« 短編集のゲラがきた | トップページ | 雨の日曜。FM聴いて、仕事 »

2013年10月19日 (土曜日)

仕事して、快楽亭の高座録音

 7時ごろ起床。

 曇り。

 接近中の台風27号は「猛烈な」台風らしい。この調子だとホント、来月も台風は発生して日本に来るんだろうなあ。

 朝のモロモロをして「ごちそうさん」を見る。茶巾に入れて揚げた納豆を美味いと思ったからといって、「生の納豆」が食えるようになるとは思えない。おれの体験上の話だけど。まあおれは、納豆の天ぷらも食えなかった「重度の納豆拒否症」なんだけど。常々、納豆が食えるようになればいいなあとは思っているけど、あの匂いと味がどうしても駄目なのだ。

 で、仕事。

 途中、朝食を挟む。と言ってもコーンフレークのみ。

 仕事再開。

 昼を過ぎて、冷凍のナポリタンを食う。

 すぐ仕事再開して、午後に「第3章」をようやくあげて相方に送る。

 その後、短編集に追加収録する作品の確認。

 たしかに相方の言う通り、ある短編は企画段階では組み込んでいたが執筆段階で完全に外していた。

 やった!これを足せば一件落着!

 と思ってゲラを見直したら……既にその短編はゲラになってるじゃないの。おれはいったい、何を確認していたんだ?ゲラになっているのが目に入らなかったのか。目に入らなかったんだよねえ……。

 ということで、短編集追加問題は振り出しに。

 腹も減ってきたので、予定より少し早めに外出。今夜は上野広小路亭で快楽亭の毒演会の録音がある。

 京成上野駅から歩く。

 「餃子の王将」に行って、焼きめしと餃子を食う。これにトリカラの付いた「セット」があったが、それを食ってしまうと明らかにカロリー・オーバーなので我慢。

 17時前に上野広小路亭に入り、録音準備をしていると快楽亭が顔を出したので、ちょっと歌舞伎の話を。来年、中村屋はニューヨーク公演をやるらしい。ついに中村屋、再始動か?九七兄弟に獅童が加わるらしい。

 で、話の成り行きで、快楽亭が横にいた愛弟子・ブラ坊くんに「お前は安達先生の本を読んだことがないだろう!本屋に行けば並んでいるのに、どうしてお前は安達先生の素晴らしい小説を読まないんだ!」と叱り始めたのがモーレツにおかしくて笑い転げた。おれをネタにして愛弟子をからかっているのだ。師匠は弟子を愛してるねえ。まあブラ坊くん自身は後でけっこう蒼くなっていたけど。

 で、今夜は6席演る!と言っていたけど、一席一席が熱演で長くなったので、結局は四席。

「六尺棒」

「寝床」

「万金丹」

「宿屋の仇討ち」

 このうち、「寝床」が一番の熱演で師匠もノッていたように感じたが。「宿屋の仇討ち」はいつもと違って芝居噺が入っていなかった。

 後片付けの時間もあるので20時30分には終わらせると約束したのに、終わったのが20時55分。

 おれの後片付けが終わるのを、上野広小路亭のスタッフの方が待っていてくれた。いつもは「早く帰れ」と言わんばかりの態度を取られて情けなくなるのだが、今夜は黙って待っていてくれたのは有り難かった。一人でケーブルを巻いたり機材を仕舞っているのに急かされるのは、ホント、惨めなのよ。

 外に出たら、雨がパラパラ。本降りならタクシーで帰ろうと思っていたが、これなら電車で帰れる。

 上野駅前のそば屋で盛りそばでも、と思ったが、地下道に入って京成上野駅に来てしまったので、我慢。

 そのまま京成線で帰宅。

 PowerBookから録音データをメインマシンのiMacに移す。

 くーたんにご飯を出し、風呂に入り、「チューボーですよ!」を見る。菊地亜美はアイドルの賞味期間が終わってもコメディエンヌとして確実に生き残るだろう。ボケ方がいい。

 モーレツに眠いので、0時過ぎに就寝。

本日の体重:92.25キロ

本日の摂取カロリー:1691kcal

本日の消費カロリー:日常生活+153kcal/4198歩 

« 短編集のゲラがきた | トップページ | 雨の日曜。FM聴いて、仕事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58418364

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事して、快楽亭の高座録音:

« 短編集のゲラがきた | トップページ | 雨の日曜。FM聴いて、仕事 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト