感情も消えていく、ということなのかなあ。でもそれは、小澤さんのような圧倒的な個性があってこそ、ではないのかなあ、と思う。

 そんな小澤さんにしても、かつてのN響とは決裂してしまったわけだから……。

 で、陽が落ちて、風雨が強くなってきたが、予定の変更はない。

 

 所用で外出していた相方が、早めに北千住に戻ってきたので、おれも早めに外出し、駅前のマクドナルドで落ち合って、ちょっと打ち合わせをして、打ち上げ会場の「宮崎じとっこ組合」へ。

 ここの系列の「塚田農場」の大ファンで、新宿や錦糸町の塚田農場には何度か出かけていた。が、地元に系列があるなら、地元の店に行こうと思っていたのだが、ここは常に満席で、思い立ってひょいと行っても入れないのだ。

 店に入って傘を畳んでいると祥伝社のS編集長とM氏も到着。予約席の2階へ。

 念願の日向夏のモヒート(う、美味い!)を飲み、チキン南蛮を食べ、その他にもいろいろ食べて、次回作の打ち合わせもして、最後は鶏のコラーゲンたっぷりのスープで煮込む「炊餃子」を食べ、そのスープに麺を入れたラーメンを堪能。

 やっぱりここは美味いや!

 デザートのプリンを4人で分けて食べ終えて、外に出たら、思ったほど風雨は激しくなかった。

 北千住の飲み屋街で別れて、おれはそのまま帰宅。

 くーたんにご飯を出し、風呂に入って、台風情報を見て、TBSの「SPEC」再放送をついつい見てしまって(生意気な戸田恵梨香が可愛いのと、堤幸彦の演出がやっぱり面白い)、1時前に就寝。

本日の体重:92.25キロ

本日の摂取カロリー:2841kcal

本日の消費カロリー:日常生活+126kcal/2993歩

« 仕事して、気功 | トップページ | 台風……伊豆大島…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58394909

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の中、打ち上げ:

« 仕事して、気功 | トップページ | 台風……伊豆大島…… »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト