« 今年の年末はゆったりした気分 | トップページ | 歳末に、いろいろノッてきたもんね »

2013年12月28日 (土曜日)

新作、始動。そして旧友とメシ

 6時30分起床。

 快晴。

 朝のモロモロをやって、さあ今日から「悪漢刑事12」を書き始めるぞ!と思っていたら、アサイチで宅配便。

 タワーレコードに注文したイシュトヴァン・ケルテス指揮のブラームス交響曲全集。2ちゃんねるでとても評判がよくて気になっていたもの。歳末の割引が効くので、買った。

 デッカの録音だから気持ちのいい音。1・3・4と聞く。とてもいい感じ。しばらくは愛聴盤になるだろう。

 昨夜申し込んだ、iPadをアップルの低利ローン(利息が100円くらいしか付かない)、落とされてしまった。え~なんで~?先月、クレカのカードローンとか使ったが、もう全額返したのに。

 何だか悔しいので、条件を変えて、もう一度申し込んでみる。

 トーストとゆで玉子の朝食を食べたが、すぐに腹が減って、昼過ぎに外出し、ずっと気になっていた博多ラーメンの店に入ってみる。

 北千住西口の飲み屋街に最近開店した「まるなが」というお店。日曜に食いに行ったら営業していなくて、食うタイミングを逸していた。

 正統派の博多ラーメンだと思う。ランチタイムはご飯が無料だったが、明太子ご飯の食券を買ってしまった。が、明太子ご飯も美味しかった。

 この店があれば、御徒町とか上野に遠征しなくても充分だと思う。いわゆる「東京トンコツ」の翔竜とこの店を食べ分けようっと。

 食後、マルイの中のノジマに行って、iPad airとiPad miniを触ってみる。miniだとどれくらい小さいか。しかしこれは実際に画面いっぱいに文章を表示させてみないと実際のところは判らないなあ。しかし、画面内にキーボードを表示させて文章を打ち込むことを考えると、miniだと小さいはず。

 もう気分はiPadを買う気マンマン。

 帰路、歩きながらiPhoneでメ-ルをチェックすると、再度申し込んだ低利ローン、またも撥ねられてしまった。

 ダメな理由として考えられることはただひとつ。

 おれは20年前に自己破産をして合法的に借金を踏み倒した(個人に借りたものは全額きちんと返済した)が、その中にオリコがあった。他社は5年でブラックリストから外してくれたのだが、オリコだけは7年経たないと外してくれず、その間おれはクレジットカードが作れなかった。

 そのオリコがアップルの低利ローンを担当している。おれは今、一応健全な経済状態でゴールドカードを持っているし、個人信用情報的にはまったく問題ないはずなのだが、オリコ的にはおれはブラックリストに載っているのだろう。これはたぶん、一生消えないんじゃないか?

 オリコはヤクザには金を貸すくせに、更生した一般市民には貸さないのだね。まあ、自己破産したのが悪いと言われればその通りなのだが……。

 来年に、次の印税が入ったらiPadを買うことにしよう。久々に購買欲というか所有欲が刺激されたが、急いで買う必要はない。欲しいけど。

 で。

 貴重な本を戴いた。

Photo_2

「森の詩人〜日本のソロー・野澤一の詩と人生」坂脇秀冶編(彩流社刊1600円+税)

 解説、となっている坂脇秀治さんがこの詩人の膨大な詩から選び、解説とこの詩人の生涯について詳細な評伝を書いた、労作。

 坂脇さんは拙著を送ると、いつも丁寧な礼状とともに読後感を送ってくれる。それがどれだけ嬉しくて、どれだけ励まされたことか。

 なので、この本は丁寧に読んで、きちんとした感想を書き送らなければならない。


 昨日見て、あまりにも面白かった「鍵泥棒のメソッド」をもう一度見た。

 今度は、泣いた。最後の方は、ラブストーリー。このタッチは、やっぱりビリー・ワイルダーだ。「アパートの鍵貸します」に通じる、ペーソス溢れる温かな感じ。辛辣な中にある温かさ。これってやっぱり、ワイルダーじゃん!

 貴方が撒いたタネは、この極東でも着実に育って実を結んでおりますぞ、天国のワイルダー師匠!

 ほんと、二度目だと、泣けて泣けて。

 夕方、「マックピープル」最新号を読む。この雑誌、突然中折りに体裁が変わって減ページされたので、「MacFan」に乗り換えようかと思ったら、中折りが数号続いたあと以前より分厚い左綴じの横組みに変わった。分量的に以前の3倍くらいのボリュームがある。

 いったいどうしたの?中折りで薄くなったのに非難囂々だったのか?まあおれも抗議メールを編集部に送ったんだけど。

 おれとしては以前の体裁がいちばん馴染んで読みやすかったんだけどなあ。まあこの雑誌は何度も体裁を変えているんだけど。

 眠くなったので、毛布を被ってちょっと寝る。

 今夜は、映画時代にチーフ助監督と製作担当者という関係だった旧友Kとメシを食う。彼とは毎年、年末に会ってメシを食うのが慣例になってしまった。だいたいは彼の愚痴を聞くことになるのだが。

 で、Kはカネもないのに中古のボルボを手放さず、ヴィンテージのカワサキのバイクも大事にして、広いマンションに住んでいる。その癖、カネがないと年中言っている。とても優秀な男で英語も堪能で事務能力にも秀でているのだから、もっと高給を取って悠々と暮らすべき人間なのに、なんか貧乏クジを引いて損な役回りばかり引き受けている感じ。

 そのKがボルボで迎えに来てくれて、竹の塚のロイホへ。このルートもずっと変わらない。

 で、仕事上のトラブルとか揉め事とかの話を聞く。要するに、立ち回りが下手で頭を下げてヘラヘラ出来ないから、損しちゃうんだねえ。

 おれも立ち回りが巧いとは思えないけど、頭を下げるのはタダだからガンガン下げちゃう。Kも小説でも書けば……いや、自説を曲げられなくて編集者と衝突してしまうかもしれないなあ。

 そんな彼は数年前からAKB48にハマっていて、一押しのナントカちゃんへの熱い思いを語るのだが……おれはそういうのにまったく興味がないので、Kが怒らない程度にチャチャを入れる。

 秋元が綿密に組んだ商業的作戦で出来たアイドル、と言っても、やっている当人は生身の人間だし、まだ年端もいかない少女が一生懸命やっているのは事実だけど……。

「来年は愚痴らずにお互い相手を嫉妬しちゃうような話が出来るようになろうぜ」

 と言って別れる。

 ロイホでは今のシーズンやっている「じゃがいも&タマネギ」メニューから、ビーフの赤ワイン煮を選んだ。美味かった。これを基準に自作してみよう。シチューとの違いもハッキリ判ったし。

 19時前に迎えに来て、送って貰ったのが23時過ぎ。4時間以上喋っていたのか。まあ、一年分のあれこれだからなあ。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、ちょっと遊んで、1時前に就寝。

本日の体重:90.90キロ

本日の摂取カロリー:2633kcal

本日の消費カロリー:日常生活+188kcal/4325歩

« 今年の年末はゆったりした気分 | トップページ | 歳末に、いろいろノッてきたもんね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58839676

この記事へのトラックバック一覧です: 新作、始動。そして旧友とメシ:

« 今年の年末はゆったりした気分 | トップページ | 歳末に、いろいろノッてきたもんね »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト