« ちょっといいことが | トップページ | 仕事して気学教室へ »

2013年11月27日 (水曜日)

A HARD DAY & NIGHT

 5時30分起床。

 日記を書いてくーたんの世話をして髭を剃り、外出。

 今朝は、農水省正門前で「イルカ猟反対」デモに参加するのだ。

 

 マクドナルドでエッグマフィンを食べてから、駅で相方と合流して、地下鉄で霞ヶ関へ。

 主催者の方と合流して、9時30分まで「イルカ猟反対」「イルカの生体販売を禁止してください」と声を上げる。

 その後、本体と別れて我々だけ日比谷公園へ。

 朝の光を浴びる紅葉が美しい。

 思えば、秋の日の朝に、日比谷公園に来たことはなかった。

 せっかく東京に住んでいるのだから、都心の名所をきちんと味わいたいねえ。日比谷公園は素晴らしいところだ。

Img_1268

Img_1269

Img_1270

 帝国ホテルの「パークサイド・ダイナー」で名物のパンケーキを食べる。美味い。美味いのだが、いろいろ考えることが多くて、そのせいか、1/4残ってしまい、相方に譲る。

 食べながら、打ち合わせ。2作分の新作の設定を考えなければならないが、1つは浮かんで、かなりハッキリしたイメージが頭の中に広がった。これを提案してみよう。

 パンケーキとコーヒーは相方にゴチになった。

 所用先に向かう相方と別れて、おれは相方から受け取ったゲラを持って、護国寺の光文社へ。1月発売予定の短編集は相方がすべてゲラを見てあとがきも書いた。

 光文社のロビーで担当T氏と打ち合わせ。新作をどうしようかと。「警察もの」ということで考えると、非常に狭いところでいろいろと工夫しなければならず、それはなかなかキツい。だいたいのパターンはやり尽くされているから、隙間を探すのは難しい。

 それを言えば「悪漢刑事」だって、悪徳刑事物というのは以前からある「パターン」ではあるが、どうしても書きたいという強いモチベーションがあったから、なんとか独自の世界を構えることが出来たのではないかと思う。

 で、「刑事物」「警察もの」というジャンルの中では、さっき浮かんだ企画が今、書いてみたいものなのだが……。

 いろいろ話していて、T氏が「以前から考えているものがありまして」と遠慮がちに話し出したものが、強烈におれを刺激した。

 歯ごたえ充分。ガツンとくる。難しいけどやり甲斐がある。

 それで行きましょう!と即決。相方にはきちんと話して判って貰おう。

 久々に興奮。幸い、その方面の資料はウチにあるから下調べは出来る。

 では、その線で考えてみますと、光文社を後にする。

 一度帰宅。

 今日は三の酉だがテニスもある。相方は今日が三の酉だと言うことを完全に忘れていて、徳間新作の推敲も終わっていないし……とパスすると言ったので、昼間におれ単独で行くことにする。

 以前、二見書房の創立*周年記念パーティで熊手を貰ってからというもの、毎年大鷲神社に行って新しくしなければならなくなった。

 関東のお酉様で一番有名なのは浅草の鷲神社だが、関東のお酉様の元締めは、足立区は花畑にある大鷲神社。交通の便の悪い辺境の地にあるので、すっかり浅草にお株を奪われているが、昔は江戸から船に乗って人々はやって来たらしい。すぐ近くに毛長川が流れているので。

 で、今日は冷え込んで寒いと予報では言っていたのに、けっこう温かい。おれは冬本番の格好だったので汗だくになってしまった。外出し直すのに、秋用の薄いブルゾンにした。

 東武線で谷塚。そこからバスで「草加記念体育館」まで行く。

 

 まだ昼を食べてなかったので、バス停そばの「青木亭」でラーメンを食べるのを楽しみにしていたのに、今日は定休日!そういやお酉様は不思議と水曜日になる事が多い気がする。お酉様の日は営業すればいいのに……。

 いつもだといろいろ買い食いするのだが、今日は一人なので、お参りしておみくじを引いて(「吉」だった)、古い熊手を収めて、新しいのを神社の売店(?)で買う。業者が売っているのは凄く豪勢だがその分高いし、毎年大きなのに買い換えないといけないという言い伝えはこれ、熊手屋さんの陰謀ではないかと思う。毎年買い換えているのだから、最後には超巨大で何十万もするような熊手にしなければならなくなる。それはヘンでしょ。

 なので、神社で毎年同じモノを買い求める。

 昼間だからお参りの列もなく、所要時間5分。

Img_1271

 すぐ帰ろうとしたが、しかしまあ、それじゃあ愛想がないということで、露天のフランクフルトを買い求めて、食う。

 タクシーでさっさと帰ろうかと思ったが、15時台はバスが多いので(学校の下校時間だから)、バスを待つ。

 髭を生やした高校生が「判ったから止めろ!」と防護姿勢を取って一人で叫んでいて、通りがかったトラックの助手席の人が驚いていた。この近所に養護学校があって生徒がたくさんバスを待っていたが、こんな奇行をするのは彼だけ。

 バスで谷塚に戻る。

 駅前のそば屋に入ろうかと思ったが、ざるそばじゃ寂しいし、天ぷらそばは食べたくない。まだ揚げ物は食べたくないのだ。

 で、裏手に中華の「珍来」があったので、入る。チャーハンを注文。いつもならチャーハンに餃子をつけたり定食にするところなのだが、今日はあんまり腹が減らない。でも、この後テニスが控えているので、食べないと倒れてしまいそう。

 同じ「珍来」でも北千住と谷塚ではいろいろ違う。チャーハンも違った。北千住のは物凄い大盛りでふわふわだが、谷塚のは標準的。

 食べていると他の客が注文した「唐揚げ定食」のご飯が超大盛りだったのに驚く。ここは相撲部屋の食堂か?

 北千住に戻り、帰宅。

 ソファにひっくり返ったら、もう動きたくなくなった。このまま寝たい。疲れた。「5時に夢中」が始まって、眺めていたら、このままほっこりしていたくなった。

 しかし……。

 頑張って支度して、再度外出。テニスへ!

 曳舟のペット用品店でくーたんの好物を買い、スポーツクラブへ。

 テニスはまあまあ。ボレーの打ち合いの極意を習うが、前衛の動きは理屈通りで、なるほどなあと思う。テニスは本当に理屈通りのスポーツなんだなあと思う。ま、西洋のスポーツはみんな力学とかそういう理屈が当てはまる。ガキはともかく、オトナには、そういう理屈を教えて貰うと合点がいって、理屈に従ってみようと思うようになる。

 が、横の動きがどうにもついて行けず、試合になって捕球出来ず。後衛なら対処する時間はあるのだが。それも、守りの時は後退しておくと、その時間が生まれるのだ。なるほどなあ。

 いい感じで打てたときもあったが残念なこともあって差し引きゼロ。しかし今日は得ることが多くて、休まなくて良かった。

 風呂に入る。さあ、何を食うか。ラーメンは重い。牛丼かうどんか、海鮮丼か。

 ビールを飲んでヤキトリ食っておにぎり食いたかったが、ここでビールを飲むと帰るのががツラい(酔っ払った状態で歩くのは嫌)ので、我慢。

 イトーヨーカドーのフードコートでネギトロ丼に半盛りそばのセットを食べる。が、ここのソバは美味しくない。以前はうどんだったのだが、すぐそばにある丸亀製麺所から文句が来たのだろうか、ソバになったのだ。

 ヘロヘロになって帰宅。

 今日は3日分の行事をこなした。

 かなり歩いた上にテニスをしたので、足が疲れまくり。

 家でビール、と思ったが、帰ってきたらもう飲みたくなくなっている。その代わりに牛乳をガンガン飲んでしまった。牛乳はカロリー高いんだよなあ。

 「リーガルハイ」は録画して、ニュースを見ようと思ったら「ダンダリン」を見てしまった。視聴率が悪いらしいが、ドラマとしては面白いのになあ。労働基準監督官は、労働者の味方なのだ!

 「マツコ&有吉の怒り新党」も見たが、最後まで見ないでベッドに入り、しばらくiPhoneでニュースを見て、0時に就寝。

本日の体重:92.05キロ

本日の摂取カロリー:2479kcal

本日の消費カロリー:702kcal+628kcal/13407歩+124kcal(自転車)

« ちょっといいことが | トップページ | 仕事して気学教室へ »

コメント

「リーガルハイ」は、どんどん悪ふざけになっていくというか、それ以前に見ていて疲れます。
仕事から帰った後にはちょっとツライかなと。
だったら、リーガルハイよりもっと何もない「ドクターX」の方が、ビール飲みながらラクに楽しめたし、重厚さを求めるなら、やっぱり「半沢直樹」が秀逸で、「リーガルハイ」がアジアでいまひとつ盛り上がらないのは、根底に流れるものがないという意味では、ドクターXと同じかも……
だったら「スペック」の方が面白かったし、あまり話題にならないようですが「クロコーチ」は隠れたヒット作かと……なんて思ってます。

「リーガルハイ」第2シリーズは、第1シリーズの延長ではなくて、もっと難しいシチュエーションでもっと難しいところを狙っていると思います。だからその分熟れていなくて、「悪ふざけ」に見えてしまうところも多いのではないか、と思っています。
しかし前回(第7回)のアニメの巨匠のエピソードは味わいと奥深さがありましたし、今回(第8回)には理想主義の暴走の恐怖が描かれていたと思います。
歯ごたえがあっていろいろ盛り込みすぎている分、気楽に観るにはシンドイだろうとは思います。僕は録画して、自分のコンディションがいいときにきちんと見ているので……。
「半沢直樹」は勧善懲悪の単純なドラマだから外国でも受けるのでしょう。日本の国内事情が大きなエレメントになっている「リーガルハイ」は、そのままじゃ外国では理解されにくいだろうと思います。
「クロコーチ」はいいですね。長瀬を見直しました。彼はいい役者になったなあと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58657720

この記事へのトラックバック一覧です: A HARD DAY & NIGHT:

« ちょっといいことが | トップページ | 仕事して気学教室へ »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト