« 2013年6月2日 - 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »

2013年6月9日 - 2013年6月15日

2013年6月15日 (土曜日)

偕楽園で汗だくだく

 7時30分起床。

 曇り。

 今日は所用で水戸に行く。新しくなった「スーパーひたち」にも乗りたいし。

 朝のモロモロを手早く済ませて、9時過ぎに出発。

 上野で駅弁を買い、スーパーひたち15号に乗り込む。

 発車そうそう駅弁を食べる。上野限定の「上野弁当」という名の幕の内。おれは幕の内弁当が一番好き。凝った弁当だとハズレもあるが、幕の内でハズレる事はほぼ、ない。

 スーパーひたちの乗り心地は抜群。在来線特急の中でも上位に来るんじゃないか?揺れないし、静か。座席のアームレストのところにACコンセントもある。いや~知らなかった。車内で仕事が出来るねえ。

 水戸について所用を済ませ、せっかくだから偕楽園に行ってみる。人生初の偕楽園。

 バスに乗らず、歩く。が、すぐに後悔。

 暑い!というか湿気が凄い!歩き出してすぐに汗が噴き出してくる。ポロシャツがぐっしょり。

 しかし……千波湖は、素晴らしい。街中にこんな素晴らしい自然のある水戸って、良い街だなあ!

Img_1123

Img_1127

 いじめられないから人間を恐れないアヒルたちが道ばたで一休みしていて、そのすぐ脇をジョギングの人とか車椅子の人が通り過ぎる。なんとも素晴らしい光景。

 偕楽園の隣にある常磐神社にお参り。ここはパワースポットと言う人がいるけど、明治7年に出来た新しい神社なんだけど……。

Img_1129

 おみくじを引いたら、またも「大吉」!これで去年の夏から大吉しか出ないという不敗神話を更新。いやいや、これで運を使ってるんじゃなきゃいいけど……。

Photo


 レストハウスでそばでも食べようと思ったが、「梅うどん」というのがあったので、せっかくだから食べてみる。

 梅を練り込んだうどん。そのうどんの上に梅干しの果肉がトッピング。つゆには納豆が添えられていた。

Img_1132

 ちょっとだけ食べてみたけど……やっぱりおれは、納豆がダメ。苦いんだもん。

 その後、歩いて水戸駅まで戻ろうかと思ったが、せっかくここまで来て偕楽園を散策しないのも惜しい。

 梅の季節ではないけど、園内を歩く。

Img_1133

 と……。

 素晴らしい。実に素晴らしい。

 小高い丘になっているので、千波湖を見下ろせるし、広大な偕楽園を見渡せる。ゴルフ場かと思ったら、全部偕楽園なのね!

Img_1134

Img_1135

 なんたる贅沢!徳川斉昭公が作った偕楽園を今もきちんと守り続けていることにも感動。あ、元々は11ヘクタールだったのが、後年整備されて300ヘクタール(千波湖含む)にまで拡張されたのね。市街公園としてはニューヨークのセントラルパークに次いで広いらしい。

Img_1137

 いやしかし、素晴らしい。また来たい。

 レストハウスで相方に「梅しそ饅頭」と梅昆布茶をお土産に買う。

 

 水戸駅までバスに乗る。

 新人研修の運転手の横に指導員が居て、実に細かく「指導」していた。おれなら嫌になるくらい。

 中学生の女の子がバス停に向かって必死で走っていたので「ちょっと速度落として乗せて上げて」と、指導員。いい光景ですな。

 で、13時27分の「スーパーひたち38号」に乗る。普通電車で帰ってきてもよかったんだけど……所要時間も30分くらいしか違わないし……でもまあ、そうそう常磐線の特急に乗る機会もないし。

 帰りも駅弁を買う。またしても幕の内。

 食後、資料本を読んでいたが、柏を過ぎる頃に寝てしまった。目が覚めたら北千住を通過中。

 上野で降りて、北千住に引き返す。

 帰宅したら、へとへと。久々に1万歩歩いたし。

 すぐシャワーを浴びる。

 仕事しようと思ったが、ヘロヘロなので、休憩。

 夜、相方と会って食事。久々に「鶴亀飯店」へ。隣に座ったじじいがやたらにおれたちをじろじろ見ていたなあ。

 本日の日替りの「回鍋肉定食」と豚バラ肉のピリ辛炒めを相方とシェアする。

 その後、ウチで映画を観る。

 イラン映画の「別離」。

 みんな、少しだけ本当のことを隠して嘘をつく。だからややこしいことになってしまう。

 その話術が上手い。巧みに「肝心なところ」を見せなかったり、曖昧な表現にするから、「本当のところ」がよく判らないのがミソ。

 それプラス、イランの人たちの日常生活が垣間見えて、たぶんこれは偏見なんだろうけど、もっと未開な、イスラム原理主義的ゴリゴリの生活なのかと思ったら、けっこう近代的なアパートに住んで電化製品に囲まれて、女性も働いて、車を運転して、実に普通の生活をしている。

 英語学校の先生をしているらしい奥さんが一家で外国に移住したくて手続きをしたのに、ダンナがウンと言わない。アルツハイマーの年老いた実父を置いていけないと。

 離婚訴訟を裁く人(画面には出て来ない)も、イスラム的に強圧的に「お前の言い分はアラーの教えに背く!」とか裁くのかと思ったら、意外に民主的。

 で、奥さんは別居。家事を頼むのに奥さんの知り合いの女性を雇うのだが、この女性が家庭に問題を抱えている。

 小さな隠し事だと思われたことが、雪だるま式にややこしいことになって、決定的な事件になってしまう。

 この中で隠し事をしていないのは奥さんだと思うが……。

 映画は、離婚の際に一人娘が父と母、どっちにつくか、というところで終わる。映画はその答えを見せないまま。まあ、答えは見せられないだろうなあ。

 イランも、あの妙な大統領が事態をややこしくしていると思うが、元々はパーレビが強引に近代化路線を敷いていた国だし、日常生活が欧米化しているのは当然なのかも。

 イランで、老人介護問題がどうなっているのか判らないので、この一家の個人的問題なのか、イラン全体が同じ問題を抱えているのか(一昔前の、そして今も田舎にはびこる日本のように、老人介護は家族の問題で、介護するのはヨメの勤め、という古い考え方……アベ首相も時々こういう事を口にするよね)よく判らないが……。

 中東の国の人自身が「我々は15世紀から進化していない」と言っている(出典不明)ように、生活的には欧米化していても、意識としては中世暗黒時代を引き擦っている。宗教が凄い力を持っているのは近代ではない。

 とは言いつつ、この映画で言えば、家政婦の女性はとても信心深くて老人介護をするのに(他人の老人とは言え男性の裸身を見るのは宗教的に許されるのかどうかお伺いを立てている)、他の人たちはそうでもない。「コーランに誓えるか?」という場面はあったが。

 日本人だって、不意に、もの凄く古くさい土着的で封建的な考え方がポロッと顔を出すことがある。それは、往々にして自分の主張に都合のいい論理的支柱として使われるのだが……人間ってものは、なかなか身も心も近代的にはなれないと言うことか。

 おれはこの映画を観て、イランって、もっと暗黒社会だと思っていたので、意外に近代的なのに驚いたのだが。

 これがイラクだとどうなんだろう?同じイスラムでもイラクとイランじゃ文明が違うし人種も違うし言葉も違う。イランはイスラムでもアラビア語を使わないし。サウジアラビアは?

 イスラムの中で最も近代化に成功したトルコでも、エルドアン首相がイスラム化政策を推し進めて大混乱が起きている。

 ほとんど無宗教(というか宗教的に無節操すぎる)日本人からすると、理解出来ない部分が多いイスラム社会を垣間見ることが出来て、実に興味深かった。映画としても、「隠す」話を演出的に「隠す」巧さが際立っていたし。

 「チューボーですよ!」の最後だけ見て(チキン南蛮をハマカーンと作る)、0時過ぎに就寝。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2341kcal

本日の消費カロリー:638kcal/10577歩

2013年6月14日 (金曜日)

仕事したりカイロ行ったり

 8時起床。

 雨。

 朝のモロモロのあと、トーストを食べてご飯を炊き、炊きあがるまで仕事。って、メインの置き方が違うだろ。

 昨日は何故か詰まってしまった部分、今日はなんとか通過。

 ご飯が炊けたので、正午頃にメシ。昨日買った出汁巻き玉子に、手製の味噌汁。絹豆腐にネギ、椎茸。これにアジの開きでもあれば完璧なんだが。

 先日の仙台旅行の「ホテル・ニュー水戸屋」の朝食で食べた出汁巻き玉子がもの凄く美味しくて、ハマってしまった。まあ、突出して美味しいわけでもなくて、普通に美味しい範囲だと思うけれど、優しい甘さのトリコになってしまった。ウチの玉子焼きはスクランブル・エッグの変種だから、塩を少々入れるので、出汁巻き玉子とはかなり違う。今までハマったことはなかったのに、今回はハマってしまった。

 ハマると言えば、仙台の街にもハマッた。何となくサイズ的に、人間の住む街の広さだと思ったし、中心街が賑わっているのもよかったし、街に緑が溢れているのも美しかったし、道が広いのもカッコよかったし、なにより風が気持ちよかった。まあ仙台だってジメジメすることもあるだろうけど……。

 なので、是非また仙台に行きたい。

 メシの後、仕事再開。

 15時30分まで頑張る。

 本来は昨日だったカイロプラクティック、完全に忘れていたというか、今日だと勘違いしていたので、予約を取り直して、外出。

 ちょうど雨も上がって晴れ間も見えてきた。

 施術して貰い、帰路、グルメシティに寄って秋刀魚の開きやお総菜を買う。

 仕事再開。

 今年のエネルギー白書には、原発ゼロについての記述がないという記事を読んで、アベ政権の本性が見えた。この分だと、ごく近い将来、参議院選挙で勝ったら、原発に反対している人たちはソーリ大臣に「なんでも反対の左翼」と言われ、エリート官僚にも「左翼のクソ」といわれる日が来るんだろうねえ。福島県民を敵に回しても原発を推進したいのね。

 暗澹たる思い。もう一度何処かで原発事故が起きなきゃ、原発推進派は絶対に懲りないのだろう。いや、連中は二度目があっても関係ないか。

 18時を過ぎて、夕食。サンマを焼き、大根おろしを作り、お総菜の茄子肉はさみ揚げあんかけに野菜の煮物と春雨サラダ。

 食後休憩して、仕事再開。

 本日はなんとか5ページ。だんだんペースを上げていこう。週末に1章をあげてやろう。

 「ニュースウオッチ9」や「報道ステーション」を見る。

 統一球問題は、アメリカのメジャーリーグと同じ球にするのが目的だったんだろ?だったら、同じ球なんか作れるはず。作れないならアメリカから輸入すればいい。こんな事やってて、またWBCが始まって「球が違う」と同じ事を繰り返すのか?

 都議会議員選挙が始まったのね。で、作曲者やNHKに黙って「あまちゃん」のテーマ曲を選挙カーで流している候補が居るらしい。こんな候補者には絶対投票しないぞ!見つけたら通報してやる!

 で……やっぱり政党が多すぎる。選挙制度を変えて比例代表制をメインにしたら、もっと小さな党が分立して連立の駆け引きで消耗するぞ。オザワが出てきて引っ掻き回すぞ。

 主義主張で政党が別れるのは一見すると判りやすいが、こんなに増えると、逆に政党の主張を知りたくなくなる。

 今は10党だとか。せいぜい、あってもこの半分だよなあ。

 「みどりの風」って、小沢に近いのに、どうしてあっちと合併しないの?もしかすると現職の参議院議員は全滅するぞ。

 風呂に入って早寝しようと思ったのに、気がつくと、1時を回っていたので、慌ててベッドへ。

 しかし暑いので、エアコンを強くしてサーキュレーターを寝室に向けていると、かなり冷えたので、2時前に就寝。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1972kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年6月13日 (木曜日)

雑用に 追われて仕事 進まない

 10日に発売になっている官能アンソロジーに、久々に参加しております。

Photo

「秘本~緋の章」(祥伝社文庫)

 安達の短編は「死んで欲しいの」が収録されておりますが、新作ではなく、「小説NON」2010年11月号に掲載されたものです。「悪漢刑事」の外伝です。

 読んでみてくださいませ。

 で。

 7時起床。

 雨。

 朝のモロモロにプラスして、発作的に部屋中に掃除機をかけて、おれ的には「大掃除」を敢行。

 猫を飼っていると、抜け毛が凄い。短毛種でも驚くほど。

 洗濯をして乾燥器を回し、郵便局に行ったりしていると、あっという間にお昼近く。

 ブランチは、家で作ろうと思ったが、急に面倒になって、郵便局の向かいにあるお弁当屋さんで買った「牛焼肉弁当」。これは焼肉と言うより、「牛スタミナ焼き」とでも表現した方がいい感じ。でも、美味い。

 昨日のテニスの疲れが残っているのと、雨のせいで、頭もどんより。

 いい文章が出て来ない。普通に書いて後から直せばいいやと思って書こうとするが、なんか、それも出て来ない。そんなに難しい場面でもないのに……。

 物語の冒頭だから、構えているのだ。それは自分でも判る。こういう「構え」って百害あって一利なし、なんだけどな~。

 しかしまあ、書き出しはいつもこうだから、仕方がない。これを過ぎれば流れ出す。

 昼寝することもなく、ずっとMacに向かうが、進まず。

 新型のMacBookAirがほしい。外用に用意しているHPminiは愛すべきマシンだが、WindowsXP以上は重くて使いにくいだろう。そしてXPがどうにも使いにくいのよね~。身も心もMacに染まった重度のマカーだからなあ。

 Macで必要が生じればWindowsも走らせられるんだから、Windows専用機を持っている必要もないしなあ。でも、HPminiはなかなか優れたマシンではあるんだけどなあ。

 この世の、すべての「虐待事件」には激しい怒りを覚えるが、今日はこの記事に胸が締めつけられた。死んでしまった、いや、殺された明日ちゃんの最後の言葉が、もう、泣けて泣けて。こんな結果になったのに、母親は我が子を殺した男を庇っている。

 こういうパターンは無くならないのかもしれないが……なんとかならなかったのか。

 総務省から復興庁に出向している参事官の「暴言ツイート」は、有能な官僚にビールの補充をさせたり大臣の答弁書を書かせると言った「無駄な仕事」をさせているのは大いに問題だとは思う。それが不満でツイートするのはおおいに結構。しかし、政府の方針に歯向かってくるのはみんな「左翼のクソ」というのは、いかんだろ。親玉も同じようなことを言ってるから官僚も調子に乗るのか?

 ネットではネトウヨの方が強いから、何でもかんでも左翼を悪いと規定して叩く習慣がついてしまったんだろう。

 なんちゃって左翼(しかし福島瑞穂は大嫌い)としては、こういう風潮は、どげんかせんといかんと、心から思う。

 で、この参事官、担当を外されたが、この後どうするのか?それも注目したい。官僚を辞めて評論家になるか政治家になるか?

 18時に、夕食。エースコックのワンタンメンにネギと玉子とソーセージを投入。残ったおツユにご飯半膳分を入れて食べる。

 で、推理作協の月報を読みながら食っていたのだが、突如、凄いアイディアが浮かんだ。

 食いながら反芻して、食い終わってMacに向かってプロットを一気に書いてしまったけど……たぶん、内容的に発表不可能だろうなあ。世の中のベストセラーを、というより評論家や出版社の姿勢を皮肉るような話だからなあ。いや、「黒笑小説」が出せるんだから……いやいやあれは東野圭吾さんだから出せるんだろうなあ……う~ん惜しいなあ。

 ま、プロットは作ったから、いつか発表できる機会があるかもしれない。

 こんな日は早く寝てしまおうと思っていたのに、NHKの「ニュースウォッチ」に佐村河内守氏が出ているのを見て(この前の「NHK特集」の時より丸くなった感じ)、小久保が引退したのは打球が飛ばなくなったせいで、統一球がああいうことだったら、引退しなかったのでは、という余韻を残したインタビューだった。小久保も口にしないしインタビュアーも言わなかったけど、明らかに日本野球機構への強い不信を感じさせた。

 コミッショナーって、高いカネ貰ってるんだから、その分働けよ!こんなことなら、コミッショナーなんか不要じゃないか。なんのために存在するんだ?揉め事が起きても仲介できないし、まったく存在価値がないではないか。

 球界の外から著名人を呼んでくる(これって天下りじゃん!)から、当人も名誉職だと思っちゃうのか、ナベツネに遠慮してしまうのか。

 こうなったら、次のコミッショナーは王さんになって貰う以外に選択枝はないんじゃないの?長嶋さんはあんな調子だし、元気でも論理的な人じゃないからコミッショナーは無理。しかし王さんなら、論理的だし頭脳明晰だし人望も人徳もあるし偉人だし……。

 「報道ステーション」を見て、風呂に入り、寝ようかと思ったら、「アメトーク」のオシャレじゃない芸人が凄く面白かったので最後まで見てしまった。博多大吉はスタイルもいいから、オシャレが似合うのに、当人が照れてしまって。笑い飯の西田も味があるのにこれも当人が照れる。有吉は最後は喧嘩腰で「なんでオシャレなんかしなきゃいけないの」と根本的な疑問を口にするので、ゲストのきゃりーぱみゅぱみゅがちょっと可哀想だった。

 しかし、夏は短パンなら素足にデッキシューズってのはアリかもしれないねえ。

 で、なんだかんだで1時就寝。

本日の体重:91.80キロ

本日の摂取カロリー:1845kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年6月12日 (水曜日)

仕事進んで、テニス

 8時前起床。

 雨。

 例によって、朝のモロモロを済ませると、10時近くになる。

 まず、腹拵え。目玉焼き、味噌汁、漬け物のシンプルな朝食。

 で、仕事開始。もう書き始めないとヤバいだろう。

 だいぶイメージが出来てきたが、いつも書き始めは手探り状態。

 書いては直し、を繰り返す。

 ふと、アマゾンで映画「チャイナタウン」のDVDを検索したら、「製作25周年記念盤」というのがあったので、注文する。ブルーレイもあったのだが、何故かこっちには特典映像が入っていないらしい。本編だけ見られればいい、と言う人も多いが、おれは特典映像が好き。古い作品なら、関係者の「証言」とか知りたいし、新作ならメイキングとか見たいし。

 で、「チャイナタウン」のDVDがあるなら、どうしてロバート・ミッチャム版の「さらば愛しき女よ」がないんだ?NHK-BSのアナログ放送を録画したのを大事にするしかないのか。でもこれ、吹き替え版の方が好きなんだよなあ。浦野光の「わざと軽い口調が生きていくしんどさを物語る」吹き替えが絶妙だったのだ。この吹き替えを収録したDVDを切望する!

 昼は、外に出ようかと思ったが、雨模様なので、部屋に籠って、レトルトカレーを食べる。具がほとんど入っていない(煮込んで溶けてしまった?)が、まあ、美味い。

 午後、祥伝社M氏から電話。彼とはもっぱらメールで連絡を取り合っているので、電話とは珍しい。

 久々に増刷の知らせ。「悪漢刑事」の第一作と第二作。この二作は本当にロングセラーになったなあ。新作も売れて欲しいんだけど……しかし、有り難い。

 秋に祥伝社文庫のフェアをやるので、ということだが、まだ6月なのに?

 で、仕事は、直し直しで、なんとか5ページ書いた。これで波に乗ってくれれば早く進むだろう。

 で、時間。支度をして外出。

 ちょっと時間があったので、北千住駅プラットフォームにある「小諸そば」でせいろそばとミニかき揚げ丼のセットを食べるが、冷やし胡麻ダレそばがあったことを知らなかった!残念!

 美味かったけど、ミニかき揚げ丼の分が多かったので、反省。冷やし胡麻ダレそばにしておけばよかったなあ。

 で、テニス。土曜の「仙台合宿」で、横向きになって打っていないことをいろんな人に指摘されたので、それに注意してレッスンを受ける。

 試合ではいい感じでボレーが決まって、いい気分。週2回やれば絶対上達するよなあ。しかし週1でも休んだりするんだから……。

 終わった後、一緒にやっている人から「今度飲み会しましょう」と誘われる。今のメンバーになってから、飲み会とか全然やっていなかったので、仲良くなるいい機会。

 今日はプールは止めて、風呂。ゆっくり浸かって筋肉をほぐす。

 で、カロリー的には、このまま帰って寝てしまう方がいいのだが、それじゃアレなので……。

 いろいろ考えた末に、イトーヨーカドーのフードコートでケンタッキー・フライド・チキンとコールスローのMを食べる。ついてきたポテトも食べてしまった。

 雨は霧雨だったので、自転車で突っ走って帰る。

 

 夜のニュースは、プロ野球の「統一球」問題で持ちきり。

 コミッショナーは「まったく知らなかった」と言うが、ホントかね?事務局長は昨日、コミッショナーにも報告したと言っていたが、その発言を認めた上で「私が混乱していた」とその発言を取り消したが……。

 プロ野球のコミッショナーって、なにか問題が起きると、ことごとくロクな対応をしない。野球好きの有名人の名誉職だと思ってるんだろうな。先代の根來サンも、ストライキの時に「こいつバカか?」と思うようなナンセンスなコメントを出したし、今の加藤サンだって、全然しっかりしていない。逃げ腰。こんな人しかコミッショナーになれないのか?意欲を持って就任しても、ナベツネとか力を持ったうるさいジジイがいるから、誰かに遠慮したような顔色を窺うような態度に終始せざるを得ないのか?

 日本のプロ野球が正常になるには、ナベツネが死ぬのを待つしかないのか?

 加藤サンは「これは不祥事ではない」と言ったが、バットとボールでやるスポーツなんだから……(しかし、ボールは統一して、バットは自由というのはなんだか不公平な気がする)完全な不祥事でしょ!

 WBCの時に日本のボールとアメリカのボールが違いすぎるという理由で「統一球」が出来たのに、依然として日米のボールは違っているんだから、いっそ、アメリカのボールを使えばいいんじゃないの?それじゃあミズノに悪い?日本野球のアイデンティティが失われる?

 いろいろ揉めるんなら、アメリカの球でやればいいじゃん、と思うんだけどねえ。それか、アメリカの球と同じモノをミズノが作ればいい。

 ついでみたいな形で書き記すことではないが、憲法改正について。

 日本の憲法改正の要件は、他国に比べて特に厳しいものではないし、国の基本法としての憲法は、普通の法律に比べて簡単に改正できないのも当然だと思っている。

 他所の国はかなり改正しているのに、日本だけが現行憲法が制定されて以来まったく改正されていないではないかということについては、それだけ世論が改正についてまとまっていないのだから改正できないのは仕方がない、と思う。

 とは言え、改正してハッキリさせておくべきことは多々あるとも思う。憲法改正と言えば、即、9条、という話になるが、それ以外の国民の権利について、追加すべきことはたくさんある。9条絡みだって、解釈改憲で、本来あるはずのない自衛隊がある、というのは不自然極まりない。ここはきちんと自衛隊を軍隊として憲法に記す必要があると思う。自衛隊を軍隊ではなく「国土保全隊にしろ」という議論もあるが、それも不自然だし、今の東アジア情勢を鑑みるに、国防軍の存在は必要だと思う。

 しかし。

 今のアベ政権に、憲法改正を任せるのは、危険すぎる。自分に反する考えの人々を「左翼=反対するだけの無責任な連中」と言い切ってしまうような驚くべき単細胞な総理大臣に任せるのは危なすぎる。アベに任せておいたら、国民の権利は制限されるだけで、今以上に住みにくい、生きにくい世の中になるのは必定。

 その意味でも、参議院選挙は自民党が圧勝して困るのだ。かと言って、今の状況が続くのも不安定だし……実に「悩ましい」ところですなあ。

 というか、まともな総理大臣が出て来ないねえ……。

 「マツコ&有吉の怒り新党」は半分だけ見て、沈没。

 0時30分就寝。

 くーたんがベッドに上がってきたので、蹴飛ばさないように寝る。

本日の体重:92.20キロ

本日の摂取カロリー:2578kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+274kcal/4628歩

2013年6月11日 (火曜日)

本日、休養

 まず、昨日の戴き物のご紹介。

Photo

「極楽とんぼ事件帖~天狗狩り」学研M文庫

 藩主の庶子で部屋住みの快次郎が歩き巫女に一目惚れ!ところが運命の大逆転。快次郎は藩主代行になっただけではなく、身辺では事件が続発。一目惚れした巫女も事件に絡んで……。

 硬軟を自在に書き分ける藤村さんの最新作です。

 で。

 くーたんが起こしに来て5時ごろに目が覚めたが、さすがに早すぎるので、6時過ぎまで二度寝。

 今にも雨が降りそうな、曇り。

 くーたんは完全にベッドを自分の場所だと思っているので、おれが起きるとすかさずやって来て、占領。気持ちよさそうに爆睡。

 円高をなんとかして株価もなんとかしつつあって、支持率も高いまま維持して得意満面のアベ首相だが、この男は根本的にはやっぱり頭が悪い。

 自分の主張に合わない連中を「守旧派」と呼んで敵と認定して追い落としたコイズミがアベの師匠だから、物事を二分して敵認定する手法をそのまんま猿真似して、自分の主張に合わない相手を「左翼」と決めつけて、さらに、「左翼=ダメ」と言い放つ。

 これって、ネトウヨとまったく同じ単純明快なバカそのものだが、それと同じ事を一国の首相がやるかね?今までの歴代首相で、ここまでバカな演説をした者はいなかったはずだぞ。

 その、バカな演説の一例が、これ。メジャーなマスコミは報じないけど。

 与党だった民主党に対抗して「TPP反対」と言った自民党なのに、政権奪回したらすぐにTPP交渉を開始したのはアンタだろ。なのに、TPP反対派を「左翼=敵」呼ばわりするという、この頭の悪さというか、記憶力のなさ。口の軽さ。で、後から削除したりして。

 株だって乱高下していて安定しないし、今後どうなるか判らない。

 経済政策でしくじったら、支持率は一気に低下するだろう。その時、今は報道が控えられているが、こんな「バカさ加減な失言」がどんどん報じられて支持率は一気に低下して、内閣総辞職になるぞ。

 しかし、愚かな人間は、やっぱり更生出来ないものなんだね。一度しくじったら、多少は勉強して利口になったのかと思ったが、中身は同じだったという、お粗末。ま、どこの世界にもいる愚か者の典型。しかしこんなヤツが首相では困るのだ。

 朝はトーストとコーンフレークとゆで卵。

 昼は、雨の合間に、くーたんのご飯の在庫がなくなったので買いに行ったついでに、北千住東口で秋刀魚の塩焼き定食とネギぬたを食べる。

 というわけで、特に何もせず。う~ん、なにをしたっけ。

 新作のファイルは開いたが、疲れが取れていないので、何も思いつかない。

 では、ということで、「『マルタの鷹』講義」(研究社)を読む。

 この本は、英文学者が「アメリカ文学の研究者が『マルタの鷹』のような『大衆小説』を読むとどうなるかを、なるべく『そのまま』の形で出してみたい」という分厚い大論文。

 しかしねえ……。純文学のヒトって、書く側も読む側も、どうして『純文学』『大衆文学』とことさらに区別したがるかねえ。

 イントロダクションでは、何度も何度も、SFとかミステリーと言った「ジャンル小説」はマトモな論考の対象じゃないんだけど「マルタの鷹」クラスの古典だったら、研究の対象にしてもいいんじゃない?だからやってみようかな、と言わんばかりな事を書いている。

 どうしてこんな「言い訳」が必要なんだろう?「マルタの鷹」の文学的価値を認めているから論考する、というだけで充分じゃないの?いや、わざわざそんな宣言をする必要もないと思うのだが。

 アカデミズムの住人は、そんなに「大衆文化」(ポップカルチャー?)に触れたくないのか?触れるべきじゃないのか?

 そんな価値感は70年代に揺らいで、今や崩壊したと思っていたけど、まだまだ健在なのね。

 この本の論考はとても興味深いし面白いのに、この「言い訳のような前書き」がすごく疑問。どうしてフィッツジェラルドとチャンドラーを並列に扱う村上春樹のように自然に作品に向き合えないんでしょうね?1970年生まれなのに東大の准教授になると、いろんな意味で自由じゃないのね。

 まあたぶん、ご当人は純文学の立場から大衆文学を見下ろしている意識はないんだろうけど。

 で、読んでるうちに、寝てしまった。

 テニスにウォーキングに気功の、疲れが抜けていない。

 そんなこんなで、夜。

 雨が降り続いているし、疲れて外に出たくないので、今夜の相方との打ち合わせは中止。

 ご飯を炊いて、キャベツをタジン鍋で蒸して胡麻ダレで、ソーセージと玉子を焼いてソースで食べる。

 夜はずーっと、テレビざんまい。「火曜サプライズ」などをボンヤリ見る。これが、疲労回復になるんですなあ。

 「報道ステーション」の途中で、風呂。

 23時になって、W杯最終予選の対イラク戦が始まったが、寝る。

 ベッドでiPhoneで「ボケて」を見て、23時30分就寝。

 明日は仕事をしよう。

本日の体重:92.65キロ

本日の摂取カロリー:2136kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α 

2013年6月10日 (月曜日)

へろへろだが、気功

 5時30分起床。

 別に早起きする必要もないけど、これで早寝早起きの習慣が定着すれば、と起きる。

 曇り。

 朝のモロモロをゆっくりやる。

 しかし、世間の「AKB総選挙」への関心は凄いのね。マスコミが煽って、みんな煽られているだけなのかどうか。まあおれの旧友にもAKBの番組を見てハマってしまい、オタクと化したオッサンがいるが……ハマってしまう心理がまったく理解出来ない。

 しかしアレって、センターを取るかどうかって事だけの争いでしょ?AKBの運営方針をめぐる考え方の違いとか、そういう「争点」があるわけでもないんでしょ?

 まあ、そういう意味では、政界のカリカチュアであると言えるかもしれないけど。

 関心が無いなら、アレコレ書かずに完全にスルーすべきですね。

 で。

 テニス疲れとウォーキング疲れのWパンチで、今日はへろへろ。曇りだが大量の洗濯をして、干す。

 ブランチはコーンフレークとイングリッシュ・マフィン。

 食後、昨日途中まで見た「お天気お姉さん」最終回を見る。

 この回のネタは「人工促成ミイラ」でしょ?どうしてみんなそれに気づかないのか、理解出来ない。確か以前に、エアコンとか扇風機をかけたまま寝てしまって体温が低下して死に、そのままミイラ化した死体が発見された事件があったはず。その件が触れられてなかったのはリサーチ不足か?

 このドラマは、最初の数回は「なるほど!」と思ったけど、だんだんネタが無理矢理になってきて、その点ではきつかった。しかし、武井咲はもの凄く魅力的で、彼女を眺めていればいいドラマ。彼女は「元気少女」よりこういうミステリアスな役柄の方が可愛さが映える気がするなあ。

 急にカレーが食いたくなったので、松屋まで行って、夏野菜カレーを食べる。

 帰宅したら、モーレツに眠くなったので、1時間ほど寝る。

 ソファで寝たので、睡眠時無呼吸症が出たらしく、目が覚めたら喉がカラカラでボンヤリ。

 金曜日からの読んでいない新聞をまとめ読み。

 頭は全然仕事のモードにならない。まあ今日は仕方がない。

 シャワーを浴びて、支度をして、少し早く外出。

 くーたんは必死で止めようとするのが可愛すぎる。本能で危険を察知して止めてくれてるのかもしれないなあと思いつつ、外出。

 予定より1本早い電車で水天宮前。

 ぶらぶらと街を見ながら気功の会場へ。

 人形町から浜町に至る辺りには、美味そうな店が並んでるなあ。ランチを食いに通いたくなるなあ。

 誰もいないだろうから、畳の上で寝てようと思ったら、松澤さんがいた。

 ゆっくり着替えていると、続々と到着。

 仙台土産の「ひと梅ぼれ」をお裾分け。このお菓子はマジに美味いと思う。

 気功は、久しぶりに「内養功動功」(漢字を間違えていましたが、大師匠に教わって訂正しました)をやるが、ほとんど忘れていた。しかしこれは難しい。

 で、今日は本当にヘロヘロで、気功を休もうかと思ったほどだったが、やったらスッキリシャッキリした。

 が、相方はその逆のようで、飲み会をパスして帰宅。おれは参加。

 聖さんに「悪漢刑事」の前作「正義死すべし」がどんなふうに面白かったかきちんと話してくれて、勉強になった。今書いている(まだ書き始めていないけど)最新作に生かそう。

 話はハメットやチャンドラーやアイリッシュになったり、いろいろ弾み、23時近くに解散。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、シャワーを浴びる。

 1時就寝。

本日の体重:92.50キロ

本日の摂取カロリー:2047kcal

本日の消費カロリー:702kcal+319kcal/5256歩 

2013年6月 9日 (日曜日)

仙台市内をぐるぐる観光

 6時に目が覚めたが、6時40分に起きる。

 7時に食事に行く一行を見送って、我々最後まで起きていた3人はまず、お風呂。

 今日のお風呂は、「広い方」だが、広すぎて、仰天。なんだこの超豪華な風呂は!

 露天だらけ。しかも、一人用の壺湯もあるし、桧風呂もあるし、温度も違う。おれはぬるめの方が好きなので、ぬる湯の湯加減に感動。

 食事時なので、人も少なくて……いや、けっこういたかもしれないけど、余りに広いので閑散としているような感じだった。

 昨日は感じなかったが、微かな硫黄臭があった。やっぱり温泉だねえ。

 相方は先に食事を済ませたので、おれは元コーチのHさんと朝食。和食で攻めたが、どうもここは洋食系の方が美味しかったらしい。たしかにスクランブルエッグはとても美味しかった。温泉玉子も出汁巻き玉子も食べてしまった。

 その後、荷造りして、相方と待ち合わせて、温泉街を散策。

 「おはぎの手作り」で有名なスーパーマーケットに行く。

 ここは一見、普通のスーパーなのに、おはぎ売り場が異様に充実。していて、お客もおはぎをメインに買っていく。

 あんこのオーソドックスなおはぎと、胡麻のおはぎを買う。

 近所の公園で食べようと思ったが、公園のように見えたのは個人所有の駐車場兼ゴミ置き場だったので退散。

 宿のロビーで食べて、ついでにお土産も買う。部屋にあって美味しかった梅餡のお菓子を。

 で、ロビーで喋っていたら、他の面々も集まってきた。

 

 11時前に出発。

 30分後に、仙台駅到着。帰りのチケットを貰って、解散。新幹線まで自由行動。

 宿で貰った仙台の案内マップを見て、おれたちは、市内を循環する「るーぷる仙台」というバスに乗ることにする。

2504dc_loople_top

 荷物を預ける大型ロッカーがなくて、新幹線南口まで行って、やっと発見。

 荷物を預けてバス乗り場に行ったら、タッチの差で11時30分のバスが行ってしまった。

 次のバスを待つが、このバスは人気があって満席になったので、1つ待ってよかったのかも。

236map

 で、「杜の都」を象徴するようなケヤキ並木を歩きたかったので、「メディアテーク前」で下りることにする。今回は時間がないので、仙台城趾や博物館などは通過。

 しかし、仙台市内をぐるっと回ったので、この街が持つ気品のようなものは感じることが出来た。

 落ち着きと豊かさとセンスを感じる。

 適度に都会で、自然が豊か。街というのはこのくらいの規模がちょうどいいのかもしれない。北の街ということもあって、なんとなくヨーロッパの感じもするのよね。

 あ、風が違うのか!

 今日は昨日と一転して、素晴らしい天気。日差しが強くて、痛いほど。しかし風は爽やかで、何とも気持ちがいい。この空気が、何とも素晴らしい。

Img_1119

Img_1120

 街の目抜き通りに、鬱蒼と茂る並木があるのも素晴らしい。

 やっぱり、雄藩の城下町というのは、凄いものがあるんだな、と感服。

 徳島なんか、甞てはそこそこ金もあったはずなのに、街は貧相でまるでお話にならない。金がある時に街をまるで整備しなかったから……いや、金があったのは明治時代までで、あとはじり貧だから、近代的街作りも出来なかったのか。隣の香川・高松と比べても雲泥の差だったもんなあ。

 典型的田舎町と、地方の拠点都市の大きな違いだねえ。

 文化の香りもするし、この街なら住みたいと思う。けど今は復興バブルだとかで、家を捜すのが大変らしい。

 で、ケヤキ並木を歩いて、アーケードの商店街に入る。

 相方のウィンドウ・ショッピングに付き合ったのだが、このアーケード街にはもの凄い人がいた。

 地方都市ってけっこう中心部に人がいなくて郊外のショッピングセンターに分散してしまったりするが、仙台は違う。やっぱり街の中心部は賑わっていなきゃ、街が死ぬ。

 こういうところも、ヨーロッパの街みたいで、とてもいい。

 別にヨーロッパの街的だからイイと言うのではないのだけど、ヨーロッパの街って、首都を除けば、人間のサイズに合った、住みやすくて暮らすのが楽しくなるような顔を持っている、と思う。しかし日本の都市って、そう言う顔がなかったりする。中心部に人がいなくてガランとしてシャッター商店街が並んでいるような街は、死んでいるに等しい。そうなるのは郊外の巨大ショッピングセンターが出来たせいもあるだろうが、都心部に魅力が無くなってしまったコトも大きいはず。昔のままの商売が通じる世の中じゃないんだから、商売人としてはいろいろ工夫しなきゃダメでしょ。

 しかし、仙台は、いろいろと違う感じがする。徒歩圏内にすべてがあるからとても住みやすい、と元コーチも言っていたし。

 牛タンの老舗の本店でランチ、と思ったが、おはぎを食べてお腹が空かない。というか、疲れてきて、食欲も湧かなくなってしまった。

 昨日散々テニスして、酒を飲んで夜更かしして、今日は1万歩歩いたんだから、疲れるよなあ。

 アーケード街を歩いて、仙台駅へ。

 結局、駅の中にある「伊達の牛タン」の店で、ランチ。

 比べてはいけないのかもしれないが、東京の「ねぎし」よりも格段に美味いと思った。

 美味しいものを食べると、食欲が回復してくるし、疲れも取れる感じ。

 で、荷物を出して、新幹線のプラットフォームへ。

 

 みんなと落ち合って、「やまびこ60号」で上野へ。

 おはぎを食べたりして、喋っていると、あっという間の2時間。

 上野駅のプラットフォームで解散。

 京成線で千住方面へ。

 夕食を食べる元気もなく、帰宅。明るいうちに帰宅すると、なんとなく余裕がある感じ。

 くーたんがお出迎え。もうベタベタ。

 荷解きして、ソファにひっくり返ると、そのまま寝てしまった。

 目が覚めたらもう外は暗くなっていた。

 風呂に入る。

 21時近くなるとさすがにちょっと腹が減ったので、自転車で外出。

 「柏屋」はさすがに閉まっていたので、駅前の「富士そば」でざるを食べる。

 帰宅して、録画した「タモリ倶楽部」を見て、「お天気お姉さん」最終回を見始めたが、途中で沈没。

 もうダメだと、22時30分に就寝。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2316kcal

本日の消費カロリー:686kcal/11597歩

« 2013年6月2日 - 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト