« 仕事して、旧友たちとモツ料理 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2013年12月31日 (火曜日)

大晦日におせちを食った

 肉を食ったら爆睡する。寝るのにも体力が必要ってことか?

 8時に起床。

 快晴。

 朝のモロモロのあと、アサメシ。目玉焼きをご飯にトッピングして山椒入りちりめんじゃこをパラパラと。

 食事もそこそこに、仕事開始。とにかく年内に「プロローグ」ぐらいは終えておかないと。

 Macに向かっていたら、クロネコさんが来た。

 iPad一式が届いた。

 いやしかし、ここは我慢して仕事をしよう……。

 と思いつつ、iPadを取り出してアクティベーションをして必要なアプリをインストールしたり……。

 いかんいかんと仕事に戻り、書く。張り忘れた伏線を張り、足りない描写を増やし、アクションを書く。


 ネットを見たら、なんと、大滝詠一が亡くなった!

 かなりショック。

 なんとか14時過ぎに終えて、相方に送信。

 お正月の買い物をしに、外出。お米とか重いものを運ぶので自転車を使う。

 まず北千住東口のペット用品店に行って、くーたんの好物を買うが、猫用カニカマを買うのを忘れた。

 その後、西口に廻って、「富士そば」でカレーを食う。

 そして北千住マルイに行って、予約しておいたおせちを受け取るが、なんか巨大な箱に入っているので、他の買い物は止めて、とりあえず一度戻る。

 おせちを冷蔵庫に入れて、出直し。

 スーパーに行ってコメ、モチ、肉、野菜を買って、帰宅。

 最近は元旦から店は開いているから、今日買いだめしなくてもいいんだけどね……食料を買い込まないと大晦日の気分にならない。ちょっと前は三が日お休みの店が多くて、年明けに渡さなければいけない仕事を抱えていたとき、元旦からホテルに泊まったことがあった。もちろん自腹。大晦日は高いから元旦から。しかも都心のホテルは高いので、安いところを探して成田空港近くのホテルにして、二泊した。ついたばかりの餅が出たり、なかなか楽しかったしホテルの広い庭を散歩したりして、優雅な「自主缶詰」だった。全然カネも無い頃だったのに、よくやれたなあ。

 でも今は、そんな事をする必要はない。くーたんも寂しいだろうし。

 で。

 今夜、相方が来るのだが、それまで時間が空いてしまった。

 「ゼロ・グラビティ」なら西新井でも錦糸町でも亀有でもやっている。頑張って見に行こうか……と思ったが、すごく面倒になって、止める。映画って、通い出せば全然面倒な気持ちにはならないのに、しばらく途切れると、ひどく面倒くさい。北千住に映画館があればなあ。シアター1010はシネコンにすべきだったんじゃないのか?というと、演劇関係者に叱られるだろうけど。

 なので、ゆっくりiPadを弄ることにした。

 ウチには、Mac用の外部スピーカーが2系統ある。タイムドメインのlightと、オラソニックのUSBスピーカー。どちらも音には定評があるが、好みとしてはタイムドメインのほうがおれは好きだ。

 オラソニックは予備(くーたんがケーブルを囓って断線させてしまったときのためとか)にしてあるのだが、ほとんど死蔵されている。ヤフオクで売れるなら売りたいのだが、ほとんど買い手がつかない状況だから、出品するだけ面倒。

 しかし、iPadの外付けスピーカーとしてなら使えるらしい。しかしiPadと直結しても電力的に足りないので、セルフパワー(ACから電力を供給する)タイプのハブを噛ませれば大丈夫らしい。

 幸い、今、そのタイプのUSBハブが余っている。

 早速試す。

 ウチにあるUSBケーブルをとっかえひっかえ使ってみて接続するが、スピーカーからはボツボツというノイズが出るばかり。

 やっぱりダメかと思いつつ、このUSBハブについてきたケーブルで接続してiPadを再起動させてやったら……きっちり音が出た。やったぜ!

Img_1330

 しかし大きな音でしばらく鳴らしていると「電力不足です」という警告が出て、切れてしまった。まあ、普通に聞いていれば大丈夫ということだろう。

 午後にカレーを食ったので腹も減らず、相方が来るのを待つ。

 すると相方から電話で「第1章のメモ」を送ったと。しかし届かない。相方のMacにトラブル発生か?

 取りあえず、相方が来るのを待つ。

 紅白はツマらないので、日テレの「笑ってはいけない地球防衛軍」を見る。一昨年の、空港を舞台にしたヤツがほとんど面白くなかったので去年は見なかった。しかし今年は面白いと思うけどなあ。

 やがて、相方が来たので、キッチンでiPadで紅白を見ながら、おせちを食う。

 おせちはお正月に食べるための「保存食」だということは知っているが、傷んでしまう前に食うのだ。お客様にお出しするわけでもないし。

Img_1331

 12000円出して買ったのがこれ。

 正直、高いなあ。今や高級食材の海老やアワビ、数の子など高いモノも入っているが、おれにはほとんど豚に真珠。どうせなら洋風おせちの方が良かった。

 おせちも、大晦日に売っているのだから、高いモノを予約する必要はない。というか、来年からは廃止してもいい。まあ今年は縁起物として食べる。

 たしかに、個々のモノは美味しい。美味しいけど……。

 iPadに繋いだチューナーはワンセグなので、iPhoneで見るには充分な画質なのだが、iPadで見るとモザイクがかかったような「ムリヤリ拡大画像」なので、見づらい。まあ、ニュースとかを見たかったし、外でiPhoneでも使いたかったから、この選択しかなかったのだ。

 おせちを食べ終わり、テレビの前に移って、紅白を見る。取りあえず「あまちゃんコーナー」まで。

 ゴールデンボンバーはやってくれたね!ニセ樽美酒の鉄棒は見事だった!

 「あまちゃんコーナー」は、大晦日に働きたくないと出演を断っているという情報が流れていたキョンキョンが、少しはにかんで登場!そして……薬師丸ひろ子の「魂が洗われるような澄んだ声」も聞けた。

 あまちゃんメドレーも、すっかり懐かしくなってしまったなあ!少し涙ぐんでしまった。

 きゃりーぱみゅぱみゅとかを見て、紅白は止めて、映画を観る。

 今年見たものはほとんどが「サツバツ系」の作品ばかりだったから、先日「鍵泥棒のメソッド」を見たときは心からホッとして、砂漠のオアシスのように感じた。もう「サツバツ系」は当分間に合ってます状態だったのに……。

 見たのは、園子温の「冷たい熱帯魚」。大晦日に観る映画じゃなかった。けど、以前からこの映画はとても観たかったのだ。

 長い長いいろんな映画の予告編。飛ばせばいいのに、全部見た。日活の「スシ・タイフーン」シリーズは、明らかにロジャー・コーマンか往年の香港製の俗悪スプラッタZ級映画を露骨に狙っている。まあ、こういう映画が好きな人たちもいるし、才能は低予算映画の世界から出て来るものだし……。

 だけど、「冷たい熱帯魚」も、その「スシ・タイフーン」の1本だったとは。

 とにかく、でんでんが圧倒的。最初は人当たりがいいから心を許してしまうのだが、その「好人物」は押しが強くてある時豹変する。この辺り、でんでんは巧い。物凄くリアル。

 そんな男に抱き込まれて「連続殺人」に荷担してしまうひ弱な男を吹越満がこれまた好演。この二人が図抜けて凄いので、女優陣が多少弱くてもまあいいやという感じ。それでも、でんでんの妻をやった黒沢あすかはかなり気合いが入っていて、倒錯的な悦びを感じる女を気味悪く好演していた。

 監督の妻・神楽坂恵は吹越満の生活に不満を持っている「完全手抜き妻」で、ほとんど全編不貞腐れている。巧いのか下手なのかよく判らない。

 でんでんが経営している巨大熱帯魚店の店員はみんなフーターズみたいに若い女の子がタンクトップにショートパンツ姿で接客。

 おれなら後半をかなりカットして、整理するけど……たぶん園子温はああいうラストが撮りたかったんだろう……と思ったら、次の作品のDVD発売時のインタビューで、「もし再編集することが可能なら、でんでん演じる男が吹越満演じる男に刺殺され、黒沢あすかが笑っているくだりでエンドロール、という形にしたい」と言ったそうで……やっぱりなあと思った。おれなら、もっと前でカットして、宙ぶらりんな終わり方にあえてすると思ったが。

 凄い映画で、主役二人が凄いし、映画的にも強烈に光る部分もあるけれど、映画全体としては作り方が荒い。監督のカラーが強烈に出すぎていて、それにハマる人もいるだろうが、おれはそうではなかったので、「もういいよ」と思うところもあった。

 スプラッターなところは、「スシ・タイフーン」シリーズだからということもあるのかもしれないが……ことさら作品の品性を落としている感じがしたんだけどなあ。ここまでやらない方が効果的だと思うし。バラバラにした死体の肉片とかは、ちらっと見せるから怖いのだと思うし。

 そんな中で「女殺油疑獄」みたいなアクションがあるが、あれはなかなか怖かった。

 ラストの、あのマトメ方は違うよなあと思う。なんか、安直というか、「このへんでオチを付けるしかない」というのがアリアリ。

 途中、0時になって、近所の神社に初詣に行ってみたら、物凄い行列だったので、お神楽をちょっと見て、引き返して部屋に戻って映画を見続けた。先着800名は破魔矢が貰えたのね。去年は甘酒を貰っておみくじを引いて「大吉」が出たのだ。

Img_1332

 映画を見終わって、相方帰り、メールをチェックしていたら、昨日の22時12分のタイムスタンプのある相方からのメールがやっと届いた。トラフィックの増加でネットが渋滞していたのね。

 とりあえず、相方のMacに異常がなくてよかった。

 「朝生」を見たら、元産経新聞の記者のナントカというオッサンが酷く感情的になって論理的に無茶苦茶に孫崎亨氏に詰め寄っていた。

 こういうの、ほんと、見苦しい。バカじゃ無いかと思う。孫崎氏は外交のやり方の問題点を話しているのに、「あなたは尖閣が日本領だと思わないのか!」って……こんな頭でよくまあジャーナリストが務まるな、と思う。まあ、そういう「役」を演じたのかもしれないけどさ。

 寝ようと思ったら、年越しそばを買ってあったのに食べるのを忘れたことに気がついた。しかし、もう寝るし……。

 明日の朝、「年明けソバ」ということにして食べようっと。

本日の体重:90.75キロ

本日の摂取カロリー:2140kcal

本日の消費カロリー:日常生活+76kcal/1842歩+36kcal(自転車)

« 仕事して、旧友たちとモツ料理 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58861239

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日におせちを食った:

« 仕事して、旧友たちとモツ料理 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト