« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

2013年3月10日 - 2013年3月16日

2013年3月16日 (土曜日)

歩け歩けで、IKEA

 8時起床。いかん。早起きの習慣をつけようと思っているのに。ならば早寝しなきゃいかんですな。

 iMacのセッティングも落ち着いて、デスクがスッキリした。まだまだ使えるサブディスプレイを仕舞い込んでしまうのは惜しいが、必要がなくなったからなあ……。

Img_1053

 金曜にカイロプラクティックを予約していたのを完全に忘れていたので、急遽、朝10時30分に施術して貰う。

 終了後、帰宅。

 今日は天気もいいし、体重を減らすためにウォーキングをしたいが、相方は忙しくて外に出られない。

 ならば、一人で歩きに行くか。

 生まれ育った横須賀に行ってみようと思い立つ。横須賀市佐野町5丁目が、おれが4つまでいたところ。番地までは覚えていないが、だいたいの記憶はある。しかし50年前のハナシだから、ずいぶん変わってしまったはず。Googleのマップで見ると、あったはずの川が暗渠になっているような表示だし……。

 20年くらい前に一度行ってみたことがあるのだが、どこがどこやらほとんど判らなかったし。

 玉子焼にハムに切り干し大根に春野菜の煮物で、ブランチ。

 なんだかんだしていると、お昼を過ぎて、14時になってしまった。これから横須賀に行くと夕方になってしまう。

 では、ということで、IKEA新三郷店に行くことにする。

 もう20年以上使っている、故Nから貰ったベッドを更新したい。

 最近のベッドは、フレームにすのこにマットレスにマットレスパッドを組み合わせる式のものが主流(というかIKEAや無印良品のベッドはこれ)で、どう選んでどう買えばいいのかよく判らない。木製フレーム付きマットレスに脚をつけるというパターンもあってよく判らないし、マットレスもスプリング以外にいろんなものがあって、これまたよく判らない。

 何度かIKEAに行って見ているのだが、その時はまだ買う段階ではなかったので本気で見ていなかった。

 というわけで、IKEAに行く。

 つくばエクスプレスで南流山、ここで武蔵野線に乗り換えて新三郷。

 土曜日なので、凄い人。まあ、以前来たときの日曜日は連休の遊園地かと思うほどの家族連れで凄いことになっていたが。でも、人の多さに驚いている人もいた。

 LDKのインテリアにはセンスを感じる。こういう部屋はいいなあと思う。IKEAが凄いのは、ショールームのスペースをたっぷりとって、魅力的な部屋作りを実際に見せているところ。このへんが日本の家具屋とは違う。

 おれは、今の部屋を、IKEAに通ってかなり参考にしてレイアウトを考えて、けっこう上手く行ったと思っている。

 混んでいたのでベッドに寝てみるのは止めたが、いろいろ座ってみて弾力を確かめた。軟らかすぎるのはおれの好みではない事が判明。だいいち、腰に悪いだろう。

 ベッドフレームの件も判ったし、だいたいの金額も判った。おれの予算内でなんとかやれる。

 キッチン関係の雑貨やクリップライトなど雑物を買う。レストランで食事はせず、下でホットドッグとコーラを。

 北千住でジーンズを買おうと思っていたが、荷物があるので後日。

 帰りは常磐線経由にしてみる。同じJRなので乗り換えが簡単。

 寝不足のせいで、電車で座ると眠り込んでしまう。が、それでも無事に北千住着。

 くーたんのご飯の場所に、買ってきたランチョンマットを敷いてみたが、鳥の絵が描いてあるので不審そうに様子を見ていたが、すぐに慣れたようだ。

 クリップライトを取り付けたりしていると、20時を回る。しかしホットドッグが効いたのか、腹があまり減らない。しかし抜いてしまうのもアレなので、トーストとトマト、ダイエット用のスープパスタ(マカロニみたいなのが入っている)を食べる。

 TBS「ニュースキャスター」で、東横線代官山駅の大改造4時間密着をやっていたが、これは凄い!

 地上線から地下から上がってくる線に切り替えるのだが、駅全体を地下線のレベルまで下げてしまう!地上線を使いながら地下ではその準備が進んでいたのだ。まるで「大脱走」。

 プラットフォームは地上線用は仮設にして、地下用は少し下に建設済み。なので仮設を撤去するとレベルが下がった新しいプラットフォームが現れた。

Daikanyamaconnecting_detail2

Fukutoshintoyoko_danmen201301

 しかし凄いのは、地上線用の線路がボタン一つでぐんぐん下がっていったこと!これはテッチャンならずとも驚いたのではないか。

 架線の切り替えに手間どって、工事が完全に終了したのは始発の10分前!

 1200人を動員しての集中大工事。いや~これは凄いなあ。

 この大工事については、このページが詳しい(←リンク)

 風呂に入る。

 出てから、IKEAで買ってきた、大きなネズミのオモチャ(ペットショップで売っているモノの10倍くらいデカい)をくーたんに見せると興味津々。投げてやると即、咥えてきた。でかいからビビるかと思ったらそうでもなかった。これはデカイので、どこかに紛れて見つからなくなることがない。今後はこれで遊ぼう。

 「チューボーですよ!」は和風パスタ。しかしこの麺はどう見たってスパゲティなんだから、どうして「和風スパゲティ」と言わないんだ!ここ10年くらい、スパゲティをパスタと呼ぶのがカッコイイという風潮があるが、それが気に食わん。マカロニならマカロニ、ラザニアならラザニアと呼ぶくせに、スパゲティだけパスタと呼ぶのは、おかしい。たぶん、スパゲティという言葉には昭和の響きがするから、パスタと言い換えているんだろうが、教養が無いというのは恐ろしいね。これは、蕎麦もうどんも「麺」と呼ぶのに等しいんだぞ!

 おじさんはこういうところにこだわるのだ。

 しかも、食う時に、本式ぶってか、スプーンも使ってたし。スパゲティを食うときイタリア人はスプーンを使わないぞ!

 早寝しようと思っていたのに、なんだかんだで1時前就寝。

本日の体重:91.80キロ

本日の摂取カロリー:1785kcal

本日の消費カロリー:日常生活+495kcal/8259歩

2013年3月15日 (金曜日)

上野から秋葉原まで歩いて新型iMacが来た

 8時ごろ起床。

 本日は、新しいiMacが届く予定。しかし、MacBook Pro17からデータを移行させるには、Thunderboltのケーブルが必要。LAN経由でも出来るが時間がモーレツにかかるらしいし、まだThunderboltの恩恵にあずかっていないので、ここはケーブルを買ってこよう。しかも、ウチの外付けHDDはみんなFireWire800で、新型iMacにはFireWireのコネクターが突いていないから、変換ケーブルも買ってこなければ。

 ということで、朝のモロモロを済ませて、10時30分頃外出。ランチタイムで混む前に何処かでメシも食おう。

 わざと遠回りをして、二駅分歩いて、北千住。

 つくばエクスプレスに乗るつもりだったのに、ついつい日比谷線の改札を通ってしまったので、まあいいやと日比谷線で秋葉原。

 そういや今日で東横線との直通運転が終わってしまうんだなあ。今乗っている電車は菊名行き。名残惜しいのでこのまま菊名まで行こうかと思うが、考えてみれば、東横線にはそれほどの思い入れはない。中目黒に住んでいる頃はほとんどバイクで移動していたので、東横線や日比谷線直通電車をあんまり使わなかったんだよなあ。

 

 で、秋葉原。バーガーキングに行こうかと思ったが、今日からダイエットを再開!と決めていたので、定食の方がいい。

 というわけで、ヨドバシカメラのレストラン街で、サバの塩焼き定食を食べる。豚の生姜焼き定食にも強烈に惹かれるものはあったのだが。

 食後、1階に移ったMacのコーナーで必要なケーブルを買う。しかしここはMacに関する雑物を扱っていないのが寂しい。

 ということで、久々なので、秋葉原の電気街、秋葉館とかソフマップをチェックすることに。

 道にはメイドさんがいっぱいいる。おれはメイドさんが好きではないので、なんか、秋葉原は本当に変質してしまったんだなあと思う。まあ、客層が電気オタクからこっちのオタクにシフトしただけなんだけど。

 アップル純正ケーブルは、どの店でも値段は同じ。サードパーティの格安品があるかと思ったら、なかった。

 しかし外付けHDDは安くなったなあ!

 ソフマップで面白いモノを見つけたが、買わず。

 上野まで歩く。

 上野公園まで来たら、入り口の桜が満開になのにビックリ。え?開花宣言も出ていないのに?

Img_1048

Img_1049

 帰宅。

 しかし何時頃にiMacは届くのだろう?ずっと待ってなければならないのか?天気もいいし、東横線渋谷駅にでも……。いやいや、渋谷駅にはテッチャンが集合して写真を撮りまくってかなりの混乱になっているらしい。で、おれはそこまで思い入れはないので、行かず。

 

 クロネコヤマトに電話で聞いてみたら、「今日は無理です。明日の午前中でしょうか」という返事。アップルからは今日のお届けというメールを貰ってるんだが、まあ仕方がないか。

 することないなあ。

 で、寝室のリニューアル計画を実行しようと、寸法を測り直して、大発見。

 ウチは構造が古いので、どでかい梁が部屋の中に走っている。これが邪魔だが、その梁の下にサイズの合うラックを入れて、古くなったカラーボックスの中身を移して……と思っていたのだが、そのラックを入れると、ベッドとの隙間がほとんどなくなってしまうことが判明。

 ダメじゃん。ならば仕方がない。モノを減らすしかない。

 ま、ラックにベッドにと、カネが飛んでいくはずだったのが、安く上がることになるので、ラッキー!と考えることにしよう。

 ソファでちょっと寝る。ここんとこ、仕事もしていないのに寝不足。

 夜は、外に出るのが面倒になったのでご飯を炊いたが、おかずが足りなくて、結局外に出る。

 買い物をして帰ってきたら、1万歩を超えた。

 肉豆腐、春野菜の煮物、しらす、インスタント味噌汁とご飯で夕食。低カロリーでヘルシーじゃん?

 食べていたら……宅急便が。時間は20時近くだったはず。

 iMacが届いた!

 しかし、こんな時間からセッティングしてデータを移すのは大変だなあ……。でも、やるか。明日までおいておけない。早く触りたいし。

 一度セットして1年間使って来た環境をまた変えるのはなかなか面倒だし、厄介。プロの映像作家や音響関係者でもないのに周辺機器が多いので、ケーブルの捌きが大変だし、くーたんの餌食にならないようにきっちり防護しなければならないし。

 で、とにかくMacBookProと置き換えて、iMacを起動して、ThunderboltでMacBookProと繋げて転送開始。

 3時間の予定がいきなり2時間に減り、1時間30分に減ったけど、「残り30分」からの進みが悪くて、トータルでは3時間くらいかかった。

Img_1050

 その間、ソファでウトウト。

 「信長のシェフ」最終回が始まった頃に完了。ドラマの音を聞きながらiMacを弄ってみる。

 速い!フュージョン・ドライブの威力が出て来るのはまだ先だろうが、起動は速いし他のソフトも速く動作するぞ!これは快適。

 しかし、初期不良もあるかもしれないので、1週間ほど試験運転してみて異常がなければMacBookProを修理に出そう。

 で、「タモリ倶楽部」を見る。ちょうど「さようなら東横線渋谷地上駅」だった。元住吉検車区から特別列車で渋谷へ。この道中だけでも1本作れたんじゃないか?

 この番組を見れば、もういいや。

 番組は、次週に続く。

 で、iMacに戻る。

 あれこれやっていると、どうも画面が目に近い。デスクの一番奥に置いたのに……。

 いろいろやってみたが、結局、スタンドが後ろにどーんと張り出しているので、これ以上奥には行かない。馴れだろうが、どうもMacが近すぎる……。

 ちょうどアームスタンド対応のiMacが出たところで、ちょっと悔しい。けど。アームスタンドだって後ろに出っ張るだろうから、同じ事か。

Img_1052

 2時を過ぎて3時近くになってしまったので、慌てて寝る。

本日の体重:92.50キロ

本日の摂取カロリー:1383kcal

本日の消費カロリー:日常生活+696kcal/11800歩

2013年3月14日 (木曜日)

赤坂歌舞伎「階段乳房榎」にMETライブビューイングの「リゴレット」の豪華ハシゴ

 7時過ぎ起床。

 朝のモロモロをして、ポタージュ・スープにロールパンのブランチを食べていると、もうお昼。

 今日は赤坂ACTシアターでの赤坂歌舞伎「怪談乳房榎」を見に行く。相方は七之助の大ファンだが、おれは勘九郎を応援したい気分。快楽亭を通じて中村屋の番頭さんに席を取って貰った。

 相方と待ち合わせの駅まで歩く。普段は自転車を使うのだが、今日から歩きを励行。でも、歩いても10分程度だった。

 で、千代田線経由で赤坂。

 この演目は、快楽亭の落語「開田乳房榎」であらすじは知っているので、筋書きは買ったが事前に読まず。まあもとは三遊亭円朝作の落語なんだから予習しなくても判るだろう。

 しかし三遊亭円朝って人は、凄いよねえ。一人でこんなに後世に残る「新作で名作」を作った人は他にいないんじゃないか?

 勘九郎は、声も口跡も芝居も勘三郎にそっくり。もっと太って愛嬌が増せば、父親そっくりになる。それが役者にとっていいか悪いかというハナシはあるとは思うが、とにかく達者。しかも獅童相手にアドリブというかくすぐりも巧い。当人は父の葬儀の時に「なんとか助けてください!」と悲痛な声を上げていたが、役者としては大丈夫なんじゃないの?そりゃもっともっと父親に教わりたいことは多かっただろうけど……。

 七之助は「しどころ」が少ない役で気の毒。これなら、歌舞伎座で演るなら、七之助の踊りを加えたところじゃないか?

 で、勘九郎の早変わりが、とにかく見事!特に、通りすがりの人と擦れ違うと一瞬で早変わりしてしまうマジックにはビックリ。こういうのも歌舞伎の楽しいところ。

 正助と三次という、どっちも勘九郎の役同士が戦うところは、相手役の巧さと相まって、どっちがどっちやら判らない。

Akasaka

 本水を使った見せ場も迫力満点。

 ラストは、普段はやらない、「乳房榎」前での悪役・磯貝浪江(獅童)が正助・師匠の遺児に討たれる。

 で、きったはったが突然終わって「今日はこれきり」で締める。ここまでやったのなら浪江が斬られて死ぬところで終わっても、と思うが、そのへんがおれの素人の感覚なんだろうな。ここで「お芝居でした」と終わるのが歌舞伎らしいのだろう。

 勘九郎も良かったが、獅童も良かった。色悪と言うより悪党という感じだったが、なんか、立派になった。

 で。

 14時開演で17時前には終わったので、前にバスで通ってとても感じが良かった、渋谷の神山商店街を歩こうかと言っていたのだが、東銀座に行ってMETライブビューイングの「リゴレット」を見てしまおうか、と言う事になる。「リゴレット」は明日観る予定だったのだが、どうせ都心に出てきてるんだからまとめてしまおうと。

 東銀座に出て、歌舞伎役者御用達の喫茶「YOU」に入って、定評あるオムライスを食べ、これも定評のあるスパゲティ・ナポリタンをシェアする。

 その後、東劇へ。

Rigolleto

 この「リゴレット」は大胆にも舞台を1960年代初頭のラスヴェガスに移した演出だが、これが見事にハマッた。話が実に判りやすいし、身近に感じた。「デューク」という通称を持つ大物って現実にいそうだし……。

 「ラット・パック」というシナトラ一家と政界やマフィアとの黒い繋がりを描いたテレビシリーズがあったらしい。それに触発された面も大きいと思うし、そういう下地をうまく利用したという意味で商業的にもとても利口な戦略だなあと、まず驚嘆。

 「デューク」の取り巻きの役作りは実在したディーン・マーティンなどをモデルにしたと演じる当人たちがいい、実にまったく楽しい。

 この舞台イメージには、明らかにジーン・ケリーの「雨に唄えば」の中の「ブロードウェイ・バレエ」のセットのイメージがある。(↓は「雨に唄えば」から最大のスケールで描く「ブロードウェイ・バレエ」)

Bm


 第二幕には「007ゴールドフィンガー」の殺し屋オッド・ジョブみたいなのも出て来るし、いろいろと趣向が楽しい。

 退廃とアンモラル、セックスと酒の享楽の世界を描くのなら、1920年代のハリウッドの方がピッタリだと思う。「ハリウッド・バビロン」に描かれた、スキャンダル満載の世界。大スターが絡んだ殺人事件が幾つかあったし、後年右派の頭目のようになったセシル・B・デミルは煽情的で残酷な映画を多作していたし……しかしまあ、そういうのは映画マニアなら知っているけど一般にはイメージが共有されていないので、ラスヴェガスというのはとても判りやすい設定だろう。

 「デューク」の取り巻きの一員だと思っていた毒舌芸人のリゴレットは、その毒舌が過ぎて仲間から攻撃の対象になってしまう。これ、学校の「いじめ」に置き換えられる気もする。

 時々字幕が「映画スター」とか、オリジナルにはありえない言葉が表示されて、歌詞も変えてしまったのか?それは御法度だろ?と思ったが、それは翻訳上「演出家の意図を尊重した」からということだった。

 演出の奇抜さに目を奪われてしまったが、歌手陣は強力。

 リゴレットのジェリコ・ルチッチ、デュークのピョートル・ペチャワ、そしてジルダのディアナ・ダムラウはもう最高の出来!他の歌手も絶好調。

 素晴らしい!

 演出も突き抜けて(トップレス……乳首は隠していたが……のポールダンサーが登場したり)いるが、あくまでオリジナルの世界を尊重している。そして、この方が判りやすいし、テーマを身近に感じる。

 いやあ、堪能堪能。

 帰りは、新しい歌舞伎座の出入り口から日比谷線に乗ったが、開場前の歌舞伎座地下ホールは広々していて素晴らしい。乗り換えも格段に便利になった。特に雨の日とか、正面入り口の前で待つことがなくなった。

Img_1046

 で、5月大歌舞伎の松竹歌舞伎会先行予約がすでに始まっていて、昼の部の安い席はもう残ってないだろうな、と思いつつ調べたら、ほとんどの日がガラガラ。以前はこんなことなかったぞ!値段が上がってしまったこともあるが、やっぱり、勘三郎と団十郎の死が大きいのだろうか……。

 

 帰宅して、5月歌舞伎昼の部のチケットを取る。三等Bも買えたが、せっかくだし三等Aにした。

 明日、新しいiMacが来るので、今夜のうちにバックアップを取っておこうと思ったら、なかなか始まらない。そのうちに画面がブラックアウトしてしまった。やっぱり不調。

 くーたんと遊んでいたら2時になってしまった。しかし歌舞伎とオペラのゼイタクなハシゴで、目が冴えてしまって眠れない……。

 ベッドの中でしばらくiPhoneをいじって、就寝。

本日の体重:92.65キロ

本日の摂取カロリー:2347kcal

本日の消費カロリー:日常生活+490kcal/8343歩

2013年3月13日 (水曜日)

西日暮里によって、テニス

 8時前起床。

 晴れているが風強し。

 朝のモロモロを済ませて日記を書いてしまうと、待機状態。

 今日のおれの使命は、相方から確定申告の書類を預かって、おれが面倒を見て貰っている税理士さんに届けること。

 その書類が整うまで、待機。

 朝は例によって厚切りトーストにコーンフレークにゆで卵。

 寝室に入れるラックをどうしようかと寸法を測ったり。

 いろんな会社のものを調べたが、ウチの現状にぴったり填まるのは無印良品だけ。

 が、その無印良品でも、ウラまであるボックス型とラック型がある。ラックの方が半値以下なのだが、奥が素通し。壁際に置くとは言え、どうしたものか。

 山崎春のパン祭のポイントを集めているのだが、計算違いをして、とっくに25点集まっていた。

 なので近所の店にお皿を貰いにいく。

 外はもーれつな風。この前の「煙霧」が発生したときより強い?イヤあの日は外に出なかったんだっけ。

 店でお皿を無事ゲットして、昼飯もついでに食うことにする。

 以前一回だけ入ったことのある中華屋さんで、麻婆豆腐定食。味はまあまあ。でも安い。

 帰宅。

 東北大震災の慰霊式典に韓国大使が欠席した件、「単なるミスで韓国大使館側が招待ファックスが英文だったので捨ててしまった。震災の際は韓国も多大な援助をしたのだから重要な出席者として日本側が再度確認すべきだった」とか責任を日本側に擦り付けてきたぞ。しかし同じ日にあった新国立劇場「アイーダ」初日のレセプションには各国大使に混じって韓国大使もいたことが判明。

 なんじゃこりゃ。

 韓国政府って、なんでも日本のせいにしたいんだね。

 欠席したのは「政治的理由」にしたかったけど、ことがことだけに、そういう理由は通らないと判断して急遽でっち上げたんじゃないの?ま、この「単純ミス」という理由にしても、韓国以外の大使はキチンと出席したんだから、韓国大使館の関係者はそれなりの処分を受けるべきなんじゃないの?

 で。

 相方の書類が整ったので、受け取りに行く。

 今日はテニスなので、そのまま曳舟に行くつもりでテニスの準備をして、出発。

 相方から書類を受け取り、西日暮里へ。

 iPhoneのGoogleMapに住所を打ち込んで検索して歩き出したら、何故か全然違うところを指示されていた。まあそう遠くなかったので、後は自分で道を探して、無事到着。

 GoogleMapも、時々間違える。それは以前から。全面的に信用してはいかん。

 で、ビルの前で住所を確認していると、管理人らしき人物からチラシ投函屋と間違えられてしまった。テニスバッグを背負ったチラシ投函屋っているのか?

 で、税理士さんに書類を渡して、ちょっと説明をして、辞去。

 予定より早く済んでしまった。テニスまで時間がある。

 いつもはテニスが終わったとに晩飯を食べていたのだが……先に食ってしまうか。

 駅に向かう道に、「おかず作り置き」の大衆食堂を発見して、モーレツに食いたくなってしまった。

 「揚げたてアジフライ」に惹かれるものがあったが、目玉焼きのせハンバーグにしてしまった。

 この「おかず作り置き」の店は、店によってシステムが違うので、ちょっとまごついた。

 で、食っていると、若い白人3人組が店の前で思案してから入ってきた。この難解な店のシステムを君らは理解出来るかな?

 しかし店の人が機転を効かせて、注文したものを運んでくれていた。う~んジャパニーズ・ホスピタリティ!

 味はまあ、そういう感じの味。

 で、西日暮里から曳舟へ移動。

 JR西日暮里のプラットフォームに上がったら、今しもドアが閉まりそうな山手線がいた。時間は余るほどあるのだから、1本待てばいいものを、駆け込み乗車してしまったら、ラケットが閉まるドアに引っかかって、車内でよろけてしまい、目の前にいた女性のお尻に手が触れてしまった。

 咄嗟に謝って事なきを得たが、場合によっては痴漢呼ばわりされてしまったかもしれない。ま、状況がハッキリしていたし反射的に謝ったから、なんとかなったけど。しかし恥ずかしい。

 

 日暮里で降りて京成線に乗り換え、靑砥でも乗り換えて、京成曳舟。

 

 ずいぶん早くスポーツクラブに着いた。

 で……。

 やっぱりテニスの前にメシを食うのは良くない。反省。

 というか、確実に、胃が大きくなっている。インフルエンザで寝込んで、さすがにモノが食えなくて、体重が90キロを割った時は胃が小さくなった実感があったのに。その後は1週間に1章あげるペースで仕事をした(おれとしては、これは驚異的ハイペースなのだ)分、「食いたきゃ食う」方針にしたのと、山崎春のパン祭のお皿が欲しくて、せっせとパンを食べ、朝飯を食うようになった結果だろう。

 これからは胃を小さくしなきゃ。

 テニスはまあまあ。というか、バックボレーが最悪。今日はメチャクチャ下手くそ。何故だ?

 テニスの後、プールで泳ぐ。

 その後、風呂。

 これでおとなしく帰ればいいのに、やっぱり身体を動かすと、腹は減るんだよなあ。とは言え、そんなに食いたくもない。もりそばか半ラーメンがあれば……。

 結局、「喜多方ラーメン坂内小坊師」で野菜たっぷりのラーメンを食ってしまった。野菜たっぷりとは言え、焼き豚もたっぷり入っていた。ここの焼き豚はとても美味いからなあ。

 帰宅したら部屋は真っ暗。昼間に出かけたので、部屋の明かりを全然つけていなかったのだ。

 くーたんにご飯を出し、ねずみのオモチャで遊びつつ、ネットのニュースを見たら……。

 維新の会の西田とかいう議員が、今どき原子力村の御用バカ学者でも言わないような「微量の放射線は無害」論を展開していたぞ。記事はいずれ削除されるかもしれないので、全文を貼っておく。

-----------------------------

 日本維新の会の西田譲衆院議員は13日の衆院予算委員会で、福島第一原発事故放射能汚染について「低線量セシウムは人体に無害。医学を無視し、科学を否定する野蛮な『セシウム強制避難』を全面解除すべきだ」などと質問した。

 西田氏の質問に対し、党所属議員の事務所などに抗議があったため、小沢鋭仁国会対策委員長らが対応を協議した。党執行部は西田氏の質問内容を詳細に把握していなかったという。

 西田氏は原発事故で飛散したセシウムは「線量は微量だ。個人の外部被曝(ひばく)線量は年間実績でわずか数ミリシーベルト。しかし、これまで進められてきた政策を振り返ると、あたかも日本経済の発展を阻害すべく、反原発を宣伝する手段として、反医学的な福島セシウム避難を考案し、実行したように思われる」とし、被曝の影響は「問題にならない」と主張。安倍晋三首相に避難者の即時帰宅を認めるよう求めた。

 除染についても「セシウムしかない福島県でなぜ除染が必要だと考えるのか。住民を排除して民間業者に委託する。何らかの政治的意図から採用したとんでもないやり方だ」と持論を展開。民間業者による農地の除染について「田畑を破壊する。農作物、特に稲にとってセシウムの被害はほとんど考慮に入れる必要はない」と問題点を指摘した。

 そして、「原爆の廃虚となった広島と長崎で、放射能で汚染されたがれきを片付けたのは民間業者だったか。生き残った住民が強い意志で日夜営々と努力をしたからこそ、迅速な復興が出来た。福島復興を遅らせている民間業者による除染こそ、即時中断すべきだ」と首相に迫った。

 安倍首相は「福島の方に理解を頂ける形で、出来る限り多くの方々が地元に戻れるよう努力したい」などと答えるにとどめた。

 橋下徹共同代表は13日夕、西田氏の質問について「個人の意見として述べたんでしょう。表現方法に未熟さがあった」と話した。

-------------------------------------

 朝日新聞デジタルの、この記事(←リンク)

 なにをか言わんやだ。維新の会は、こんな議員を除名すべし。

 これ以上書くと個人の誹謗中傷になるかもしれないので書かないが、こんな議員は断じて許しがたい。


 この議員の暴言というか妄言について詳しく解説したサイトも見つけた(←リンク)。呆れ果ててしまった。いろんな主義主張はあるだろうが……。ま、今後、この議員がどんな運命を辿るか、生暖かく見守ってみたい気もする。

 テレビもつけず、静かに夕刊を読む。

 外は本格的に雨になった。

 23時30分、就寝。

 明け方に、まだ原稿が上がっていない、という恐怖の夢を見た。いやだねえ。

本日の体重:92.35キロ

本日の摂取カロリー:2956kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+138kcal+409kcal/7053歩

2013年3月12日 (火曜日)

脱稿したっ!

 8時前起床。

 朝のモロモロを済ませて、例によって厚切りトーストとゆで卵の朝食を食べて、仕事開始。

 iMac、18日~24日の配達予定だったのが、一気に縮まって15日に届くんだって。いや~早くなったなあ!見てみると、上海から積み出しされたようだ。

 推敲というか最終チェック。今日は「第5章」から。

 相方からの直しチェックが入っているので、それを直していると、「第6章後半」が届いたので、お昼前にエピローグを除いて終わらせる。

 「エピローグ」のファイルが来るのを待つ間にランチ。あったはずの鷹の爪が見当たらないので、インスタントのペペロンチーノの素を使って、キャベツとハムのペペロンチーノを作って食べる。

 しばらく待つが、出来ている分を先に送った方がいいだろうと判断して、祥伝社M氏に送稿。

 そうこうしていると、「エピローグ」のファイルが届いたので早速チェックして、これも送稿。

 14時過ぎに、脱稿。

 やった!

 もうへろへろ。

 しかし、散髪をしたい。もう髪がぼうぼうになってひどい。

 近所の散髪屋に行くと、休み。別の散髪屋に行くと、ここも休み。どうも散髪屋って月曜火曜と休むようになったみたい。え?もうずいぶん前から?

 で、以前行っていたスピードが速くて安いけどさほど雑でもない散髪屋に行く。

 順番を待つ間、店内のテレビでやっていた「猿の惑星」(オリジナル版)をチラチラ見る。そういや公開当時、チャールトン・ヘストンがこんな映画によく出たなあと話題になったっけ。で、ヘストンの相手役の「知能の低い人間」役の若い女をやった女優の名前が思い出せずにiPhoneで調べたら、リンダ・ハリソンと出てきた。たしかこの女優、大物プロデューサーと結婚したんだよな。あれ?それは違う人だっけ?

 で、このWikipediaの記述に、「この映画の製作に関ったウィリアム・サローヤンの甥が、この映画が日本で公開されたことに驚いた」とあった。原作者のピエール・ブールは「戦場に架ける橋」を書いたように、日本人を憎んでいたので、この猿は日本人を模したというわけ。なのに日本で公開されて大ヒットしたのに驚いたのだとか。

 まあそれはいいとして、撮り方がやっぱり1960年代だなあと思った。カメラが重い(パナヴィジョン・カメラが普及する前でミッチェルを改造したパナPSCとかミッチェルそのものを使っていた時期)ので機動性のある画作りではなく、どっしり構えている。それが今の目で見ると鈍重にも感じる。というか、今の映画はカメラが動きすぎるんだけど。

 で、おれの番になって、ばっさりカットして貰う。で、スッキリ。

 しかし、散髪屋で髭を剃って貰うと、どうして浅くしか剃ってくれないのかね?おれは髭が濃いので、触るとざらざらなのがいつも不満。ああ、一軒だけ、本当にツルツルに剃ってくれる店があったが、かなり高齢のおじいさんがやってる店で、2時間近く掛かったのに閉口して、それっきり行かなくなって、店も閉じてしまったなあ。

 近所の立ち食いで、掻き揚げそばを食べ、買い物をして帰宅。

 相方と脱稿祝いをやろうかと言っていたが、あと数日に迫った確定申告の必要書類を捜さなければならないと言うことで、順延。ま、木曜に赤坂で歌舞伎を見るし。

 忙しい最中は、終わったらあれもしたいこれもしたいと思っていたけど、体重が増えてしまったので、「美味いモノを食う」のを除外すると、遠出をすることばかりなので、することがない。

 疲れているので、本を読みたくないし映画を観る気にもならない。

 しばらくボンヤリして、外出。くーたんのご飯が切れているし。

 まず、東急ハンズに行って、購入予定の木製ラックを壁に固定する金具があるかどうか、確認。いろいろありました。

 次に、北千住東口の奥の方にあるペット用品店に行って、猫飯を買う。

 その後、いろいろ迷った末に、回転寿司に入る。

 中生を飲むと、歩いて帰るのがしんどくなりそうなので、グラスビール。で、比較的高い皿を中心に食いまくる。本まぐろの中とろとか本まぐろのネギトロとか。やっぱり美味いね。

 誰も取らないなな残ってしまったものを4貫載せたのが来たので食べてみたが、やっぱり乾燥してしまって、ダメ。以前は乾燥を防ぐ透明の蓋を被せてたんだけどなあ。

 結構食って、今日もカロリーオーバー。

 帰宅したら、WBCをやっていた。またオランダ戦。今日は負けそうだなあと思いつつ見たら、勝ってるじゃないの!

 そうなると、ずっと見る。

 このまま圧勝でいきそうだなあと思ったので、風呂に入る。

 出て来ると、電話。6月にやる予定のテニス合宿について、詳しい事が決まったと。

 その電話を切ったら、また巨人の山口が打たれたぞ。どうも巨人の投手は弱いね、と思ったが、沢村は踏ん張った。

 解説の桑田は、なかなか冷静でいいなあ。どうして監督にならないのかなあ。頭脳派の桑田は監督に向いてると思うんだけどなあ。

 で、今夜も日本は勝利。

 

 早々に寝てしまいたかったが、くーたんが遊べとアピールするので、しばし遊ぶ。またネズミのオモチャがどこかに行ってしまったが、いつか出て来るだろう。

 で、23時過ぎに就寝。

本日の体重:91.55キロ

本日の摂取カロリー:3016kcal

本日の消費カロリー:日常生活+403kcal/6868歩

続きを読む "脱稿したっ!" »

2013年3月11日 (月曜日)

東日本大震災の日で脱稿寸前だが、新国立劇場でオペラ鑑賞

 6時過ぎ起床。

 快晴。

 朝のモロモロもそこそこに、厚切りトーストとゆで卵とコーンフレークという定番の朝食を食べて、仕事開始。

 頭からの最終チェック。

 途中まで、書くときと同じ横書き表示でやっていたが、縦書き表示に変更。これは芦川さんに教わった。

 誤字脱字、表記ミスなどは、どういうワケか縦書きの方が発見しやすい。それでも見落としてゲラで指摘されることも多いのだが。

 途中、ポップコーンを食べながら。

 昼を過ぎて、お茶碗半分程度残ったご飯に、牛肉とゴボウの煮物の残りで、昼飯。

 仕事再開。

 半分を過ぎたところで、時間。

 ずっと仕事をしていて、14時30分にはいったん止めて、東日本大震災が起きた時間には黙祷しようと思っていたのだが……。

 気がついたら15時になっていた。

 あの日のことは、そして1週間、十日、いや、今に至る日々を忘れることはない。

 おれ自身にも被害はあったが、そんなものは微々たるものだ。

 あの衝撃は、一生忘れられないし、今も、あの映像を見るだけで、震えが来る。

 そして……原発事故。

 未曾有の大災害と事故が起きているのに、国会はドタバタして最低最悪だった。こんな国難を、挙国一致して乗り越えないでどうするんだ!なのに政争の具に使ったバカ政治家どもは一生許さないからな!とくに小沢一郎と自民党!

 ちょっと時間は遅れたが、黙祷する。

 で……。

 本日は、気功をお休みして、新国立劇場に「アイーダ」を見に行くのだ。初日。チケットを買ったのは去年の10月で、まさか追い込みになってしまうとは思ってなかったもんなあ。

 初日だし、A席を奮発したので、ジャケットを着ていく。

 駅で相方と待ち合わせて、半蔵門線経由で、初台。

 いつものようにオペラシティのサブウェイでサンドウィッチを食べる。「アイーダ」は4時間かかるし休憩も3回あるので、おやつを仕入れる。上の階のパン屋で、いろいろ。

 で、新国へ。

 前回はもっと安い席だった記憶があるが、今回はA席。初日と言うこともあって、タキシードを着込んだ上品な男性客も多い。う~んB席とは客層が違うなあ。A席とB席には越えられない壁がある感じ。喪服に蝶ネクタイをすれば立派な礼装になるんだけど。次回、初日でA席を取ったら蝶ネクタイで来ようか。

 主要キャストはよかった。東響もよかった。そして、ゼフィレッリの豪華絢爛な演出は、何度見ても壮麗。スペクタクル。

 第4幕は、舞台機構を駆使して地上とお墓の中を同時に見せる。そして……ゆっくりと舞台が沈んで……。

 素晴らしい!この一言に尽きる。

Ko_20004417_kouen

20005723_9

 ネットではアイーダを歌ったラトニア・ムーアの評価が低いが、おれにはいいと思ったがなあ。相方によるとラダメスのカルロ・ヴェントレ尻上がりに良くなったらしい。たしかに後半は声に艶が出て、凄く良かった。

 日本人キャストの幌打ち康雄と妻屋秀和はもう、さすがの貫禄と安定感。

 第2幕の「凱旋」がスペクタクルで本当に豪華絢爛なのだが、音楽的には静かな第3幕と第4幕が素晴らしい。

 というか、おれは女性コーラスの神を称える歌が清らかで神秘的で、とても好きだ。

 やっぱり、イタオペはいいねえ!

 新国の合唱団は定評があるが、今夜も良かった。東響も、とてもよかった。

 まっすぐ帰宅。

 と言いつつ、おれだけ北千住の「富士そば」でちくわ天そばを食ってしまった。

 店内にはバカ男のツレらしい女3人が、注文もしないのに店内に座ってグダグダと喋っている。バカ男もさっさと食ってさっさと出ていけばいいのに、バカだから喋りながらタラタラ食っている。

 店内は結構混んでいたので、頭に来た。手を滑らせてバカ女どもの頭からそばのおツユをぶちまけてやろうかと思ったが、せっかく「アイーダ」を見た、その帰りなのにトラブルを起こすこともなかろう。

 店を出るときに、女に向かって「このバカ!」と、小声で呟くのが精一杯なおれ。王に向かって言いたいことを言ったラダメスとは大違いだねえ。

 帰宅してMacを起動して、ちょっと仕事して……と思ったら、マックの機嫌がすこぶる悪い。これはもうダメだ、と電源を落として、シャワーを浴びて、くーたんとちょっと遊んで、1時すぎに就寝。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2792kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α+424kcal/7386歩

2013年3月10日 (日曜日)

予想外の展開

 8時前起床。

 曇り。消耗して起きられなかった。

 キャベツを大量に食べると体重が少し減ってきたし便通もいい。やっぱりキャベツ・ダイエットは正解だなあ。脱稿したらきっちりキャベツ・ダイエットと歩きを再開しよう。

 厚焼きトーストとゆで卵、コーンフレークの朝食を食べて、仕事開始。

 

 なんとか午前中に「エピローグ」を書いてしまおうと頑張るが、疲れが溜まって、なかなか書けない。それでも頑張って最後の力を振り絞るようにして、書く。

 正午を回って、なんとか書き上がる。ちょっと自信なし。タイトルが決まったので、それに合わせるようなセリフを言わせてみたりして、「まとめ」感が強いかな、とか。

 午後は休憩して、夕方から推敲を開始しよう。相方からは第6章前半までのファイルが戻っているし。

 外に出て、ランチ。暑いほど。部屋の中より外の方が温かい。いや、暑いぞ。

 もしかすると先週も来たかもしれないラーメン屋。ここは不味いのが決定的だが、最終判断をするために、チャーハンと餃子を頼むが、やっぱり不味い。特にチャーハンは、ダメ。ぱらぱらじゃなくてもふっくら系ならおれは好きなのだが、ベタベタ系はダメでしょ。

 セブンイレブンでジュースやお菓子類を買って、帰宅。

 帰り道、空を見上げたら、夕立雲みたいなのがモクモクと迫ってきた。

 14時からのNHK-FM「きらクラ!」を聞く。途中、ウトウトしながら。至福の時間。くーたんも横に来て、ソファで寝転んで聞くのは最高だなあ。

 日曜の午後、って感じ。

 が、外を見ると、もの凄く煙っている。

 これって、「黄砂」?

 ウェザーニュースを見ると、関東南部は凄い黄砂、と出ているが……どうして日本海側は関東より軽いの?それが不思議だ。

 その「もくもく」は一気に広がって、ちょっと離れたビルも霞んでしまった。

 なんだこれは。

 ネットニュースを見たら、これは黄砂ではなく、「煙霧」なのだそうだ。強風で地表の埃が吹き上げられたものだと。日本でも黄砂みたいな現象が起きるのね。ネトウヨは「どうして黄砂を黄砂と言わないんだ」と息巻いてるバカもいたが……さすがにこれはネタか?

 放送の途中、相方から電話が入って、「エピローグ」について、提案。

 お菓子を食べながら聞く。

 あっという間に幸せな2時間が過ぎてしまった。

 起き出して、Macの前に座るが、疲れは全然抜けない。しかし不思議なもので、グダグダに疲れていても、脱稿すると途端に元気になるのだ。

 「エピローグ」を直す。なんとか上手く直せたと思う。

 夕食は、外に出るのも面倒だし、キャベツのペペロンチーノを作ろうかと思ったが、風が強くて換気扇が効かなそうなので止めて、レトルトご飯とレトルトカレーにする。

 セブンイレブンで買った「欧州カレー」辛い!

 で……WBCは対オランダ戦。キューバをボコボコに打ったチームだから、戦々恐々。

 かと思ったら、いきなり鳥谷が先頭打者ホームラン。

 幸先いいが、これが敵に火をつけてしまったかも……と思って裏番組をいろいろ見てチャンネルを戻したら、また点が入っているしオランダは0点のまま。日本はホームラン攻勢。え?あんなに打てなかったのに?

 

 推敲は15ページまでやって、中断。裏番組も見ないで、WBCをずっと見る。10-0までになった。この調子だと、7回コールドで勝てるんじゃないの?

 と思ったら、マエケンに代わった内海が打たれてしまった。リリーフした山口も打たれて4点。しかし、坂本が満塁ホームランを打って盛り返し、7回コールドで勝った!

 いや~凄い。

 が。ウラでNHKスペシャルをやっていたのを忘れていた。福島原発事故で、消防車から冷却水をせっかく給水したのに、そのほとんどが漏れてしまって役に立たなかった、と。しかも、その検証はどの事故調の報告書でも触れられていなくて、現在の安全対策にもまったく生かされていない、と。

 オランダ戦に勝った喜びに、完全に水を差された感じ。いや、冷水を浴びせられた、と言うべきか。

 続く教育テレビでは、政府事故調の元委員たちが集まって、報告書に盛り込めなかった問題点を指摘。ここでは大きな問題が提起された。

 こんな状態で、原発再稼働とか言ってるのかよ!

 NHKはとてもいい仕事をしている。息を吹き返しつつある「原子力村」の住人や、原発推進派の言うことが、いかに欺瞞に満ちているか、再認識。

 来週の金曜は、国会前デモに参加しなければ!

 今日は大きな反原発集会があった。仕事が終わっていれば参加したかった。しなければならなかった。

 23時を過ぎて、就寝。くーたんと遊ばなかったが、今夜はもう、ヘロヘロなのだ。許せ。

本日の体重:92.05キロ

本日の摂取カロリー: 2436kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト