« 2013年9月8日 - 2013年9月14日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »

2013年9月15日 - 2013年9月21日

2013年9月21日 (土曜日)

盛りだくさんな一日

 5時に目が覚めたが、いくらなんでも早いので、二度寝。

 しかし6時過ぎに起床。

 今日も気持ちのいい晴れ。

 本日はちょっと水戸に行く。すっかり水戸が、というか、千波湖が好きになってしまった。

 で、特急券をネットで買っておいたのだが、早起きしたので特急に乗らず、その前の普通電車に乗っていくことにして、特急をキャンセル。でもネットでもキャンセル料が300円、掛かるのね。

 くーたんにご飯を出してシャワーを浴びて髭を剃っても、6時40分に出かける支度が済んでしまった。

 北千住駅構内のNEWDAYSで駅弁じゃなくても弁当を買おうとしたら、売ってない。しかたなくおにぎりで我慢。

 7時14分発の勝田行きのグリーン車に乗り込んでおにぎりを食っていたら、車内検札のアテンダントさんが来て、この車両は土浦止まりなので水戸まで行きませんがどうしますかと聞かれたので、じゃあグリーン車の利用を止めるので料金を返して欲しいと言ったところ、「払い戻し券」を出してくれた。しかも、土浦まではグリーン車に乗っていていいという。

 ならば、と土浦までグリーン車。

 9時7分、水戸着。

 今日は土曜日なので、レンタサイクルがある。土日祝祭日に限って自転車を貸してくれるのだ。

 500円払って、自転車を漕いで、桜川に沿って千波湖へ。

 何度来ても、美しい。素晴らしい。

 みんなが大切にしている場所、と言うことが伝わってくる。

 ゴミなんかまったくないし、水鳥たちも人間をまったく恐れず、自転車やジョガーが横を通り過ぎるのに、ノンビリと道に出てきて休んでいる。

Img_1232


 いいねえ。

 素晴らしい。

Img_1233

 常磐神社にお参りして、しばし休息。おみくじを引いたら「吉」だった。

 まだ時間が早くてレストハウスが開いていない。ソバでも食いたかったんだけど。

 汗が引くまで、休憩。

 常磐神社の人たちは、みなさん挨拶をしてくれるので、もちろんおれも丁寧に挨拶を返す。

 偕楽園も素晴らしいが、この常磐神社も素晴らしい。

 なんか、水戸が好きになってきたぞ。納豆は苦手だけど。

 で、自転車で、前回は行かなかった、千波湖の対岸を走る。

 動物愛護の集まりをやっていたり、黒鳥にエサをあげるおじさんがいたり。エサをあげるのはいけない事だと思うが、せがんでいる黒鳥が極めて可愛い。

Img_1234

 市内に、これほどまでに大きくて美しい湖があるというのはいいなあ。本当に憩いの場所だもんなあ。

 まあしかし、東京に住んでいる者としては、上野公園をもっと大事にすべきだなあ。不忍池だって素晴らしい場所なのだし。

 もっと上野公園に行こう!

 11時1分の上野行きに乗るべく駅に戻って自転車を返し、帰りのグリーン券を買って改札を通り、窓口にグリーン車の払い戻し券を差し出す。

 すんなり受理されて返金されてオワリだと思ったら……。

 Suicaに北千住から水戸までのグリーン券情報が残っていないし、グリーン券情報が上書きされているのでどうのこうの、と言うことになってしまった。払い戻しを受ける前に帰りのグリーン券を買ってしまったのがいけなかったのか?しかし係の人はそうではない、と言う。北千住~水戸の情報が消えているのは、車内で「払い戻し券」を発行した段階で消去されたんじゃないの?

 しかし、係の人は数人集まって処理を相談しはじめた。ええ?なんで?

 発車は迫っている(次の電車は11時30分。特急は満席)し駅弁も買いたいのに、よく判らないが処理方法で揉めて難航している様子。

 まあ、グリーン車が土浦止まりだったのが根本原因。で、車内精算が出来なかったのもよく判らないし。

「まだですか?!」

 と声を荒げていたら、やっと処理完了。来たときのグリーン券分返金されて、帰りのグリーン車代はなぜかSuicaの情報が消されて「業務連絡書」というのが発行されて、それで代用するという、よく判らない処理になった。

Photo


 でもまあ、幕の内弁当を買ってグリーン車に乗り込む。

 アテンダントさんが来たので、「業務連絡書」を見せたら、もの凄く怪訝な顔になった。こういうのを初めて見た、という感じ。でもまあ、グリーン券の代わりになって、問題はなかった。

 幕の内弁当を食べ、持参したHPminiで仕事。行きでは出来なかったので、帰りで頑張る。

 いろいろ刺激になったのか、まとまらなかったイメージがまとまって形になった。

 車中できちんとした文章は書けないので、構成を箇条書きにしておく。

 で、13時前に北千住到着。アテンダントさんは「業務連絡書」を改札で見せて通ってくださいと言ったけど、降車したらおれがグリーン車に乗っていたのかどうか判らないんだし、見せる意味がない。実際、見せないまま改札を通過。もちろんSuicaはタッチしたが。

 で、帰宅。

 昨日分の日記を書いてアップして、今朝の「あまちゃん」の録画を見て、ついでに昨夜の「タモリ倶楽部」も見る。

 そうこうしていると、本日夜の部の行事が迫ってきた。

 今夜は、日芸の前に2年間在籍した玉川大学の演劇部の同窓会。当時、玉川大学には映画関係のサークルがなかったので、映画に一番近い演劇部に入った。

 おれは第一志望がICUで、ICU一本槍の受験勉強をしていたのだが、落ちた。国立大学並みの偏差値だったもんなあ。落ちて当然。浪人するつもりだったが、急に浪人するのが怖くなって、その時点でまだ受験出来る大学を捜して、ニワカ受験勉強をして数校受けて、玉川に引っかかった。しかし受験の成績はかなり良好で、あと一歩で特待生だったと言われ、クラス委員になったりした。その頃は、この大学で英語を勉強してUCLAかUSCに留学して本場で映画の勉強をしたかったのだが、いろいろ調べたら、「日芸で充分じゃん」「ハリウッドで仕事するのは相当に大変」ということになって、2年生が終わる春に再受験して日芸に入り直した。その分親には負担をかけてしまった。お坊ちゃん大学トップクラスの玉川大学は学費が高かったし、日芸だって同じくコストの掛かる大学だったし。

 まあ、そんなこんなで、玉川大学の2年間、正確には2年の秋以降は大学に行かず家で受験勉強していたのだが、演劇部のみんなは、とても懐かしい大切な存在だ。

 大学の演劇部って、もっと熱くてめちゃめちゃなところ(朝まで酒を飲んで演劇論を熱く語り合うとか意見が合わずに喧嘩になるとか男女関係が乱れまくっているとか)だというイメージがあって、それなりの期待もあったけど、その期待は大きく裏切られた。玉川大学演劇部は極めて真面目。超真面目。酒は飲んだけど朝まで激論を交わすことなく、喧嘩もなく、男女の乱れなんか一切ナシ。中村雅俊の「俺たちの祭」とかで描かれる演劇サークルとは正反対の品行方正超真面目集団だった。

 今は知らないが、当時の玉川大学は創始者がまだ健在で、建学の精神が現在形で生きていたからなあ。

 まあ、そのスクールカラーに、おれは徹底的に合わなかったのだが。

 おれが辞めて数年後、薬師丸ひろ子が入学したのよね。

 で……そういう中退者だということと、演劇部の一種、「玉川イズムの布教活動の最先端」みたいな雰囲気がまったく合わなかった、ということもあって、同窓会にはほとんど顔を出さなかった。こういうものは、顔を出さなくなると、次が行きにくくなる。行きにくいと億劫になって行かなくなる。

 おれの意識の中では、「おれは日芸卒」ということになっているし……。

 しかし、演劇部の連中は今でも仲間だという意識もある。全然顔を出さないのに、今も声をかけてくれる。

 ということで、〆切に追われてヒーヒー言ってるタイミングでもなく時間もあって、モロモロ条件が揃ったので、10数年ぶりに行ってみた。

 しかし、会場に近づくにつれて、「忘れ去られてるんじゃないか」「会話がまったく噛み合わないんじゃないか」「完全アウェー状態で居たたまれないんじゃない」とか思って不安になってきた。で、落語会の会場まで来て帰ってしまった立川談志みたいに、ドタキャンして帰っちゃおうかと思ったりしたが……。

 結果として、こういう事は、「案ずるより産むが易し」。

 会場に入った途端に、玉川を辞めてから30年以上会ってなかった人たちとの垣根が一瞬にして消滅して、「あの頃」が戻った。

 えらいもんですな。これが同窓会のいいところなんだよなあ。

 ウソかホントか「全然顔を出さないおれのための会」とか言ってくれて、アウェー状態になんか、なりようもなかったし。

 区議会議員になったヤツもいるし家業を継いで社長になった者もいるし学生時代から秀でていたワザを磨いてその道のProになった者もいるし……。女性軍はみんなマジで魅力的に年を重ねていて、まあ、みんないろいろ抱えていることもあるだろうけど、いい感じで50代になってるなあ。男はみんなオッサンになってるが、女はオバサンじゃないところが凄い。まあ、そもそも、玉川というところは女の方が強い(意識が高くて目的意識があって勉強も出来て気も強い)大学だったけど。

 とても仲よくしていて今日は来なかったヤツが早稲田の大学院に進んでシェイクスピアの研究で博士になって大学で教えていたとか、意外な事実を知って驚いたり。

 遠くに帰らなければならないメンバーを送った後、二次会に行き、そこでも盛りあがったが、深酒をしないのがこのメンバー。

 電車のあるうちに解散となって、0時前に新宿から電車に乗り、1時前に帰宅。

 いやあ、めくるめく一夜だった。

 風呂に入って、くーたんと遊んで夕刊を読み、NHKの深夜番組を見る。視聴者が眠たくなるまでやる、と言うクドカンたちのゆる~い番組。

 これを、ウトウトしながら3時前まで見てしまい、慌てて寝る。

 いやあ、本日は盛りだくさんな日だったぜ。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2400kcalくらい?

本日の消費カロリー:639kcal/10733歩

2013年9月20日 (金曜日)

疲れがなかなか抜けないというか

 6時過ぎ起床。

 1時30分に寝たから、完全に寝不足だが目が覚めてしまった。カツオのタタキにニンニクをかなり投入したから、そのパワーか?

 今朝も、物凄くいい天気。

 「あまちゃん」を見て、「アサイチ」を見ると、今日のゲストは能年玲奈だった。彼女が選んだ名場面の1は「前髪クネ男」。このインパクト強かったもんなあ!まさに「列島を駆け抜けた衝撃」。ラストにまた出て来ないのかなあ。というか、この役を完璧にやったので、勝地涼のファンになったもん。

 あと、リハーサルで荒巻が演技をつけているところ、薬師丸ひろ子が笑ってたのね。放送の時には気がつかなかったけど、大笑いしてるのが使われていた。そりゃ笑うよなあ。

 「アサイチ」を最後まで見てしまって、仕事は10時スタート。

 が、集中力が出ない。

 ブランチのつもりで、トースト1枚にコーンフレーク、ゆで卵を食べる。

 まだ仕事のスイッチが入らない。

 ボンヤリしていても仕方がないので、懸案だった書類の整理を始めてしまった。あちこちに分散していた「出版契約書」をまとめたり、保険などの書類をまとめたり、戴いた暑中見舞いなどをまとめたり、不要になったあれこれを捨てたり。貰ってきたチラシとかを大事に取ってあったりするけど、要らないもんね。

 腹が減ったので、チンジャオロースを作って食う。ピーマンを入れるだけで出来るインスタント。まあまあの味。

 午後も、仕事のスイッチが入らないまま。「第2章」のっけのアクションのイメージは漠然とあるけれど、ディティールがハッキリしないせいか。舞台は大阪なので、ちょっと行ってくるというわけにも行かないし……ウジウジしてるなら新幹線に乗って行ってきた方がスッキリするけど、もう日帰り出来る時間ではなくなってしまった。

 まあしかし、溢れていた書類関係がスッキリしたのは成果ではある。

 朝日夕刊に、宗田理氏の回想が短期連載されているが、雑誌編集長を経て広告会社を作ったが上手く行かず、清水一行氏のゴーストライターをやっていたと。その時代に書いたのが「動脈列島」。これは先に映画で見て、とても面白かったので原作も読んだ。同時期に東映で「新幹線大爆破」も作られて、新幹線パニック映画の競作になったのだ。

 この作品で清水一行氏はいろんな賞を取ってしまった。レッドパージ中のドルトン・トランボに名前を貸したら、その作品がアカデミー賞を取ってしまったあるシナリオライターみたいな事が起きたのだ。

 で、宗田理氏は自分の名前で小説を書き始めて、「僕たちの六日間戦争」で大ヒットを飛ばして現在に至る、と。

 いや~これは意外な事実。かなり驚いた。もう関係者が物故してしまったから明かしたのだろうが。

 夕食は、鰺のタタキに、昨日の残り物で。

 早起きした分、早く眠くなってしまった。ソファに寝転んでダラダラとテレビを見て、23時を過ぎてもうダメだということで、寝る。「タモリ倶楽部」は録画。

本日の体重:92.10キロ(あれ?増えたぞ)

本日の摂取カロリー:1765kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

2013年9月19日 (木曜日)

週刊新潮はただ今発売中です!

 今発売中の週刊新潮に、安達が書いた「黒い報告書」が載っております。是非、読んでみてください!他の筆者とはトーンが違うんじゃないかと思います。かなりドタバタ風味にしてみましたが……。

 で。

 7時起床。

 今日も、もったいないくらいのいい天気。

 「あまちゃん」を見て、「アサイチ」の冒頭を見て、仕事にかかろうかと思ったら、iOS7が配布されているというので、バージョンアップ。

 iTunes経由でやろうとしたが、何度やってもダメ。まずiTunes自体をバージョンアップしなければならないのに、それが出来ない。

 が、iPhone単体でもiOS7に出来るので、やってしまったが、これがヒジョーに時間がかかった。

 その上、iCloudのパスワードなどが受け付けられなくなって焦ったが、iPhoneの電源を再投入したら直った。

 

 ということで、iOS7。かなり印象が違ったし、いろいろ新機能も。カメラのフラッシュがライト代わりに使えるようになったので、簡易懐中電灯になるようになったり。

 しかし、使うときに、いちいちパスワードを入れる必要があるのは面倒。セキュリティ対策なんだと思うけど……。

 2冊の刊行時期のかちあいは、調整がついてホッとした。そんなに量が書けないから、1冊1冊大切にしていきたい。

 夏が過ぎて、本気で減量を始めているので、ブランチ&ディナーの一日二食にしている。アサメシを食べないとダメだという意見が圧倒的だけど、人類史上、アサメシを食べるようになって日が浅いように思うんだけど……。しかしまあ、おれの生活だと朝昼兼用のブランチがとてもいい感じ。

 トースト2枚にスクランブル・エッグ、ベーコンにトマト。これだけで凄いカロリー。

 そろそろタオルケットが寒くなってきたので毛布を出すことにして、洗濯。洗濯機を2度回して干す。

 録画した「孤独のグルメ」を見る。新潟・十日市場町にあるドライブイン。美味そうだけど、行けないよねえ。

 五郎さんはBMWに乗ってるのね。フランス贔屓らしいからシトロエンとかに乗っていて欲しかったけど。

 その後、部屋の掃除をしたり、いろいろ調べ物をしたりで、枚数としては原稿は進まず。

 前夜のテニス、頑張りすぎたので、今日その反動が来て、眠い。わずか80分のテニスだが、翌日まで響くのよねえ。

 夕方になって、予約していたカイロへ。

 左足の膨ら脛の奧の筋肉が凝っているので、針を1本。

 帰路、スーパーで買い物。今夜はカツオのタタキにする。

 帰宅したらすぐに青汁の販売が来た。ポイントシールを貼っておいて渡すつもりだったのに、すっかり忘れていた。今月で期限が切れるシールがあるというので、ざっと見たが、見当たらなかったのでホッとした(というのもオーバーだけど)。

 で、思い立ったときにやっておかないと、ということで、ポイントシールを全部、台紙に貼っていく。と、なかったはずの期限切れシールが9枚もあった!

 ご飯を炊いて、味噌汁を作って、カツオのタタキの野菜を用意する。カツオのタタキ本体より生姜とニンニクの効いた野菜が美味いのだ。

 で、夜は、風呂に入ってから、とろとろとテレビを眺める。

 NHKの「ニュースウォッチ9」を見て、テレ東の「カンブリア宮殿」を見る。たしかに一時期の「無印良品」は低調で色褪せてたもんねえ。番組でいろいろ説明されてナルホドと思ったが、あの頃と今とで、製品がどう違っているのか、よく判らない。

 しかし、アベ首相は「汚染水は完全にブロックされている」と言い続けている。IOC総会でそう言ってしまったんだから、今更翻せないのは判る(判りたくないが、アベ首相としては、という意味)。しかし港湾は口が開いてるんだから、「完全にブロックされていない」のは誰が見たって判ること。IOC委員は事実がどうか知りたいのではなく、単純に安心したかっただけなのだ。

 しかし、アベ首相と日本国は国際公約をしたようなモノなのだから、汚染水問題を解決しなければならない義務を負ったのだ。なんとかして貰おう。


 ゴミ出しをして、夜空を見上げると、中秋の名月。極めて明るく輝く月。美しい。

 そして、空気は完全に、秋。あ〜もう秋か。なんだか寂しいねえ。

 「アメトーク」のウォーキング芸人を見る。土田(と呼びつけにしてしまうが)がもの凄い距離を歩いているのにビックリ。2時間半も歩けないよ。でも、ここまで徹底するから痩せたんだよねえ。そうだよなあ、かつての土田は結構太ってたもんね。

 その後の「お願いランキング」で、東京駅のあれこれをやっていたので、ついつい見てしまった。やっぱり東京駅改札内の駅そばは新幹線のプラットフォームと何とかストリートの中の高い店しかないのね。わざわざ改札を出てまで食べるモンじゃないしなあ。でも、あれだけの規模の駅なんだから、駅そばを食わせる店がもっとあってしかるべきだと思うけどなあ。いろんなターミナル駅の駅そばが減って、もっと高いシャレた店に模様替えしているのは、JRはなんか勘違いしてないか?通勤客の主流は依然としてオッサンだぞ!

 

 で、寝ようと思ったのに、日テレの「東京エトワール学院」とかいう番組で、藤原なんとかという作曲家兼指揮者が「指揮のあれこれ」を語っていたので、ついつい見てしまった。カラヤンの映像がやたら古い50年代のモノを流していたが、その時代のものじゃないと高くて使えなかったんだろう。素人に指揮をさせてみて失敗するという狙い通りのオチがついて終了。

 1時30分就寝。明日は仕事を頑張ろう。


 地震の夢を見て起きたが、タダの夢だった。

 な〜んだと思って寝直したら、2時過ぎに本当の地震があった。けっこう大きかった。震源は福島・いわき市で震度5弱。原発に異常はないと知って、ホッとした。

本日の体重:91.95キロ

本日の摂取カロリー:1789kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α 

2013年9月18日 (水曜日)

仕事はまあまあ、テニスは絶好調

 7時起床。

 今日も、もの凄い晴れ。

 秋になって起床時間が遅くなってきた。いや、寝るのが遅くなってきたのだ。

 「あまちゃん」。普通の朝ドラなら一週間は引っ張れる「足立先生の市長選~当選」をたった1回で、しかも5分ほどでやってしまった。まあ、この件を深追いすると、復興に絡む政治とかをいろいろネタにしなければならなくなって、それはこのドラマのトーンに合わないよなあ。

 朝のモロモロのあと、アサメシ。トーストにしようと思ったが、冷蔵庫に味噌汁が残っていたので、ご飯を温め、目玉焼き。

 で、仕事開始。

 その前に、1月にかち合うかもしれない2冊分の刊行日調整打診のメールを出したり。こういうことは、本来は書く側がすべきではないのかもしれないが……。

 昨日の日記に書き忘れたこと。

 相方と喋っていて、ふと、リチャード・マシスンの話になった。なにからマシスンの話になったのかは忘れたが、リリー・トムリンの「縮みゆく女」はマシスンの「縮みゆく人間」ないし映画「縮みゆく男」のリメイクだった。

 それはともかく、帰宅して久々に早川の「異色作家短編集」のリチャード・マシスンの傑作ばかりを集めた「13のショック」を読み返す。

 すべてがスゴイ作品ばかりなのだが、その中でも特に「種撒く男」(ハメットの「血の収穫」を矮小化して無目的化したブラック・ユーモア。無目的、というのがとても怖ろしい)と「忍び寄る恐怖」(アメリカ全土がカリフォルニアになってしまう!という西海岸文化への皮肉たっぷりな奇想!)がダントツにスゴイ。

 筒井さんに大きな影響を与えていると思う。

 そのマシスン、今年の6月に亡くなっていたと昨夜知った。

 敬愛する作家だった。極東の片隅から、ご冥福をお祈りする。

 東日本大震災の時、幼稚園の送迎バスが津波に襲われて園児が亡くなってしまった事故の裁判、幼稚園側の全面敗訴。訴えた遺族を中傷する書き込みがネットに多数あったそうだが、そういうことを書き込む連中はクソ以下。ロクな死に方をしないだろう。

 最初は、「あんな大災害だったんだし」と思ったが、裁判で事故の経緯が明らかになってくると、これは幼稚園側の重大な判断ミスだったとしか思えない。賠償させるより、事故の経緯を明らかにすることが遺族の目的だった。

 この幼稚園に限らず、小学校や銀行や、いろんな場所で、避難した場所で津波に襲われてしまった事例が多い。

「あんな凄い津波が来るとは思わなかった」というのはとてもよく判る。後からなら「どうしてあの時」とどうしても思うのだけど……。しかし、災害時のマニュアル通りにしていれば助かった例も多い、と言うのが……。

 幼稚園の送迎バスの中で、友達同士手をつないだまま亡くなっていたという事実を知ったら、親は「天変地異なんだから仕方がない」で済ませられるわけがない。おれが親なら怒り狂ってなにをしでかしてしまうか、自制する自信がない。

 福島第一原発の地下水の遮蔽を、2年前にやろうとして東電に難色を示され、政権も東電の言い分を飲んでいた、と、「五時に夢中」で上杉隆が言っていたことと同じ内容を、民主党の馬淵が民主党の会合できっちり話したと。

 2年前、確かに世論は「国が出るな。まずは東電に責任を持って対応させろ」という声が強かった。国も、一企業が起こした事故の対応をしてしまうと「悪しき前例」になるという声も強かった。だから、一概に当時の民主党政権を批難出来ない。

 が……批判が自分に跳ね返ってくるのを恐れて国会の休会中審査を先延ばしして政府への追及が及び腰になるとしたら、その時、民主党は本当に死ぬぞ。自分たちへの批判は覚悟して、反省と失策への謝罪をしつつ、現政権を追及すべきだろ。じゃないと、政権交代していたら誰も現政権を批判出来なくなるというナンセンスなパラドックスに堕ちてしまうじゃないか!

 で。

 「第2章」を本格的に書き始める。

 のっけから、詳しく調べて書かないとまずいことが出てきたので、いろいろ調べる。

 いっそ、現地に行ってみた方が早い、とか思ったが、そんな余裕はない。

 何とか書き進める。

 夕方、永谷園の「そーラーメン」を食べる。

 

 で、17時過ぎに外出。週一のテニス。

 先週は不調だったが、打って変わって今日は絶好調。

 レッスンはまあまあだったが、試合になって、コーチ相手に鮮烈なボレーを見舞い、レッスン生同士の試合でも強烈なボレーを決めたし、後衛でもよく球を追えた。

 今日みたいな調子が続けば上のクラスに行けるんだけどなあ。続かないんだよなあ。

 で、いいボレーを打ったときに腰を捻ってしまった。ちょっとヤバいが、風呂に入って柔軟体操をしたら、まあ、収まった。

 帰路、曳舟駅前の「上海菜館」で、酢豚定食(麻婆豆腐つき)を食べる。夕食は魚にすべきだと思ったが、海鮮丼か鮨になる。鮨って案外メシをたくさん食べることになるし、海鮮丼じゃ寂しいし、ということで。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、しばし遊ぶが、そのまま寝てしまったりしたので、「孤独のグルメ」は録画して、0時前に就寝。

 そろそろタオルケットでは寒くなってきたかな?

本日の体重:91.95キロ

本日の摂取カロリー:1953kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+187kcal/3143歩

2013年9月17日 (火曜日)

台風一過でいろいろスッキリ

 7時起床。

 もう、もったいないほどの雲一つ無い日本晴れ。

 富士山もクッキリ見える。

 空気が乾燥して爽やか!

 こういう日は何処かに行きたい気分。海に行きたい。しかし、そうも行かない。

 「あまちゃん」を見る。ブラック・ユイちゃん全開!で、ふと思ったのだけど、ユイちゃんって、「おそ松くん」のトト子ちゃんみたいな気がする。

 「おそ松くん」でのトト子ちゃんは、可愛くて近所のアイドルなんだけどそれを自分でも意識していて(無意識かも)けっこうワガママで女王様。

 今でもハッキリ覚えているが、みんなでハイキングに行ってトラブルが生じて食べ物がなくなって飢えてしまったら、イヤミが売りに来る高価な食べ物をトト子ちゃんが独占して食べてしまって六つ子はヒモジイままで泣き寝入り(ドンデン返しがあるけどトト子ちゃんは反省しない)という回があった。おれはコドモゴコロに「可愛い女の子って怖ろしいのだ」と刷り込まれてしまった。

 相方に頼まれたプリントアウトをして、再校ゲラの「エピローグ」をやる。今回は特にラストの文章が気になって、直してみたりこのままでいいかと戻してみたり、かなり試行錯誤してみた。頭の中にハッキリした映像が浮かんでいて、これが映像化された場合、ハッキリと演出出来るくらいの確固としたイメージがあるのだが、それを文章でどう表現するか。ぴったりと書けなくてもどかしい。

 クロネコさんが来て、注文していたアップル純正の「スーパードライブ」が到着。要するに外付けのDVDドライブ。

 ずっと使っていたLaCieの外付けDVDドライブが、なぜか不調になってCDは焼けるがDVDが焼けなくなった。故障ではなく、どうも最新バージョンのOSにサポートされなくなってしまったようなのだ。LaCieのドライバーの更新は止まっていて、今のOSでは使えませんと拒絶されてしまうし。

 バッファローとかの安いドライブはあるが、この際多少高くても純正を買って安心も買おうということで。

 しかしこの純正ドライブは、本体直結でなければ作動しない。電源供給式のUSBハブだと使えない。それにUSBケーブルが凄く短いので、いろいろ配線を換えてiMacのすぐそばに設置。

 テストでDVDを焼いてみたら問題なく作動!当たり前だけど。

 これで長年の(でもないけど)懸案がひとつ解決。今まではDVDを焼く必要が出た時は、いちいちMacBookProを引っ張り出して起動させていたのだ。

 税理士さんに問い合わせていた件も早速お返事を戴いて、スッキリした。で、すでに書いてあった源泉徴収税の納付書を確認すると、どうもダブルカウントしていてすでに納付済みの2万円を危うくダブって再納付するところだった。あぶねえあぶねえ。

 納付書を書き直して、未納付だった分もきちんと確認して書類を整える。払わなきゃイカンものは、いずれ、どうせ払わなきゃならなくなるんだから、悪戯に引き延ばしても意味がない。きちんと納付することにする。金欠の極みだが、キッチリやれば「気」も変わってくるだろう。

 で、そう思って気持ちを切り替えたら、不思議とスッキリした。気分爽快。今日の天気のようにスッキリ爽やか。実に不思議なものだなあ。

 10時を過ぎて祥伝社M氏と連絡して、再校ゲラを13時に持参することにする。

 

 で、最後まで残った「エピローグ」のチェックをやってしまう。

 シャワーを浴びて支度して、12時前に外出。

 神保町駅前の銀行に寄って税金を納付してしまう。

 窓口で、金持ちそうなジイサンが窓口嬢とえんえん駄弁っている。こっちは順番待ってるんだから、用件が済んだらさっさと退け!とは思うが、この金持ち風のジイサン、なんか会話に飢えているようなので、生暖かく見守る感じに。窓口嬢も同じ気持ち……いや、いい顧客だから話し相手にならなきゃいかんのだよね。

 納付に手間どって、13時5分に祥伝社到着。

 M氏とS編集長と3人で、直しの最終確認。参考にした実際の事件を過度に想起させないように、という話し合い。その結果、納得したので1箇所だけ直す。

 それと、ラストも編集お二方の感想を聞いて手を入れる。

 で、おれたちの手を完全に離れた。正しい意味で、脱稿。

 今回は丁寧にゲラ拝が出来た。本来はこうあるべきだろう。押せ押せじゃなくて。まあ、押せ押せになるのは原稿がギリギリになってしまうせいなんだけど。

 その後、3人でランチ。新世界飯店に行き、おれはパイコー飯を戴く。

 食べながら、次回作の企画を考えたり、福島第一原発の事故処理の杜撰さに憤ったり、「半沢直樹の二番煎じは商売になるか?」という話をしたり。

 日本人の血には、時代劇テイスト・歌舞伎テイストは染みこんでるから、ああいうケレンたっぷりの背広チャンバラは一過性のものではなくて、ジャンルとして定着しそうな気がするんだけど……。どうッスかね?

 次回作のアイディアは、なかなかいい感じのものが湧いてきた。

 お二方と別れて、秋葉原にでも寄って帰ろうかと思ったが、そうもいかないので、真っ直ぐ帰宅。

 とは言っても、なんだか疲れてしまったので、夕方はボンヤリ。

 夜、相方と打ち合わせをするので、最新ファイルをHPminiに入れるが、そのついでに、プリンターの最新ドライバーをインストール。しかしこのマシンは本当に非力なので、ムチャクチャ時間がかかる。しかしまあ、ごくたまにしか使わないので、これはこれでいい。外での原稿チェック用にiPadを買えば、このマシンは引退させてもいいんだけど……あるものは使い倒すべきだよね。

 で、19時30分に町屋のデニーズで相方と食事しつつ、今日の報告をして、原稿チェックをして、「第2章」の打ち合わせ。

 サワラの西京焼き膳を食べるが、打ち合わせをするのにテーブルが空だとアレなので、デザートも食べる。カロリーを考えて、白玉あずき。

 帰宅して、シャワーを浴び、くーたんと遊ぶ。

 ネコの真剣な表情は、本当に可愛い。真剣な表情で猫じゃらしを追いかけるのは、いじらしくてたまらない。

 コイツの幸せは絶対に守らなければ、と思う。

 

 で……0時になってふとBSを見ると、NHKで「アメリカ冬の時代~経済破綻して転落する中産階級」(後編)をやっていた。

 ちょっと見はじめたら止まらなくなってしまった。

 これは悲惨。実に悲惨。ずっと普通に仕事をして暮らしていた人たちが職を失い家のローンも家賃も電気代も払えなくなって車で寝泊まりしたりシェルターに入ったり実家に転がり込んだり……。

 構造的には日本と同じ。製造業が海外に移って、「産業の空洞化」が進んでいる。日本の場合は、アメリカの強い圧力もあって工場を海外に移さなければならないということも大きいが、アメリカの場合は「資本の論理」で安い人件費を求めた結果、アメリカ国内の工場がどんどん消えていった。

 その分、中国が一気に成長して今のようにブイブイ言わせるようになった。まあ、日本だって中国と同じようなプロセスで欧米から仕事と富を奪って豊かになったわけだが。

 会社としては利潤を上げて、アメリカ経済は依然として巨大なのに、国内の労働者は疲弊している。

 単純労働者はもうお呼びじゃない、産業構造の変化に対応出来ないヤツは落ち零れて当然、と言い切ってしまえるのか?

 日本には「セーフティ・ネットがない」とよく言われるが、アメリカの方がもっとないんじゃないか?公的な健康保険制度がないから、貧困層は病気になっても医者にかかれない。こんな先進国、ある?

 1920年代の大恐慌みたいな大嵐は起きなかったと言われるが、そんなことはない。じわじわと国を蝕んでいる。今の状況で暴動とか反政府デモとか中東のようなヤバい事態にならないのは、人々に忍耐力があって「自助努力」「自己責任」ということが染み渡っているからなのか?

 日本人が暴動を起こさないのは、そんな元気もないからだと思うが。

 まったく他人事ではないツラいドキュメンタリーを見てしまった。

 1時就寝。

本日の体重:91.75キロ

本日の摂取カロリー:2234kcal

本日の消費カロリー:日常生活+313kcal/5068歩

2013年9月16日 (月曜日)

台風っ!

 7時過ぎ起床。

 雨。

 ついに関東に台風がやって来る。コース的に直撃は数年ぶりか。たしか前回は夕方の帰宅ラッシュ時にぶつかったんだよね。

 BSで「あまちゃん」を見て、その後の「世界ネコ歩きmini」も見る。子猫というのは本当に愛らしい。ウチのくーたんは子猫の頃はとにかくウチに慣れずに部屋の中を逃げ隠れしてなかなか懐いてくれなかった。

 そういえば、読売の「発言小町」に、瀕死の野良猫を拾って病院に連れて行って何とか命を救ったら、そのネコにムチャクチャに懐かれて困ってしまって誰かに譲りたいんだけどどうしたらいいか、という相談が書かれていた。その懐き方が半端じゃなくて、完全にベタベタで、ナニも出来ないくらいらしい。当人は相当困惑しているようだが、その書き方にはネコへの愛情を強く感じる。なんというかツンデレというか。

 ネコ愛好家はみんな「これも縁だし、ネコちゃんはそれだけ深くトピ主に感謝して愛してるんだから、このまま飼ってあげて」と口を揃えて書いている。たしかにねえ、本当にベタベタで全身でトピ主への感謝と愛情を示しているのがいじらしくて涙ぐんでしまう。

 しかし、「発言小町」に巣食っているバカが「一度拾ったんなら責任もて」とかデリカシー皆無な書き込みを、乱暴な文章で投稿している。ほんと、バカだねえ。バカはどこにでもいると、とは思うけど。その意味で、「発言小町」は今の世の中の正しいサンプリングなんだなあ。「声」とかの投書欄とは違う「バカのホンネ」が載ってるんだなあ。

 「あまちゃん」、地上波での放送も見る。

 ユイちゃんの激怒シーン(回想)を見て、この怒り方はリアルだなあと思った。いや、女の子がこんなに怒るのを目の当たりにしたことはないんだけど……。

 「アサイチ」は潰れて台風情報。NHKはそのままずっと台風情報のまま。おれも台風情報を見続ける。やっぱりこういう時は民放よりNHKだもんね。

 トースト2枚、スクランブル・エッグ、ハムで朝食。

 「第2章」に入ろうとファイルを開いたが、どうもスイッチが入らない。それに、昨日はあんなに寝不足のくせに目も頭も冴えたのに、今日は眠い。眠くてたまらない。気圧のせいか?

 相方への印税分配分の源泉徴収税、金欠だし「まだ払わなくていい」と納付をサボっていたら、どの分を納付して、どれが未納付か判らなくなってしまった。納付するつもりで納付書を書いたけど金欠で後回しにしてしまったのに納付メモには「済」と記してしまったのが原因。なので自分のメモの信頼度がなくなってしまった。

 二重に税金を払うのはイヤだし。出来れば税金なんて払いたくないんだから。(財政危機を避けるための消費税増税には賛成だけど……これってホンネとタテマエの乖離の典型ね!)

 税理士さんに、これまでの納付状況を確認して貰うことにして、仕事も、「第2章」が書き出せないなら、まだ終わっていない「悪漢刑事11」の再校ゲラ見直しをやることにする。

 ほんとは、頭の冴えている時間帯は新作の原稿を書いて、午後や夜にゲラをやるサイクルが一番だと思うんだけど。

 再校ゲラをやる。

 台風、東京はさほどでもない……ことはない。足立区方面はさほどでもなかっただけで、埼玉の方では突風が吹いて、また家屋が壊れた。大雨が降るのに屋根が飛ばされるのは悲惨。

 それに……京都の嵐山がこんな風景になるとは!あの穏やかな桂川が氾濫するとは!

 あっという間に昼が過ぎ、夕方になる。

 風雨は収まって、雲が切れてきた。

 台風が過ぎて、富士山がシルエットで見える。

 「5時に夢中」を見る。ふかわりょうは休暇に入って、代打は最近NHKを辞めた堀潤。マツコがもう、嬉々として弄る弄る。おかげで本題に触れられないまま。「いや~自由ですね。これでいいんですか?」とNHK育ちを前面に出した堀は当惑。それをマツコが「声が違うわね。やっぱりきちんとしたところでアナウンサーになった人は違う!」「カッコつけようとしてるのにイヤミにならないのがいい!」と絶賛して、堀本人は「これを褒め殺しというんですね」と応戦。ふかわもウカウカしてられないぞ!というか、もっと高いところを狙っている堀氏はこの番組のレギュラーにはならないだろうけど。

 結局、ランチは抜いて、夕食。

 秋刀魚の開きを焼き、大根おろしを大量にすり、昨日の残りの切り干し大根や味噌汁とともに。

 美味い。

 しばらくテレビざんまい。

 各局のニュースを見て、日テレの明石家さんまの「転職スペシャル」番組を見る。やっぱり明石家さんまは巧いわ。

 清原の頭部にデッドボールを与えて、翌年ホームランを打たれて引退した広島の小林投手がパティシエになって代官山にオシャレな店を開いている。そこにドッキリで清原がやってきて……。

 この部分は、番組スタッフの狙い通り、泣かせて戴きました。

 戴き物のネーブルを搾ってジュースにして飲む。美味い。

 このあとの「しゃべくり007」も見てしまった。阿部サダヲがゲストなので。阿部サダヲも弄られ倒されていたが、「大人計画」の雰囲気が何となく判った。彼がいったことがウソかホントか判らないが、劇団とは言えかなりクールな関係のようで。みんな忙しくなると「みんなで酒を飲みに行く」とか、なくなるんだろうなあ。EXILEは体育会系の「集団」だから、「一致結束」「団体行動」が基本なんだろうけど。

 くーたんと遊びながら、見る。

 23時になってしまった。

 眠い。

 が、ここで寝てしまうのはいかにもマズイ。

 風呂に入って、ゲラ拝に戻る。

 1時までやって、「エピローグ」の前まで見終わる。再校なのにけっこう手を入れてしまった。

 1時30分、就寝。

本日の体重:92.45キロ(やっぱり夕食を魚にすると体重は減る)

本日の摂取カロリー:1848kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度 

2013年9月15日 (日曜日)

備えあれば憂いなしとは言うけれど……

 5時に目が覚めたが、なんとか二度寝する努力をして、6時前起床。

 寝不足。昼寝しよう。

 雨。

 今日から台風だから、籠城する態勢は出来ている。

 午前中、かなり激しい雨。窓につけたエアコンの隙間から雨が降り込んできたので、エアコンを止めて窓を閉める。

 イングリッシュ・マフィンとゆで卵、ハム&マヨネーズにコーンフレークの朝食を食べてから、仕事開始。

 

 「第1章」の直し。やり始めたらスイスイ進んだが、かと言って簡単に済みはしない。

 雨は止んだ。

 どうせまた降ってくるんだろうと思ったら、晴れてきた。天気予報、大ハズレ。

 時折、iPhoneに「もうすぐ雨が降ってくる」の警告が鳴るが、全然降ってこない。

 お昼を過ぎて、NHK-FM「松尾堂」を聞きながらやる。パリ住まいの雨宮塔子とパリ留学経験者の加藤紀子の話が合いすぎ。それとパリに縁がある平野啓一郎。いいねえ。パリに住みたいねえ。ずっと住むのは大変だから、せめて1ヵ月とか。松尾貴史がしきりに「パリに住むというと、やっぱりアパルトモ~ンとかに住むんですか」とかチャチャを入れていたが、そういう感じでチャチャを入れたくなるなあ。これは僻みです。

 依然として天候は回復してしまった。

 だったら外にそばでも食べに出ようかと思ったら、iPhoneに「雨が降り出す」警報が。

 しかし、全然降りそうもない。

 そのうちに、外に出るタイミングを失ったので、ウチでお昼を食べることにする。

 永谷園の「ラーソーメン」(だっけ?)を茹でて食べる。ソーメンとラーメンの中間みたいな麺をそばつゆで食べる。

 美味いことは美味いけど……ソーメンの方が良かったかな。

 引き続いて「きらクラ!」。今週と来週、ふかわりょうはお休み。しかし先週の「5時に夢中」には出ていたんだが、彼はいつから休暇なんだ?この番組、録音なのに。

 プロ奏者二人のお喋りはそれなりに楽しかったけど、まともすぎ。やっぱり、ふかわの素っ頓狂な発言がないと刺激が足りない。この番組にはふかわりょうは絶対に欠かせない。

 で、16時。ラジオを切って仕事に集中。17時前に終えて、相方と徳間Y氏に送る。

 引き続いて、「悪漢刑事11」のゲラ。最終的なチェック。昨日の続きで、アタマからじっくり読み返す。

 で、まったく雨が降りそうもないので、買い物に出る。

 急に手製の味噌汁が飲みたくなったので、豆腐とネギを買いたい。

 スーパーに行くと、あじのタタキがあったので、買う。今夜のおかずは「秋刀魚の開き」を予定していたが、あじのタタキの方が食いたかったのだ。

 帰宅してご飯を炊き、味噌汁を作り、あじのタタキに生姜とミョウガと大葉を足して、炊きたてご飯に載せてワシワシと食う。

 美味い。

 手製の豆腐と油揚げの味噌汁も美味い。

 お総菜の切り干し大根や炒り豆腐も食う。

 メシを食ったら大汗。おれって単純。

 「ダーウィンが来た」を見る。スカンクって凄く可愛いじゃん!毒ガスを噴射したあと、なんだか申し訳なさそうな雰囲気を漂わせるのも可愛い。

 「八重の桜」。熊本バンドの連中の学費はどこから?まあ優秀な彼らから見れば、同志社英学校の「現状」は生ぬるくて歯痒かったんだろうなあ。だけど彼らには「外様」という遠慮はなかったのか?外国の知識を得て洗礼も受けてるのに男尊女卑のままだったというのもヘンなの。と思うが、当時はそういう感じだったんだろうなあ。染みついた考え方というものは学校で知識として習った程度では変革出来ないもんなあ。

 で、「半沢直樹」。このドラマは最初は馬鹿にして見たくもなかったが、演技派の役者たちが嬉々として憎々しい悪役芝居を競ってワルノリして楽しんでいるのを眺める、という鑑賞の仕方が判った。そういうのを単純に面白がればいいのだ。歌舞伎の悪役のくさいくさい芝居を愉しむのと同じ。

 香川照之はもう、完全に悪相になっていて、元に戻れるのか心配になるほど。その大和田常務の腰巾着を演じる森田順平がまたいい味を出している。このドラマは悪役の饗宴を見るものだなあ。ケレンたっぷりの展開と見せ場もあるし。こりゃもう歌舞伎ですな。

 背広歌舞伎「半沢直樹恨骨髄倍返」とかやればどう?キメの台詞で思いっきり大見得を切れば、すごくキマルと思う。歌舞伎でやるなら染五郎?

 で、今日は完全に寝不足で、昼寝をしなきゃと思っていたのにまったく眠くならず、夜になってメシを食ったら睡魔に襲われるだろうと思っていたのに、全然眠くならない。

 風呂に入って、テレビを眺めながら、くーたんと遊ぶ。

 ゲラをやろうと思ったが、仕事はもう終了。

 しかし眠くならない。雨は降らないし外は穏やかな様子。台風はどうなった?

 バレンティンがついに56号!ついでに57号も打ったぞ。本来なら、バースが抜いていたはずなのにね。ほんと、個人記録を球界全体で守るって、異常だろ。キョジンやソフトバンクが、というならまだしも、他のチームも、どうして王さんの記録を守らなきゃイカンの?

 そういう異常事態が破られたことは目出度い限り。

 TBSのスポーツ番組で野村さんが「記録を破られて、王はそりゃ悔しいだろ。でも彼は人格者で本音が言えないからわしが言う!」と怪気炎を上げていた。本人はそうだろうけど、「球界全体が」というのが異常だったのだ。

 NHK「夫婦善哉」再放送の最終回を見る。きちんとした大阪弁は美しい。惚れ惚れと聞く。尾野真千子はすごい女優だなあ。

 で、台風情報を見て、2時就寝。今日はスイッチが入っていたんだろう。

本日の体重:92.90キロ

本日の摂取カロリー:1979kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

« 2013年9月8日 - 2013年9月14日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト