« 2013年8月18日 - 2013年8月24日 | トップページ | 2013年9月1日 - 2013年9月7日 »

2013年8月25日 - 2013年8月31日

2013年8月31日 (土曜日)

ゲラ拝、ほぼ終わり

 6時過ぎ起床。

 薄曇り。

 朝のモロモロをやって、「あまちゃん」。

 ああ、ユイちゃんは永久に東京には行けないのか?クドカンは意地悪な設定をしたもんだなあ。来週は遂に311……。見たくない……でも、見たい。どっちにしても重い週になりそうだ。

 足というか腰の痛みは、どうもジャンプの時に使う筋肉を痛めてしまったような感じ。なかなか痛みが引かない。しばらくは安静にして過ごすか。

 溜まっていた新聞を一気読み。金曜の朝刊に、フクイチの汚染水問題について詳細な記事があった。昨日の「5時に夢中」で上杉隆が喋っていたこととほぼ同じ内容。

 この問題、オリンピック東京招致に失敗して、その理由が「汚染水問題が放置されていること」と厳しく指摘されない限り、政府は本腰を入れてどうにかしないんじゃないの?

 ネットで読む限り、読売や産経が、この問題についてあんまり報道しないのが、実に正直だなあと思う。朝日だって最近ようやく扱うようになったのだが。

 ご飯を炊いて、玉子かけご飯にちりめんじゃこをトッピング。

 このブランチの後、仕事開始。

 今日は気合いが入っていたので、差し替え・差し込みの部分を一気にやってしまった。

 あとは、相方に廻っている分に含まれている部分をやれば完了。

 引き続き、各章副題を考える。

 今回は、ジャズの名曲のタイトルを引用してみようか。ひとつの提案としてやってみよう。

 今夜は相方が来るので、夕方スーパーに行って野菜の天ぷらなどを買う。

 今夜はソーメンにする。体重がかなり増えてしまった。

 帰宅して、テレビをたらたら見る。

 18時30分からのテレビ東京「ローカルバスの旅」は録画しつつ見る。もう15弾か!最近は類似企画も多いけど、やっぱり本家本元のこの番組が一番面白い。しかし蛭子さん、最近老けが目立つ。というか、微妙に美顔術とかしてないか?

 この番組は本当に過酷だねえ。見ている方は面白いけど……。

 20時ジャストに相方来訪。

 まず、ソーメン&野菜天ぷら&笹かまぼこ&海苔巻き&稲荷鮨&サーモン・マリネで夕食。美味い美味い。

 食後、ゲラチェック。おれが書いた差し替え・差し込み分を相方にチェックして貰い、相方が直した分をおれがチェック。

 各章副題も、相方提案をきっちり記録する。

 それもほどなく終わって、wowowで録画した「リンカーン弁護士」を見る。相方がこの原作が大好きなので。

 映画は原作をかなり再構成して端折っているようだが、2時間にまとめるには再構成は必要不可欠。のっけから快調なペースで、とてもいい感じ。あっという間に主人公のキャラクターを見せ話も本題に入っている。この呼吸は見事。プロの仕事だなあ。

 自分が弁護をしているクライアントが真犯人であると気づく主人公。しかし弁護士はクライアントが無実を主張するなら、それに沿って弁護しなければならない。だが、このクライアントは、主人公が以前に弁護して死刑を回避するために無実を主張するクライアントを説得して罪を認めさせて終身刑にした、その事件の真犯人でもあった。

 この矛盾する立場に追い込まれた主人公の巧妙な作戦が見事。

 実に面白い。

 でも、主人公がどうしてリンカーンの後部座席を事務所代わりに使っているのか……ああそうか、こまめに動き回って小さな事件を大量に扱って食っているからか。

 脇役の、「麻薬中毒からなかなか抜けられない女グロリア」を演じたキャサリン・メーニッヒがなかなか魅力的。

 見始めたのが遅かったので、1時近くになってしまった。眠い。

 相方帰り、おれはシャワーを浴びて、1時過ぎに就寝。

 ああ、明日はもう9月か。毎年この時期になると、夏休みの宿題が終わってなくて蒼くなっていた「恐怖体験」を思い出す。毎年繰り返しても、早々と宿題をあげて余裕で新学期を迎えることはなかった。一番ヒドかったのは小学校低学年で、一家総出で宿題をクリアしたもんなあ。まったくひどい話だ。6年生の時は、夏休みの宿題を提出しないまま逃げ切りを計るという暴挙に出て、当然ながら担任にキョーレツに厳しく怒られた。悪い事に二学期の学級委員になったもんだから、先生の怒りは倍増。

 中学に入ってからは、さすがに多少はマシになったが……。

 夏の終わりは、いろんな意味でほろ苦い。

本日の体重:93.20キロ

本日の摂取カロリー:1927kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年8月30日 (金曜日)

最後の猛暑?

 6時起床。

 薄曇り。

 朝のモロモロをやって、8時からの「あまちゃん」を見る。

 号泣。

 最近、言葉のインフレで、ちょっと涙ぐんだだけで「号泣」と表現する傾向があるが、おれの場合は文字通り、号泣。おんおん泣いちゃったよ。

 有村架純が出てきただけで条件反射で泣くし。彼女の目の芝居がたまらなく切なくていじらしくて寂しげで。

 スタジオに突然入ってきた鈴鹿ひろ美を見て呆然とする春子の表情。

 「あ~私だ~!」と明るい声を出してしまう鈴鹿ひろ美。

 ずーっと悪役だった太巻が見せる涙。

 これが泣かずにいらりょうか。

 今回は、回想を巧く取り込んだ編集が見事。

 しかし、ドラマはじわじわと「あの日」に向かっていくのだ……。

 見たくない。けど、見たい。

 「アサイチ」で司会の二人が素直な感想を言っていて、それでまた泣きそうになったりして。

 本日、祥伝社文庫のタイトル会議。

 幾つか捻り出して、M氏にメールする。アイリッシュみたいなタイトルを思いついて、それがとても気に入っているのだが、「悪漢刑事」のテイストじゃないわなあ。

 会議でどんなタイトルに決まるか、楽しみ。

 月末なので、ツキイチの睡眠時無呼吸症の検診へ。

 その前に、ご飯に目玉焼きを乗せた「簡易ナシゴレン」(でもないか)を食う。

 外は暑い!

 日光を浴びただけでフラフラしそう。

 すぐ診てもらえて会計も薬もすぐ済んで、スーパーに寄って買い物して、帰宅。

 「あまちゃん」お昼の再放送を録画しながらまた見る。そして、また泣く。

 仕事!

 ゲラの加筆修正部分をやってしまおう!

 やればすぐ終わる。

 なのに、というか、だから、と言うべきか、なかなかスイッチが入らない。「もったいぶってる」感じ。

 昼は、今年始めての「ソーメン」。スーパーで買ってきた錦糸卵や刻みハム、刻みネギ、自分でスライスしたミョウガに桃屋のショウガをトッピング。美味い美味い。

 スーパーで買った安いソーメンでも充分美味いが、ウチの田舎の「半田そうめん」ならもっと美味いだろう。

 仕事のスイッチは依然として入らず。タイトルがどうなったか気になって……というのは言い訳。

 「ミヤネ屋」などを見る。

 ちょっと寝てしまった。

 疲れが抜けていないし、右の股関節が痛い。痛みは今がピークのような感じ。歩くのは問題ないが、椅子に深く座ると、立ち上がれない。そのへんの筋肉が痛い。

 柿ピーを食べたりしてタラタラしていたら、17時になってしまった。

 MXテレビの「5時に夢中」でふかわりょうを見ようと思ったら、今日は金曜で出てないのね。

 その代わり、上杉隆の「福島原発の汚染水問題」にツイてのレクチャーを聞いて、戦慄。

 上杉隆はデマが多い、きちんと確かめないであやふやな情報を流す、と評判が悪いが、この汚染水問題については、すでに報道されていることをまとめたものだから、デマや誤報は入っていないんじゃないか?

 山を削って作ったフクイチは、阿武隈山系からの地下水の流れの真っ直中にあるといっていい。だから、汚染水は事故直後からずっと流出し続けている。

 この問題を根本的に解決しようとしていたのが当時首相補佐官だった馬淵澄夫。その馬淵が有効な対策を立てたが実行されないまま現在に至っていると。この対策に反対したのが当時の(フクイチの)吉田所長だったと。

 あの時、馬淵が立てた対策(原発全体をバスタブのような形で地下水から隔離する)を実行していれば、今のような海洋汚染は少なくとも軽減出来ただろうと。

 国連NGOのグリンピース(反捕鯨で暴力的な活動をしているのはシーシェパード。グリンピースもかつては派手な活動をしていたが、今はしていない)が日本における海洋汚染や魚類の放射能汚染調査をしようとしたが日本政府から拒絶されている問題。

 海洋汚染はすでに東京湾の中まで進んでいることが確認されていると(ということは、太平洋沿岸は広範囲に汚染が進んでいて、日本近海で採れる魚はすでに危険なのではないかという疑問を否定できない。調査していない……調査はしているのかもしれないが結果が公表されていない)。

 海は日本近海でも日本のものではない。領海の外にも放射能は広がっていく。希釈されても消えてしまうわけではないし、食物連鎖の上位にいる魚を人間が食べる。

 この放送で上杉氏が喋ったことにデマは含まれていないとは思うが……絶望的になった。まあおれは、放射能の影響が出るかでないかのところで寿命が来るんじゃないかと思うが。子も孫もいないし。

 しかし政治家や財界人には子や孫はいるだろう。この現状をどうする気なんだろう?オリンピック東京招致に悪影響が出ることを懸念して汚染水対策は先延ばしになったようだし、それに対して野党も攻撃しないし。


 メールをチェックすると、M氏からタイトル会議の結果が届いていた。

 我々イチオシのモノにはならなかったが、アイラ・レヴィン調で、なかなかいい感じ。やっぱりタイトルはプロに任せた方がいいかな〜。

 もう一度外に出て、メンチカツ弁当を買ってきて、食う。

 コーヒーを飲んで夜こそ頑張ろうと思ったが、ほんの少しやって、表現に迷いが生じて、中断。う~。

 シャワーを浴びたりしていると、23時を回ってしまった。

 今回の「矢部謙三」は珍しく矢部自身が推理して事件を解決して、シリアスで、泣かせる内容。矢部謙三、カッコイイじゃん!

 相方から電話が入って、直しの打ち合わせをする。

 まあ、なんとかなるでしょう。

 「タモリ倶楽部」は駅メロ。今回、板尾さんは必要だったのかな?反鉄オタな立ち位置ならハマカーンだけで充分で、鉄オタの誰かを増やした方が良かったんじゃないか?

 ゴミ出しなどをしたら1時になったので、もう諦めて、寝る。

 と、くーたんがベッドに来て、しばらく一緒に寝る。

本日の体重:93.95キロ

本日の摂取カロリー:2592kcal(明日から絶対厳しくやるぞ!)

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年8月29日 (木曜日)

全身ガチガチで気学教室へ

 5時に目が覚めたが、6時まで努力して寝る。

 晴れ。

 3日分の日記を書きつつ、BSで放送の「あまちゃん」を見る。太巻の「打ち上げ行きたくね~」に笑った。

 で、日記書きを再開したらクロネコさんが来た。8時過ぎ。朝からご苦労様!

 下田から送ったボードが到着。洗濯物を洗濯機に放り込んで洗いながら、風呂場でボードを洗う。洗っても洗っても砂が出て来るのが凄い。

 ボードは陰干しなので風呂場で干し、ボードケースを干しに行く。

 戻ってきたら9時になったので、カイロに電話。腰痛が出そうなので急遽診て貰う。10時の予約が取れた。

 そうこうしていると洗濯が終了したので、再度屋上へ。

 干し終わって、カイロへ。

 骨盤がちょっと歪んで、右の股関節が「緩んでいた」と。肩とか腕は普通の筋肉疲労。

 しかし去年はこんな事なかったのに……これが老化と言うことか?特別、コンディションが悪いわけでもなかったし……和室がいけなかったとしか思えない。先生には「当分の間、アグラはかかないように」と言われた。

 帰路、駅の立ち食いそばでおにぎり&天ぷらそばを食べる。

 帰宅して、昨日分の日記を書き終える。

 が、大事な事を書き忘れてしまった。

 伊豆下田・多々戸浜の偉大さについて。

 この浜には、独特の「求道精神」がハッキリと存在する。それが浜を律している。

 ここで遊ぶ人たちは、ゴミを散らかさず放置しない。どんなに外見がチャラい金髪野郎でも、ペットボトルや吸い殻をきちんとゴミ箱に捨てている。毎日数回ある「みんなでビーチクリーン」の時間になると、ケバいオネエチャンも熱心にゴミを拾っている。

 売店でモノを訊いた金髪のオネエチャンもきちんと「有り難うございました」と礼を言う。

 同じ下田の白浜のようにナンパ師はいないし、DQN同士の喧嘩もない。

 このビーチのあり方は、尊敬に値するし、感動する。

 サーフィンの聖地として、地元の人や他所から来るサーファーが大切にしてきたものが、空気というかその土地の霊気として存在するようだ。これは、この浜を愛する人たちが長い時間を掛けて積み重ねてきた貴重なものだ。

 こんなに自然と律されたビーチは、他にあるだろうか?

 多分、あると思う。でも、おれはその他の場所をまだ知らない。

 誰かに叱られるから、というのではなく、ごく自然に礼儀正しくなってルールを守る。

 本当に不思議な場所だ。この多々戸浜は。

 だから、この浜は心から大切にしたい。

 海でぶつかりそうになった小さな女の子が「ごめんなさい」と先に謝って、おれも慌てて「こっちこそゴメンネ」と返す。

 この浜がそうさせるのだろうか?

 一昨年に一度だけ不快な目に遭った(今思い返せば、先方の言い分も判らないことでもないと思える)けれど、10年くらい通ってたった一回だから、例外的だと言える。

 浜が小さくて交通の便が悪くて民宿が少なくて唯一あるホテルは宿泊費がかなり高い、という条件もいい方に作用しているのだろう。

 いつまでも、この浜を大切にしたい。

 そして、心から、多々戸浜に感謝の意を捧げたい。

 また、来年!

 昨夜はよそよそしかったくーたんだが、今日はソファにいるおれの横にやって来て寝たりして、ベタベタ。昨夜はやっぱり、怒っていたのかも。

 伊豆にいるときはテレビも「あまちゃん」以外ほとんど見なかったし、新聞も読まなかった。iPhoneでニュースはチェックしていたが。

 福島原発の汚染水問題で、今回、何故か東電は謝罪会見とか説明会見を開かないのね。それとも、開いてるけど報道されない?おれの目に触れないほど小さな報道しかない?

 財界の御用雑誌「Wedge」が原発推進特集を載せたり、小泉元首相が「脱原発」を口にしたと報じられると原発推進派が「無責任なことを言うな」と批判したりと、ここにきて原発推進派が息を吹き返しつつあるのが不愉快極まりない。

 おれは、菅直人や民主党が必要以上に叩かれて民主党の勢力が激減して党の存亡に関る状態になったのは、「脱原発」を推進しようとしたから、原発推進をする「闇の勢力」によって巧妙に「反菅直人」「反民主党」のムードが醸成されてしまったのだと思っている。もちろんそうなるについては、菅元首相や民主党にも大きな原因はある。民主党の内部分裂や政党としてまるでまとまらない「大学のサークル」みたいな体質が呆れられた最大の要因だとは思う。しかし、自民党だってさんざん権力抗争をやり分裂を繰り返してきたのだし、過去の失政についても自民党の方が責任が重いのだ。

 その「闇の勢力」の正体はよく判らないが……。

 「みんなの党」は末期的だし、「維新の会」も大阪ローカル政党に戻りそうだし、野党が総崩れ状態なのは、まったく健全ではない。敵失で自民党が勝ったというムードのうちに、野党は立ち直らないと、55年体制に戻ってしまう。いや今は社会党がないのだから、55年体制よりもっと状況は悪いぞ。

 で。

 録画した「孤独のグルメ」を見る。根岸の鶏料理屋。今回は大杉漣やマギーが出てきて小芝居の部分が多いなあ。で、五郎さんは相変わらず1品多く注文するなあ。チューリップと鳥鍋メシは是非食ってみたい!


 午後に、冷凍してあったご飯を使って、「玉子焼きめし」を作って食う。なかなか美味く出来た。

 本日は気学教室。

 ゲラをやろうと思うのだが、そういう気分にまるでならないまま、時間が来た。

 支度して外出。

 駅で相方と待ち合わせて、浜町へ。

 定刻ピッタリに到着。

 吉方を割り出すテスト、泥縄だが、なんとか正解が導けて、嬉しい。ほんのちょっぴり判りかけたかな?という感じ。

 教室の後、洞窟のような内装の居酒屋に入る。

 いろいろ食べたが、牛タンとチキンが凄く美味しかった!

 焼きうどんやおにぎりも食べてしまった。

 ビールは1杯だけ。それでベロンベロンになってしまった。

 

 帰宅して、くーたんの世話をして、風呂に入る。

 ゆっくり浸かるが、右股関節が痛いのは変わらず。ちょっと時間がかかるかも。

 0時過ぎに就寝。

 

本日の体重:93.85キロ(うわ!)

本日の摂取カロリー:2742kcal

本日の消費カロリー:299kcal/4795歩

2013年8月28日 (水曜日)

下田BB旅3日目〜本日はリタイア

 6時前起床。

 相方が寝ている間に散歩。

Img_1194

 今朝は、多々戸周辺をぐるっと回ってきた。

 海に面して全面ガラス張りの最高にカッコイイ「OKIRAKU HOUSE」や会員制リゾートホテル「ジャパン下田」のビーチ・コテージなどを見て回る。

Img_1195

 後から調べたら、「OKIRAKU HOUSE」は有名なプランナーの別荘で、遊びにいった人のツイートやブログの記述がいろいろあった。会社の別荘だと思ったら個人の別荘なのね(所有はこの方の会社なのかもしれないけど)。こういう別荘があれば最高だろうなあ。津波が来なければ。

 その他、他の民宿なども見て回る。

 来年はどうするか、いろいろ考える。どうも純和室は厳しい感じ……。

 部屋に戻ったら、相方は起きていてゲラをやっていた。

 朝食が来たが、キリがいいところまでやるというので、しばらく待つ。

 今朝の朝食は、あじの干物にベーコンエッグ、サラダ、カボチャの煮たの、などいろいろ。どれも美味い!

 「あまちゃん」を見ながら食べる。太巻が大阪弁で凄み始めると悪い事が起きるぞ!

 で。

 絶対に無理をしないおれ。一昨日・昨日と腰と肩に痛みが溜まっているし、ゲラも残っているので、今日はおれは海に入らず、「見学」することに。なんだか小学校・中学校・高校の体育の授業をサボって見学していた(体育の授業が本当に嫌いだったので、仮病を使ってかなり見学した)のを思い出しちゃったなあ。

 宿をチェックアウトして、お弁当代などを精算して、荷物を預ける。

 相方は海へ。おれはゲラと貴重品を持って売店へ。

 なにか飲み食いしながらゲラをやろうと思ったら、売店に営業は昨日まで。

 海水浴場は今日までなのに、売店は1日早く店仕舞い。へんなの!

 で、自販機でジュースを買って、飲みながらゲラを見る。

 残りの部分はすぐに見終わって、アタマから「直す箇所」をやり始めたが、日陰でも暑い!

 売店はいろいろ店仕舞いでヒトの出入りがあって邪魔してるみたいで、有料シャワーの前にもテーブル席があるのでそこに移動したり、ビーチのハズレに、人知れず、という感じでひっそりと営業している売店があるので、そこに行ってアメリカンドッグを食ったり。

 この売店は、多々戸の漁港の側にある。いつもとは違う角度で多々戸浜を見ると、これがもう、何とも言えず美しい!

Img_1200

Img_1202

Img_1203

Img_1201_2

Img_1205

Img_1206

 このビーチがあれば、沖縄にもハワイにも行く必要はないんじゃないか、と思えるほど。

 しかし、直射日光がキツくて、熱中症になりそう。

 留守中のくーたんのケアを頼んだキャットシッターさんからメール。くーたんは完全に気配を消して隠れていたらしい。以前はちらっと姿を見せたときもあったのに。

 海に行って、足まで海に浸かって、相方のボディボード姿をムービーで撮影したりしていると、そろそろ13時。撤収の時間。

 相方もビーチから上がってきたので、宿に戻ってシャワーを浴びて着替えて、荷物を整える。ボードは宅急便で送るので、ケースに洗濯物を詰め込む。

 予定より早いバスに乗れたので、諦めていた駅前の回転寿司(ちょっと高いけど、美味い!)に行って、寿司を食う。下田に来て初めての魚だぜ(あじの干物は食ったけど)!

 美味い!

 ビーチシューズやサンダルを買うという相方と別れて、おれは先に駅に行って、グリーン券を買う。

 足の裏に尖った砂が刺さって、痛い。触ってみてもよく判らないし、これはとげ抜きを使わないと抜けない。

 で、伊豆急下田駅の駅弁は、案の定、すべて売り切れ。ここで買えるのはお昼時まで、と言うことなんだね。ま、今回はお寿司を腹一杯食べたからいいけど。

 駅の待合室で足の裏を弄っていると、相方が来た。

 帰りの伊豆急線もなんだか混みそうなので、早々と改札に並ぶ。

 で、無事に席をゲット!

 今回は熱海までエアコンは効いていたぞ!と言うことは、やっぱり下りの電車はエアコンのスイッチを入れ忘れてたんだ!

 今回は、国府津で、ここ始発の湘南新宿ラインに乗り換えてみる。夜の混雑する東京駅を避けて、池袋で山手線に乗るため。まあ、東京駅まで直行した方が速いし、乗り換えが1つ減るんだけど。

 

 車内で下田の東急ストアで買ったサンドウィッチと海苔巻きを食べる。なんだか胸焼け。食い過ぎか?

 19時過ぎに池袋着。山手線に乗り換えて、日暮里。

 20時ごろに無事、帰宅。

 くーたんは出迎えてくれたが、ちょっとよそよそしい。

 シャワーを浴びて、「あまちゃん」夜の再放送を見て、「孤独のグルメ」は録画して、0時ごろ就寝。

 寝ていると、くーたんがベッドに来たので、しばらく一緒に寝る。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2869kcal

本日の消費カロリー:かなりたくさん

2013年8月27日 (火曜日)

下田BB旅2日目〜本日、絶好調!

 5時起床。

 晴れ。

 起き出して、近所を散歩。しかし早くもサーファーが集まってきた。

 宿に戻って布団を上げて、朝のコーヒーを飲んでいると、朝食が。

 あじの干物に温泉卵に野菜たっぷり。美味い!

 「あまちゃん」を見る。ファースト・キスを「監視」する水口と寿司屋の大将に爆笑し、「前髪クネ男」に大爆笑。この役をやった若手の俳優、巧いねえ!と思ったら、勝地涼。かなりシリアスな役が多い若手演技派。ホント、如何に短い出番でアキに嫌われる最悪な「男アイドル」になりきるか、という命題を見事にクリア!凄い!

 食事を終えて支度をして、10時ごろ海へ!

 本日はすべての条件が揃って、最高!

 天気は最高、水も23度で気持ちがいいし、波もある。

 しかし、やはり、ここの波は難しい。ボードに乗り込むときに横からの波を受けてきちんと正しい姿勢で乗れない。ボードが滑りやすくてお腹がつるっと滑るようだ。

 お昼は、ホットドッグとナチョス。ビールが飲みたくなったが我慢。しかし、こういう時のコーラは最高に美味い。

 で、また海へ。

 Tシャツを着てみたらお腹が滑らなくなって、いい感じでライド出来た。

 しかし、足はともかく、腰と肩、腕が痛い。

 引っ越して完全に椅子とベッドの生活になると、和室の姿勢が辛くなってしまった。わしゃガイジンか!

 15時過ぎまでやるが、おれは相方より先にリタイアして、海の家というか、多々戸浜の公式売店に避難。直射日光がキツくてフラフラしてきたので、日陰に入りたかった。う~。なんだか凄くヒヨワになったなあ。

 売店で何か食べようかと思ったが、ビーチに持ち出した手持ちのカネでビールを買ったらそれで資金が尽きてしまった。

 海を眺めていると、カレーが終わりラーメンが終わりおにぎりが終わりおでんも終わって、売店は終了。

 やがて相方が海から上がってきて、宿に戻る。

 ずっと海に入りっぱなしだったので、写真を撮るヒマがなかった。


 シャワーで砂を落としてボードも洗う。

 今日は風呂の奪い合いは起きず、すんなり入れた。

 どうも連泊するお客は少ないようだ。昨日の客は一泊で引き上げて、別の客が来ていた。

 で、本日も弁当。豚の生姜焼き弁当にトリの竜田揚げ弁当。それにコロッケ弁当をシェア。美味いんだけど……魚が食いたいなあ。やっぱり。

 ゲラ。おれは昨晩、少しやったが、今夜は沈没。相方も沈没。

 テレビを見て、22時ごろ就寝。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2605kcal

本日の消費カロリー:かなりたくさん

2013年8月26日 (月曜日)

下田BB旅1日目〜低温にやられた!

 6時起床。

 晴れだったっけ?

 手早く支度して、くーたんの世話をして、駅へ。

 

 相方と待ち合わせて、東京駅へ。

 地下の「グランスタ」で弁当を買って、東海道線プラットフォームへ。

 今回は久々に二泊三日の旅なので、急ぐこともあるまいと普通電車で伊豆急下田まで行く。が、車内で駅弁を食べるし長丁場なので、グリーン車。

 空は曇ってきたが、まあ今日は現地に着くのが15時過ぎだから、今日の天気は悪くても仕方がない。これが一泊二日だと、地団駄を踏むところなんだよな~。

 車内で弁当を食べる。

 どうも雰囲気的に熱海で伊豆急に乗り換えるヒトが多そう(親子連れでリゾート気分マンマン。こういう人たちは絶対に伊豆急に乗る)だと察知したので、おれが頑張って先行し、席を確保することに。こういうおれの読みはだいたい当たるのだ。って、普通に観察してれば誰でも同じ事を考えるだろうが。

 案の定、伊東線/伊豆急のプラットフォームはごった替えしていた。ちょうど到着したばかりの電車から降りる客と、プラットフォームで待っていた客が混ざって、かなりの混雑。

 それを掻き分けて先頭車両の方に行く。いつもはグリーン車運用の「ロイヤルシート」はすでに満席なので。

 で、席を確保して、相方のiPhoneに連絡を入れる。

 が。

 エアコンが効いていない。暑い。

 伊豆急の車両は伊東線内はエアコンを切るという新ルールでも出来たのか?

 車掌が通りがかったので「暑いんですけど」と言う。

 やっと伊東を過ぎた辺りでエアコンが入った。車掌が運転席まで辿り着くのにこれくらいの時間がかかったのか?

 熱海で買った駅弁(熱海の駅弁売り場は早く閉まってしまうので、過去何度もトライして買えたためしがなかった)を食うが、この安い幕の内はなんだかガックリな内容だった。

 伊豆急下田駅前のコンビニでいろいろ買い物をしていこうと思ったのだが、バスの時間が迫っていたので、買い物を止めてバスに乗る。

 目指すは、多々戸浜。この道はもう、すっかり通い慣れた。ここ数年、毎年来ている。

 バス停近くの開いているのかどうか判らないような雑貨屋のような店で、ビールやお菓子を調達して、民宿Mへ。

 去年までは二泊三日の旅が出来なかったのでホテルにしたが、今年は三日滞在できるので民宿にした。多々戸のホテルは「下田大和館」で、ここは素晴らしいホテルだが、その分高い。しかもシーズンだし。

 民宿Mは、以前に二泊三日していた頃に3度使ったことがある。最初は民宿手製の豪華な魚料理が出てきたのだが、翌年、若奥さんに子供が出来たので夕食は仕出しになった。それでも食べ応えのある内容だったのだが、今回は普通の弁当屋の生姜焼きとかトンカツの弁当しか調達できない。車があればどこかに食べに行くし、宿もそれを期待しているフシがあるのだが……。

 ま、圧倒的に安いんだから、いろいろ足りないこともあるだろう。

 民宿Mの向いにはペンションがあって、ここもなかなかいいところで、ここにも3度ほど泊まったことがあるが、部屋にはベッドしかなくて、机がないので、部屋に入るとベッドに寝転んでテレビを見るか寝るしかない。ロビーのような場所もないし、食後に食堂に居残るわけにもいかない。しかし和室だと、布団を敷かずに「部屋」として使える。

 で、チェックインして宿代を先払いして、着替えて、海へ!

 が、曇天で、水温も冷たい。気温も低くて濡れると寒い。しかも、波が難しい。

 今年の鴨川の波はとても素直で強いので、簡単に乗れる。しかし、多々戸の波はもともと中級~上級者サーファー御用達なので、難しい。同じ下田でも、白浜や吉佐美大浜の波は素直なのだが。

 それでも頑張っていると……なんだか足腰肩が痛くなってきた。いきなり無理をしたせいか?

 2時間ほどで引き上げたが、同宿の客と風呂の奪い合いに。宿には風呂が3つあって、その内1つは「離れの部屋」にあるのに、それに気づいていない家族連れ(3家族合同だったようだ)がやってきて、宿のおばさんが「小さい子が震えてるから先に入れてあげて」と言われたら譲らざるを得ない。

 もう一個の方は、鍵が掛かったままの無音状態。風呂に入っているならシャワーとか音がするはずなのに、無音。

 なんじゃこりゃ状態。

 まあ、なんとか風呂に入れた(最後の順番になったので、時間を気にせずゆっくり入れたが)が。

 その後、弁当の夕食。豚の生姜焼き弁当と、とんかつ弁当。伊豆まで来て、どうしてこんなものしか食えないの?と思ってしまう。相方は「来られただけで充分幸せ」と言うけど……。

 ま、弁当自体は美味しかったんだけど。

 ホテル泊の最上級のサービスに慣れきってしまった、というのもあるなあ。これは反省すべきだなあ。なんせ民宿は劇的に安いから。

 宿の調理場の冷蔵庫を使わせて貰って、ビールを出してきて飲んだら、350ミリ缶1つだけで酔っ払ってしまった。

 食後、持参したゲラをやろうと思っていたのに、もうダメ。畳にひっくり返って寝てしまった。

 その間、相方は、おれが見た分のゲラをやっていた。

 で、21時ごろに布団を敷いて、おれは早々とお休みなさい。

 相方は0時ごろまでゲラをやっていたらしい。

本日の体重:92.25キロ

本日の摂取カロリー:2489kcal

本日の消費カロリー:けっこう消費

2013年8月25日 (日曜日)

久々に散髪、久々に「きらクラ!」

 7時起床。

 雨。

 朝のモロモロをやって、ご飯を炊いて、玉子かけご飯。

 お昼ごろに雨が上がったので、外出。

 久々に散髪。行きつけのクイック散髪で。凄く安いクイック散髪は仕事が雑で髪がヘンな具合になるが、ここはかなりきちんとやってくれて、料金は1700円。おれはこの店で充分。散髪に1時間もかかるような店は苦痛。昔から散髪って嫌いだったんだよなあ。椅子にじっと座ってるのが退屈で。

 帰宅してレトルトカレーを温めて食べていると、14時。夏休み特別編成で先週、先々週とお休みだった「きらクラ!」の放送。

 聴いていると、のっけに、ここにもコメントを寄せて戴いた方のリクエストが読まれたぞ!

 やっぱり、日曜の午後にこの番組を聴くのは実にピッタリする。途中ウトウトしたりしながら聴くのもまたよろし。

 しかし……薬師丸ひろ子の歌声は清らかだなあ!「ウィーン少年合唱団みたい」とか言ってたけど、本当に神々しいほど。「あまちゃん」でのオバサンぶりと好対照。ま、この録音は若い頃のものとは言え。

 聴きながらポップコーンを食べる。

 で。

 番組が終了して、テレビをつける。偶然見たNHKで、伊丹十三に関するドキュメンタリーの再放送をしていた。伊丹さんが「お葬式」で監督デビューするあたりのドキュメント。

 おれが市川さんの弟子になって事務所に通い始めた頃、市川さんのデスクに伊丹さんのシナリオのプリントアウト「侘助たちの秋」(たしか、こんなようなタイトル)が置いてあった。伊丹さんが自分で持ってきたのだと。これが「別れの日」となって印刷された準備稿となって、やがて「お葬式」になる。伊丹さんは映画監督としては市川さんを一番尊敬していた、と聞いた。「細雪」の演出は、伊丹さんの想定外の芝居をつけられて「あれは思いつかない」と感嘆していたらしい。

 そういや、伊丹さんの家は湯河原にあった(今もあるが)んだよねえ。ここを舞台に「お葬式」は撮られたのだ。土曜に湯河原に行ったばかりなので、なんか、感じ入った。

 伊丹さんが書いた「お葬式日記」「マルサの女日記」は映画の準備から公開までを克明に記したもので、「映画ってこうして出来上がるのだ」「映画を作るのって雑用まですべてが面白い!」という思いに溢れた熱い本だった。助監督だったおれは貪るように何度も読み返したもんなあ。シナリオ作り、キャスティング、編集の辺りが特に興味深い。特にキャスティング。なるほどこういう事を考えて配役するんだなあということが判ってスリリング。

 伊丹さんも「女シリーズ」だけじゃなく、「タンポポ」みたいな「エッセイ映画」を撮ってれば、いろいろ局面も変わったんじゃないのかなあ。しかし「大病人」がイマイチだったので、東宝からは「是非、現実をえぐる『女シリーズ』を」という強い要請もあったんだろうし……。

 でも……伊丹さんはこの世にはいない。あの死の真相をきっちり追ったものはあったっけ?

 いかんいかん。ゲラをやる。どうも直す箇所が少なくてホッとしてしまった。その気になればすぐ出来る……と気が緩んでしまった。

 だが。

 今回は、全面改稿するつもり(あくまでそういう心構えという意味)だったのだ。文章をじっくり読み直してきめ細かくやろうと。

 で、やり出すと、最初のポイントで引っかかってしまった。

 とにかくM氏からのチェックポイントには手をつけず、読み進めつつ、小さな部分とか文章に赤を入れる。

 今日一日でやって、旅行中は相方に渡し、おれはノートパソコンで徳間の新作をやろうと思っていたのだが……やっとこさゲラの1/3を読み終えて、本日終了。

 チェックポイントに手も入れられず。

 外出。ゲラ直し用にメモパッドを買う。長い直しをゲラに直接書き込むと読みにくくなるので、プリントアウトして差し替えにするのだが、旅先ではそれが出来ないので、メモパッドに書いて代用するため。

 なにか食べて帰ろうと思ったのだが、急に面倒になって、海鮮丼専門店で「ネギトロイクラ丼」を買って帰宅。

 食べていると、くーたんがやって来てウロウロ。しかし、あげない。ネコはかなりのグルメだから、人間の食い物の味を覚えてしまうとネコ餌を食べなくなってしまうから。

 で……今夜はもうゲラは諦めて、風呂に入って……「半沢直樹」を見てしまった。

 前半の大阪編は、どうも好きになれなかった。悪役がコテコテで、講談かマンガか歌舞伎のようで、ここまで判りやすい勧善懲悪にしなきゃダメなのか、と。しかし東京篇になると、立ち向かう敵が大きくなったので、その分、主人公が無茶苦茶力んで相手を睨み付けたり決めぜりふを放っても、さほど荒唐無稽には感じない。ドラマとして面倒になりそうな部分は巧く省略してあるし。

 まあ、このドラマの楽しみ方が判ったせいもある。主人公は月光仮面だと思えばいいのだし、各回に登場する「憎まれ役」を嬉々として演じる個性派俳優のワルノリ芝居を笑いながら楽しめばいいのだ。原作者も「これは経済チャンバラです」と言ってるんだし。

 今回は、手塚とおるの憎まれ役が「ヒドかった」!

 今後、「経済水戸黄門」「経済大岡越前」「経済銭形平次」みたいなパターンの妙にリアルで妙にあり得なくて勧善懲悪なスーパーヒーローものがうじゃうじゃ出て来るのかもしれない。それはそれで見る前から胃もたれしそうだけど。

 くーたんとしばらく遊んで、23時30分過ぎに就寝。

本日の体重:93キロ

本日の摂取カロリー:2563kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 2013年8月18日 - 2013年8月24日 | トップページ | 2013年9月1日 - 2013年9月7日 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト