« 新作、始動。そして旧友とメシ | トップページ | 仕事して、旧友たちとモツ料理 »

2013年12月29日 (日曜日)

歳末に、いろいろノッてきたもんね

 7時前起床。

 今日も快晴。

 朝のモロモロを済ませて、トーストとゆで玉子の朝食を食べてから、仕事開始。

 昨日から書き始めた「悪漢刑事12」。と言っても昨日は取りかかっただけで実質は進まなかった。相方のメモを読んで、自分のイメージと摺り合わせる作業が必要なので。

 で、のっけに登場する昔は「ディスコ」と呼ばれて今は「クラブ」と言われている場所の描写に引っかかった。

 テレビドラマに登場したりして、何となくイメージはあるが、以前の「ガールズ居酒屋」同様、一度は行って雰囲気を確かめておくべきだろう。ニューヨークのハーレムに行った事があるのに渋谷や六本木のクラブに行ったことがないというのもアレだし。

 しかしまあ、すぐには行けないので、ネットなどで調べるが、いまいちイメージがハッキリしない。

 引っかかったまま、ヒルメシ。

 

 外に出る。カレーでも食おうかと思うが、北千住でカレーとなると、CoCo壱番屋がないので、蕎麦屋のカレーか松屋のカレーということになる。かつやはかつカレーになって、一食で一日分のカロリーを摂ってしまうので却下。

 歩いていると、最近開店したばかりの「讃岐うどん・鳴門製麺所」があった。

 東京の人は知らないだろうが、鳴門というと徳島県で、香川県ではないし、讃岐うどんの名産地でもなんでもない。この店の経営者が四国の地名をテキトーにつけたんだろう。あの「丸亀製麺所」だって香川県とは何の関係もないチェーンだからなあ。

 こんなパチモンの店なんか絶対入るかいと思ってはいたが、一度くらいは試しておこうと。

 カレーうどんを食べる。まあまあ。

 まあ、製麺所は香川県になければ行けないという不文律もないわけで、「讃岐うどん浅草製麺所」という店だってあってもいい(それで客が来るかどうかは知らないが)とは思うので、まあ、いいか。

 夕食の材料を買う。

 おれは「アンチ・クリスマス」「異教徒だからキリスト教由来のイベントには参加しない」事を表明したが、だったら、日本古来のイベントはやろうじゃないかということで、小さな鏡餅と小さなしめ飾りを買ってきた。

 玄関ドアにしめ飾りを吊し、下駄箱の上に鏡餅を置く。まあそれなりに正月気分が湧いてきた。

 で……。

 昨日はオリコのローンに撥ねられてかなり凹んで、iPadは来年に持ち越していつもニコニコ現金払いで買おうと決めたのだが……。おれは往生際が悪い。

 クレジットカードの分割払いの利息ってどれくらいだったっけ、と確認するつもりで愛用するカード会社のサイトを見たら……。

 「歳末手数料全額返還キャンペーン」というのをやっていた。定められた条件を満たして分割払いで買うと、来年7月に手数料分のカネを返してくれると。

 つまり、利息タダで分割払い出来るのだ。

 これって、アップルの低利ローンより有利じゃん。なんせ、利息が付かないんだから!

 しかし、こういうウマイ話には必ず落とし穴がある。一流カード会社だっていろんな手で儲けようと虎視眈々と狙っているんだから、こういう目を引くキャンペーンをして、うっかりして条件に合わない買い物をした客からキッチリ利息を取ってやろうという算段なのに違いない。

 なので、定められた条件をじっくりと吟味。

 12月*日から来年の*月まで(詳しい事は忘れたが、今買えば大丈夫)に10万円以上の買い物をして、1回1万円以上の支払いの分割、もしくはリボルビングならいいと。カードローンもいい。ただし、手数料を全額返してくれるのは来年6月の支払い分まで。

 iPad本体と周辺機器(ケースとかワンセグ・チューナーとかiMacとくっつけて設置するスタンドとかキッチンで見るためのスタンドとか接続ケーブルとか)を合わせるとギリギリ10万を超える。これを来年6月までの6回の分割にすれば、完璧に条件を満たすじゃないか!

 オリコのローンに落ちて、かえって良かったじゃないか!

 ということで、アップルのオンライン・ストアで申し込む。

 到着は31日らしい。ふひひ。ギリギリで2013年のウチにiPadユーザーの仲間入りが出来るぜ。これでちょっとした移動中にじっくりプロットの検討や推敲が出来るぜ。

 iPadで映画を観たり電子書籍を読むのではなく、あくまで便利な仕事のツールとして活用したい。

 今あるWindowsのノートは、とにかくCPUがATOMだから非力でどうしようもない。立ち上がるまで15分もかかるなんて、もう、実用的ではないぞ。XPならまだ使えるが、XPって文字通り前世紀の遺物な使い勝手(少なくともOSXに慣れてしまうと、ダメ)で、おれにはどうしても巧く使えなかったし。

 仕事に戻る。

 「クラブ」のイメージがきちんと頭の中に展開できないまま書くのは難しい。かと言って書けないのも困る。取りあえずは書いておいて、この前の大阪取材みたいに、推敲段階ででも取材に行って修正しようそうしよう。

 睡魔に襲われた。

 ソファに寝転んで「マックピープル」最新号を読んでいると眠くなったので、少し寝る。

 と、くーたんがやって来て、毛布の中に潜り込んで、おれの股ぐらで寝始めた。あ~も~可愛すぎる!

 で。

 午後に注文した内容が間違っていたことに気づいた。キッチンで使うためのスタンドが、充電しながら使えるLightningプラグつきのものだったのだが、キッチンではテレビとして使いたいので、横にして見たい。しかしLightningプラグがあるとタテにしか設置できないのだ。

 慌ててアップルのオンラインストアの表示を確認すると、まだ発送段階には行っていなかったので、このスタンドをキャンセル。しかしその代わりのモノを買わないと総額が10万を切ってしまって「手数料ゼロ」の条件を満たさなくなる。

 なので、縦でも横でも使える別のスタンドを指定して、購入。

 しかし。

 早く手続きしなきゃと妙に焦ってしまったので、追加分を「分割払い」の仲間に入れないまま購入手続きを確定させてしまった。

 それに気づいて画面上で変更しようとしたら、出来ない。

 わ~困った。策士策に溺れるとはこの事だ、と「椿三十郎」で志村喬が言い放ったカットが頭に浮かんだぞ。

 いやいやここは、電話という手がある。

 ということで、アップルストアに電話して、注文の手続きを間違えてしまったことを説明して、注文内容を修正して貰う。

 数分で、きちんと修正出来た。助かりました。オペレーターの女性に「有り難うございました。助かりました」とお礼を言ったら、相手は「いいえこちらこそ有り難うございました」と、とても恐縮していた。

 以上、ウマい話は慎重に、ということでした。

 ほっとしたら腹が減ったので、メシ。

 ご飯を炊いて、買ってきた「マグロの中落ち」に肉豆腐にエビマヨ、白菜の浅漬けサラダで食べる。美味い。白菜の浅漬けサラダはヒット作。

 仕事に戻るが、風呂に入ることにする。

 で、お湯に浸かっていると……突如、イメージが固まった。というか、「一応仮定の空間」の中で、登場人物が動きだした。

 筋書き通りに人物を動かそうとするからダメなのであって、登場人物のキャラクターを考えて、どう動いてどんな会話をするだろうと考えれば、自然と人物は動き出す。

 そんなのアタリマエダロと言われると思うが、その当たり前なことが、詰まっていると出来ないのよね。調子がいいときは、意識しないでも人物が自分から動きだして、おれはそれを文字として定着させるだけなのだが。

 髭を剃って頭を洗っていると、相方から電話が来たが、この状態では出られない。

 風呂から上がってから、相方にかけ直して、しばらく話す。

 電話の後、風呂で思いついた事を書き足したが、この辺で頭の中に「夜のとばり」が降りてきたので、寝る……ことにしようとしたが、NHKで「あまちゃんコンサート完全版」が始まったので、ついつい見てしまった。というか、ウトウトしながら聞いた。いろいろ変わった楽器とか使ってるし、凄く簡単な譜面で、「こんなものを渡して、彼らが演奏して完成するんです」と大友さん。

 楽しかったけど、睡魔には勝てない。

 1時就寝。

 年内に、2本くらい映画館で映画を観たかったけど……もしかして無理かも。その場合は、新春に見に行って「今年は映画館で映画を観るぞ!」ということにするか……。

 しかし今年はたった1本、というのが自分的には衝撃的だなあ。

本日の体重:80.55キロ

本日の摂取カロリー:2478kcal

本日の消費カロリー:日常生活+122kcal/2649歩

« 新作、始動。そして旧友とメシ | トップページ | 仕事して、旧友たちとモツ料理 »

コメント

タイトル、五七五ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58845952

この記事へのトラックバック一覧です: 歳末に、いろいろノッてきたもんね:

« 新作、始動。そして旧友とメシ | トップページ | 仕事して、旧友たちとモツ料理 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト