« ずっと仕事 | トップページ | 仕事して、気功 »

2013年12月 1日 (日曜日)

仕事してトリノ歌劇場「仮面舞踏会」へ

 8時30分起床。

 快晴。

 朝のモロモロもそこそこに、仕事開始。昨日終わらなかった「悪漢刑事12」の章割り作成。

 途中、ブランチを挟む。トースト、コーンフレーク少し、ゆで玉子。

 今日はトリノ歌劇場のヴェルディ「仮面舞踏会」に行く。それまでになんとか……と頑張る。

 一応仕上げてプリントアウトして、外出。

 駅前のマクドナルドでビッグマックとコーラ。

 その後、相方と合流して上野へ。

 東京文化会館のロビーで買ってきたおやつを食べ、アルミボトルのコーヒーを飲むが、半分程度飲んだところで栓をしてショルダーバッグに仕舞って席に向かったが……。

 いつもはきっちり締める栓が緩くて、バッグの中に漏れてしまった。

 う~。最近こう言う「うっかりミス」が多くて本当に嫌になるなあ。さほど漏れていなかったが、双眼鏡の布ケースとバッグ自体にしみ込んでしまった。

 コーヒーの匂いって、けっこうキツイのね。双眼鏡からかなりのコーヒー臭が漂ってしまった。

 それはそれとして、今回はE席。5階の左サイド。う~久々。

 しかし、東京文化会館はこんな天井桟敷的な席までもいい音が広がる。

 そしてそして……リッカルドを歌うラモン・ヴァルガスが素晴らしい!

 これまで何度かナマで聞いたはずだが、あんまり素晴らしいと感じたことはなかった。しかし、今日のヴァルガスはのっけから素晴らしい!

 そして占い師のマリアンネ・コルネッティも、小姓の市原愛も、レナートのガブリエーレ・ヴィヴィアーニもいいぞ。そしてアメリアのオクサナ・ディカも!

 ノセダ指揮のオケも、なんと美しいのだろう。伸びやかで艶やかで素晴らしい。

 以前、二期会の公演で観たときは、なんだか芳しくない印象のオペラだなあと思ったのだが、歌手が揃ってオケがいいと、こんなにも違うのか!

Oth_det_blog_image2_467

 

 休憩を挟んで後半。

 いやあ、酔いましたね。久々の来日公演ということもあるかもしれないけど、素晴らしい!

 ずっと簡素に抑えてきた舞台だが、仮面舞踏会の場面になると爆発するように色彩豊かになる。赤い色が舞台に溢れるとこんなにも豪華絢爛に見えるのか。しかも、その赤は、血の色でもある。

 18世紀スウェーデンの国王暗殺の話を無理やりイギリス植民地時代のアメリカ・ボストンに移したので、暗殺を計画する側が「先祖の城を取られた恨み」とか言うのがヘンだが、まあそのへんは大きなことではないのでスルー。

 お話的には、もうちょっと何とかすればこの悲劇は回避できたのにと思うが、そんな事を言い始めたらオペラの否定になる。悲劇が起きるからオペラなんだし。

 しかしヴェルディの音楽は、復讐を歌い上げるときには本当に勇ましくアドレナリンが吹き出すような感じになる。この歌の快感を知ってしまうともう、ヴェルディ中毒になってしまうのだ。

 いやあ、素晴らしい。

 ジャナンドレア・ノセダは凄いなあ。トリノの2010年の来日公演も観たが、あの時も素晴らしかったが、今回も素晴らしい。

 来週は「トスカ」だ!

 18時前に終演。

 上野のペッパーランチで夕食。おれはこの店だけのメニューのスパゲティ。野菜のパーニャカウダーと香味チキンをシェアする。

 デザートはソフトクリーム。

 観たばかりの「仮面舞踏会」の話をして、「悪漢刑事12」の打ち合わせ。おれの案に相方からいろいろ改訂案が出て、書き直すことに。

 20時過ぎに帰宅。

 妙に汗をかいたので、くーたんのご飯を出して、すぐ風呂に入る。

 風呂から出て、忘れないうちに章割り改訂を始めるが、全面的に話を変えるので、途中で力尽きた。

 テレ朝「オリンピックの身代金」、クライマックスだけを見る。クライマックスだけだから作品全体をどうこう言えないが、こんな大きな作品のクライマックスにしてはちゃっちい!これは演出の問題だろう。

 聖火台に仕掛けられた爆弾。時限爆弾にもなっている。

 残された時間は5分。

 強烈なサスペンスは完全に用意されているのに、なにこの盛り上がらなさは!聖火ランナーとのカットバックとか、定石のサスペンス演出を全然やらなかったのは何故?聖火ランナーを用意できなかった?

 逃げる犯人を撃つところも、あれだけ刑事がいて主人公しか銃を抜いて撃たないの?

 なんか、ここまで来て、こんなクライマックスかよとがっくりする。ずっと観てきた視聴者は、このクライマックスにがっくりしたんじゃないのか?

 原因を考えてみたが、「引き画がない」のが大きなマイナスだろう。通路を逃げる犯人、撃たれる犯人、この辺でどうして引き画をぽんと挟まなかったのか?通路なんだから引き画が撮れないはずがないのに。

 おれは卒業製作でこの「聖なる聖火台」でアクション場面を撮影して後から怒られたり、通路に警官隊を走らせたりして、これも怒られたので、引き画を撮れることを知っているのだ。

 ほんと、ガックリだよ。

 しかも……「東京オリンピック」の映像をふんだんに使っているのに、エンドクレジットがない。観客席を満員にしたCGは凄いと思ったが。

 その後、「ガキの使い」を観たりして、もう寝ようと思ったが、テレ朝「お試しかっ!」の女装対決に中村静香が出ているので、見る。

 女装に負けた女性タレントやモデルたちが本気で落ち込んでいるのが面白い。ぶりっ子の芝居は、男の方が大胆で巧いのは女形もそうだし、芝居として弾けられるからだろうなあ。

 中村静香の艶姿を観て、テレビを消す。

 0時過ぎ就寝。

 それにしても、自民党の石破サン、今日も富山で重ねて「騒音デモはテロ」と発言。だったら右翼の街宣車とか日教組大会の時に繰り返されるあの爆音はどうなのよ。

 田舎の大者政治家になり果ててしまった石破サンには、秘密保護法反対のデモの音は堪え難い騒音だけど、右翼の爆音は美しい音楽に聞こえているんだろうなあ。

 こういう人物に権力を持たせてはいけない!

本日の体重:90.75キロ

本日の摂取カロリー:1942kcal

本日の消費カロリー:日常生活+115kcal/2881歩+56kcal(自転車)

« ずっと仕事 | トップページ | 仕事して、気功 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58682300

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事してトリノ歌劇場「仮面舞踏会」へ:

« ずっと仕事 | トップページ | 仕事して、気功 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト