« 原稿チェックとビーフシチューと年賀状とPOP作り | トップページ | 年内やることすべてクリアして、テニス »

2013年12月24日 (火曜日)

年内の仕事をクリアして、再び鵠沼海岸へ

 7時起床。

 寝不足だけど、起きる。

 快晴。洗濯して干さないともったいない、と思ってしまう。

 朝のモロモロもそこそこに、仕事開始。

 まず、25日が期限と言われている光文社文庫新刊のPOPを作ってしまう。販促に使うというので、期限内にきっちり仕上げないと。今日の午前中に送れば、1日早いわけだ。

 なんとか仕上げてPDFファイルにして、「宅ふぁいる便」で送信。

 ここでブランチ。

 昨日のビーフシチューの残りとバゲットで。いっそう煮詰まって美味い。また作ろう。成功すると文字通り、味をしめますな。

 この後、徳間新作の「決定稿」をやる。登場人物の名前を変更するので、相方と電話で相談して新しい名前を決めて、一括変換。

 それと、実在する場所とか建物などに関して「踏み込みすぎた表現」があったので、それを変更。名称をつけていなかったキーになる建物を命名、などなどをして最終確認。

 最初はコンパクトな話になるかと思っていたら、書き込んだらけっこう長いものになった。まあ、1年がかりの大作だもんな。

 14時には完成して、徳間Y氏に送る。26日の午前中には、という事だったから、こっちも繰り上げで、クリア。

 これで、年内の「期限付」の仕事はすべて〆切前に終了。

 あと、個人名義の年賀状書きが残っているが、まあ、まだ間に合うだろう。

 昨日の朝日朝刊に、どうして今ごろ?という記事が載っていた。2ちゃんねるの「有料ビュワー」購入者の個人情報が流出して、匿名をいい事に好き勝手に書き放題だったバカな連中が真っ青になった、あの件。夏のことなのに、どうして今ごろ?

 一番目立った例が、某ラノベ作家(すでに特定されているというか、当人が謝罪している)が作家仲間を誹謗中傷しまくっていた件。ストレス解消だったんだろうが、これは卑劣な行為で、まったく同情できないし、批難されて当然だと思う。もしもバレたら、という可能性をまったく考えなかったんだろうが、それ以前に、モラルとしてどうなのよ。

 おれは、実名がバレても恥じることはないことしか書かない。

 他の例として「不幸な人に成り済まして自作自演」というのは、被害者はいないんだし、まあ、可愛い事じゃないかと思うが。

 風呂に入って髭を剃る。

 今夜は14日に引き続いて吉方取りで鵠沼海岸に行く。ひげ面のザンバラ髪で外に出るのは気が引けるので。

 今夜は鵠沼でメシを食うことにして店を調べる。

 本格的フレンチとかに一人で入る気はしない。

 おれはクリスチャンでは無いから、そのへんに拘ってクリスマスとクリスマスイブを数年前に廃止したのだが、日本では今夜はカポーがデートしてセックスする夜ということになっている。どこでこんなふうに風習がひん曲がってしまったのかね?本当なら、今夜は家族でキリスト生誕のプレイベントとしてお祝いする夜だろうに。そして25日はキリスト生誕に心を馳せて、教会に行くか静かに過ごす日だろうに。

 まあそれを言い出せば、クリスチャンでもない連中がキリスト生誕には無関心なのは当然といえば当然か。じゃあどうして異教徒がクリスマスを祝うの?

 ま、おれも若い頃は正月には神社に行き、バレンタインデーにはやきもきし、葬式や法事にはお寺に行き、クリスマスを祝ってローストチキン(七面鳥ではなくて!)を食ったりしていたのだ。しかしある時から、こういう宗教と密接に絡んでいる異教徒の行事をノーテンキに楽しんでいいのか?と思うようになった。

 なにかの映画で、ユダヤ人の子供が、クリスマスを羨ましそうに眺めている、という場面に遭遇して、「ああやっぱり、クリスマスはキリスト教徒のイベントなのである」と改めて思い、それ以後、厳格に異教徒のイベントを排除するようにした。

 とはいえ、他人の思想信条には口出しできないので、おれ個人の嗜好だし、バレンタインデーにチョコレートを戴けるのなら、その好意を無にするような失礼なことは致しませんが。

 クリスマスは戦前から日本人の習慣に入っていたものだし、日本古来のイベントって夏や秋のお祭りとお正月くらいだし、オシャレなイベントは皆無だから、まあクリスマスを楽しみたいという気持ちは判る。子供がいれば尚更だろう。そのへん、アメリカを経由して入ってきた欧米の習慣って楽しいもんね。サンタさんとか、夢があるし。

 だったら、「政治的に正しいかどうか」に敏感なアメリカのように宗教色を廃して「ハッピーホリデイズ」とか「ハッピーウィンター」とかにすれば、おれも拘りを捨てられるのだが……いやしかし、そういうのもなんだか理屈っぽくて不自然だよなあ。

 最近はハロウィンどころかイースターまでも異教徒の日本人に流行らせようという悪の商業資本の魔の手が伸び始めている。それが物凄くイヤなのだ。

 大阪船場のごく一部の風習だった「恵方巻き」だってバカバカしい極み。コンビニや寿司屋の思惑に欺されて大口開けて太巻きをフェラチオみたいに頬張ってる連中を嘲笑するよ、おれは。

 だいたい、なんでもかんでも商売にして儲けようとする商売人の策略にコロッと欺されて、それを自覚していない連中に腹が立つのだ。じつにまったく余計なお世話だけど。

 鵠沼海岸駅の近くで美味そうなハンバーガーを出す店を見つけたので、そこに行くことにするが、ちょっと腹が減った気もする。

 東京駅でカレーでも食べたいが、丸の内側にあったはずのカレーの店が、前行ったときには見つからなかった。どうやら丸の内の南北連絡自由通路にある店と勘違いしていたような……いやしかし、改札内にカレー屋があったのは確かなことだと思ったんだがなあ。何度も食べてるし……。

 外出して、西日暮里の立ち食いそば屋でチクワそばを食べる。

 この時、券売機の前でえんえん時間を掛けてやっとこさ食券を買って、窓口で大声で「そばっ!」と叫んで、通路を塞いでくちゃくちゃと音を立てながら食っていたジジイに閉口。

 で、このチクワソバが凄く腹に残って、全然腹が減らなくなってしまった。まあ、それなら晩飯を抜けば良かったんだけど。

 東海道線で藤沢、小田急に乗り換えて、予定通りの時間に鵠沼海岸に到着。

 空には重い雲が垂れ込めているが、海方面の空だけはクッキリ晴れていて、まだ明るい。なんだか書き割りみたいな空。

 前回14日は21時に到着したが、今回は17時。駅前の店はみんな開いている。

 道は濡れていて、雨は降っていないのに傘を差している人もいる。どうやら直前に通り雨が降ったらしい。

 いや~傘なんか持ってなかったから、絶妙のタイミングで到着したわけだ。

 とにかく先に鵠沼伏見稲荷神社へ。

 二度目なので道を覚えた。しかしこの辺は上品で落ち着いた住宅街だなあ。いいねえ。

 神社でお参りを済ませて、さて、どうしよう。

 鵠沼海岸駅に戻って、例の店に入る予定だが、この神社の近所にもコージーな店が数軒あった……のだが、もっと遅い時間にしか開かないらしい。

 駅に向かって歩いていると、真っ直ぐ行けば片瀬江ノ島、左に折れると鵠沼海岸駅、という分岐点に来た。

 時間はあるし、歩きたい気分になったので、前回同様に片瀬江ノ島に向かうことにする。

 空いていれば、エッグスン・シングスでステーキでもと思ったりして。

 どんどん歩く。

 この前入ったマクドナルドはガラガラ、その先のレッド・ロブしたーも空いているし、モスカフェもガラガラ。あんまり人がいない店に入るのも寂しい。が、デニーズはカポー客ばかり。

 で、エッグスン・シングスには長蛇の列が。迷うこともない。そのまま通り過ぎて、片瀬江ノ島駅前のマクドナルドに入る。

 ここ数年は禁じ手にしていた「ビッグマックセットとフィレオフィッシュの単品」を食べる。これだけでゆうに1000kcalを越えてしまう。

 店はカポーと言うより家族連れとか高校生の友達同士が多い。カポーは時節柄、今夜くらいはと、値の張る店に入ってきちんとしたディナーを食べているんだろう。

 店に40分居て、このまま小田急で帰るのも芸がないなあと思う。

 江ノ電に乗って鎌倉まで行くか?しかし真っ暗な海を見てもなあ。

 久しぶりに湘南モノレールに乗ることにして、江ノ島の商店街を歩く。

 人通りが多い。ここは通年、冬でも観光地だもんねえ。レストランにもカポーがいっぱい。

 モノレールの駅は閑散としていて、Suicaが使えない。改札機はSuica対応なのに。

 久々に大船までの街並みを眺める。

 大船で、横須賀線に乗り換えて、ブルックナーを聴きながら、そのまま錦糸町まで。

 iPhoneでニュースを読む。南スーダンの国連PKOに参加している自衛隊が、韓国軍の求めに応じて無償で弾薬をあげたのに、韓国政府から謝意もないし、くっだらない屁理屈をつけて「日本に礼を言う必要はない」「むしろ当然の行為」「あくまで予備的なことで韓国軍に不備はない」などなど、完全に礼を失したコメントばかり並べる。韓国って儒教の国だよね?礼儀を重んじる国なんじゃないの?日本には悪意があるのは判っているが、今回の件に関しては、きちんと謝意を述べるのがスジってもんじゃないの?日本政府だって、これまでの禁を破って弾薬の支援をしたんだから。

 だったら今後、韓国がどんなSOSを出しても、ナニもしない方がいいよな。してあげたのにクソ文句を言われるなんて、割に合わない。助けてやったのに逆ギレされたのと同じ。

 まあ、韓国政府は日本に謝意を表すと国民に反撥されるのが怖かったんだろうが。でも、そうやって国民を煽ってきたのは韓国政府なんだからな。

 今回の件で、ほんと、ほとほと嫌気がさした。

 ただ、南スーダンの現場では、韓国軍はきちんと感謝したそうだ。現場だと困っている相手を見て、知らん顔は出来ないだろうし、命をはってる者同士の連帯感もあるだろうし。

 一番悪いのは、政治家だ。その次に、すぐに煽られてしまう国民だ。


 それにしても、16年後に真相が判ってしまった喜多嶋舞は、焦ってるだろうなあ。たしかに一般人で精神的に不安定らしい子供の事を考えると、こういうゴシップがマスコミに載ってしまうのは……と思うが……一番可哀想で気の毒なのは、両親から虐待されてきたらしい子供本人だよなあ。


 それと、山口大学付属病院で凄い手術ミスで患者死亡(この記事)。違う動脈を切断、というだけでも酷いのに、再手術したときに取り出した胆嚢が行方不明になった、というのは杜撰すぎて、絶句。この医者は一体なにをやってるんだ?正気の沙汰か?

 21時ごろ、錦糸町着。

 半蔵門線に乗って北千住。

 寒い。

 帰宅して、くーたんにご飯を出して、もう一度、風呂。

 ろくなテレビ番組がない、と言いつつ、中居くんの野球番組を見る。選手時代の落合が、審判を手名付けるテクニックを古田が暴露して、ナルホドねえ老獪だなあと感心。ベテランはこういうところが違うのね。

 今夜は早々に寝ようと思っていたのに、なんだかんだで1時前就寝。

本日の体重:90.45キロ

本日の摂取カロリー:2931kcal

本日の消費カロリー:日常生活+413kcal/10584歩+32kcal(自転車)

« 原稿チェックとビーフシチューと年賀状とPOP作り | トップページ | 年内やることすべてクリアして、テニス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58817875

この記事へのトラックバック一覧です: 年内の仕事をクリアして、再び鵠沼海岸へ:

« 原稿チェックとビーフシチューと年賀状とPOP作り | トップページ | 年内やることすべてクリアして、テニス »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト