« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »

2013年3月31日 - 2013年4月6日

2013年4月 6日 (土曜日)

寝室の模様替え大作戦

 8時起床。

 曇り。

 今日は悪天候になるらしい。

 最近、悪天候になるとダメ、猫は雨が降るとこんこんと眠る(狩りが出来ない雨天は体力を温存するため)のと同じ感じで、眠いと言うより「落ちてしまう」感じになってきた。以前はそんなことなくて、雨の方が集中出来たんだけどなあ。

 「悪漢刑事10/正義死すべし」の見本が届いた。本に添えて、 書店で使って貰うために、営業の方で作ってくれた大きなPOPが入っていた。

Pop

 「悪漢刑事」も10作目なので、ちょっと仕掛けますと言っていたが……。シリーズ部数はちょっと盛ってあるけど……。

 かなり嬉しい。書店巡りもしっかりやらねば。

 で。

 午前中は仕事をして、と思ったのだが、昨日ちょっとやりかけた寝室の大改造をやってしまわないと落ち着かない。

 だから、先にやってしまうことにする。

 その前に、ブランチ。トースト2枚にスクランブル・エッグ、ハム。

 雨が降ってくる前に、買い物。トポスでサラダやパンなど買う。と、インスタントラーメンの棚に、「エースコックのワンタンメン」があった!たまに入荷するらしい。あるときに買っておかないと。でも、たくさん買っても食べきれないので、3つ買う。

 帰宅して、力仕事、開始。

 処分する古い本棚というか大きなカラーボックスの中身を完全に出して、その並びにある文庫専用の本棚やカラーボックスなども部屋の外に出して、古い本棚を寝室から搬出。

 スペースが空いたので、ベッドを90度回転させて古い本棚があった場所に突っ込む形に置く。

 文庫専用の本棚を元に戻す。

 カラーボックスは既存の突っ張り本棚と押し入れの隙間に突っ込んで再利用。

 これをやったのだが、ベッドの下に堪っていた綿埃を掃除しながら、移動するモノの中に入っていたあれこれを整理しながらなので、一時はウチの床がガラクラで埋まってしまう状態に。

 汗をかきかき、やる。

 「MacPeople」付録の小冊子を取って置いたのだが、不要なモノは処分。その他、不要なアレコレも処分。

 なんとか家具を移動し終え、中身も移し替えて、ほぼ終了。

 すると、寝室が驚くほど広くなった。こんなに広くなって大丈夫か?と不安になるほど。まあ、その分、押し入れがゴチャゴチャしてしまったのだが。

 一応なんとかなったので、休憩。ホットドッグを作って食う。

 すっきりした寝室を眺めて、新しいレイアウトを再検討というか、検証。

 壁に棚をつけて、そこにスクラップ箱を並べるのは今回やらなかったが、今後はやらなくてはならないだろう。それと、もう1ユニット追加可能な文庫専用本棚を増設しよう。いや文庫より新書のユニットを増やすべきかも。

 早速注文しようとしたが、どっちがいいか、しばし考えることに。文庫や新書も、整理する必要があるし。

 まあしかし、マジに寝室が急に広くなって、自分でも驚く。これまでは本棚に囲まれていて、書庫に寝ているような気分だった。

 まあこれで完成ではなく、来週火曜日にIKEAから新しいベッドが届く。火曜の午前中に、今使っているベッドを解体しておかねばならない。で、IKEAのベッドを自分で組み立てて、寝室の改造は終了ということになる。

 これが終われば、この部屋も一応、落ち着く。

 スペースをびっちりと有効活用しまくる方法もあると思うが、無駄な空間とか余白がないと、住んでいて息苦しい。壁という壁になにか置いてあってモノが詰まっているのは、息が詰まる。だから、これくらいが一番心地いいんじゃないか。モノはもっと減らしたいくらいだ。

 で……夕食。

 ご飯を炊いて、キャベツを炒めて、昨日買った牛ヒレステーキの1枚を焼く。小さいが分厚いので、じっくり火を通してもミディアムレアに焼ける。

 買ってきたサラダとインスタントのポタージュと、ご飯で。美味い。

 テレビをつけると、TBSで「体育会系テレビ」をやっていたので、見る。これの趣向は、とんねるずがお正月特番でやってるヤツのパクリだよね。とは言いつつ、5対1で錦織に対決するテニスが見物。テニスが上手い杉村太蔵や石原良純が安定しているのは当然として、響・長友が傑出して頑張った。鉄壁のブロックとでも称すべき、ボレー!ナイス・ボレーの連発。

 錦織も最後には本気を出して、物凄い球を返す。これには絶対に手が出ない。あまりにも凄い球が来たら、文字通り、手も足も出ない。しかしテニスをやったこともなかった長友が、ここまで強くなるとは!

 その後の「ニュースキャスター」を見ていたら、失神するように寝てしまった。昼間の疲れか?いや、後から気象レーダーを見てみたら、丁度その時間、ウチの近辺はもの凄い豪雨だった。その間、眠り込んでいたのだ。

 「チューボーですよ!」で目が覚める。井川遥がどうしているんだ?と思ったら雨宮塔子だった。番組開始20周年!

 これもほとんど寝てしまった。

 ボンゴレって、おれ、作り方が逆だった。口が開いたアサリの中に茹でたスパゲティを投入していたのだが、真逆だったのね。

 0時を過ぎて、目を覚ますと、雨は峠を越えていた。

 このまま寝てしまいたかったが、汗をかいているので、シャワーを浴びる。

 で、ベッドに入ってしばらく、iPhoneでニュースを見たりして、2時就寝。

本日の体重:91.00キロ

本日の摂取カロリー:2058kcal

本日の消費カロリー:日常生活+406kcal

2013年4月 5日 (金曜日)

勘三郎は生きている

 7時起床。

 晴天。

 寝室の模様替えは明日明後日にやろう(最近は雨が降ると眠くなって、何故か仕事にならない。猫の本能が乗り移ったみたい)と思っていたのだが、気になるとやり出さないとすっきりしない。

 で、処分する予定の本棚の中身を出して、キネ旬の映画事典や「MacPeople」のバックナンバーはリビングの本棚の空きスペースに移動。「ねこの気持ち」は創刊号から揃っていたが、別に揃えることに意義があるわけじゃなし、猫の病気などに関する号以外は処分して、スペースを空ける。

 その合間に、ホットドッグを1つ作って食べる。

 

 こうなると、本棚にある「不要な雑誌類」を処分したくなる。見てみたら……もう10年くらい挿しっぱなしだった雑誌やエロ本が続々と見つかる。大切にとっておいたビニ本や裏本は処分。グラドルの写真集なども処分。

 キッチンのテーブルに積んであったクレカの会誌や松竹歌舞伎会の会誌、スカパーの会誌なども中身を確認して処分。

 快楽亭が渋谷区長選挙に出馬するかどうか迷っていたときに作ったポスター(メイクと修正の具合で快楽亭が菊人形みたいに写っている)のコピーとかも出てきたが、本物のポスターなら保存するけど画質の悪いコピーだったので、処分。

 その他いろいろ、処分。

 確定申告の帳簿とか、スクラップ帳とかをどうするか、思案。壁に取り付ける棚を採用しようかと思ったが、壁がゴテゴテすると圧迫感も出て来るので、今の段階では我慢しよう。本棚の隙間に捩じ込むカラーボックスの中に入れればいいや、と。

 あれこれやっているうちに昼になってしまった。

 汗もかいたのでシャワーを浴びる。

 昼は相方と、南千住の「くら寿司」へ。一気に結構食べてしまった。20皿くらい。しかし、くら寿司は寿司そのものよりも「カルビ」とかの肉系や天ぷら系の方が美味いぞ。魚系は魚の味が薄いのをいろいろとごまかしている。まあ、安さ爆発のくら寿司に、味の文句をつけちゃいけないのだろう。

 食べながら、徳間用のプロットを検討。

 食後、ダイソーに寄ったりして、おれは北千住の東急ハンズに行って、カラーボックスの足にするゴム片を買ったり、上の階のノジマで電源タップを買ったりして、帰宅。

 暑い。

 Tシャツ1枚になって自転車を漕ぐ。180kcalくらい消費したぞ。

 帰宅して、くーたんと一緒にソファに寝転がったら、そのまま寝てしまった。目が覚めたら19時。

 そのままNHKのニュースを見ていると……あれ?今日はなんか見るべき番組があったよな、と気掛かりになってチャンネルを変えると、フジテレビで「歌舞伎座開場SP」と銘打った勘三郎特番。

 アタマ30分が見られなかった。

 しかし、元気だった頃の勘三郎の映像はたくさん残っていて、それを見ると、この人がもうこの世にいない、と言うことが信じられない。というか、受け入れたくない。

 自分の番組を持っていたり、いろんな番組にゲストで出て喋りまくっていたし、これほど愛嬌があってお高くとまらず、しかし芸はしっかりしていて誰にも文句を言わせない歌舞伎役者は、他にいるか?

 ラストは赤坂歌舞伎の模様。TBSの劇場だから、ここはスルーするのかと思ったが、中村屋のドキュメントなんだから、避けて通れない。

 涙涙で見終わる。

 勘三郎が抜けてしまった形になった公演で、仁左衛門や玉三郎が指導に駆けつけて、熱心に教えていた光景も心に残ったが、やはり一番だったのが、野田秀樹との対談。「研辰の討たれ」の初日の緊張と恐怖の思い出が、ドシーンと来る。歌舞伎座でやっていいのかと思いつつ、「もうどうなってもいい!」と幕が開いたら、どかんどかんと客席が沸いてという話は、こんな経験をしたら芝居を、歌舞伎を、新作歌舞伎を止められなくなるだろうな、と思った。大きな勝負を仕掛けて、それに勝ったわけだから。新作もどんどん作っていかなければならないという思いが実を結んだわけだから。

 舞台は見ているが直に話をしたこともない「有名人」の死が、これほどまでに悲しいというのは、他にはないことだ。ただファンだから、ということだけでは説明がつかない。

 しみじみと、悲しい。

 21時になってしまった。

 くーたんに晩ご飯を出し、テメエの晩飯も。昼の寿司がまだ腹に残っているが……。外出。

 夜になってもまだ暑くて、Tシャツ1枚のまま。

 トポスで弁当を買おうと思ったが、急にカレーが食いたくなったので、弁当は戻す。

 「りんりん」でカレーを食おうと思ったが、もう閉店していたので、「すき家」でカレー。

 帰宅して、風呂に入って、「タモリ倶楽部」。役に立たない機械選手権。なかなか面白い。

 「ぷっすま」を途中まで見て、1時就寝。

本日の体重:90.85キロ

本日の摂取カロリー:2066kcal

本日の消費カロリー:日常生活+180kcal

2013年4月 4日 (木曜日)

1日休養

 8時起床。

 快晴。

 2日分の日記を書く。結構時間がかかって、午前中は潰れてしまった。とは言え、その間、洗濯を同時進行。

 郵便物を出しに行くついでに、郵便局の近くにあるお総菜屋で豚ロースの生姜焼き弁当を買い、部屋に戻って食べる。美味い。やっぱり生姜焼きはロースだと思う。

 自転車で、お稲荷さんに挨拶に行く。旅行が無事終了したことと、天気を何とか保たせてくれたお礼。

 外は部屋の中より暑い!ブルゾンを着ていると汗が出るのでTシャツ1枚になる。

 午後は、溜まった新聞を読む。

 来週、IKEAで買ったベッドが来るので、それまでに寝室の模様替えをしておかねばならない。

 古い古い大きなカラーボックスを捨てるが、その中身をどこにしまおうか、考える。

 そうなると、押し入れに入れてあるものをもう一度整理して、思い切って捨ててしまおうかと考えたり。

 段ボールなんて、次の引っ越しまで開けないに決まっている。そんなものを大事に取っておく必要があるのか?

 いや、引っ越してきて相方の協力の下、大整理をした末に残したモノなのだから、それなりに価値があるはず。う~ん。

 では、トランクルームを借りて、そこに入れて押し入れのスペースを空けて、活用するか?

 ということで、トランクルームをちょっと調べてみる。

 コンテナハウスはダメ。炎天下に曝されて、コンテナの中は灼熱状態のはず。絶対に中身は劣化する。よくまあ火事にならないものだと思うが。

 なので、屋内保管のトランクルームを調べてみると……高い。1ヵ月1万もする。それじゃあねえ。

 うんと遠くの前橋とかなら少しは安くなるが……日常使わないものだから、関東にあればまあ、いいとは言え。

 もう少し研究してみよう。

 夕食は、急にラーメンと餃子が食べたくなったので、外に出る。どこに行こうか迷ったが、日光街道沿いの、安くて有名な「りんりん」に行く。ラーメン300円、餃子200円。

 先にラーメンが出てきたので食べていると、餃子が来るまでに終わってしまった。仕方がないのでライスを追加。150円。

 ここは、安いのが取り柄で、餃子を食った満足感はないねえ。

 並びのスーパー「おっ母さん」で買い物。ここはヤマザキパンの種類が豊富。他所のスーパーでは見た事のないパンが並んでいた。

 帰宅して、古い大きなカラーボックスを粗大ゴミに出す。その申し込みをしたら、来週の土曜日になった。それまでどうするかなあ。

 

 21時のニュースを見る。今日の日銀総裁の発表で円安株高がいっそう進んで経済界はウハウハの様子。予想を超えるかなり大胆な発表で、市場には驚きが広がったと。

 10年以上、デフレをどうにも出来なかったのだから、市場を驚かすような大胆な政策は必要なんだとは思うが……今までやらなかったことだから、大丈夫なんだろうか、という不安もある。というか、日銀総裁の発表の中身がよく理解できないけれど。

 まあ、低空飛行作家としては、デフレの方が生活しやすかったんだけどねえ……。インフレ基調になって物価が上がっても、それに伴って本が売れて収入が増える保証はまったくないんだし。

 景気が良くなったら、みんな外に出て本なんかいっそう読まなくなるんじゃないかと思ったりするし……悲観的すぎますかね?

 NHK「仕事ハッケン伝」を何となく見る。グラドルの吉木りさがはとバスのコース企画をする。

 バカっぽいキャラで喋り方もふわふわでブリッコ系の声だから、と思っていると大違い。きちんと敬語が使えてパソコンも使えて交渉も出来る。編集でカットされた部分も多いとは思うが、自分で立てたコースを下見して当日も添乗してお客のケアをしたのは本当。彼女は小さい頃から民謡を歌っていたので、そういう礼儀作法はきちんと身についているのだろう。

 グラドルでも、こういうきちんとした賢い人はいるのだ。いや、芸能界で生き残るのは大変だから、みんな基本的に賢くて、バカを装っているのだとは思うけど。

 ラストは感動しちゃったぜ。

 押し入れの段ボール、気になりだしたら凄く気になってきた。しかし……また中身を確認して出したり仕舞ったりする手間を考えると、もういいやと思ったり。キネ旬の映画作品事典も、以前は毎日のように紐解いていたけど、今はネットで調べる方が早いから、埃を被っているだけだしなあ……。

 と、考えていると、くーたんが猫トイレからモーレツな勢いで飛び出してきたかと思うと、床にお尻を擦りつける態勢でズズズズズとベッドの脇を進んできた。

 たぶん、ウンコのフン切れが悪くてお尻から上手く分離しないのを恐怖に感じてトイレから飛び出して……ということだろうと思ったらその通りだった。

 ベッド脇に転がっていたアレを回収して、床を掃除する。

 くーたんは、なんか言い訳するように鳴いていたが、もちろん、怒らない。怒る理由もないし。

 なんだかんだで1時になってしまったので、寝る。

本日の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:1988kcal

本日の消費カロリー:日常生活+333kcal/5598歩

2013年4月 3日 (水曜日)

飛鳥のサイクリングはハードだった!

 6時起床。

 曇り。夜のうちに雨は降ってしまったようだ。

 風呂に入って店じまい。

 7時30分にメインダイニングが開くのに合わせて、行く。

 窓からは興福寺の五重塔が見えるが、窓際には案内されず。たぶん、高い部屋に泊まったお客が優先されるのだろう。

 洋朝食を頼む。英国式だがニシンとかは出て来ない。トーストはスタンドに立てて。こうすると焼きたてのぱりぱり感が失われない。

 コーンフレークにベーコンとスクランブル・エッグ。いつも食べているようなものばかり頼んだが、ベーコンの味は濃い。その辺で売ってる安いベーコンとは違う。

 食後、ティーラウンジでコーヒーを飲み、中庭に出てちょっと歩いてみる。

 このホテルは奈良公園に面している。というか、元は興福寺の別館のような場所に建てられたらしい。

 10時前にチェックアウトして、近鉄奈良。

 奈良から飛鳥に行くには2度も乗り換えないといけない。

 普通の急行とかで行こうと思ったが、時間を調べると、特急を利用しないと無駄になってしまう。上手く仕組んだな、近鉄。

 500円の特急券を買って、大和西大寺で乗り換えて、橿原神宮でも乗り換える。

 この橿原神宮の駅が酷な作りで、エスカレーターがないぞ!しかも3分の乗り換え時間だと、ギリギリ。

 重い荷物を抱えて、やっとこさ乗り換える。

 乗り換えたのはこれも特急だったが、2駅。特急券を買わずに乗ってしまったが、車内検札がなかったので、そのまま。

 10時50分、飛鳥着。駅のコインロッカーに荷物を入れて、駅前のレンタサイクルで自転車を借りる。

 「亀石」まではずっと上り道だというので、電動自転車を借りる。おれはまあナントカなるかなと思ったが、ずーっと上り道だと言われると、自信が揺らぐ。

 走り出して、さっそく案内コースから外れて、景色のいい田圃道を走る。方向的にはキトラ古墳方面。まるで方向違いだが、気持ちがいいのでしばらく走る。

Dscf1049

 が、橿原神宮方向にずいぶん来てしまったので、やっぱり幾つかポイントは見ておきたいので、後戻り。

 電動自転車は、漕ぐとターボが入った感じになってぐいーんと加速する感じ。こりゃ楽だわい。

 相方を置いてスイスイ走ってしまった。で、要所要所で相方が来るのを待つ。

 高松塚古墳を周るが、見ないで走る。

 

 で……。亀石近くの交差点にある大きな観光案内板の前で待っても待っても相方が姿を現さない。おかしいなと思って探しに戻りかけたところに、iPhoneに電話が。

 相方は「亀石」のすぐ近くで待っていると。

 慌てて「亀石」に行くと、相方はリタイア宣言。坂道がきつかったようだ。

 自転車をここに置いてタクシーを使って「石舞台」だけでも見て、もう帰ろうと。

 しかし、今回の旅は、この飛鳥サイクリングが目的だった(昨日の奈良公園はオマケ)のだし、上り坂はここで終わって、あとは平坦で、帰り道は下りになるんだから、続けようよと説得。これではオアシスを目前にして倒れてしまうようなものだ。

 しかし、汗が冷えてきて寒いというので、それも良くないので、近くの店に入って、予定より早くランチにする。

 幸い、少し走ったところに「歩楽都」(ふらっと)というカフェがあったので、入る。

 ここでスパゲティとガーリックトーストを食べ、温かいコーヒーとケーキを食べて元気を回復。

 たしかに、上り坂で汗をかくが、風は冷たい。曇りで陽が射さない分、寒いし、風がある。

 

 とりあえず、「石舞台」には行こうと、再出発。 ちなみに「亀石」は、説明がないと、ただのデカイ石にしか見えなかった。

 途中で、相方の電動自転車を、おれが乗っているのと交換。

 相方が乗っていたのを漕いでみて、判った。

 まるで「電動」が作動しない。バッテリーが点滅して、異常を知らせている。バッテリーを装着し直しても、まったく「電動」は効かない。

 つまり、相方は、普通の自転車(よりバッテリーの分が重い)をえんえんと押して登ってきたのだ。

 それを知って、急に悪いことをした!と大反省。電動自転車が不良だったのはおれのせいではないが、もっと早く自転車を交換するとか、もっと心配してケアするべきだったのに。

 これは、相方にとても悪いことをしてしまった。

 電動が効かない電動自転車は、重い。しばらく走って、凄く疲れてくるのを実感。相方はよく頑張った、と思う。

 自転車を交換して、相方はスイスイ走るようになった。おれもまあ、この辺はほとんど平坦だから、特に苦にならず。

 山間の、小川のせせらぎを聞きながら、走る。

 天気が良ければ、最高のサイクリングだったろうなあ。桜もあちこちに咲いているし。

 今回は奈良の桜の満開には最高のタイミングだった。

Dscf1051

Dscf1052

 聖徳太子生誕の場を経由して、すぐに「石舞台」に到着。

 ときおり陽が射してくるようになった。

 陽が射すと、一気に温かくなる。

Dscf1053

Dscf1055

Dscf1056_2

Dscf1057

Dscf1058

Dscf1062

Dscf1063

 しかし飛鳥って、どうしてこんな山間に都を作ったんだろう?

 石舞台は凄いものだった。巨石文化って、世界共通の、人類の本能みたいなモノだったのか?

 石舞台は有力な観光スポットなので、カフェやレストランが数軒ある。しかし腹は減っていない。

 14時を回ったので、温かい缶紅茶を飲んで、飛鳥駅に引き返す。

 帰りは別ルートをとって、「鬼の雪隠・鬼の俎板」を見る。「鬼の俎板」はどこにあるか判らず、「雪隠」だけ見る。

 見ていると、若者の集団が自転車を漕いで坂道を登ってきたぞ。若いって素晴らしいね!野蛮だけど。

 この当時の「鬼」って、実はコーカソイドというか白人種だったんじゃないかという説がある。

 で、めでたく飛鳥駅に帰着。

 晴れてきた。ちょっとタイミングが遅かったけど、最初は今日も雨模様だったので、お稲荷さんにお願いして、願いは叶えて貰えたのだ。

 で、自転車を返す時に、レンタサイクル屋のおばさんにクレームをつける。バッテリーが異常な点滅をしているのを見て、おばさんは普通と電動の差額を返してくれた。「調子が悪かったら途中で電話してくれたら良かったのに」と言われたが、電話したらレスキューしに来てくれたと言うことだろうか?

 

 駅前の物産館のようなところで奈良漬けなどを買い、帰りの電車を待つ。

 帰りの電車はJTBで取って貰ったので、橿原神宮までの特急券もきちんと買ってある。

 で、乗り換えて、京都まで。

 ぐったり。

 車内で「柿の葉寿司」を食べる。谷崎潤一郎が絶賛したらしいが、おれには「ふ~ん」という感じ。店によって味は違うんだろうけど。

 京都では1時間とってあるので、駅ビルの何処かできちんと夕食を食べる……つもりだったが、疲れ果てたし荷物も重いので、店を探して歩き回る元気がない。

 近鉄京都駅を出て、左側のエスカレーターに乗って上がったところの和食の店に入る。丼物やうどんもあるので。

 ここでおれは親子丼にミニうどん付きを食べる。

 疲れていて、やっと食べた、という感じ。

 本来の予定では、ビールでも飲んで、ゆっくりするつもりだったのに。

 で、時間が来たのでJR京都駅へ。

 プラットフォームで待つことしばし。

 のぞみに乗り込むと、ぐったり。しばらくは起きていたが、途中で爆睡。

 なんか、行きより帰りの方が新幹線のスピードが速いような気がする。なんで?

 20時過ぎに東京着。

 とにかく荷物が重い。今回は気功が判らなかったので衣類が多かったし、観光パンフなども堪ったからなあ……。

 日暮里で相方と別れて、おれは常磐線で北千住。

 駅からタクシーで、帰宅。

 くーたんがお出迎えしてくれた。なんか帰りを待ちわびていた感じ。

 ちょっと遊んで、風呂に入る。サイクリングで汗をかいたし、新幹線も車内が暑かったし。

 風呂から上がって、くーたんと遊ぶ。くーたんが飽きるまでネズミのオモチャを投げて遊ぶ。

 ニュースを見ると、今日の東京方面は暴風雨で大変だったみたいだ。

 が、眠くてもうダメ。

 0時前に、寝る。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2000kcalくらい

本日の消費カロリー:812kcal(サイクリング)+488kcal/8023歩

2013年4月 2日 (火曜日)

奈良旅行1日目

 6時起床。

 雨。

 昨日のうちに準備しておいたボストンバッグに、睡眠時無呼吸症のマシンとるるぶなどを入れて、支度完了。しかし、奈良の気温がよく判らないので、薄めのブルゾンも突っ込む。

 

 くーたんの世話をして出かけようとしたが、雨。駅まで自転車というのは断念するが、荷物が重いので、歩くのもシンドイ。iPhoneのアプリを使って8時20分にタクシーを予約しようとしたが、撥ねられてしまった。タクシーの配車センターに電話しようとしても、どこもみんな話し中。

 歩いて行く覚悟を決めつつ、再度アプリで「即配車」で申し込んでみると、即、配車が完了。そうか、予約はダメでも即配車ならいいのね。

 が、エレベータに乗っていると配車センターから電話。車の到着時間が遅れると。それはまあ想定済みだけど、行き届いている。というか神経質。やかましい客が多いからかもしれないが。

 数分後にタクシーが到着したので、まず、お稲荷さんに「天気を良くしてくださいの最後のお願い」に行く。

 そのあと、時間潰しにMacに入ってソーセージエッグマフィンをたべて、駅。

 相方も早く来て、合流。

 予定より早い電車に乗って、東京駅。

 グランスタで弁当を買って、のぞみに乗り込む。

 弁当を食っていたら、あっという間に京都。

 近鉄特急に乗り換えて、近鉄奈良。

 旅行としては順調だが、懸念材料は、天候。どの予報を見ても、奈良北部の今日の天気は、雨。

 本当ならば、荷物をホテルに預けてから、奈良公園を散策したかった。出来ればタクシーを使って若草山に登りたい(歩いて登るのはしんどそう)。

 雨の中、傘を差して歩き回るのもなあ……。

 ということで、観光バスを予約。近鉄奈良13時20分出発。東京駅から電話をして、当日予約。

 

 関西は、東京と違ってバリアフリーが遅れている印象。特に奈良はエスカレーターもエレベーターも少ない。

 で、13時5分に奈良について、急いで観光バスのターミナルへ。荷物が重い。

 

 まあ、問題なく間に合って、バスのトランクに荷物を入れて、出発!

 雨はまだ降ってこないが、こうなったら、予定通り降れ!と思う。


 東大寺、春日大社、興福寺(国宝館)を廻る。

 東大寺では大仏と再会。小学校の修学旅行以来だから、42年ぶりか。

 境内は桜が満開。東京の方が開花は早かったのね。

Dscf0987

Dscf0989

Dscf0990

Dscf0992

Dscf0993

Dscf1001

Dscf1002

Dscf1009

 桜に、鹿。鹿せんべいを買うと、途端に鹿が寄ってきて、激しくねだられる。小学生の時は噛まれそうになって怖かったのを思い出した。

 大仏や金剛力士像もいいけれど、やっぱり鹿。鹿に鹿せんべいや麩をやりまくる。


 しかし東大寺周辺の鹿は毛並みが悪い。けっこう獰猛だし。離れたところにぽつんと居る大人しそうな鹿にあげようとするのだが、活発な鹿の猛追に遭って、所期の目的は果たせず。

 東大寺で恐る恐るおみくじを引くと、大吉!良かった!

Omikuji

 春日大社は、雅の一言。芸事の神様を奉るところにお参りしたり。

 この辺で雨が降ってきた。

Dscf1013_2

Dscf1024

Dscf1026

 興福寺の国宝館は、鎌倉彫刻に感嘆。金剛力士像の躍動感、阿修羅像の微妙な表情など、素晴らしい。本当に、凄い。

 若草山に向かうハイウェイはかなり遠回りをして、えんえん登る。こんなに大変なの?足で登ると10分ほど、と書いてあったが、バスだと15分くらいかかった。

Dscf1032

Dscf1033

Dscf1034

 山頂では、完全な雨。

 でも、山頂に来ることが出来て、良かった。

 雨に霞む、奈良の街を一望。

 17時40分頃、奈良駅前に帰着。

 かなりくたびれた。1万歩は歩いた。なんせ東大寺も春日大社も広い!日本はチマチマしているというのは嘘だ。昔の建築物は気宇壮大に作って、中国に舐められないように突っ張った、ということか?

 興福寺国宝館もかなり広いし。

 タクシーで今夜の宿泊先の「奈良ホテル」に行って部屋に入って休憩してから街に繰り出そうと思っていたが、雨。ならまちをのんびりブラブラして、「鹿男あをによし」の特典映像で紹介されていた居酒屋に行こうと思っていたのだが、この際、駅前のアーケード商店街の中にある店で食事を済ませてホテルに行こうと予定変更。

 しかし、荷物が重い。この前熱海に行ったときはもっと軽かった……いや、あの時はリュックだったから多少はラクだっただけか。

 アーケード街をブラブラして、「ぐるなび推薦!」という店に入る。

 おれはあんまり「ぐるなび」の評価は当てにしていないが、この「やまと庵」は美味かった!

 何を食っても美味い。特に、マグロとアボガドをわさび醬油であえたモノは絶品。キノコのバター醬油炒めやとり天、ステーキ薄切り、大和肉鶏の黒胡椒焼きなど、忘れたものもあるけど、美味かった。ミカン酒も美味かったぞ!

 〆は焼きおにぎりのお茶漬けにしたが、これはマアマアだった。

 夜食を買って、駅に戻ってタクシーで奈良ホテル。

 奈良の迎賓館と呼ばれて皇室御用達のこのクラシックホテルには泊まってみたかった。おれはクラシックホテルが好き。

 とは言え、居住性を考えると新館の方がなにかと快適だろうと思って、部屋は新館。

 部屋に案内してくれた人にチップを渡すべきだったか?

 疲れてぐったりしたけれど、館内探検に出発。

 パンフにあるティーラウンジが見当たらないが、夜になるとティーラウンジがバーに変身するのね。

 世が世なら軍の将官や華族様とか大金持ちしか座れなかったであろうラウンジのソファに座ってみたりして、往時を偲ぶ。おれたちは、隣のサンルートがお似合いだったカモ。しかし、我々のような客も多くて、盛んに写真を撮りまくっていた。

Dscf1040

Dscf1041

Dscf1042

Dscf1045


 部屋に帰ってゆっくり風呂に入り、23時ごろに就寝。

 外は雨が降り続いている。

本日の体重:91.05キロ

本日の摂取カロリー:2500kcal以上であろうと思われる

本日の消費カロリー:738kcal/12441歩

2013年4月 1日 (月曜日)

今年も嘘はつけませんでした

 8時ごろ起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませてから、足立税務署に電話。確定申告の還付金がまだ戻ってこない。例年ならとっくに戻ってきているはずなのに。

 4月4日には、という返事。今年はどうして遅いのかと聞いたら「人手が足りなくて……」と。税務署のリストラが進んだとか?

 光文社T氏からの新作章割りの返事が来ないので、徳間文庫の新作の章割りを考える。一昨日、湯河原で閃いたのだが、昨日は引っ込んでしまった。なんだか便秘みたいな感じ。

 昼前に外出。銀行に寄って500円玉貯金をし、記帳。

 東口に廻って、行きつけのペット用品店に行ったら「午後から営業します」という張り紙。出直しか~。

 朝、トーストとゆで卵を食べたが、12時過ぎに腹が減ったので昼食。「武蔵屋」でネギラーメンと餃子。サービスのライスもついつい食べてしまう。

 

 北千住東口は、電機大が出来て、ゆっくりと学生街に変貌しつつある。変化の速度が遅いのは、さすが東口。ジジババがシャッターを閉めた店のオーナーだから、条件で揉めてるんだろう。どうせシャッターを閉めたままなんだから、安めの金で店を貸してやれよ。いや、所有者が死んでしまってどうしようもないのかもしれないが。

 で、おれが切望していた定食屋が開店していた。夜は酒も出すようだ。北千住には夜、焼き魚定食とかを食わせてくれる店が少ないから、ここには通うことになるかも。

 帰宅して、ずっとMacの前に座って、章割りを練るが、落ちてしまった。

 ソファに寝転がると、1時間ほど爆睡。

 このままずっと寝ていたかったが、19時過ぎに起き出して、夕食。残っていたスパムとキャベツの炒め物を作って食う。

 ミクシィに、エイプリルフールを嫌っている人が多いらしいという記事が。

 嘘をつく事自体が嫌いだという人が多いけど、エイプリルフールは、ジョークになるたわいない嘘をつくわけで、ギャグのセンスが問われるんだけどな。「嘘をつくのが嫌い」という人は、日常で絶対、嘘をつかないの?ホントかね?

 で、「外国の習慣だからイヤ」という人も多い。じゃあアンタらはクリスマスもバレンタインデーもハロウィンも絶対にやらないんだな?これまたホントかね?

 おれは、エイプリルフールのネタを楽しみにしている。以前、アスキーは1冊全部嘘の月刊アスキー増刊号を出していて、それが実に面白かった。10秒くらい考えて嘘のジョークだと判る感じの、センスある嘘をつくのは、難しい。

 今年は、Googleが「YouTubeを廃止する」という嘘を放ったらしい。

 で、おれは、嘘をつくこともなく、夜になった。

 このまま寝てしまっては、ここ数日が完全に無駄になってしまう。いかん、いかんぞ。

 脚本の世界では、仕事中毒のような仕事の虫の人がもの凄い仕事をしている場合が多い。日曜の「情熱大陸」で見た古沢良太も三谷幸喜も、そして故Nも、仕事中毒みたいに、仕事がとにかく好きだ(った)。締切を守らない武勇伝が有名な早坂曉や山崎忠昭も、遊び呆けて締切を守らなかったのではない。苦吟の末に自分が許せるレベルに達するアイディアが浮かばないから、締切が遅れてしまう。つまり彼らも四六時中、仕事のことばかり考えていて机に向かっているのだ。市川さんもそうだった。麻雀が大好きだったが、映画のスタッフと雀卓を囲んで、麻雀をやりながら映画の企画を練っていたんだろう。麻雀以外は無趣味(文房具を買うことや海外ミステリーを読むのも趣味だったが)だったと言っても間違いなかったし。

 まあ、おれもMacに向かってはいるんだけど、浮かばないときは浮かばないもんなあ。

 が。

 風呂に入ったりトイレに入ったりしていると、なんだか思考の断片が繋がってきた。

 なんとかなりそうな気がしてきて、書き出してみる。

 こういう時に限って、くーたんが遊べとうるさい。もの凄く可愛いポーズで遊んでくれと言うので、これはもう、無視できないでしょ。

 遊んでやりつつ、仕事。

 0時を過ぎて、まあ、なんとか形になったので、プリントアウト。明日、相方に見せて意見を聞こう。

 ということで、0時すぎ就寝。

本日の体重:90.50キロ

本日の摂取カロリー:2623kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年3月31日 (日曜日)

ラジオとテレビざんまいの1日

 8時起床。

 もっと寝ていたかったが、1日のリズムが狂うので、起きる。

 小雨。

 朝のモロモロをやり、朝飯のトーストとゆで卵を食べ、昨日の日記を書いたら、もう昼。

 ちょっと外出して、お稲荷さんにお天気を良くしてくれるようお願いをしに行き、コンビニで弁当を買って帰宅。

 14時からのNHK-FM「きらクラ!」を聞きながら食べる。のり弁にしたのに800kcalを越えてしまった。やっぱり揚げ物が入っていると辛いなあ。

 それにしても、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」はやっぱり名曲だ。

 「きらクラ!」を聞きつつ仕事を始めるが、進まず。

 16時になり、ネットラジオを切って仕事に集中するが、考えがまとまらず。

 奈良旅行に備えて、「鹿男あをによし」の特典映像をガイドブックを見ながらもう一度チェック。

 チェックついでに、昨日整備したMacBookPro17を起動させて、本当にきちんと作動するのかチェック。無事、作動。

 HPのサイトを見ると、最新のスキャナー兼用機には」「HP SCAN3」という最新OCRソフトがついてくるのね。OCRソフト単体で買うより、プリンターを買った方が安くつく、というパラドックス。おかしいだろ、これ。

 

 あっという間に、夜。

 夕食は、コンビニで買ってきた麻婆豆腐にご飯。

 まったく生産的なことをしなかった、で1日が終わるのは良くないと思って、今月分の税金関係の書類を整理して税理士の先生に送る準備をする。

 それをやっていると、NHKで作曲家・佐村河内守に関するドキュメンタリーが始まった。純然たる交響曲の新作が日本のCDヒットチャートのトップになるというのは異例も異例。最近、佐村河内守の名前はよく聞くようになっていたが、その作品も人もまったく知らなかった。

 いわゆる調性のある大シンフォニー。弦が厚くて、重い。

 そして……重い聴覚障害を負っている。ただ耳が聞こえないのではない。痛みを伴った爆音が頭の中で鳴り響く。

 作曲に関しては独学で、音楽大学には行っていない。調べてみると、これまで苛烈な人生を送ってきたらしい。

 現代の日本にも、こんな人がいるんだ、という驚き。天才ゆえの破天荒な人生の選択。食うために肉体労働をしていたクラシックの作曲家って、古今東西、いたことがあったか?

 

 「情熱大陸」は、脚本家・古沢良太を追う。意外に狭い仕事場に閉じ籠って苦吟している様子を克明に捉えている。あれだけの優れた脚本をスラスラと書いているとは思っていなかったが……。

 「相棒」と「リーガル・ハイ」、そして「キサラギ」の仕事だけでも今トップを走る脚本家だということはハッキリしている。

 くるくる変わる展開に力のあるセリフ。脚本として最強だろう。

 ちょっとイヤらしいけど、経済のことを考えてしまった。脚本家として売れる前に結婚して、「相棒」が好調でレギュラー・ライターに定着したあたりで家を建てたのね。堅実だなあ。

 今夜は、天才二人の、とても対照的な生き方を見せて貰った感じ。

 「アシタスイッチ」は今夜が最後。「過去の名言集」だが、山本寛斎/伊勢谷友介の対談がやっぱり一番面白い。結婚・離婚を繰り返した父親に反発して対照的な生き方をした(んだろう)山本寛斎と、父の血が騒いでいる(と兄には見える)伊勢谷友介。その恋愛観はアレコレ理屈をつけても父親の影響が強烈にあるんだなあと。

 ある程度大きくなるまで存在も知らなかった異母兄弟、という関係はおれにもあるが、これはなかなか微妙なものがある。まるで無関係なようで、しかしやっぱり「血の繋がり」を意識させられるところが不意に出てきたりして。

 で、番組としては、最後の最後で「テレビ的名言を言おうとする出演者へのちょっぴり皮肉」を徳井が飛ばして〆た。これはなかなか秀逸。「テレビ的名言」を意識していなかった出演者も居たが、意識していた人もいたに違いない。人間、そうそう「名言」なんて吐けない。いかに各界で活躍している「旬の人」であっても。

 ラジオとテレビざんまいの1日だった。

 なんだかんだで、1時就寝。

本日の体重:91.30キロ

本日の摂取カロリー:2143kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト