« 2013年11月3日 - 2013年11月9日 | トップページ | 2013年11月17日 - 2013年11月23日 »

2013年11月10日 - 2013年11月16日

2013年11月16日 (土曜日)

また地震だ

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 朝方に雨が降ったのか? 路面が濡れているけど。

 朝のモロモロをやっていると、クロネコさん到着。ディノスで買った「よりどり3点」と光文社文庫の短編集の再校ゲラが届いた。

 段ボールを捨てるために、さっそく荷物を取り出す。

 買ったのはデスク用の足温器。どうしても足元が冷えるので。高校生の時に買った(買って貰った)電気スリッパを愛用していたが布部分がハゲて金属が露出して熱いので買い直したいと数年来思っていた。去年は毛糸の靴下を履いていたのだが。

 それと、布団乾燥機。屋上に干せばいいようなものだが、布団を運ぶのはなかなか大変。

 そして、IH対応の大鍋。鍋料理をするのに土鍋を愛用しているが、IH非対応なので。一人の時は煮込んだら火を止めてその余熱で食べるのが面倒がないので。

 どれも正常に作動したので、段ボールを捨てる。今日は資源ゴミの日。

 トースト2枚にスクランブル・エッグにベーコンにコーンフレーク少々(半端な残り物)で、朝飯。

 風邪はゆっくりとよくなっている。咳が減った。さすがに処方薬は効く。

 仕事開始。昨日あんまり進まなかったので、今日は頑張らないと。

 最終章後半の第2ポイントまで快調に進むが、ポイント通過で悩む。

 14時にカイロの予約をした(本当は昨日の夕方だったのだが雨が降っていたので延ばした)ので、外出。

 施術して貰い、帰路、くーたんのご飯を買い、「福しん」に寄ってチャーハンと中華スープに麺が少し入った「おともラーメン」、そして小さい餃子6個を食べる。「福しん」のチャーハンには紅ショウガが付かなくなったので、ガッカリ。経費節減なんだろうなあ。

 帰宅して、録画した「タモリ倶楽部」を見る。お城のジオラマ・キットを発売した会社に突撃。お城の美しさをただ愛でるのではなく、戦略的築城術を考えるというのも面白いねえ。

 眠くなったので、毛布を被って少し寝たのだが、これがいけなかった。

 妙な感じの寝具合で、スッキリ目が覚めなくてボンヤリだし、寝冷えしたような感じもあって体調も悪い。せっかく風邪が治りかけたのに……。

 頭がボンヤリしつつ、仕事に戻る。

 テレ東は、瀧を見つけて写真を撮る番組。他のチャンネルも見たいものはないので、と言う言い方は本末転倒だが、仕事をする。

 

 なんとか第2ポイントを通過。

 朝日の朝刊を見たら、どーんと「警察小説広告特集」。残念ながら拙作「悪漢刑事」は扱われていなかった。部数が一桁以上違うビッグネームばかりなら、そりゃそうだよね、と思うが、よく知らない人も入っていたのには正直、ファイトが湧いたぞ!

 カロリー的にはすでにオーバーしているが、晩飯を食わないとなんだかひもじいし寂しいので、お茶漬けでも食べるか、と用意していると、またもや、下から突き上げる振動が……来たと思ったらグラグラ揺れた。

 日曜の地震で大いに揺れて倒れそうだったツッパリ本棚は、その後の補正と補強でビクともしなかった。えらいぞ!

 今度は千葉県の東京湾に近い辺りが震源。ここも自身の巣みたいなところだ。この前の茨城もよく震源になる場所だが……。

 渋谷が大きく揺れると、NHKのアナウンサーの声が違う感じ。東京があまり揺れないと冷静な声なのに、今日のこの声は、かなり慌てて切羽詰まった感じがしたぞ。

 しかしNHK以外は平常放送。

 永谷園の野沢菜茶漬けを食べて、「アド街ック天国」を見る。秩父温泉。

 昔はあちこちに名産品があって、地方が栄えていた。ウチの田舎だって化学染料が出来るまでは「阿波藍」で大儲けして四国の中では一番リッチだったのだ。

 秩父も絹糸で大儲けした名残があちこちにあるが、「名残」というのが哀しい。都市一極集中というのは文化を痩せさせるなあ、と思う。その意味で田中角栄の「日本列島改造論」は間違ってはいなかったとは思う。日本中を工業都市にするというのは違うと思うが。

 そういや今夜はフットボール日本代表がオランダと戦うんだった。最近の日本代表は調子悪いからなあ……見るのが怖い。

 で、ちょっと見たら、案の定負けていた……が、1点入れたぞ!

 やっぱり、アジアでは強くてもヨーロッパには歯が立たないのかなあ……。

 TBS「ニュースキャスター」を少し見て、風呂。今夜も省略しようかと思ったが、やっぱり風呂は入る方がいい。スッキリしたし風邪にもいい感じ。

 またテレ朝を見ると、日本代表、2-2でドローで終了。最後は押していたので、もう1点入らないのが歯痒いが、それはど素人の感想。見る人が見れば「これは大善戦」なんだろう。

 「チューボーですよ!」のアシスタントを務めていたアナウンサーが今日で降板。このアナウンサー、歴代アシスタントに比べて毒舌で、堺巨匠の料理に平気でケチをつけていたのが面白かったのに。

 で、今夜の料理はオムライス。こういうの見ると、モーレツに食いたくなるなあ。北千住でオムライスと言えば、ニューアワヤか。

 0時30分、就寝。

本日の体重:91.65キロ

本日の摂取カロリー:2336kcal

本日の消費カロリー:日常生活+5kcal/163歩+102kcal(自転車)

2013年11月15日 (金曜日)

処方薬は劇的に効く

 7時ごろ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、病院。雨が降ってくる前に済ませて帰ってきたいので、いつもはお昼前に行って午前の診察終了ぎりぎりに行く(空いているから)のだが、今日は早めに出る。

 が、丁寧な診察を要する患者ばかりなのか、待っている患者の数はそう多くないのに、時間がかかって、1時間以上待った。まあ大病院だとこんなの待ったウチに入らないのだろうけど。

 診察の結果、気管支炎ではなく、風邪であると。喉の痛みを抑える薬と咳を止めるクスリと痰を切るクスリ、そして咳が激しいときに飲む薬を処方して貰う。

 前回の血液検査の結果は、肝機能の数値とコレステロールの数値が悪いが、その他は基準内に収まっている。以前、体重を落としたときに計った数値だと、すべての項目が基準値に収まっていたので、おれの場合は完全に体重を落とせば健康体になると言うこと(まあ、細かい話をし出せばそうじゃないのでしょうけど)。

 薬局でクスリを出して貰い、駅前の松屋でブランチ。

 昨日の「ドクターX」のエンドタイトルで米倉涼子が大口開けて牛丼を食っていたので、牛丼の大盛り。美味い。

 外に出たら、雨が降ってきた。

 急いで帰宅。

 帰宅して薬を飲む。

 と……咳が治まって楽になる。えらいもんですな。市販薬だとなかなか治らなかったのに……。やっぱりオーダーメイドの処方薬は凄い。麻生サンはいい仕立てのスーツを着ているから立ち姿のシルエットが美しい。それと同じで、オーダーメイドの威力ですな。風邪はもう、ちょっとぐずったら、即、医者に行った方が早く治る。

 で……。

 仕事は、枚数的にはあまり進まなかったが、最初のポイントは通過。

 眠くなったので、毛布を被ってちょっと寝る。

 すかさず、くーたんがやって来て、一緒に寝る。

 最近はエアコンの暖風吹き出し口付近で寝ることが多いので、撫でてやりつつ「愛してるよ」と囁いたら、「うん」と返事をしたのには驚いた。

 くーたんは、あたかも喋るように鳴き方を変えて感情を伝えるし、「愛してるよ」というと「ああそう」というように目を細めるし、あんまり褒めると照れたようにどっかに行ってしまうし。

 ま、確実に、ある程度はこっちの気持ちは伝わっているのだろう。

 今夜は、雨が上がったら二の酉に行く予定。で、雨は17時ごろには止んで、凄い夕焼け(富士山の方向が燃えているような)が見えたが、なんだか凄く寒そう。

 相方から電話が来て、今夜は止めようと。

 「5時に夢中」は金曜はMCが違う。やっぱり、ふかわのほうがいい。

 夕食は、ご飯を炊いて……と思ったらコメがもう無い。今夜の分はあったが。

 冷凍コロッケは美味くない。もう一手間かければ美味くなりそう(レンジで解凍した後、オーブンで表裏を焼く)だけど。

 キャベツの千切りはスライサーを使えば美味く出来ることを学んだ。スライサーの幅に合うようにキャベツを切ればいいのだな。

 

 「ぴったんこカンカン」、毎回思うが、スタジオ部分なんか要らないじゃん!意味のないクイズを出すだけ。だったらロケだけ見せた方が面白いんじゃないの?

 で、沢尻エリカって、やっぱり美しいですな。

 仕事しながら見たので、きちんとは見なかったが、この美しさは使いにくいだろうなあ。ハマる役柄を凄く選ぶというか。

 21時のニュースを見て「報道ステーション」を見ている途中で、もう寝ようと決める。「タモリ倶楽部」は録画。

 思えば、この辺の時間を越えると「夜更かしパターン」になってしまうのだ。

 というわけで、22時30分頃、就寝。くーたんはバタバタやっていたが、寝る。

本日の体重:91.60キロ

本日の摂取カロリー:1962kcal

本日の消費カロリー:日常生活+9kcal/326歩+61kcal(自転車)

2013年11月14日 (木曜日)

風邪が長引きつつ、仕事

 7時過ぎ起床。

 快晴。今日も富士山がよく見える。

 朝のモロモロのあと、仕事開始。

 バリバリ進むはずだが……さほど進まず。

 ブランチは、いつものようにトースト、ゆで卵、コーンフレーク。

 仕事を続ける。

 風邪は、非常にゆっくりと治りつつあるが、咳が残っている。咳をするので腹筋が痛くなってきた。

 マジで二十年以上前にやった気管支炎に似てきたので、医者に診て貰おうと思ったが、かかりつけの病院のかかりつけの医師のシフトが変則で、今日の診察はないが明日の午前中は診てくれる。ならば、明日行こう。だけど明日は雨模様なんだよなあ……。

 ATOKの調子が万全ではない。普段使っている分には問題はないのだが、オンライン・アップデートで辞書の中身をアップデートしたデータが書き込めないというようなエラー表示が出るようになって久しい。いつか解決したいと思いつつ、ヘルプを読んでも書いていないしで……。

 思い切ってサポートに電話して症状を話すと、「OSXユーティリティ」を起動させてアクセス権などを修復してくださいと言われ、その手順を丁寧なメールで送ってくれた。

 かなり億劫だったし、この「OSXユーティリティ」がなかなか立ち上がらなかったので困ったが、なんとか立ち上がって、修復を完了させたら、ATOKも正常に戻った。

 サポートにお礼のメールを出す。

 午後、ソバでも食いに出ようかと思ったが、そこまで腹は減ってないけど何か食べないとクスリが飲めないし……。

 ということで、コンビニに行ってカップヌードルとおにぎりを買い、部屋で食う。

 仕事を再開するが、書くことは整理されてきたが、なかなか本文が進まない。まあこれは時間の問題で、もう少しでどどっと書ける沸点に達するだろうが。

 MXテレビ「5時に夢中」を見る。この番組、MCがふかわりょうに代わってからいっそう面白くなった。以前の、逸見さんのご子息は超真面目で日替りコメンテーターに弄られる一方だったが、ふかわは低姿勢で反撃する。

 

 その後、録画しておいた「リーガルハイ」第6話を見る。多夫一婦のお話。今回は「真っ当な解決」にはならず、極めて古美門らしく終わったが……黛を独立させてしまった。その心境や如何に?

 この第2シリーズで気になるのは、第1シリーズであった「道化が真実を吐くから心に響く」という藤山寛美からの伝統芸でも言うべき、「古美門がシリアスになって言いにくいが物事の真実を激しく突く」という場面がほとんどなくなっている点。第1シーズンの第9話の感動を再び、と願っているのだが……なんだか第2シーズンは古美門が道化のままで終始しているようで。まだ6話だから、これから仕掛けがあるのだろう。黛を独立させて展開も変わってきたし……。

 で……あっという間に夕食の時間帯。外に出るのは極めて億劫になったので、冷凍スパゲティ(茄子のミートソース)を食べ、せんべいを食べ、チーズを食べ、魚肉ソーセージを食べ、バタピーも。この流れだとビールを飲みたくなるが、薬を飲むから我慢。仕事もあるし。 デザートはカットしてあるリンゴ。

 仕事に戻る。

 21時のニュースを見る。

 フィリピンの台風被害は壊滅的だが……支援とか援助活動がなかなか本格化しないとか掠奪や暴行が頻発して治安が悪化してしまうのは、日本と大きく違うなあと、しみじみ。

 そんなことを言うより、支援すべき。明日、見舞金を赤十字に振り込もう。

 テレ朝「DoctorX」の最後の方を見る。米倉涼子の大門という医師の造形はキャッチフレーズを多用したり大胆にハッタリをかますところなど「半沢直樹」に共通するものがあるが、こっちの方がより劇画的。

 で、このシリーズで悪役になっている西田敏行が上手いねえ。岸部一徳とのシーンなんか、最高!岸部さんも一時は「官房長」にしか見えなかったが、今は時におネエ言葉を使う集金人がハマってるし。

 風呂に入って、「アメトーク」の低好感度芸人を見る。低好感度をネタに出来ない微妙なリアルさが漂って、ちょっと居たたまれない場面も。そのクライマックスはキングコング西野と放送作家鈴木の「因縁」の対面。全面和解出来て良かったね。

 

 寝ようと思ったら、Macがバックアップを取り始めたので、それが終わるまで待とうと思って、NHK「プロフェッショナル」を見る。日本一のそば打ち職人。

 ソバって、もちろんソバも大事だけど、お汁も大事なはず。そっちは全然触れないんだけど……でも、美味そうなそばだったなあ。

 1時を過ぎてもバックアップは完了しそうもないので、もう待てないので、終了させて寝る。

 1時30分就寝。もっと早く寝るつもりだったのに。

本日の体重:92.05キロ(え~どうして~?)

本日の摂取カロリー:2072kcal

本日の消費カロリー:日常生活+17kcal/401歩+22kcal(自転車)

2013年11月13日 (水曜日)

仕事して、テニス

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 雪を戴く富士山がクッキリ見えたので、写真に撮る。

Dscf1091

 冬になると、朝、ウチから富士山はよく見える。北千住も捨てたもんじゃないでしょ?

 朝のモロモロを済まして、アサメシ。トーストにコーンフレークにゆで卵。アサメシって毎日同じでも食べ飽きると言うことがない。まあトーストにするか和食にするかというチョイスはあるけど。

 ソファのクッションが臭い。ファブリーズを噴射しているが、匂いが消えないのでカバーを洗濯。

 しかしどうもカバーにおれの匂いが付いているのではない。他のクッションは匂わないのに、特定の2つだけが匂う。

 この2つは、綿ではなく羽毛。ポリエステルや普通の綿を使う他のクッションは匂わない。羽毛のクッションだけが匂う。

 という事は……羽毛に原因がある。

 羽毛布団も、製品によっては獣臭さを感じるモノがある。ディノスとかの口コミを読むと、そういう指摘をされているものがある。

 それかも。IKEAで買ったものだが、そういうものだと割り切れば気にならないかも。

 風邪は、良くなってるのかどうかよく判らない。咳が残って喉の奥で痰が絡んで喉がイガイガ。声も掠れたりする。気管支炎とかじゃなければいいが。

 ずっと前に、テレビの取材でニューヨークに行った帰りの飛行機で風邪を引いて気管支炎になってしまって1ヵ月寝込んだことがあった。あの時に感じが似てるのがイヤなんだよな~。

 相方から最終章後半の詳細なメモが届いたので、それを熟読。数点疑問に感じたことを電話で打ち合わせ。

 今日は本文を書き出さずにイメージを掻き立てることにしよう。

 仕事をしつつ、ふと、「そういや、iPadってサブディスプレイになるんだよなあ」と思い出して、調べてみるとやっぱりそうだった。だったらiPadは外に連れ出さないときも役に立つ。購入を検討してみよう。以前サブディスプレイとして使っていた液晶モニターはサブとして使うにはデカすぎてデスクに置きづらいので。

 午後、力うどんが食べたくなったので、「柏屋」へ。

 美味い。

 帰宅して、仕事再開。メモに書き足したり整理したりして、本文を書き出す準備をする。

 うどんだけじゃ足りなかったので、キットカットや魚肉ソーセージなども摘まむ。

 時間が来たので、外出。

 テニス、まあまあ。試合で時折いいショットが打てるが、ここぞという時のスマッシュが失敗したり、横移動すれば打てる球を見送ってしまったり。もっと広いエリアをカバーできなきゃいかんのだ。

 フルパワーでやっていると、なんか風邪がぶり返してきたような嫌な感じがあったが、風呂に入って温まるとそれは消えた。

 帰路、曳舟駅前の「上海菜館」でメシ。トリカラの甘酢あんかけ定食。まあまあ美味い。

 自宅までの道々、以前飼おうとして飼えなかった猫たちのことを思い出して「悪いことをしたなあ」と反省。中目黒時代や北千住に越して最初に住んだところはペット禁止だったのだが、自転車置き場で鳴きながら擦り寄ってきた子猫とかをスルーできなくてしばらく飼ったことがあるのだが、管理人に見つかってしまったりして、泣く泣く手放さざるを得なかった。

 一度は拾ったのにきちんと飼えなかったのは本当に悪いと思っている。その分、くーたんを大事にすることで……なんとか猫の神様に許して貰いたいのだが……。なんかこのところ反省することが多い。

 帰宅して、「リーガルハイ」は録画して、ニュースなどを見て、「マツコ&有吉の怒り新党」の後半を見る。今週の有吉は正常だった。で、「三大○○」は、わずか30分で風景画を描いてしまうボブの紹介。この人は自分の「油絵教室」の番組で絵を描きながら話が脱線して肝心の絵の描き方から完全に離れてしまうと言うユニークというか奔放というかムチャクチャというか、そういう「三大脱線」を見せる。

 よくまあこういうのを捜してくるなあと思う。

 で、0時30分就寝。

本日の体重:91.60キロ

本日の摂取カロリー:2311kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+154kcal/4178歩+69kcal(自転車)

2013年11月12日 (火曜日)

戴き物あれこれと、55才の反省

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 今朝は何故か、起き抜けにYouTubeでタモリの「デタラメ外国語」芸にハマッてしまって、「徹子の部屋」で披露したものをずっと見続けてしまった。その〆は「今夜は最高!」でやったコントの中でも最高傑作の「オペラ昭和任侠伝」に見入ってしまった。これ、録画したテープがあるはずなんだけどなあ。元気な頃のOは当時はタモリの付き人だったので、この音楽コントにも出ている。傑作だし懐かしいし。

 で、と言うわけではないが、昨日の戴き物のご紹介。

Hijiri

「殿さま浪人幸四郎~鬼女の涙」(コスミック時代文庫)

 のんべんだらりと暮らしている謎の浪人の正体は、レッキとしたお大名。すなわち、殿様。この殿さま浪人が岡っ引きや同心と江戸に起きる事件を次々に解決!好評大人気シリーズもこれで第11作!ツイストの効いた設定に展開。聖さんはネタの宝庫だなあ。

 そして、少し前に戴いておきながら、ご紹介を失念していたこの作品も。

Kasumi1

「奇動捜査ウルフォース」(祥伝社ノンノベル)

 バカミスといえば霞さん。本格ミステリ界に確固とした地位を築く霞さんが書く、超本格警察小説!謎が謎を呼ぶ怪事件。一癖も二癖もありそうな関係者。これまたクセのある最厄コンビが特殊覆面パトカーで真相を追う!355ページ二段組の大長編!

 霞さんは、おれが売れない脚本を書いていた頃、東宝でプロデューサーをやってらっしゃって、持ち込み企画を見て戴いていた。当時から小説を書いていらした。そういう関係なので、一生頭が上がらない。

 「最終章」の構成がまだ決まらないので、とりあえず、提出稿を作るべく、相方から来ている「第2章」までをチェックしようと思ったら……。

 ここで事件発生。

 詳細は書かないが、要するに、おれの不用意で言葉足らずな発言が問題を起こしてしまった。

 夕方にはなんとか理解を得られてなんとかなったとは思うが、大きな反省材料。昨日も聖さんに(怒ったのではない、とメッセージを戴いたが)教育的指導を受けたし、どうもおれは55のいい年したおっさんという自覚がない。ガキの頃から進歩がない。もっときちんと生きなければ。

 それもあって、食事する気分にならず……といいつつ、ブランチは松屋で牛丼。ついでに東急ハンズで木工用の補修剤を買う。

 夜は、リンガーハットでミドルちゃんぽんと餃子3つとミニチャーハン。W炭水化物で、ミニチャーハンは美味くなかった。これも反省。

 今日は自転車を使わず、歩き回った。

 帰路、薬局に寄って咳止めのクスリを買う。これを飲んで効かなかったら医者に行こう。

 夜は、快楽亭の毒演会のCD作り。先月19日の高座から、「六尺棒」と「寝床」をマスタリング。CD-Rに焼いて、ステレオコンポで再生して確認。

 これを終えると23時を回っていた。

 風呂に入って、なんだかんだしていると1時を過ぎた。慌てて寝る。

 1時30分就寝。

 咳が止まらない。気管支炎か?しかし熱は出ないんだよなあ。

本日の体重:91.10キロ

本日の摂取カロリー:1927kcal

本日の消費カロリー:日常生活+329kcal/8666歩+11kcal(自転車)……昨日の帰宅分を含む

2013年11月11日 (月曜日)

仕事して、気功

 7時ごろ起床。

 曇り。

 今週も「ごちそうさん」は見ないことにする。イビリの場面があるから後半が生きてくるという構成は重々判るのだが、大阪弁でのイビリは凄く効くからなあ……朝から見たくない。

 で、朝のモロモロのあと、仕事開始。

 「最終章」、クライマックスにむけての構成をきっちりやる。

 が、考えがまとまらないので、風呂に入る。どうもトシを取ってから、毎日風呂に入らないと自分が臭くてイカン。世間ではこれを加齢臭と呼ぶのだな。


 昨日放送したNHK-FMの「きらクラ!」を聴こうとしたら、録音ファイルが、ない!

 ネットラジオで受けたモノを「Radikoro」というソフトを介して「AudioHijackPro」というソフトでMacに録音しているのだが、そのファイルがない。

 あれ?と思って何度も録音テストをしても、録音自体が出来ない。

 ありゃ〜。Macの調子が狂ったか!

 いろいろやってもダメなので、「Radikoro」(シェアウェア)の作者に問い合わせをしようと、作者のサイトを見たら……OS10.9にAudioHijackProが対応していないので録音できないと。しかしβ版があるので試しに使ってみて欲しいと……。

 で、そのβ版をインストールしてみたら、無事に録音できるようになった。しかし、10日放送分は聞けない。実に残念。

 で、お湯に浸かっていると、考えがまとまる。いろんなアクションを起こすには、キッカケが必要なのであって、そのキッカケを話の展開の中でどう作っていくか。それが腕の見せどころ。

 具体的なアイディアがぱぱっと浮かんだので、忘れないうちに上がって、書き留める。

 と、徳間Y氏から電話。改稿の段取りについて打ち合わせる。

 刊行月が2月から3月になった。なんとか2月刊に間に合うようにやっていたのだが、今回はゲラになる前に改稿をしたいので、その時間も勘案して、校了オセオセのぎりぎりの見切り発車を避ける御配慮。有り難いし申し訳ない。本当は1月刊だったのを、光文社の短編集とかち合うので2月刊にずらして貰ったのだが……。

 来年は、なんとかもっと早く書けるようになりたい。

 ブランチ。玉子焼にインスタント味噌汁に切り干し大根にしらすにご飯にキュウリの漬け物。

 仕事を再開して、なんとか15時過ぎにまとめて、相方に送る。

 その後、ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団の「春の祭典」をフルスコアを見ながら聴く。

 昨日の「柳原音楽祭」で、相方がけっこうスラスラと譜面を追っていたのに発憤した。

 何度も行方不明になりつつも、多少は追えるようになってきた。

 で、時間。今日は気功の日。

 少し早めに外出し、北千住駅プラットフォームの「小諸そば」で海老天ぷらそばを食べる。なんだか「バナエイエビ」はニセモノの海老みたいに扱われているが、おれなんかが口にしているのはずっとこの「バナエイエビ」だったはず。今までだって美味しく食べていたんだから、これからも有り難く戴きますよ。

 浜町で薬局に入って、喉スプレーを買う。愛用している「ノドヌール」には炎症を止める成分は入っていないが、入っている「アズレン」というのを勧めてくれたので、買う。

 動いて汗をかいたら、風邪も良くなってきた感じ。でも、喉はイガイガして咳が出る。この風邪はなかなか治らないな……。

 たぶんおれの風邪を感染してしまったのだろう、相方は風邪気味なので先に帰ると言うことで……一緒に帰るべきだったかなと思ったけど、相方を見送って、いつもの「えいと」へ。

 カキフライに豆腐サラダ、キノコと帆立のバターソテー、ジャガバタ、本物のシシャモに名前を失念した魚を焼いたの。これが実に美味かった。ウィンナーと焼きそばも。酒はグラスのビールと、熱燗をお猪口に1杯。

 〆は茶蕎麦。

 まあ、相変わらずの馬鹿話をして、解散……しないで、「もう一軒、近所の店に行こう」ということになって、「暖炉」という小さな落ち着いたバーへ。

 ここでオゲレツな話をいろいろ。頼んだモヒートがキツかったので、芦川さんに飲んで貰い、「北北西に進路を取れ」でケイリー・グラントが頼んだ「ギブソン」をちょっと味見させて貰うが、これもかなりキツかった。

 で、気学教室で芦川さんや相方は熱心に勉強してるのにお前はダメだと気学の師匠・聖さんに怒られて反省。判らないなら勉強しなきゃイカンのだよなあ。アンチョコを見ればいいやと思うのはイカン。せっかく習っているのだし教えて戴いているのだから。

 思えばまあ、勉学に関しては子供の頃からこういう姿勢だったよなあ。55にして真剣に反省しなければいけないなあ。残された人生、マジメに生きよう。

 終電1つ前の日比谷線に乗って、帰宅。薄着で出たので、寒かった。

 今日の寒い風は木枯らし1号だったのか。

 くーたんにご飯を出し、シャワーを浴びたりしていると、2時!

 慌てて寝る。

 夜中に落雷のような異様な音がしたのだが、夢の中でのことだったのか?

本日の体重:90.95キロ(久々に91キロを切ったぞ!)

本日の摂取カロリー:2473kcal

本日の消費カロリー:日常生活+171kcal/4111歩+15kcal(自転車)+702kcal

2013年11月10日 (日曜日)

仕事して「柳原音楽祭」でハルサイのすべてを堪能!

 7時に目が覚めてしまった。

 もっと寝ないと寝不足になるのに……。しかし目が覚めてしまったので、起きる。

 曇り。

 で、Macに向かって昨日の日記を書いていたら、突然、したから突き上げるような初期微動。結構強いので、近くが震源のかなりデカい地震が来るぞ……と思ったら、来た。ぐらぐら揺れた。

 ベッドの横の本棚がわさわさ揺れて倒れそうだったので、飛んでいって押さえる。

 それと同時にiPhoneの地震警報が鳴った。震源が近く過ぎて間に合わなかったのね。

 東日本大震災で本棚が崩れたのでディノスで買い直した天井突っ張り式の本棚だが、天井と密着してなくてスカスカだった。

 これはいかんと突っ張り棒を締め直す。

 しかしウチの天井は突っ張り棒で天井を突き上げると、天井の板が浮いてしまうという欠陥があって、思いっきり突っ張れないというのが泣き所。

 東急ハンズに行ってなんらかの補強策を考えないといけないな。

 トースト1枚にせんべい1枚に6Pチーズ1個の朝食をとって、仕事開始。

 午前中に、「最終章」のクライマックス前まで書いた。後は相方とキッチリ打ち合わせが出来ていない。どうしようか。

 ネットでいろいろニュースを探る。

 田園調布で起きた誘拐事件。犯人どもは計画なんかまるでない行き当たりばったりの犯行と。今どき、綿密な計画も立てないで誘拐して身代金を取って逃げて捕まらないと思うって……まあ、金に困って犯罪に走るようなやつは、そういう頭の構造になってしまうのかなあ。リーダー格の男はそれまでは真っ当な人生を送っていたらしいから、本当に悪事には全くの素人だったのね。

 しかし……こういう連中だから、無計画だから、被害者の女子中学生が逃げようとしたり、警察に追われてどうしようもなくなると、簡単に殺してしまったりする。無計画なバカがやる犯罪は、本当に簡単に人を殺してしまうから、犯行の本当の初期段階で捕まえることが出来て本当に良かった。これは不幸中の幸いだった。僥倖だった。

 反原発団体にサイバー攻撃。今はオートで出来るから、やる方は簡単。しかし、やられた方はたまったものではない。なんとかならんのかね?こういうの。

 今日は、以前住んでいた柳原という街(「金八先生」の舞台だ)で開かれる「柳原音楽祭」に行く。地元密着のコンサートだが、最近はチャレンジングな演目をやっていて、去年はマーラーの1番だった。地元のジジババの教養をどうこう言うつもりはないが、ハッキリ言って、ジジババに合わせていたら名曲アルバムみたいな曲ばかりになってしまう。

 で、今年はなんと、高関健指揮桐朋学園オーケストラで、ストラヴィンスキーの「春の祭典」!しかし何とチャレンジングな!来年はもしかしたらバルトーク?おれは大歓迎だけど。

 で、昨日はいろんなCDを聴いて「予習」したのだが、この曲は中学生の頃から大好きで繰り返し聴いているから、だいたい覚えている。フルスコアも持っているけど、すぐに音符を追えなくなってしまう。

 で、体育館が会場だから、超デッド。こういう会場ではオケの直接音を聴くしかない。そしてこの曲は、指揮者の指揮ぶりとオケ奏者の表情を見たい。体育館だからオケと客席がとても近いので、それが出来る。

 なので、良い席をとりたいので早めに出る。

 で、東急ハンズによって、天井の隙間を埋めるパテみたいなのを買う。

 ついでにランチも食いたい。駅前に戻ると、千代田線入り口の階段のところにあったマズい食堂(朝食だけは美味いので通っていたのだが、店のクソババアがとんでもないズルをして激怒して以来、決別していた)が潰れて、「銀座ライオン」になっていた。

 ランチをやっていたので、入る。ハンバーグを食べてみる。あれ?と思うほど小さいハンバーグだったが、美味かった。

Img_1258

 少し早いが、会場へ。

 開場時間より早かったので、少し待って、入場。

 めでたく前から2列目をゲット出来た。

 しばらく席にいたが、開演15分前に入り口に行って相方の到着を待ってチケットを渡して、着席。開演を待つ。

 で、ここで知ったかぶりをしてしまった。ヴァイオリンとヴィオラを見間違えて、「今日のオケ配列はストコフスキー・シフトだね」と言ってしまったのだ。本当は第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが対峙する形の「両翼配置」もしくは「対抗配置」。たぶんおれの前の席に座っていた人は「またアホがトクトクとデタラメを喋っとるわい」と笑っていたに違いない。

 お恥ずかしい次第。

 ずっと見ていると、どうもヴィオラとヴァイオリンを見間違えていたと判った。この楽器、形は同じだが大きさが少し違う。クラ好きなら見間違えることはないはずだが……。

 1曲目は「カルタ遊び」。1936年のストラヴィンスキーが「新古典派」の時代のバレエ音楽。

 まあ、なんてことはない曲。

 休憩を挟んで、いよいよお待ちかねの「春の祭典」。演奏の前にマエストロ高関の楽曲説明。「不協和音と変拍子の、極めていたんな曲で、美しくない。困惑するかもしれません」と、善男善女が集まった観客を、かなり脅かす。

 そして、練習番号55の部分だけやってみせる。第1部終盤の盛り上がりのところ(としか表現出来ないのがツラい)。

 超デッドな体育館だが、巨大編成のオケがフルパワーで鳴ると、建物自体が響いてしまう。

 

Ongakusai_mini

 こんな感じの会場なので、オケと客席が本当に近い。この写真は第11回のもの。

 で、本番。

 いやあ、堪能した!

 スコアでは追えないけど、曲はもう頭に入っているから、次はどうなるか判るので、もう、ワクワク。おれほど今日の演奏を楽しんだ客はいなかったんじゃないか?

 まさに、オーケストラのスペクタクル。これはバレエ音楽としてオケをピットに入れてしまうよりも、こうしていろんな楽器が次々に咆哮する凄まじさを見る方が息を飲む。

 圧倒的迫力で、第1部終了。

 思わず溜息。息を殺してずっと聴いていたのね。

 引き続き、第2部。

 おれがこの曲を愛するのは……やっぱり、怪獣映画を思い起こさせるからだろうなあ。それが最初のキッカケ。伊福部昭がこの曲に影響を受けていないはずはないので、順番が入れ替わっているけど、ロシアの大地に、凶暴なまでに春がやって来る(氷が割れ、雪が水になり、硬い大地から草花が芽を出し伸びてくる、その自然の凶暴なまでの力!)様子が、なんだかゴジラの進撃とWってしまうのだ。

 第1部の「どどどどどど」というところも、第2部の「んちゃんちゃんちゃんちゃーんどどどちゃんちゃんちゃん」の変拍子効かせまくりのオケ全体の咆哮とか、もうこれはオール怪獣総進撃!

 いやあ、楽しかった!

 めくるめく悦び!

 こんな凄いものを目の前で見られる幸福。

 感動して泣いちゃったよ。ハルサイを聴いて涙ぐむなんて人はそんなにいないだろうけど。

 ちょっと金管がヨレったりしたけどプロオケでも完全な演奏はなかなか無いんだし。

 高関さんの指揮棒をじっくり見ようと思ったけど、オケのど迫力にそんなヒマもなく、あっという間に終わってしまった。

 いや~~~~~。ホントにもう。

 凄かった!

 スタンディングオベーションをしたかったけど、おれだけやるのは恥ずかしいのでしなかった。

 ブラボーも連発したかったけど、誰も叫ばない……けど、黙っているのもイヤなので、小声で2度、「ブラボー!」を。

 マエストロが目の前にいるので、いろいろ質問をしたかった。今日のスコアはどの版ですか?

 67年版と47年版、23年版と何処が違うんですか?素人が聴いて判るような違いでしょうか?今日は暗譜でお振りでしたがこの曲はいつも暗譜ですか?

 などなど……。

 でも、恥ずかしいのと恐れ多いので、出来なかった。

 だって、マエストロは日本を代表する指揮者だぞ。本当なら千寿の隅っこのこんな体育館で指揮をするような人じゃないんだぞ。

 とか、いろいろ思ってしまって、目の前にいる気さくそうなマエストロに固まってしまった。

 指揮者に聞けないならオケの誰かに……と思ったが、圧倒的に女性が多いので、メチャクチャ気後れして、聞けず。

 別にメアドとか携帯の番号を聞くんじゃなくてハルサイについて聞きたいんだけど……。

 いやもうしかし、このハルサイをこの環境で聞けるというのは、遊園地でアトラクション乗り放題!という感じで、完全ノックアウト。

 夢のようだというしかない。


 ところで、ふと疑問。楽器の銅鑼って、音楽用語では何と言うのだろう?

 相方がiPhoneで調べると「ゴング」。え〜?ゴングって言われると、ボクシングの試合の「チーン」というやつが目に浮かぶが。

 家に帰って調べると、音楽用語では「タムタム」という。たしかに「春の祭典」のフルスコアには「パーカッション:バスドラム、タムタム、トライアングル、タンバリン、ギロ、アンティーク・シンバル」と書いてあった。

 タムタムって、アフリカの民族楽器でコンガみたいな太鼓系の打楽器だと思っていたが、それは「トムトム」というものらしい。しかしあのデカい銅鑼が「タムタム」?

 終わってから、相方と東口商店街の中の「松乃家」に入って、とんかつや油淋鶏を食いながら、ついさっきまでのスペクタクルを喋る。ほんと、この体験はおれにとっては遊園地のアトラクション乗り放題なんだよなあ。これを知ってしまうとベートーベンやブラームスやモーツァルトはかったるくなってしまうかも。

 来年はバルトークなんかどう?とか思ってしまうけど、そんなことをしていたら客が引いて音楽祭も終わってしまうだろうしなあ。

 今後のことを打ち合わせて、解散。

 帰宅。

 雨も降らず、寒くもならず。

 とろとろとテレビを見て、九十九里でのタコで引っ張って貰うサーフィンとか白子温泉の旅を見て、19時のニュースを見て、今回の「八重の桜」は見ない(「ごちそうさん」もそうだが、今の気分では人間関係のドロドロなものは見たくない)で、裏番組のイモトのマナスル登頂の特番を見る。タレントにここまでの苦難を与えていいのか?と真剣にイモトの事が心配になる。

 21時からのEテレで、チョン・ミュンフン指揮フランス放送フィルの、NHKホールでのコンサートを見るというか聴く。

 ベルリオーズ「ローマの謝肉祭」

 ビゼー「カルメン」ハイライト

 ストラヴィンスキー「火の鳥」(組曲版)

 ラヴェル「ラ・ヴァルス」

 ラヴェル「妖精の園」

 いやあ、これも素晴らしい。

 おれたちはサントリーホールで「マ・メール・ロワ」やサンサーンスの3番を聴いたが、「火の鳥」の終わりの部分をアンコールでやってくれた。パリ管の来日公演も素晴らしかったようだけど、このコンサートも素晴らしかった。

 なんだかんだとこのオケを腐すヤツもいるが、そういう連中は実際に聴いてるのかね?たぶん聴かずに「放送オケだろ」と馬鹿にしているのだろう。それを言えばN響だって放送オケじゃねえか。

 それはともかく、いやあ、フランス音楽っていいねえ!

 今日は寝不足だから、風邪を悪化させないためにも早めに寝ようと思っていたが、なんだかんだで0時30分就寝。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2229kcal

本日の消費カロリー:日常生活+92kcal/2279歩+103kcal(自転車)

« 2013年11月3日 - 2013年11月9日 | トップページ | 2013年11月17日 - 2013年11月23日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト