« 2013年2月24日 - 2013年3月2日 | トップページ | 2013年3月10日 - 2013年3月16日 »

2013年3月3日 - 2013年3月9日

2013年3月 9日 (土曜日)

最終段階、ダーッ!

 8時過ぎ起床。

 疲れと睡眠不足が堪って、どうにも早起きできなかった。

 朝のモロモロも早々に、仕事開始。

 しかし……今日のお昼ぐらいまでに驀進して「第6章」(最終章)を書き終えたいと思っていたのだが、進まず。う~。

 しかし、腹は減る。

 11時を過ぎたので、お総菜屋は開いただろうと思って外出。

 安売りで人気のお総菜屋は開店と同時に凄い行列なので回避。

 普通のお弁当&お総菜の店に行って、野菜コロッケとカキフライ、牛肉とゴボウの煮物を買って帰り、昨日のキャベツの千切りと一緒に食う。

 美味い。

 これがガソリンになって点火してくれるかと思ったら、なかなか点火しない。

 これはもうひたすら機運を待つしか無い。

 昨日のWBC対台湾戦について、ネットでニュースを検索。台湾チームが試合終了後、スタンドに脱帽して深々と頭を下げている映像や、監督の対戦相手をリスペクトする態度、日本のスタンドで「台湾、有り難う!(大震災の支援に)」というプラカードや横断幕があったことを台湾のメディアが伝えて感動の輪が広がっていること等々に、感動。東アジアで日本と仲よくしてくれるのは台湾だけだなあ。これが韓国のチームだったら、こうはいかない。なんせ韓国チームは台湾での待遇が悪かっただのと文句ばっかりつけて敗退した責任転嫁にイソシんでいたんだからな。

 コストコ多摩境店の崩落事故で、設計士4人が書類送検。しかし、この事故のオオモトは、工期短縮と経費節減を求めたコストコの担当者が設計変更をさせたから。一番悪いのはコストコの担当者じゃないのか?まあ、設計者は「これじゃヤバい」とクライアントに進言してダメなものはダメだと言うべきだった(東京の設計士は実際にそう言ったらしいが)とはいえ。でもやっぱり、コストコの担当者も書類送検されるべきだった、いや逮捕されるべきだと思うが。検察審査会の出番だぞ!

 あれほど荒れ模様だったMacは、一転して調子がいい。バックアップを手動にしたことと、朝、Macを起動させたときにセキュリティソフトのESETが朝一のチェックを終えるまで待ってやれば、快調に動く。iMac、キャンセルしちゃおうかなあ、と思ったりするが、問題を抱えている状態が解消されたわけではないし、仕事でヘヴィーに使っているならほぼ同等のサブ機を用意しておかねばならない。

 疲れだけが溜まって、ソファに座り込んで、テレ東の「孤独のグルメ」の録画を見る。最終回の、三鷹の定食屋。

 なんかね、この、日常の、本当に小さな幸せをしみじみ満喫する感じが、改めて心に響いて、改めて感動してしまった。もう何度も見返しているのに、見返す都度、感動する。

 久住さんの「昼のセント酒」や「ちゃっかり温泉」も同じだが、仕事の合間に銭湯に行ったり日帰り温泉に行ってその近くの居酒屋とか飯屋でちょっと飲んだり食ったりする幸せって……いいよなあ!

 ま、完全に、今の時代の空気とシンクロしている。かつ、仕事に忙殺されているサラリーマンには出来ない事だし。そのちょっとした異空間ぶりがウケるんだろうなあ。って分析ごっこをしても仕方がない。

 おれだって、その気になれば銭湯に出かけて、風呂上がりにちょっと……引っかけたら、その日はもう使い物にならなくなるけど。

 で……「孤独のグルメ」を見るうちに、寝てしまった。

 20分ほど寝た。目が覚めたら三鷹の定食屋で音楽演奏をする「最後のシーン」になっていたし。

 

 いかんいかんとコーヒーを飲んでMacに向かう。

 夕方になって、やっと、エンジンが掛かった。ちょっと寝たのが良かったみたい。それと、引っかかっていた部分を回避するアイディアが浮かんだから。筆が止まるのは、なにかしら展開に問題があるからなのだ。まあ、頭からケツまでスラスラ書ける長編なんてあり得ないが。

 多作速筆の先生方だって……と書きかけたが、そんな、自分とはまったくタイプの違う先生方の仕事ぶりを想像してもまったく意味がないので、止める。

 昼間の停滞が嘘のように、どんどん進む。

 

 しかし、腹は減る。腹が減って死にそうなんだ。とまではいかない。我慢できるし、ここは我慢して仕事した方がいいかもしれないが。

 だが、時間的に、19時近い。ここでお総菜を買っておかないと、店が閉まる。

 大量に作ったキャベツの千切りがまだ残っていて、今日食べないと傷めてしまう。キャベツくらい安いんだからいいじゃないかと思うが……。

 外出して、昼は回避したお総菜屋でトリカラと春雨サラダを買い、セブンイレブンでご飯と漬け物とハムを買い、帰宅。

 ご飯を温め、トリカラとキャベツの千切りを食べる。

 美味い。おれにはこういうのが、お似合いなんですよ。って、井の頭五郎のセリフだなあ。

 ちょっとだけ食後休憩して、仕事再開。

 ガーッと進む。

 あと少しというところで、相方から電話が入って、打ち合わせ。ラストの舞台を、打ち合わせから少し変えて書いていたが、やっぱりそれじゃ不味いとこが判明したので、打ち合わせ通りに戻す。

 仕事に戻るが、ちょっとペースが乱れてしまったし、21時までバックアップを禁止する設定にしておいたら、いつの間にか21時になっていて、バックアップが始まってしまった。昨日はバックアップは妙に軽かったのに、今日は重い。例によって漢字変換が出来なくなるほど、他の機能がストップしてしまう。

 なので、バックアップが終了するまで、しばし休憩。「地球ふしぎ発見」を見る。スイスかぁ。懐かしいねえ。でも、スイスでヨーデルは聴かなかったなあ。

 で、バックアップは終了したので、最後の力を振り絞る。

 ラストシーンの大クライマックス。一大アクションを展開させるのだが、どうにもガス欠で、パワー不足。この部分は明日に回すか?イエイエそれはいけません。

 頑張って書いてしまおうと決意。

 ハムサンドを作って2つ食い、パワーを補給。

 やっと1時前に、最終章を終える。

 読み返してから、相方に送ったら1時を回った。

 もうダメ。今日はもうオシマイ。

 くーたんと少し遊び、少しテレビを見て頭を休めて、顔を洗い、ベッドに行って、2時前に就寝。

本日の体重:92.05キロ

本日の摂取カロリー:2106kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α 

2013年3月 8日 (金曜日)

激闘!台湾戦

 7時前起床。

 眠いぞ。

 朝のニュースで、新築したばかりの家を原発事故で追われて避難生活を続けている人を追っていた。住めなくても住宅ローンは払い続けなければならないという不条理!

 避難先の家賃も払わなければならいって、これはひどすぎる。東電なり国は、こういう人の救済策を用意していないのか?

 自分の身になって考えたら、もう、居たたまれない。

 コーヒーを飲んで、まず、昨日あらまし終えた「第6章前半」を書き加えて、相方に送る。

 ご飯を炊いて、たまごかけご飯にメザシ、インスタント味噌汁、白菜の漬け物のブランチ。

 天気がいいし気温も上がるというので、久々に布団を干す。寝ていてどうにも重くなってきたのだ。というか、一番寒い時期用に、夏布団を重ねていたのを解除しよう。その前に干してやる。

 晴天だが、風はキツイ。あんまり長時間干していると「布団が吹っ飛んだ」状態になってしまうかも。

 相方と電話で打ち合わせして、「第5章」の後半と「第6章」前半を直すことに。しかし、どう直すか詰め切れない。

 「第6章後半」を書き進めつつ、考えることにするが、「第6章後半」がなかなか進まない。演出を閃かないのだ。黒澤明なら布団引っ被って寝てしまうところか。

 

 布団の様子を見に行って、裏返す。

 15時ごろまでいろいろ考えて、相方と電話で打ち合わせ、方向をなんとか決め、まず「第5章」を直して相方に送る。

 その後、「第6章前半」。

 18時ごろには直し終わって、相方に送る。

 Macの調子はいい。ネットでいろいろ調べて、TimeMachineのバックアップを、仕事をしている9時から21時まで自動では取らないことにした。で、休憩するときに手動でバックアップ。

 しかし今日のバックアップは、全然重くない。これなら1時間ごとに自動バックアップしても問題ない。昨日のあの重さはどうしたんだろう?

 ブラックアウト、もしくはカーネルパニックも起きない。これならiMacを買う必要もない……。けど今は、通常とはちょっと違う設定にしていて、マシンに負担を掛けている状態。いや……マシンに負担が掛かっているからそれだけトラブルが発生しやすいようにも思えるんだが……。

 今日は昼寝をしなかったので、どんよりと眠い。昼寝すればよかった。だから、夜になっての踏ん張りがきかなかった。

 それでも20時ごろまで努力するが、夕食。

 昨日は「豚の生姜焼き」には似ても似つかないものを食ってしまったが、今夜は、セブンイレブンで買った、レトルトの「豚の生姜焼き」を食う。キャベツの千切りを大量に作る。

 と、このレトルトが意外に美味い!これが本当の生姜焼きだ、中国人よ!という感じ。

 ちょっと指が引っかかって、味噌汁をこぼしてしまった。トシを取るとこういう事が増えていくんだろうな。情けない。

 で……その後はテレビを見てしまった。

 テレ東の懐メロ番組で、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」「恋のフーガ」をご当人の懐かしの映像で聞いて、感涙。改めて名曲だと思った。特に「恋のバカンス」はイタリアのポップスのカバーだと言われても信じてしまうほどイタリアの明るい太陽と眩い海をイメージさせる。宮川泰、凄い!

 つーか、この種の番組で泣いてしまうようになってしまったんだねえ。

 WBC台湾戦は、劣勢。

 日本アカデミー賞は、これ、録画でしょ?しかしこの陳腐さは全然改善しようとしないのね。まあ、本場みたいにショーアップできないし、ただの表彰式にはしたくないし、で、こういう形になってるんだろうけど。主演男優賞は阿部寛というのは意外だった。だって、「テルマエ・ロマエ」だもんね。こういう賞レースではコメディは劣勢なのだ。

 で……台湾戦はなかなか終わらない。

 日テレの「アナザー・スカイ」で、貴乃花親方夫妻のパリ旅行を見る。

 貴乃花はもう無茶苦茶叩かれたが、あの頃叩いた連中は知らん顔だもんね。まあ、あの頃の貴乃花は表情がなくてロボットみたいだったが、今は人間に戻って柔和な素顔を見せてくれる。

 あの「鬼の形相」とはこういう事か、という恐るべき顔で優勝した一番は、今見ても壮絶。あの頃を、冷静に穏やかに回想する貴乃花の、「人としての位の高さ」を思う。

 で、台湾戦。23時を過ぎても、まだやっている!しかも、勝ち越したら勝ち越されるシーソー・ゲーム。

 で……また日本が勝ち越して、その虎の子の1点を守り切れるか。ということで、最後まで見てしまった。

 9回の井端の一打は貴重だったけど、その前の鳥谷の盗塁が効いた。アレがなければ負けていた。

 で、ダブルプレーになれば理想なんだけどなあと思っていたら、本当にダブルプレーで、試合終了。

 いや~こんな凄い試合の連続だったら、WBC日本代表監督のギャラ300万って、ただみたいなモンだよなあ。負けたらボロクソに叩かれるんだし。いくら短期でも、1000万くらい差し上げないと。出来高払いでもいいけど。

 「テルマエ・ロマエ」の原作料が僅か100万円というので話題になったが、「原作料100万」って、何時から変わらないんだろう?少なくとも東宝版「日本沈没」の時は100万だった。

 それにしても代表監督の300万は安いし、コーチは50万だってよ!たった50万。一晩飲んで騒いだら足が出る。

 ボランティアを強要しているようなもんだよなあ。

 「信長のシェフ・最終回」は来週放送。で、「報道ステーション」が始まったので、風呂に入る。

 出てきて、くーたんを遊ばせながら「タモリ倶楽部」を見る。お線香の香り聞き比べ。

 一番笑ったのが、女性スタッフが着る喪服に染みこんだ線香の香りはどこのブランド線香のものかを当てるコーナー。

「ダンナの借金幾らあるか判ってるのか」

 という喪服の未亡人に言うオキマリのセリフがアドリブで出て、これには笑った。

 もう今夜は完全にダメ。

 それでもなんとか5ページ進んだが……。本当なら今日も30ページやって「第6章」を終わらせたかったのだ……。

 「ぷっすま」をちょっと見て、1時30分、就寝。

 久々にエアコンを切っても寒くない。春だなあ~。

 花粉症もピークで、目薬をさして鼻薬も吸引しなきゃダメだけど、薬でなんとかなる分、助かっている。重症の人は、薬がまったく効かずに苦しんでいるようだし……。

本日の体重:92.25キロ

本日の摂取カロリー:1962kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

2013年3月 7日 (木曜日)

春だなぁ〜

 7時前起床。

 朝は曇り。

 眠い。

 ヒジョ~に眠い。

 朝起きたら、どこかに行ってしまったはずの、ネズミのオモチャが出現していた。夜中に、くーたんが捜索活動をした結果、どこからか見つけ出したのだろう。

 凄いぞ!と思いっきり褒める。

 朝のモロモロもそこそこに、仕事開始。

 午前中はなんとかなったが、ブランチを食べたら、もうダメ。

 厚焼きトーストにスクランブル・エッグ、ハムに海老とブロッコリのサラダを食べたら、強烈な睡魔が襲ってきた。

 Macに向かったまま落ちてしまったので、12時30分頃にソファに座ったら、そのまま寝てしまった。

 途中で横になって寝ているくーたんを股に挟む格好で15時過ぎまで。

 爽快な昼寝ではなく、ウトウトな浅い睡眠で、目覚めも中途半端でスッキリせず。

 それでも目を覚まして頑張らないと。

 コーヒーを飲んでなんとか目を覚ましてMacに向かう。

 Macは、ネットをいろいろ調べると、カーネル・パニック(俗に言う「夜のとばり」)はOS10.8では下りなくて突然真っ暗になるという説も出てきた。その他に「ブラックアウトは故障ではなく省エネルギー設定の『グラフィクスの自動切り替え』切るとブラックアウトしない」という解決法も出てきたので、そういう設定にしてみる。とにかく、藁をも縋る思い。

 で……。

 その後はMacもおれも快調になって、仕事は進む。

 休憩も特に挟まずに、夜まで飛ばす。

 晩飯は、何故か突然、豚の生姜焼きが食べたくなったが、さほど腹も減らないので、ひもじくなるまで仕事。

 が、19時を回って、急に腹が減った。生姜焼きを出前してくれる店を探して、梅島にある宅配弁当屋に電話したが、繋がらず。臨時休業か?

 松屋に行けば食えるのだが、ここで外出してペースを乱したくない。

 ということで、千住緑町に新しく出来た中華の宅配店が「生姜焼き弁当」を出しているので、それを頼む。

 届くまで仕事。

 20時20分頃到着。ワクワクしつつ食べてみたら、「これは生姜焼きじゃな~い!」。豚バラとタマネギの炒め物であって生姜焼きではない。日本の生姜焼きを理解しない中国人が作ったんだろうか?

 不完全燃焼なまま、食べ終わる。これはこれで、まあ、不味くはなかったけど。

 食後休憩の代わりに、くーたんにご飯を出し、仕事再開。

 徳間Y氏から「プロットどうなってますか」メール。見捨てられないうちになんとかしなければ。

 突然、バックアップの「TimeMachine」が猛烈に重くなって、漢字変換がモーレツに遅くなる。これじゃ仕事が出来ない。

 調べると、検索の「Spotlight」の検索範囲を狭くして「ディスクのアクセス権を修復」すれば軽くなると言うのでやってみたが、軽くならず。

 ならば、以前やっていたように、TimeMacineが動作する間隔を大幅に広げてやれば1時間ごとに極度に重くなる現象を回避できる。iMacが来るまでの我慢だ、ということで、これまた藁をも縋る思いで、そのソフト、タイムマシン・スケジューラーをインストール。

 これでペースが乱されたが、なんとか回復して、ほとんどノンストップで1時過ぎまで仕事。長時間の昼寝をしたとは言え、おれとしてはなかなかの集中力。

 20ページ弱書いた。もっと書けそうな気がしたし、実際、眠くもないが……これをやると昼夜逆転しそうなので、本日はここで終了。なんとか週末には書き終えられるだろう。

 

 2時前に就寝。

本日の体重:92.10キロ

本日の摂取カロリー:2599kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

2013年3月 6日 (水曜日)

MacBookPro不調につき

 6時過ぎ起床。

 雲一つ無い晴天。

 今日は温かくなるそうなので、布団を干すには絶好だが、仕事に専念せねば。

 トーストにゆで卵、コーンフレークの朝食を食べ、シャワーを浴びて、仕事開始。

 

 まず、午前中は「第5章」を直してしまう。

 MacBookPro17も安定したみたいなので、iMacを買うのは延期。次のモデルが出たら考えることにしよう。って、昨日も書いたっけ。

 おれが書いたメモに相方が加筆したものが届いたので、「第6章」に入る。

 が、ちょっと考えを整理すべきところが出てきたので、メシ休憩。

 郵便局に寄るついでに、久々に「鶴亀飯店」に行き、五目炒飯を食べる。ちょうどランチタイムだったので店内は満席。

 帰宅して仕事再開。

 とにかく、書き進もう。

 が。

 目の前でMacの画面が突然真っ暗になった。スリープに入ったのかと、キーを叩くがまったく回復せず。電源を落として再起動させたが、すぐに同じ症状に。

 何度か電源落とし~再起動を掛けて、やっと正常に立ち上がった。

 こりゃダメだ~。仕事で使っている以上、こんな不安定な状態ではダメだ。突然落ちたら書いた文章が消えてしまう。正常になったと喜んで、当分このマシンを使い続けようと思った矢先なのに。

 まあ、1分おきに自動保存する設定にしてあるが、再起動させたりアレコレやると調子が狂う。せっかくノっていたのに中断されると、ホント、調子が狂うのだ。

 OSを再インストールしてやれば直るような気もするが、ここまで状態が悪いと、一度HDDを初期化してバックアップからデータなどを移してやるべきだろう。しかしこれは、下手をすると一日仕事になってしまう。

 そんな時間はないぞ。

 なので、新型iMacを買うことに決めた。

 もし希望するタイプのものが銀座のアップルストアにあるなら、すぐ買いに行くぞ。

 ということで、21.5インチ、2.7GHzクアッドコアIntel Core i5、16GBメモリー、1TB Fusion Driveというタイプが在庫にあるか、銀座のアップルストアに確認したら、スタンダードなもの(8GBメモリーの1TB HDD)しかないということで、ネットのアップルストアに注文を入れる。

 今まで注文してから2~3週間かかっていたのが、急に発送が早くなったらしいので、おれの注文もすぐに届くかと思ったら、カスタマイズの要件が2つあるので、納品は18日から25日の間だと。

 と言うことは、「悪漢刑事10」は、今のマシンをダマしダマし使って書き上げるしかないと言うこと。まあ、快楽亭の落語録音専用のようになっているPowerBookG4もあるから、本当にどうにもならなくなったら、G4を使うしかないが。

 しかし久々10万を超える大きな買い物をしたなあ。

 考えてみれば、脱稿してから今のマシンを丁寧にメンテナンスしてやっても、新しく買っても、結果は同じということになるけど……。しかしどうも、ソフト的な支障ではない気がする。修理に出さなければならないのなら、代替え機は必要。だからiMacを買う。それが今回の決定の根本。まあ、新しいiMacが欲しいというのは大いにあるけれど……。

 仕事再開。

 結構進んで、10ページ近く書いて、1ブロック終えた。おれとしては、なかなかの進み具合。

 17時になったので、中断。テニスの支度をして、外出。途中、図書館のポストに本を返す。

 テニスは、まあまあというか、中の下。いいところでミス。でもバックハンドがいい感じで打てた。

 風呂に入って、帰路、曳舟駅前の「あずま」でミックスフライ定食を食べる。コロッケ、串カツ、アジフライ。ちょっと多かった。本当は豚の生姜焼きを食べたかったのだが、この界隈で食わせる店はない。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、ちょっと遊んでやって、仕事もちょっとやったが、WBCで日本がキューバに負けたのを確認していると急激に睡魔に襲われて、そのまましばし寝てしまった。

 なので、23時40分頃、就寝。

 くーたんはベッドに座り込んで遊んでくれとアピールするが、「今夜は寝かせてくれ」と言いながら撫でてやると、渋々納得した様子。

本日の体重:92.10キロ

本日の消費カロリー:2298kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+311kcal/5245歩

2013年3月 5日 (火曜日)

直して考えてまた直して

 7時前起床。曇り。

 眠い。

 朝のモロモロをして、電話で相方と打ち合わせ。夜に会って「第6章」の打ち合わせをするが、それまでに電話で詰められるところは詰めようということになるが、腹が減ったしアイディアも浮かばないので、まずは「第5章」を手直し。

 その前にブランチ。ご飯に玉子焼にしらすにインスタント味噌汁。

 食後、仕事開始。

 ちょっと込み入った直しをしたので時間がかかって、午後に終える。

 それから「第6章」を練るが、なかなかアイディアが浮かばない。電話で打ち合わせる材料も出来ない。

 う~ん、どうするかねえ。

 今までだと、前の章を書き上げて一日二日考えて次の章にかかったのだが、今はそんな余裕はない。今日にも書き出したいところだが、流れもアイディアもないままに書き出せない。

 昼寝をしたり「MacFan」の新型iMacの詳細な記事を読んだり。

 MacBookPro17は、PRAMクリアをしてTechToolProでボリュームの検証というのを掛けたら、見事に復調した。

 じゃあ、カネに余裕もないことだし、もうしばらくこれを使い続けるか。焦って無理をして新型iMacを買う必要はなくなった。欲しいけど。

 その代わりに寝室の整理棚とベッドを新調して、引っ越したまま仮の状態のままの寝室をきっちりフィックスするか。

 春の旅行、奈良に行くことになっていたが、それは順延して西伊豆か鎌倉に変更。だが、テレビで小田急ロマンスカーのCMを見ると、箱根もいいなあと思う。

 で、「富士屋ホテル」の空室状況を見てみたら、3月下旬は満室。系列の「箱根ホテル」はまだ空いている。「箱根ホテル」は改築する前の古風なスパニッシュ・コロニアルというのか、あの感じだったらとてもクラシックで風情があった(戦前のブルジョワ感覚を味わえる……と言っても、1951年建築だから戦後のものだったのね)のだが、今はフツーのホテルだからなあ。

 吉祥寺の「極悪少年」どもは、脱法ハーブを吸っていたらしい。脱法ハーブってマリファナよりヤバいんだねえ。だったらマリファナを解禁して脱法ハーブは麻薬や覚醒剤と同じにビシビシ取り締まるべきでは?

 PC乗っ取り事件、いろいろ証拠は挙がってきたような報道だが、これは警察の発表を報じているだけだからなあ……まだ真相は判らない。

 で、夜。

 ファミレスで相方と打ち合わせ。

 「第6章」は、クライマックスのアクションの場所と趣向が決まっていなかったので、逆算して章全体の流れも決まらなかったのだ。

 が、喋っているウチにアクションの場所が決まったら、その場面の「映像」が浮かび、ばばばと連鎖的に流れも見えた。往年のハリウッド・アクション映画みたいな展開だが、「悪漢刑事」では初の新素材。

 で、アイディアは決定。

 

 メモはしたがディティールを忘れないうちに急いで帰宅。

 すぐに簡単な流れメモを書いて相方にメール。

 その勢いで「第5章」をもう一度直そうとやりかけたが、WBCの韓国ー台湾戦で韓国が負けているというので気になって「報道ステーション」を見ていると、急激な睡魔に襲われて、寝てしまった。

 こうなると、もうダメ。スイッチが切れてしまった。直しも、濡れ場に関連するものだったので、機械的に直せる場所ではないので、明日の朝にする。

 大詰めで、明日のテニスは休んで仕事に専念しようと思ったが、このところ全然歩いていないし食う量は増えているしで、体重がやばいラインを越えてしまった。体感的にもヤバい。

 なので、明日のテニスは休まずに行くことにする。

 なんだかんだで0時前就寝。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2373kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年3月 4日 (月曜日)

原稿の進捗と体重の増加は正比例する

 7時起床。

 眠い!

 朝のモロモロのあと、いつものように厚切りトーストにゆで卵の朝食を食べる。以前は朝飯抜きでブランチにしていたのだが、最近は朝飯を食べないと腹が減っていかん。でも、朝飯前のスッキリした感覚で仕事を始めて、一段落したところでゆっくりブランチ、と言うのが理想のパターンなんだけどな。

 不調のMacBookPro17、今朝は起動するときに久々にPRAMクリアをやってみた。OS9時代は頻繁にこれとデスクトップのリセットを掛けていた。そうしないとすぐ不調になったので。

 しばらく様子を見よう。

 本来なら先週末に終えていなければならない「第5章」。今日こそ絶対に終えなければ。

 あと10ページだから、午前中に一気にやってしまうぞ!

 と、思いはすれども、なかなか進まず。持っていき方に引っかかりがある。

 で。

 と言うわけでもないけれど、敬愛するビリー・ワイルダーの本を読む。

 というのは、先日見たドキュメンタリー「赤狩りとハリウッド」がずっと引っかかっていた。

 映画監督ギルドの中に右翼体制派がいて、「ギルドのメンバーは共産党員ではないし共産主義に反対している」という規定を規約に入れようとか声明をだそうとかで総会が紛糾したとき、今までずっと黙っていたハリウッドの大巨匠がすっと立ち上がって、丁寧に名を名乗って、一言の元にその『陰謀』を粉砕してしまった、という事実を、たしかワイルダーの本で読んだはずだ、と思って、原文に当たりたかったのだ。

 で、数冊の「ワイルダー本」をひっくり返し、ワイルダーとキャメロン・クロウの対談本も読んだが、その記述は出て来なかった。

 その代わりに、同じような会議の席で、そういうような決議案を可決するかどうかの挙手を求められたとき、反対のほうに手を挙げたのがジョン・ヒューストンとビリー・ワイルダーだけだったので大いに慌てたという記述を見つけた。しかしワイルダーはその後、仕事の妨害を受けることはなかった。

「保守派で共和党支持のブラケットと仕事をしていたから、彼が楯になってくれたようなものさ」

 いろいろ調べると、ハリウッドの大物で、赤狩りに反対していた急先鋒はウィリアム・ワイラーだったかのように言われているが、それは必ずしも正確ではないように思える。

 

 で、ネットで検索していると……求める文章が出てきた。蓮実重彦の文章を引用したサイトにあった。

 当時の超保守派の巨魁は、セシル・B・デミル。しかし監督ギルドの会長はリベラルのジョセフ・L・マンキーウィッツ。デミルはマンキーウィッツがヨーロッパに出かけている隙を突いて監督ギルドの総会を開いて、上記の決議をしようとして会議は紛糾。

 そこにすっと立ち上がったのは……ジョン・フォードだった。

「私は、ジョン・フォード。西部劇を作っている。観客の心を掴むことにかけてミスター・デミルを越える者はいないと思って尊敬している……しかし、おれはあんたが大嫌いだ、ミスター・デミル。さあ、こんな会議はとっとと終わらせて家に帰って寝ようじゃないか。明日も撮影があるんだ!」(大意)

 なんとも、カッコイイではないか!

 ただし、この名場面が記された原文の出典は判らない。もしかすると、誰かの創作なのかもしれない。

 だが、マンキーウィッツは帰国後、そう言うことがあったと知って激怒したし、デミルの画策も幻に終わったことは事実。

 で……ワイルダーの本を読み返して、ワイルダーがチャールズ・ロートンを激賞していたり、「何度も撮りなおしをするよりたいがいはファースト・テイクが一番いいものだ」と語っていたり、ハワード・ホークスがいかに嘘の名人だったかとか、あの名作の舞台裏とか、めくるめく話が満載で、胸が一杯になった。

 鳴呼、ビリー・ワイルダー!

 やっぱりおれは、映画が、アメリカ映画が好きなんだよなあ。

 「ワイルダーならどうする?」は何度も読み返していたのに、読めば読むほど、珠玉の言葉に満ちているなあ! 

 いかんいかんと本を本棚に戻して、仕事再開。

 それでもなんとか進み出してホッとしたが、予定していた午前中には終わらない。

 気分転換に、北千住駅前まで歩いて、ATMで記帳して500円玉ヘソクリ貯金をする。

 500円玉貯金はけっこう貯まるのだが、去年はお金が足りなくて生活費に繰り入れてしまったので残高が少ない。いつもなら新型のMacを買って旅行に行く資金にしていたのに。

 新しいiMacを買うにはまだまだ資金が足りない。今使っているMacBook Pro17を下取りに出せば結構な足しになるのだが、これはサブ機に取っておきたい。いつまた電力危機が起きて計画停電が発動されるか判ったもんじゃない。そういやこのMacBook Pro17も、311のあと、同じ理由を考えて買ったんだよなあ。幸い北千住は計画停電を免れたけど。

 帰宅して仕事再開。

 14時を過ぎて、祥伝社のM氏から「どうなってますか」メール。本当は今日のお昼に「第5章」を送って「やってます、ホラこの通り!」ってメールを出せるはずだったのに……。

 「第5章」は濡れ場が控えているが、そこに至るまでの場面に工夫が要る。

 そこを苦心して書いていたら、意外なところで突破口が開けた。「普通の展開」をひっくり返してやればいいのだ!特に「悪漢刑事」は、主人公がどんどん人を食った方がいい。

 というわけで、どんどん進むが、予定していた分量を突破。それでもまだ濡れ場が始まらない。

 もう夜。

 休憩して、セブンイレブンで買ってきたお総菜のハンバーグをレンジで温めて、サラダとともに夕食。

 食後、即、仕事を再開。

 なんとか「濡れ場」に突入できて、予定より10ページほど多く書いて、22時前に終了。ざっと読み直して、相方とM氏にメールする。

 でもう、クタクタになったので、風呂も止めようかと思ったが、髪の毛が爆発しているので入浴。髭も剃る。

 上がってから、昨日は遊ばなかったくーたんと、ねずみのオモチャでしばらく遊ぶ。

 くーたんがネズミを懸命に捜す姿は本当にいじらしくて可愛くて堪らない。

 大地震が起きて、ペット禁止の避難所に入らなければならなくなったら、おれは瓦礫に残ってくーたんと一緒に暮らすことを選ぶだろうなあ。ま、その前に生きているかどうか判らないけど。

 早々に寝てしまおうと思ったが、なんだかんだで0時を回ってしまい、0時30分に就寝。

 MacBook Pro17は、一応、正常に戻ったようではある。

本日の体重:92.10キロ

本日の摂取カロリー:2090kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年3月 3日 (日曜日)

忙中閑アリ

 7時前起床。夜明けと共に起きるのはなかなかツライ。

 朝のモロモロのあと、トースト1枚とゆで卵を食べて、仕事開始。

 午前中は敵役のエライ人物に主人公が罵詈讒謗を浴びせる場面。

 ぶははは!こういう場面になると血湧き肉躍って、幾らでも書けるなあ!ひどい言葉が湯水の如く溢れ出る(「湯水の如く」は「使う」と繋がるけど、ここはまあ、こういう気分だったので)ぞ!気分爽快!罵倒小説を書いてればストレスは溜まらない?

 午前中だけでかなり進む。

 あと10ページで「第5章」が終わる、というところで、時間。

 今日は新浦安の温泉「浦安万華鏡」に行くのだ。ずっと息を詰めるように書いていたので、ちょっと息抜きしなきゃ。というか、終盤の打ち合わせも相方としなければ。

 北千住の日比谷線のプラットフォームで相方と待ち合わせて、八丁堀経由で新浦安。送迎バスの時間が合わなかったので、タクシーで「浦安万華鏡」。

 ここは何度も来ていて、結構気に入っている。舞浜にもホテル兼営の温泉施設があるが、こっちの方が安くて施設が凝っているし、水着の混浴ゾーンが豊島園並みに広い。

 13時過ぎに到着して、まず先に昼食。二階の和食処で、おれはサバの一夜干しとご飯セット。相方は鍋焼きうどん御膳。これは美味そうだった。サバも美味かったけど。春野菜の天ぷらと冷や奴をシェアする。

 そのあと、水着ゾーンへ。

 幾つもあるお風呂に順に浸かっていると、あっという間に2時間経過。

 風呂に入りながら打ち合わせをしようと思ったが、あんまり出来ず。露天風呂の上に覆い被さるように枝を伸ばした桜が咲き始めていて、そこに小鳥……ヒヨドリ?がやってきて蜜を吸うのをしばらく眺めていた。春ですなあ。風情があるなあ。

 16時を回って、先に出たおれがフードコートでビールを買おうとしたら、カウンターで婆さんがえんえん迷った末にコーヒーを買ったが精算の番号札を返してしまっていて買えない(場内では現金が使えない)。ならばそこで諦めればいいのにモタモタしている(たぶん「諦める」選択が浮かばなかったのだろう)のにキレかけた。いかんねえ。こういうところに来たらノンビリしなきゃ。

 おれの前で順番を待っていた人が、婆さんの分も精算してやり現金を受け取ることでやっと決着。

 おれもビールにありつけた。

 ビールを飲みながら相方が出てくるのを待つ。

 17時の送迎バスに乗って、新浦安へ。

 この街は完全に人工の街で、広々していてシャレたマンションやホテルが建ち並んでシュロの並木があって、ほんと、カリフォルニアみたい。行ったことないけど。でも311のあとは大変だったんだよね。

 ビールを飲んで酔っ払ったけど電車の中でちょっと寝たらよいも醒めて気分もスッキリ、となるはずだったが、電車は混んでいたし寝られるほど長く乗っていなかったし、長い時間お風呂に浸かって、疲れてしまった。

 小腹が空いたので、おれだけ北千住駅構内の「小諸そば」で上天丼と一口そばのセットを食べて、後悔。普通の盛りそばを食えば良かった。

 歩いて帰宅。くーたんがお出迎え。

 Macを起動させたら、どうも不調。ネットにアクセス出来ない。おかしいなあ。何度かリセットしても、調子が戻らない。

 ソファにひっくり返ったら、そのまま寝てしまった。

 とろとろ寝ながらニュースなどを見る。

 今回の猛吹雪、北海道では痛ましい死亡事故が続出。車が動かなくなって雪で埋まってしまうなんて、想像も出来ない。

 PC遠隔操作「なりすまし」事件、この事件に関する報道はかなり控えめというか逃げ腰になっている。しかし警視庁は再逮捕したりして締め上げようとしている。それなりの証拠も掴んでのことだろうし、これも誤認逮捕だったら警視庁の面目丸つぶれだから、それ相当の証拠があってのことだろうが……猫が好きで江ノ島に行っただけのことだったら、とんでもないことになるぞ。

 とんでもないと言えば、昨日見たのに書き忘れていたwowowでのドキュメンタリー。赤狩りとその後を追ったもの。アメリカは常に正しくて正義だ、みたいなフリをしているが、それは大間違い。過去にはヤマほどのメチャクチャなことをしてきている。近年で最たるものがこの「赤狩り」。現代の魔女狩り。言論の自由・思想信条の自由を完全に否定した、マス・ヒステリー。さすがにヨーロッパではこんな事は起きなかった。

 国中が発狂して共産党員とそのシンパを追及して弾圧してたら、良識派もなかなか声を上げにくい。その中で虎視眈々と時期を待ってマッカーシーを叩き潰す番組を作ったエド・マローや、ハリウッドの中で声を上げたウィリアム・ワイラーたちは尊敬すべき存在だ。

 で、このドキュメンタリーは、密告して「仲間を売って」キャリアを維持したエリア・カザンと証言を拒否してハリウッド・テンに連座して仕事を奪われて、その後しばらく偽名で書き続けたドルトン・トランボを追う。

 そして、トランボに名前を貸した「ローマの休日」がアカデミー賞を取ってしまった、イアン・マクレラン・ハンターの存在……。

 おれとしては、このイアン・マクレラン・ハンターにとても興味を惹かれた。彼自身のキャリアはプログラム・ピクチャーの脚本ばかりで、賞には無縁の作品歴だった。おれに当てはめると実に身につまされるというか……。

 だから、大上段に赤狩りを正面から糾弾したり、主要人物の生涯を追うよりも、イアン・マクレラン・ハンターのような、友情と好意から、しかも彼自身にも信念があった人物が巻き込まれてしまう姿に興味がある。

 ……似たような題材を、マーティン・リット(彼もブラックリストに載っていた)がウディ・アレンを主役に作った「ザ・フロント」(名義を貸した人物の意味)という作品を撮っているから、この発想にオリジナリティはないけれど。

 21時からのNHKスペシャルをきちんと見る。携帯電話やカーナビのGPSってこんなに記録されてるのかと逆にビックリ。

 しかし……津波の警報が出ていても、家のことが心配だから戻ってしまうよなあ。まさかあんな巨大津波が来るとは多くの人は想像していなかっただろうし。大きな津波と言っても、まさかあれほどのものが街を飲み込んでしまうなんて……。

 22時を過ぎて、もう眠くて堪らなくなったので、くーたんと遊ぶのを省略して、寝る。

本日の体重:92.15キロ(いかん)

本日の摂取カロリー:2452kcal 

本日の消費カロリー:日常生活+α+365kcal/6116歩

« 2013年2月24日 - 2013年3月2日 | トップページ | 2013年3月10日 - 2013年3月16日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト