« お仕事ガンガン | トップページ | 夜の鵠沼・片瀬江ノ島 »

2013年12月13日 (金曜日)

仕事・映画鑑賞・配線やり直し

 6時30分起床。

 完全に寝不足だけど、いろいろと興奮しているのか、目が覚めてしまった。

 薄曇り。

 朝のモロモロのあと、相方から「悪漢刑事12」の章割りファイルが戻ってくるのを待ちながら、日曜に録音したNHK-FM「きらクラ!」をやっと聴く。

 2ちゃんねるの「きらクラ!」スレでも話題になっていたが、セル/クリーヴランドの「モルダウ」は感動の一言!至高の名演。

 しかし遠藤真理さんはこの番組ではすっかり「真理瓶師匠」になってしまったなあ。

 トースト・コーンフレーク・ゆで卵で朝飯。

 机の上に雑物が増えてきたし、USBの「クチ」が足りなくなってきたので、サンワサプライで「本体の中にケーブルが内蔵出来て4クチ、外に3クチ」のUSBハブを買ったのだが、配線をし直すとえらく大変なことになるので、放置。

 徳間新作の決定稿を出すために、今ある「第1稿」に手を入れ始める。大阪取材をして書き直さなければいけない部分は丸々差し替えることにして、そこ以外の部分は編集Y氏のチェックに従って直して行く。細かな語句の訂正やWリのカットなのでスイスイ進む。

 やがて外出中の相方から電話が入って、章割りはだいたいあれでいいと思うとのことなので、祥伝社M氏に送る。

 相方とランチ。北千住「宿場町通り」にあるスープ屋さん。こんな店があるとは思わなかった。全然知らなかった。スープ屋というと「スープストック・トウキョウ」しか知らなかったし。

 で、スープと言いつつビーフシチュウとご飯のセットを食べる。なかなか美味い。

 その後、ウチに来て、wowowで録画したまま溜まっている映画を観る。

 wowowで小山薫堂と安西水丸がホスト役を務めている「W座」で流す映画をよく見るのだが、今回も5月に放送した「ドライブ」。

 フランス映画みたいなタッチで、それもジャン=ピエール・メルヴィルの「サムライ」に似て、主人公はほとんど喋らず感情も見せない……と思ったら、隣に住む可愛い感じの人妻と愛くるしい子供には笑いかけたりなにかと面倒を見たりする。この人妻は夫が刑期を終えて出所するのを待っている。

 主人公は抜群のドライブ・テクニックを持っていて、時々スタントマンをやっているが、本業は自動車整備工。しかし強盗の「逃がし屋」もやっている。

 ここまでは静かなタッチで推移するが、夫が出所してきてから変わる。夫も好感の持てる男で、なにより可愛い人妻と子供の幸せを願う主人公は、夫が巻き込まれてしまった「厄介事」を解決してやろうと一肌脱ぐのだが……。

 ここから映画は突如血みどろの超バイオレンスに。「厄介事」とは強盗で、主人公は逃がし屋を買って出るのだが、質屋から盗んだ金はマフィアの裏金だった。

 その金を回収しに来たマフィアは容赦なく主人公たちを殺す。

 しかし、この「厄介事」を持ち込んだ側(映画の冒頭で出てきた表向きはピザ屋だが実は悪党)はマフィアに消されてはかなわないと自分たちから主人公たちを殺してカネをマフィアに返そうとする。

 この三つ巴(というか最後は主人公対ピザ屋側)をこれでもかという暴力描写で描く。

 ハナシは、安西水丸が「股旅ものですね」と言ってしまったが、まったくその通り。「流れ者のヤクザは何故か可愛い子供がいる母親が好きなんですね」というのも、その通りだよなあ。

 まったく長谷川伸から続く日本が誇る「股旅もの」パターン。しかしまあ、「シェーン」でもある。

 マフィアの裏金を盗んでしまって、というのは、ドン・シーゲルの名作「突破口!」だし、逃がし屋という職業が出て来るのも先行作品があったはず。

 こういう映画の主人公は、木枯紋次郎なんだよなあ。「おれには関係ない」とクールを装うがクールに徹しきれずに情けを出してしまって厄介なことに巻き込まれて人を殺してしまい、平穏な生活を願いながらもまた別の村に流れていく……。

 ピザ屋の悪党の役者は、何処かで見た……「サブウェイ・パニック」でニューヨーク市の助役をやったりウディ・アレンの映画の常連だったトニー・ロバーツかと思ったら違った。しかし元映画プロデューサーでマフィアにも繋がりのある小悪党がアルバート・ブルックスだったのには驚いた。「ブロードキャスト・ニュース」で有能なのに汗っかきで本番中に汗をだらだらかいてアンカーになれなかった悲運のキャスターを好演した人が……。

 主人公はクールだが、時折見せる繊細で優しそうな笑顔がとても印象的で、かつ、可愛い人妻と濡れ場もなく禁欲的なのもいい。最近はすぐにセックスしてしまうけど、そういう場面が一切ないのもいい。

 いやしかし……血みどろでどんどん人が死ぬ映画はもう当分見たくない。「悪の法則」もそうだったし……。全然タイプが違う、酒落たラブコメディとか(フランスものかイギリスもの。「ラブ・アクチュアリー」みたいなのが見たいねえ)。

 殺すか殺されるかのサツバツ系は当分いいです。

 アップルパイやミートパイを途中で食べて見たので、見終わったらもう夜になったが、微妙な腹具合。

 相方は帰って、どうしようかと思ったが、外に出て、松屋でハンバーグカレーを食べる。しかし松屋のハンバーグカレーって、単品で1000kcal以上あるのね。うわ~。

 帰宅して、祥伝社M氏とメールのやり取りをして、章割りはまだ一部不自由分だけどそれは本文できちんと書くということで納得して貰う。

 で。

 一念発起して、Mac周辺の配線し直し。

 電源関係もいったんすべてバラして接続し直し。

 ウチは周辺機器が多い(外付けHDDが3つにプリンター2つ、オーディオデジアナ変換アダプターなど)に無線ルーターに光電話アダプターにNTT電話に……。Macに連動させる・させないで区別して接続コンセントを分けるが、ウチは古いのでコンセントが決定的に足りない。だから、消防署が見たら飛び上がるほどのタコ足配線。ただまあ、電子機器は消費電力が少ないから電源コードが熱を持ったりすることはないだろう……。

 使っていないMOドライブを撤去したり。

 コンセントのクチが足りないのでフタマタとかを駆使してタコ足のフタマタ。いやもう、このぐちゃぐちゃは吐き気がするほど。

 電源の配線が終わると、USBの配線し直し。こっちはこっちでUSBケーブルの長さが足りなくなってしまった。むりやり引っ張ると断線するし……。明日USB延長ケーブルを買ってくるか。

 大々的に店開きしてしまって、コードやケーブルがこんがらがって、収拾するのに汗をかいたが、なんとか収拾。

 風呂に入ると23時。

 「タモリ倶楽部」は録画して、くーたんと遊ばなかったが、謝って、寝ることにする。

 昨日の話題だが、マンデラ元大統領の葬儀で各国要人の手話通訳がデタラメだった件。誰も現場でチェックできなかったのか?この人物も、体調が悪いんだったら自分から申し出るとか、どうしてしなかったんだ?謝罪したり開き直ったり、訳が判らん。

本日の体重:90.60キロ

本日の摂取カロリー:2969kcal

本日の消費カロリー:日常生活+40kcal/955歩+84kcal(自転車)

« お仕事ガンガン | トップページ | 夜の鵠沼・片瀬江ノ島 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58752768

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事・映画鑑賞・配線やり直し:

« お仕事ガンガン | トップページ | 夜の鵠沼・片瀬江ノ島 »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト