« 「第4章」直してヴェルディの「レクイエム」を聴きにサントリーホール | トップページ | 風邪が抜けない…… »

2013年11月 7日 (木曜日)

最終章に突入

 7時ごろ起床。

 雨。

 あれ?昨日の予報では今日も晴れるんじゃなかったっけ?

 風邪はほとんど治った感じがあったのに、ぶり返したような。くしゃみの代わりに咳が出て、鼻水の代わりに痰が絡む。

 今月末に予定している旅行、宿とレンタカーを予約。宿に電話したら応対した女性(高齢な感じ)がなんだか心許ないけど、大丈夫かな?

 今回の長編はプロット・章割り段階からかなり展開が変わったので、いろいろと混乱がある。なので打ち合わせを頻繁にやっているが、それでも詰め切れていないところや思い違いをしているところ、解釈の違いなどが出てしまっている。

 慎重に進めないと、ツジツマが合わなくなるし、無理に合わせようとして作品がイビツになってしまう危険もある。

 今回のプロットは相方の発案で、相方がイニシアチブを持っているので、相方の線に沿うことにしよう。

 というわけで、相方はおれが直した「第4章」の再チェック。

 その間、おれは「第5章」に入る。

 通常は新しい章に入ると1日くらい構成の再検討をしたりするのだが、今回はお昼までに再検討を済ませて、書き出す。

 ところで、JR三社はブルートレインを全廃するらしい。

 今走っているのは、チケットが取れないので有名な「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」の札幌往復の豪華寝台特急と、出雲・高松行き(岡山で分割)の「サンライズ」。このうち、札幌往復の3列車がなくなると。

 チケットが取れないくらいの人気列車だが、車両が老朽化して、新造するカネがないと。ある程度の量を作らないと、コストがかかって商売にならないということか。

 別の理由も挙げてあって、今、青函トンネルに新幹線を走らせる工事をしているが、新幹線用の電圧は交流25000V。しかし在来線の「海峡線」は交流20000V。線路は3本敷いて狭軌・標準軌の両方に対応させるとして、新幹線の電圧で走る機関車がないのだと。

 しかし、スポニチのこの記事によると、

『また北海道新幹線が運行する青函トンネルで、開業に向けて電気工事が始まると、新幹線と電圧が異なる北斗星の機関車では走行できなくなることも理由の一つ。乗客減で機関車を新造するコストに見合わないという。

 ブルトレ以外の寝台で、カシオペア(上野―札幌)やトワイライトエクスプレス(大阪―札幌)といった豪華列車、サンライズ出雲(東京―出雲市)、サンライズ瀬戸(東京―高松)は今後も運行を続ける』

 って、矛盾してるだろ!機関車を新造できなくて「北斗星」が走れないのなら、「カシオペア」も「トワイライトエクスプレス」もダメなはず。いやいや、貨物列車はどうするんだ?

 JR貨物はこのための新型機関車を作る。だったらこの区間だけでもこれを借りれば、機関車問題は解決するはず。機関車に貨物専用、旅客専用ってあるの?あるとは思えないんだけどなあ。

 なんか、鉄道のことを知らない記者が聞きかじりで書いた記事だよなあ。もっときちんとした記者のきちんとした記事を読みたい!

 というか、「トワイライト」もいずれ廃止になる運命だろうから、是非とも今のうちに乗っておきたい。大阪から札幌まで、ほぼ1日の列車の旅。絶対乗るぞ!

 ブランチは、キャベツの千切りを大量に作って、ウィンナーをじっくり炒めてパリパリにしたものと目玉焼きにサトウのご飯にインスタント味噌汁にタクワン。

 風邪薬を飲んだらモーレツに眠くなったので、仕事を休憩して、昨日録画した「リーガルハイ」第2シリーズの第5話を見る。

 潰れかけた文具メーカーが作ったキャラクター商品「オヤジイヌ」が大ヒットして会社は急成長したが、落書きから生まれたこのキャラの発案者は社内で冷遇されていた。そこで……。

 在社当時に開発した技術が会社に巨額の利益を生んだのに、開発者は恵まれない、という実例は「青色発光ダイオード」の例が有名で、これは裁判にもなった。

 この発案者で恵まれない冴えない親父を野村将希がやっていて、最初はあまりの冴えなさぶりに、誰が演じているのかまるで判らなかった。

 で、この親父の側に付いたのは当然、古美門で、会社側が「裁判に勝利者はいない」のがモットーの桐生。これに黛の父親(國村隼)がややこしく絡んでくる。

 「会社は家族」が社是だからと情に訴えて泣き落としにかかってくる会社側。この会社側の描写がいかにもウェットで人情芝居じみている(社員全員が泣きながら社歌を歌うとか)ので、これをひっくり返すんだろう、こういうウェットなところで理屈を押さえて丸め込もうとする「日本の体質」をこれでもかと批判するんだろうと思ったら、意外にもそうでもなく、メーカーの主立った社員が集まって再出発を誓うといういかにもウェットな終わり方のままとなってしまった。

 最後の最後で「ウェットな感動」を身も蓋もなくひっくり返すのがこのシリーズだったはずなのに……と、2ちゃんねるでは批判の嵐になっているらしい。

 たしかにねえ。同じように「絆」を歌い上げて丸く収めようとした公害の被害者を焚き付けてドラマ史上屈指の名台詞を叩きつけた前シリーズ第9話を見ている以上、それを求めたくなるではないか。しかし、ドンデン返しはなくて、そのまま終わってしまった。そういや第4話も、裁判の結果はともかく、なんか妙に丸く収まったなあ。

 このシリーズの最終話を、羽生の主張により沿ったようなムードをすべてぶちこわすモーレツな大ドンデン返しにする伏線なのかな?そうあって欲しいものだ。このままハートウォーミングで終わって欲しくない!そう終わったら、その時は古美門が死ぬときだ!(「白い巨塔」のパロディになったりして?)

 眠気が去ったので、仕事再開。

 相方から「第4章」のファイルが戻ってこないので、そんなに直し漏れが多かったのかなあと不安になったり、じっくりチェックしているから時間がかかるのだと思うことにしたり。

 枚数は進んでいないが、最終章の中盤まで見通せたので、一安心。

 夜は外に出て、松屋で「焼肉定食」を食べる。牛丼にしようかと思ったが、つい、ふらふらと。肉でも食って、風邪を追い出そうという魂胆もあった。

 帰宅して仕事を再開。

 静かな夜は、仕事が捗る気がする。夜型の方がいいのかな?

 せんべいとチーズを食べて夜食代わり。

 朝日夕刊に、宇都宮の高校の「英語でディベート」部の奮戦記が連載されていて興味深く読んでいる。英語の授業が余りに初歩的でバカバカしい内容なので、英語でディベートしてみようということになって、国内大会で優勝して、勇んで海外大会に行ったら、まったく歯が立たない。英語力もそうだが、なにより、相手の論理と速さと迫力に。どんどん論破されて撃沈。

 日本人が如何に日常的に「議論」をしていないか、いや、議論を避ける生活をしているかを思い知った……というところまで読んだ。

 おれはコドモの時から口が立って議論が好きで、高校の時の生徒会で決まりかけていた「生徒会議長がタバコを吸って謹慎処分になったんだから生徒会執行部は連帯責任で総辞職すべし」という議案を「12人の怒れる男」みたいに最初は一人で異を唱えるうちにおれの賛同者が増えていってロングランとなり、ついにはひっくり返したのが自慢で、その延長でオトナになったようなものなのだが、考えてみれば外国人を相手にして議論したことはない。旅先での意見交換は議論じゃないし。価値観が違うことでどっちが正しいという事はないと思うから、「そういう考え方もあるね」で終わらせてしまったり。でもまあそれじゃあ話をするのにツマらないから、わざと反論してみたりするけど、それは有吉の毒舌みたいなもので、すぐに退散できる程度の軽いモノだった。

 たしかに、議論するとからというものは、日常生活で鍛えられるものなんだよなあ。言い争いが日常なら、それをウザイとか思わず、如何にして勝つか腕を磨く方向に進むだろうし。

 そういえば、昨日の「マツコ&有吉の怒り新党」での有吉は少しおかしかった。

 着るモノの店(男物でもブティックというの?)の店員の対応がイヤだと。あんまり構って欲しくないと。客を見て判断しろと。

 それにマツコや夏目が反論するとキレ始めて「居酒屋を見ろよ!ちゃんと客に合わせて対応してるじゃないか!居酒屋に出来てブティックの店員が出来ないわけないだろ!」と大声で叫び始めたので、夏目は露骨に気味悪がった顔をしたし、マツコも「じゃあいいわよ!デカい声を出した者勝ちってことね!」ということで有吉の主張が通ってしまった。

 だいたいにおいて、マツコの言い分が正しいことが多いし、マツコはかなり常識的な事を言っているし、かなりのパワーで相手をやり込める(しかもかなり論理的に)のだが、この時の有吉はけっこう気持ち悪かったので、「ハイハイ判った判った」みたいな感じになった。

 なんだか有吉、病んでる感じがした。仕事が忙しすぎて参ってるんじゃないのか?というか、「もっとおれのことに気を遣ってくれよ!おれを心配してくれよ!」という心の叫びがあるんじゃないか?

 有吉も、けっこう真っ当な考え方をする人なので、このキレ方は異様だった。有吉はなんか、幸せじゃないんだな、と強く感じてしまった。

 まあ、それと外国人とディベートすることはまた違う話だが。

 くーたんが遊べとうるさいので、仕事をしながらねこじゃらしを使うが、こっちが本気じゃないとくーたんは納得しない。

 23時を過ぎて、睡魔に襲われたので、本日終了。入れ違いに相方からファイルが戻ったが、明日の朝見ることにして、23時30分、就寝。

 もの凄いボロ部屋に引っ越した夢を見て、慄然。何を考えてこんなゴミみたいな部屋に越したんだろうと自分の判断が信じられないほど酷い部屋。壁紙はなくてベニヤ板が剥がれそうだし。

 なのに家賃はさほど安くない。この世の矛盾を訴えるような意味でもあるのか?

本日の体重:91.10キロ

本日の摂取カロリー:2024kcal

本日の消費カロリー:日常生活+28kcal/640歩+53kcal(自転車)

« 「第4章」直してヴェルディの「レクイエム」を聴きにサントリーホール | トップページ | 風邪が抜けない…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58535865

この記事へのトラックバック一覧です: 最終章に突入:

« 「第4章」直してヴェルディの「レクイエム」を聴きにサントリーホール | トップページ | 風邪が抜けない…… »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト