« iPhoneに音楽仕込みつつ、仕事 | トップページ | 西伊豆旅行2日目は、判断ミスの連続で、自損事故…… »

2013年11月22日 (金曜日)

西伊豆旅行1日目/カーナビに不信

 6時起床。

 7時まで寝るつもりだったが、旅行に出る日は早く目が覚めてしまう。コドモだね。

 快晴。

 昨日の日記を書いてくーたんの世話をして荷造りしても悠々8時。レンタカーは9時30分に借りる契約なので、時間はたっぷり。

 デニーズに行ってゆっくりと朝食を食べ、ゆっくりとニッポンレンタカーに向かう。少し早めに借り出せるだろう。

 と思ったら、ゆっくりしすぎて、結局は時間通りに借り出した。安心プランで保険関係は予約時に全部入る、クイックスタート。

 一度家に戻ってカバンなど荷物を積み込んで、相方を迎えに行く。

 今回の旅行は、相方の誕生日記念バースデー・アニバーサリー・セレブレーション旅行。

 首都高と横浜横須賀道路で逗子まで行き、そこから湘南を海沿いに走り、西湘バイパスを抜けて根府川あたりでランチ。それから熱海まで行き、伊豆半島の根元を横断して三島、三島から海沿いの道を走って戸田・土肥を経由して土肥と恋人岬の中間くらいにあるペンションへ。というのがルート。

 が、のっけに首都高の渋滞に巻き込まれて目算が狂う。

 それでも首都高横羽線を順調に南下。

 快晴で素晴らしい天気。

 が、横浜に入った辺りでカーナビが指示する内容に納得がいかなくなってきて、指示では横浜公演を過ぎてもずっと首都高で南下と出たが、右に折れれば横浜横須賀道路なんだからこっちの方が速いはずと判断。

 が、凄い渋滞に巻き込まれてしまった。しばらく我慢していたが、カーナビの指示は何故か一般道に降りろと。

 それに従って降りて、横浜市と鎌倉市の境付近の一般道をウロウロ。

 そのうちに横横道路「別所IC」の表示が見えたので、そこから横横道に入り直して、朝比奈まで。

 ここでまた一般道に降りて、行く先を逗子から鎌倉に変更して走ったが、どうもこの辺でカーナビに不信感を持った。右折左折の指示が曖昧に感じたのだ。その結果、何度か間違えて道が狭い住宅街に入ってしまったし……。

 で、なんとか鎌倉警察の前を通る道に出て、直進して由比ヶ浜。

 やっとこさ予定のルートに復帰。

 陽光を浴びる湘南の海は美しい。

 由比ヶ浜や稲村ヶ崎にはいい波が来ていた。来年はこの辺に来てみるか?でも、地形的に条件は片瀬西浜より難しい気がするけど。

 そのまま江ノ島を過ぎて走ると、もう海は見えない。海を見ながら走れるのは逗子から江ノ島付近だけ。

 平塚を過ぎて、また渋滞。この辺で完全に予定より1時間遅れている。12時過ぎに根府川付近でランチ、と思っていたのだが、まだ西湘バイパスに入れていない。

 しかし、ここまで来ると渋滞もなく快調に走る。

 西湘バイパスを終わって、一般道。いつも東海道線から眺めていると、線路の下はすぐ海、という感じで、このへんの街はどんななんだろうと思っていて、車で走ってみたいと思っていたのだ。だったら東京からは西湘バイパスまで東名で来れば良かったのね。まあ、江ノ島までの美しい海を見ることが出来たが。

 で、根府川。しかし断崖絶壁に道が走って、沿道に店なんかない。

 予定していた店もなかなか現れないので、不安になってきて、一番最初に目に入ったイタリア料理店に飛び込むようにして入る。

Dscf1101

Dscf1102

Dscf1100

 しかしここは絶景だった。コースのランチを食べる。おれは鴨のロール巻、相方はシマアジのアクアパッツァ。味はまあまあだったが、海に突き出しているようなロケーションで、何とも絶景!

 東海道線の真下。そういや車窓から見えていて気になる店ではあったのだ。

 ランチを食べ終わってトイレに行ったら、支払いは相方が済ませてくれていた。お誕生日旅行だから全部おれが出そうと思っていたのだが、ゴチになる。

 で、すでに2時間ほど遅れているので、沼津のほうから海沿いには知るのを止めて、ショートカットすることに決定。ペンションには16時に到着すると伝えてあったのだが、それには間に合いそうもないので。

 真鶴道路を走って湯河原を抜けるが、ここでも何故かカーナビは途中で降りろと指示が出た。なんか大丈夫か?このカーナビ。

 熱海市内でも無用なジグザグ指示が出て回り道してしまったし。渋滞などを回避して考えているのかもしれないが、データと実際の差があって、なんかチグハグ。

 それでもなんとか熱海を抜けて来宮付近から山道に入って、三島方面へ。

 函南を経由して伊豆市に入り、小さなロープウェイを潜って山道を走って、土肥温泉。

 海沿いの道をしばらく走って、目的地の「ペンションあしたば」に、17時ごろにやっと到着。

 ここは、真正面に富士山が見える絶景が自慢のペンション。

 以前、バスで西伊豆まで行ったときにこのペンションを発見して、道に面して小さな部分しか見えなかったので、「あの建物はなんだ?」と不思議に思っていたのだが、斜面を利用して、下に建物が伸びていたのだ。

 で、この先の違うペンションに泊まって、「ここじゃない」と探し直して、やっとこの「ペンションあしたば」を確定した。そのとき、急な斜面を駆け上がって右足に肉離れを起こしてしまったのだが。

 宿の計らいで部屋をアップグレードしてくれて、「特別室」に泊めていただいた。部屋の窓から、夕暮れの富士山がどーんと見える。

 絶景。

Dscf1106

 食堂に薪ストーブがあって、ご主人が火を入れてくれたので、早めに食堂に入って薪が燃えるのを眺める。薪ストーブとか暖炉って憧れるのよね。奥日光のホテルに泊まって暖炉の前でブランデーでも舐めるのが夢。

Dscf1116

 早々と食堂にいたので、「もう御食事にしますか?」ということになって、18時からの予定だったのが17時30分頃から、夕食。

 タイやマグロ、アジのお刺身に、名前を伺ったけど忘れてしまった赤くて奇麗なさかなを目の前の炭火で塩焼き。これが美味い。そのあと野菜や豚肉、サザエも焼いて食べる。もうそれだけでお腹いっぱい。ビールにワインを飲んだらもう、べろべろ。

 バースデーケーキも頼んであったが、食べられない。

 今夜は我々だけだったので、宿のご夫婦といろいろ話す。ご主人は彫塑、奥さんはパステルの芸術家で、アトリエを建てたのだが、あんまり場所がいいし、ご主人の釣りの腕が良くてあり余るほどの「漁獲量」なので、友人たちが「絶対に宿にすべきだ!」と強く勧めたので開業して建て増しを重ねた、と。

 ご夫妻の作品も見せていただいて、部屋に引き揚げる。

 

 酔いを醒ましてから、風呂。湯加減最高!

 

 風呂から上がって、ケーキを食べたが、これがまたあっさりして上品な味で、美味しいのであっという間に食べてしまった。松崎で有名なケーキ屋さんの「作品」。

 で、まだ22時過ぎだったが、ずっと運転し続けて疲れていたので、寝る。

 爆睡。

本日の体重:91.50キロ(え?どうして)

本日の摂取カロリー:2500kcal以上?

本日の消費カロリー:65kcal(徒歩+自転車)+451kcal(車の運転)

« iPhoneに音楽仕込みつつ、仕事 | トップページ | 西伊豆旅行2日目は、判断ミスの連続で、自損事故…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58633467

この記事へのトラックバック一覧です: 西伊豆旅行1日目/カーナビに不信:

« iPhoneに音楽仕込みつつ、仕事 | トップページ | 西伊豆旅行2日目は、判断ミスの連続で、自損事故…… »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト