« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年11月24日 - 2013年11月30日 »

2013年11月17日 - 2013年11月23日

2013年11月23日 (土曜日)

西伊豆旅行2日目は、判断ミスの連続で、自損事故……

 7時前起床。

 物凄く爆睡した。

 朝の富士山を拝む。

Dscf11172


 で、朝風呂。

 風呂から富士山が見える。素晴らしい。何と言うゼイタク。

 この辺に住んでいる人たちは、この絶景を日常のものとして見ているんだろうなあ。

 伊豆って、天国に近いところなんじゃないかと思う。海は美しいし、山もあるし、温泉もある。そして西伊豆なら富士山がこんなに間近に見える。地震があるのが大きな問題だけど……。

 朝食。

 アジの干物にぬたにヒジキにポテトサラダに冷や奴にアサリの味噌汁にご飯。すべて美味しい!味噌汁は、失礼だと思いつつ、台所に忍び込んでお鍋に少し残った分を戴いてしまった。後からきちんと断ってというか申告したけど。

 ここのすぐ下に廃屋がある。もうボロボロなので住めないらしいが、格安で買って建て替えたらどうかと思ったら、このペンションからすぐ下は「地滑り地帯」に指定されているらしい。梅の木がなくなったと思ったら、ずいぶん下までズレていたというから怖ろしい。

 10時にチェックアウト。

 このすぐ下に小さな漁港があるというので行ってみようとしたが、道が判らなくなったし、凄く狭いので、断念。

 この時はまだ、用心して運転していたんだよなあ……。

 今日の予定は、堂ヶ島で遊覧船に乗り、その後南伊豆を回って河津から大滝温泉に行って日帰り入浴して、そのまま北上して東京に戻る。

 ということで、堂ヶ島に向かうが、その途中、安良里漁港に寄って、加山雄三の「光進丸」を見たくなった。


 行ってみると、高い防潮堤があって、そのゲートの間から港が見えた。

 ぐるっと廻ったみたが、車を止めても怒られない場所が見つからなかった。でも、少しなら大丈夫だったんだろうなあ……。

 で、通過しようとしたが、防潮堤の向こう側の、漁船が止まっている岸にも車が駐まっていて走れそうだったので、ゲートから入ってしまった。

 これが、今日第1の判断ミス。入ってみてすぐに引き返せば良かったのに、狭いからなんとか通り抜けてどこかのゲートから出ようとしたのが第2の判断ミス。

 どんどん進んだが、ゲートが広く開いているところが見つからないままで、もうこの先がないんじゃないかと言うところで、なんとか広めのゲートがあったので、通り抜けようと切り返していたら……ギギギと音がして進まなくなった。

 近くに居た漁師さんが声を出したので聞いてみたら、右側に金属の低い柱が立っていて、それが車の右側にぶつかっていた。

 あちゃ~!

 しかしここから脱出しなければならない。

 なんとか切り返しを繰り返して、ゲートを抜ける。

 擦り傷は一目瞭然ので、返す時に申告してきちんと処理しようと思った(というか、これくらいは保険の範疇だと思ったし)。

 これで、以後の運転を慎重にして、慎重に慎重を重ねるべきだったし、実際、そのつもりだったのだが……。

 黄金崎に寄る。

 ここは名所だけあって、素晴らしい景色が広がっている。富士山も見えるし。

Dscf1130

Dscf1131

Dscf1132

Dscf1135

 美しい景色を堪能して、さあ堂ヶ島へ!と車を出したが、カーステレオに繋げたiPhoneの調子が悪くて、途中の「根会駐車場」に車を入れて接続を確認。

 で、再び出発、と思ったら、出口だと思った道がキャンプ場への道だったので、バック。

 なんということもない、普通のバックだと思って、普通にバックしていたら、衝撃が。

 なんと、側溝に脱輪してしまった。

 え~っ!

 免許を取ってからこの方、脱輪なんかしたことなかったし、バッテリー上がり以外でJAFを呼ぶこともなかったし、もちろん事故も起こしたこともなかったのに……。

 これが第3の判断ミス。

 

 情けないやら相方に申し訳ないやらで、とにかく降りて、JAFを呼ぶ。iPhoneが繋がって、助かった!

 ここで警察にも連絡して事故証明を取っておかなければならなかった。もっと言えばニッポンレンタカーにも連絡しなければならなかった。それをしなかった。というか、しなければならないという意識がまったく無かった。

 これが第4の判断ミス。

 

 しかし、お誕生日旅行なのに、こんなことになってしまって、相方には本当に申し訳ない。

 事故と言っても自損事故で、誰かを傷つけたり傷つけられたりではなく、何かを壊したわけでもないのが唯一の救いとは言え。

 アニバーサリー旅行の気分をふっ飛ばしてしまったことについては、本当に申し訳ない。

 30分ほどでJAFのレスキューが到着し、車の下にジャッキを入れて持ち上げて、30分もかからずレスキュー完了。

Dscf1140

Dscf1141

 その時、JAFの係の人に「自損だから保険はきかんでしょう」と言われたのが頭に残っていた。

 本当はここで、JAFと一緒に警察を呼んで事故証明を取っておくべきだったのだが、単独事故だし自損だしで、警察を呼ぶということがまったく頭に浮かばなかった。

 よく、事故とか失策を犯した人物が「思い付かなかった」「考えが及ばなかった」という言い訳をして批判されるが、おれの場合も、まさにそれ。

 これまでは「考えつかなかったって、なんてバカなんだ!」としか思わなかったが、そういうことはあるのだ。それを実感。

 モノゴト、悪い事が起きた場合、その要因はあるし、判断ミスにも要因はある。「想定外」という言葉もずいぶん軽くなってしまったが、やっぱり、想定外とか、考えもしなかったとか、そういうことって、あるんだよなあ。

 それと、この車に対して悪いことをしたなあと思った。擬人化しているわけだけど、申し訳ないことをしたなあと思う。

 取りあえず、危機感を持ち、危険を感じた相方は、予定を変更して、このまま東京へ帰ろうと。

 もう何も言えないおれも、それに従う。

 いろんな反省点があるが、とにかく今は気を取り直して、安全運転をして東京に帰ることが第一。

 でも、食事はしたいので、沼津漁港で食べることにして、とりあえず沼津を目指すことにする。

 海沿いのクネクネ道路を避けて、昨日来た道を途中まで走る。

 走りながら、どうして側溝に落ちてしまうような凡ミス以上のバカなことをしたんだろうと考える。

 そんな狭い道ではないから、側溝に落ちるなんて、通常ならまったく考えられないのだ。

 おれの意識の中に、側溝があると言うことがなかった。認識がなかった。側溝という存在がなかった。これは、なにか脳の認識系に問題があるのか、凡ミスか注意力散漫だったのか、過信だったのか。

 それと、相方の信頼を失った(それは仕方がない)ので、かなり凹んだ。

 14時過ぎに沼津港到着。

 ここは大きな観光名所になっていて、休日の午後と言うこともあって、混雑のピークだった。

 以前、ここに来たとき、かき揚げがとても美味しかったので、アレをまた食べたかった。

 で、沼津港のタワーみたいなかき揚げがテレビで何度か紹介されていたので、それだと思い込んでしまった。

 路面の駐車場は満杯なので、駐車タワーに車を入れる。なんだかしばらくはバック恐怖症が治りそうもないので、頭ら突っ込んで駐車。

 で、例の「巨大かき揚げ」の看板が目に付いた「丸大」に入る。20分ほど順番待ち。

 しかしあの巨大なかき揚げは全部食べられないんじゃないかと思ったので、しらす丼にして、相方のかき揚げを少し貰おうと思ったら、しらす丼は売り切れ。じゃあというので、二人ともかき揚げ丼にしたら、やっぱり食べきれない。

00505

 半分くらい残してしまった。

 やっぱりこれは若者が食べるものだ。

 というか、以前入った店はここじゃない。もっと小さな地味な店だったはず。

 「丸大」を出てしばらく歩いてみると、発見!「かもめ丸」というお店だった。ここのさくら海老のかき揚げが美味しかったのだ!

 また来ることがあったら、今度こそ「かもめ丸」に入ろう。

 ということで、沼津から一路、東京へ。

 ここでも、カーナビが曖昧な表示をして右折左折に続けて失敗。土地勘がないと、1本手前の交差点で曲がりそうになって中止して肝心の交差点を通過してしまったりする。ウィンカーを出して曲がらずに消してしまうんだから、後続車とか戸惑うし、事故の原因になる。

 それでもなんとか、沼津ICから東名に入る。

 ずっと80~90キロの慎重運転。

 足柄SAに入って休憩。

 ここは上りの最後のSAだからと言う理由で凄く立派で面白くなっているという情報があったのだが、そうでもなかった。

 その後、酷い渋滞にはまってしまいつつ、走る。

 が、どこだったか、突然、嘘のように渋滞が消えてびゅんびゅん走れるようになった。この渋滞のメカニズムって本当に不思議。まあ単純に走っている車の量が減ったからなんだろうけど。時間的にラッシュのピークだったし。

 港北パーキングに寄って、あとはずっと走って、首都高に入る。江戸川橋で渋滞が発生。ここで道を間違えて、木場の方に来てしまったので、首都高を降りて、三ツ目通りを北上。

 なんとか20時すぎに相方を無事に送り届ける。

 おれも一度自宅に寄ってカバンなどを降ろす。

 くーたんが駆け寄ってきてお出迎え。なんとも情けない声を出す。

 でまた、すぐに部屋を出て、ガソリンを満タンにして、ニッポンレンタカーへ。

 外見では脱輪したのは判らないが、正直に申告。

 ここで、事故証明の話が出て、事故証明を取っておけば保険でカバー出来たのに、と言われる。

 そんなこんなの手続きを店長としている間、副店長なのか、ブラックマヨネーズの小杉によく似た人物がずっとおれを睨んでいたので、余計に凹んだ。

 きちんと手続きしなかったのは落ち度だけど、手続きはして事後のこともきちんとすると言っているのに、どうしてそんなに睨み付けるの?

 帰宅。

 風呂に入る。

 風呂の外で、くーたんが物凄く寂しそうな声を出す。帰ってきているのに。

 で、風呂から出て、NHKの財津和夫のドキュメンタリーを眺めながら気持ちを整理する。

 まあ、カネの問題はなんとかなる。むしろ、カネで処理出来ることで済んで良かった。相方にもしものことがあったら大変なことだったし、対人事故だったら、本当に大変なことになった。

 いろんな意味で判断ミスが重なったし、これまでどこか浮ついて、慢心とかあったのだろう。

 もっと慎重に、きちんと生きなきゃダメだ、という警告だった。これはクスリだ。しかしクスリはけっこう苦くてキツくなければ効かない。

 今回は、なんとかなる範囲のものだし、致命的なものではないのだから、イエローカードだと思って、きちんと受け止めよう。

 そう思ったら、気持ちに整理が付いた。

 0時過ぎ就寝。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2000kcal?

本日の消費カロリー:185kcal(徒歩+自転車)+677kcal(車の運転) 

2013年11月22日 (金曜日)

西伊豆旅行1日目/カーナビに不信

 6時起床。

 7時まで寝るつもりだったが、旅行に出る日は早く目が覚めてしまう。コドモだね。

 快晴。

 昨日の日記を書いてくーたんの世話をして荷造りしても悠々8時。レンタカーは9時30分に借りる契約なので、時間はたっぷり。

 デニーズに行ってゆっくりと朝食を食べ、ゆっくりとニッポンレンタカーに向かう。少し早めに借り出せるだろう。

 と思ったら、ゆっくりしすぎて、結局は時間通りに借り出した。安心プランで保険関係は予約時に全部入る、クイックスタート。

 一度家に戻ってカバンなど荷物を積み込んで、相方を迎えに行く。

 今回の旅行は、相方の誕生日記念バースデー・アニバーサリー・セレブレーション旅行。

 首都高と横浜横須賀道路で逗子まで行き、そこから湘南を海沿いに走り、西湘バイパスを抜けて根府川あたりでランチ。それから熱海まで行き、伊豆半島の根元を横断して三島、三島から海沿いの道を走って戸田・土肥を経由して土肥と恋人岬の中間くらいにあるペンションへ。というのがルート。

 が、のっけに首都高の渋滞に巻き込まれて目算が狂う。

 それでも首都高横羽線を順調に南下。

 快晴で素晴らしい天気。

 が、横浜に入った辺りでカーナビが指示する内容に納得がいかなくなってきて、指示では横浜公演を過ぎてもずっと首都高で南下と出たが、右に折れれば横浜横須賀道路なんだからこっちの方が速いはずと判断。

 が、凄い渋滞に巻き込まれてしまった。しばらく我慢していたが、カーナビの指示は何故か一般道に降りろと。

 それに従って降りて、横浜市と鎌倉市の境付近の一般道をウロウロ。

 そのうちに横横道路「別所IC」の表示が見えたので、そこから横横道に入り直して、朝比奈まで。

 ここでまた一般道に降りて、行く先を逗子から鎌倉に変更して走ったが、どうもこの辺でカーナビに不信感を持った。右折左折の指示が曖昧に感じたのだ。その結果、何度か間違えて道が狭い住宅街に入ってしまったし……。

 で、なんとか鎌倉警察の前を通る道に出て、直進して由比ヶ浜。

 やっとこさ予定のルートに復帰。

 陽光を浴びる湘南の海は美しい。

 由比ヶ浜や稲村ヶ崎にはいい波が来ていた。来年はこの辺に来てみるか?でも、地形的に条件は片瀬西浜より難しい気がするけど。

 そのまま江ノ島を過ぎて走ると、もう海は見えない。海を見ながら走れるのは逗子から江ノ島付近だけ。

 平塚を過ぎて、また渋滞。この辺で完全に予定より1時間遅れている。12時過ぎに根府川付近でランチ、と思っていたのだが、まだ西湘バイパスに入れていない。

 しかし、ここまで来ると渋滞もなく快調に走る。

 西湘バイパスを終わって、一般道。いつも東海道線から眺めていると、線路の下はすぐ海、という感じで、このへんの街はどんななんだろうと思っていて、車で走ってみたいと思っていたのだ。だったら東京からは西湘バイパスまで東名で来れば良かったのね。まあ、江ノ島までの美しい海を見ることが出来たが。

 で、根府川。しかし断崖絶壁に道が走って、沿道に店なんかない。

 予定していた店もなかなか現れないので、不安になってきて、一番最初に目に入ったイタリア料理店に飛び込むようにして入る。

Dscf1101

Dscf1102

Dscf1100

 しかしここは絶景だった。コースのランチを食べる。おれは鴨のロール巻、相方はシマアジのアクアパッツァ。味はまあまあだったが、海に突き出しているようなロケーションで、何とも絶景!

 東海道線の真下。そういや車窓から見えていて気になる店ではあったのだ。

 ランチを食べ終わってトイレに行ったら、支払いは相方が済ませてくれていた。お誕生日旅行だから全部おれが出そうと思っていたのだが、ゴチになる。

 で、すでに2時間ほど遅れているので、沼津のほうから海沿いには知るのを止めて、ショートカットすることに決定。ペンションには16時に到着すると伝えてあったのだが、それには間に合いそうもないので。

 真鶴道路を走って湯河原を抜けるが、ここでも何故かカーナビは途中で降りろと指示が出た。なんか大丈夫か?このカーナビ。

 熱海市内でも無用なジグザグ指示が出て回り道してしまったし。渋滞などを回避して考えているのかもしれないが、データと実際の差があって、なんかチグハグ。

 それでもなんとか熱海を抜けて来宮付近から山道に入って、三島方面へ。

 函南を経由して伊豆市に入り、小さなロープウェイを潜って山道を走って、土肥温泉。

 海沿いの道をしばらく走って、目的地の「ペンションあしたば」に、17時ごろにやっと到着。

 ここは、真正面に富士山が見える絶景が自慢のペンション。

 以前、バスで西伊豆まで行ったときにこのペンションを発見して、道に面して小さな部分しか見えなかったので、「あの建物はなんだ?」と不思議に思っていたのだが、斜面を利用して、下に建物が伸びていたのだ。

 で、この先の違うペンションに泊まって、「ここじゃない」と探し直して、やっとこの「ペンションあしたば」を確定した。そのとき、急な斜面を駆け上がって右足に肉離れを起こしてしまったのだが。

 宿の計らいで部屋をアップグレードしてくれて、「特別室」に泊めていただいた。部屋の窓から、夕暮れの富士山がどーんと見える。

 絶景。

Dscf1106

 食堂に薪ストーブがあって、ご主人が火を入れてくれたので、早めに食堂に入って薪が燃えるのを眺める。薪ストーブとか暖炉って憧れるのよね。奥日光のホテルに泊まって暖炉の前でブランデーでも舐めるのが夢。

Dscf1116

 早々と食堂にいたので、「もう御食事にしますか?」ということになって、18時からの予定だったのが17時30分頃から、夕食。

 タイやマグロ、アジのお刺身に、名前を伺ったけど忘れてしまった赤くて奇麗なさかなを目の前の炭火で塩焼き。これが美味い。そのあと野菜や豚肉、サザエも焼いて食べる。もうそれだけでお腹いっぱい。ビールにワインを飲んだらもう、べろべろ。

 バースデーケーキも頼んであったが、食べられない。

 今夜は我々だけだったので、宿のご夫婦といろいろ話す。ご主人は彫塑、奥さんはパステルの芸術家で、アトリエを建てたのだが、あんまり場所がいいし、ご主人の釣りの腕が良くてあり余るほどの「漁獲量」なので、友人たちが「絶対に宿にすべきだ!」と強く勧めたので開業して建て増しを重ねた、と。

 ご夫妻の作品も見せていただいて、部屋に引き揚げる。

 

 酔いを醒ましてから、風呂。湯加減最高!

 

 風呂から上がって、ケーキを食べたが、これがまたあっさりして上品な味で、美味しいのであっという間に食べてしまった。松崎で有名なケーキ屋さんの「作品」。

 で、まだ22時過ぎだったが、ずっと運転し続けて疲れていたので、寝る。

 爆睡。

本日の体重:91.50キロ(え?どうして)

本日の摂取カロリー:2500kcal以上?

本日の消費カロリー:65kcal(徒歩+自転車)+451kcal(車の運転)

2013年11月21日 (木曜日)

iPhoneに音楽仕込みつつ、仕事

 7時前起床。

 今日も快晴。

 まず、戴き物のご紹介。

Yukimura

雲村俊慥「討入り四十九士」(イーストプレス)

忠臣蔵の四十七士には二人の助っ人がいて、本当は四十九士だった!史料を確かめ子孫を訪ね寺や墓を巡り遺品を確かめ、行き着いた先は……研究の成果を豊かなフィクションで描きあげる史伝小説!

 勉強させていただきます。

 さて、今日はどうしようか。

 エピローグは午前中に直し終わるから、その後、相方から戻ってきている分の原稿を頭から見直していくか。それとも気分転換にIKEAに行って、買ったけど使えない鍋を交換して、ついでにリネンとかを買ってくるか。それともソフトバンクに行ってiPadを買ってくるか。

 アサメシはご飯に、玉子焼にインスタント味噌汁にキュウリの漬け物。

 食後、仕事開始。

 エピローグを直しつつ、ドライブ旅行のために、iPhoneに音楽を詰め込む。主としてジャズと映画音楽。ドライブ中はクラシックよりポピュラー音楽の方がいい。と言いつつ、映画「シャッター・アイランド」で使われたペンデレツキなども入れる。

 で、買ったまま忘れていたショルティ/シカゴのマーラー5番とかのCDを発掘したり、弾厚作のピアノ協奏曲第1番とかを聴き直して、なかなかいい曲じゃないかと思ったり、モリコーネのマカロニ・ウェスタンは凄いとか、マイルス・デイヴィスに痺れたり。

 そんなことをしつつ、「エピローグ」を直し終わり、相方に送る。

 IKEAはこの作品を脱稿してから行くことにして、今日はiPadを買うことにしよう。

 その前に、はなまるうどんできつねうどんとおにぎりを食って、ソフトバンクへ。

 が、iPadを扱う店は限られていて、この辺では綾瀬。秋葉原に聞いてみたら、在庫はないと。

 しかし、ソフトバンクのサイトで料金を見ると、えらく安い。こんな値段で持てるの?なんか穴があるんじゃないの?

 店で料金に関する詳しい資料を貰おうと思ったら、置いてないと。

 う~む。

 まあ、なければなくてもいいんだから、ここは我慢するか。というか、もうちょっと研究してみよう。

 帰宅して、エピローグを徳間Y氏に送る。

 旅行ガイドを熟読。

 「5時に夢中!」が始まったので、見る。木曜日のムチャクチャ具合は凄い。

 夕食は、白菜豚バラ鍋。この前の残りの材料で。

 やっぱり美味い。

 食後、録画した「リーガルハイ」第7回を見る。

 久々に、高レベルな出来。3つの裁判が描かれたが、伊東四朗演じるアニメの巨匠の裁判だけに絞るべきじゃないかったのか?

 露出狂やインコの裁判は邪魔だと思うけどなあ。

 アニメの巨匠の言うことや古美門の言葉は奥が深くて感動する。ものを作ると言うことの原点がある。使われている側には見えない部分。これ、掘り下げて描くと、もっと良い作品になったと思うけどなあ。

 来週は「北の国から」のパロディ!

 その後、とろとろとテレビを眺める。

 ニュースを見た以外、記憶にない。

 秘密保護法問題で「みんなの党」は、明らかに焦ってる。渡辺商店から脱皮出来ないまま消滅していくんじゃないのか?与党擦り寄りが露骨で、党首は何を考えているのかと思う。維新も焦って擦り寄ったが、こっちは世間が気になるようで、ストップがかかった。

 民主党が一番野党らしく、対案を準備して対抗しせいを見せているのは評価出来るが、自民党に完全に舐められているのが痛い。まあ、舐められても仕方がないとはいえ、ここで民主党が存在意義を見せないと、解散して政界再編成をした方がずっといいと思う。

 風呂に入って早々に寝ようと思っていたのに、ついつい「アメトーク」を見てしまい、風呂はカット。

 0時に就寝。

 旅の支度はほとんどナニもしていないが、特別な準備も要らないので、まあいいか。

本日の体重:90.55キロ

本日の摂取カロリー:1994kcal

本日の消費カロリー:日常生活+19kcal/515歩+68kcal(自転車) 

2013年11月20日 (水曜日)

いろいろ、やった!

 6時に目が覚めて、しばらくベッドの中でゴロゴロしていたが、iPhoneを見たら、フットボール日本代表の対ベルギー戦は今夜だと思い込んでいたら、今朝だった。しかも、日本が勝ってると知った。

 飛び起きて、テレビをつける。

 と、日本は3-2で勝利!

 本田が「ベルギーに勝つ」とか言っていて、あんまり大口叩くなよと思っていたら……。

 ずっと沈滞ムードで、あの元気だった日本代表はどこに行ったんだ?という感じだったし、オランダ戦も勝ちきれなくて、引き分けもマグレだったのか?みたいな感じがしていたが……。

 それに合わせるように、おれの気分もここんとこマイナーな感じだった。

 しかし!

 素人でも判る、柿谷の鮮やかなヘディング・シュート!

 連携が上手く行った本田、岡崎のシュート!

 悪口しか言わない越後屋のオッサンが珍しく褒めてるのが気味悪いくらい。

 日本代表のガッツに習って、おれも、頑張ろう!

 というわけで、朝のモロモロ。

 まずはご飯を炊いて、炊きあがるまで、仕事。

 まず、昨日の直し。

 やっていると相方から電話が入って、直しを追加。

 小直しなので、すぐに出来て、相方と徳間Y氏に送る。

 で、アサメシ。炊きたてご飯で玉子かけご飯。美味いっ!日本人に生まれて幸せ、と言う味。キュウリの漬け物にさつま揚げ、インスタント味噌汁。ご飯をお代わり。

 仕事再開。「エピローグ」を書く。昨日あらまし書いたのだが、大幅に手を入れる。

 昼ごろに書き終わった。

 一応、最後まで書き上げた。

 今日の昼は、絶対にビッグマックを食おうと決めていた。マヨネーズとピクルスの味しかしない、あの俗悪なビッグマックと、フライドポテトを食いたいのだ!

 

 1時過ぎに外出。

 北千住駅前のマクドナルドで、念願(でもないが)のビッグマックとフライドポテトのMとコーラ。

 美味いハンバーガーを食うなら、北千住には名店が3軒もある。昼間なら、KHバーガーかサニーダイナー。夜ならこの2軒に「蜂の巣」が加わる。ここなら、本物のハンバーガーが食える。しっかりした肉の味。

 しかし、ほとんどパチモンであるマクドナルドは、時々強烈に食いたくなる。これがB級グルメというやつなんでしょうなあ。昔から慣れ親しんだ味。美味くもないけど慣れ親しんだ味。

 マクドナルドの場合、クオーターパウンダーやメガマックなどのパテがデカいやつは、マズい。凄くマズい。それはパテがマズいからだ。パテの味ではマクドナルドは本格的ハンバーガー・ショップに太刀打ち出来ない。

 しかし、魔法のドレッシングというか、チーズにピクルスにタルタルソース的マヨネーズがたっぷりかかったビッグマックだと、パテのまずさを覆い隠して、絶妙なバランスとハーモニーを奏でる。

 このバランスの良さは、ビッグマックのみで味わえる。他のものではダメ。

 もう、徹底してお子様の味。それがいいのだ。この味は絶対に変えないで欲しい。すでに「懐かしの味」「郷愁を誘う味」になっているのだから。

 ま、それでもロッテリアなどの他のハンバーガーよりはビッグマックは美味い。

 というわけで、カロリーや栄養学的には最悪のビッグマックとポテトを食い、コーラを飲む。

 うめ~!

 と、店内のBGMで、ハーモニカの効いた曲がかかった。なんとなくジェベッタ・スティールの名曲「Calling You」を思い起こさせるなかなかいい曲。

 と思ったら、その「Calling You」や、この曲がテーマ曲の映画「バグダッド・カフェ」を思い出して、涙ぐんでしまった。

 この映画は良かったよねえ。尖がった表現で、ハートウォーミングな世界を描くという離れ業をやった。デブなドイツ女が荒涼としたアメリカ西部の砂漠の真ん中にあるようなショボイカフェというかモーテルに住み着いて、その店を文字通りの「砂漠のオアシス」に変える。これが、ドライで尖がった表現で描かれるから、余計に心に染みて、泣ける。「Calling You」の歌詞も、しみじみと染みる。

 ビッグマックを食っている冴えないオッサンがしみじみと涙ぐんでいる姿は極めてキモイだろうねえ。誰も気にも留めないか。

 とにかくまあ、ビッグマックは美味かった。満足。

 帰宅して……相方から戻ってきている前半部分を見ていこうかと思ったが、ちょっとそこまでのパワーは無く、かと言って新三郷のIKEAに行ってフライパンを交換するには時間がハンパだ。

 結局、ソファに寝転がって、旅行のガイドブックを熟読。

 ドライブ旅行のランチをどこで食うか、その地点を決めかねているが、まあそれは、成り行きで決めよう。

 夕方、夕日に染まった空に富士山のシルエットがクッキリ見える。なかなか美しい。

 30分ほど、寝る。

 と、くーたんがやって来て、おれの上に寝そべって、熱心に毛繕いを始める。完全に安心して心を許している証拠。もう4年も一緒なんだから、そりゃおれへの信頼は高くなきゃ困るんだけど。でも、動物から信頼されるというのは、とても心豊かな気分になれる。おれもそんなにダメ野郎じゃないんだな、と思える。

 「5時に夢中」、あれ?美保純だけ?ああそうか、中村うさぎは入院中か。

 17時30分まで見て、テニスへ。

 曳舟駅のコンビニで、肉まんを買い、歩き食い。

 テニスは、まあまあ。というか、変則的な試合で空振りとかネットとかを連発してしまったが、全体としてまあまあ。

 風呂に入って、さて何を食おうか考える。

 「喜多方ラーメン坂内小坊師」で、ラーメン・ご飯・餃子3つ・味玉のセットを頼む。本当は味玉は要らないしご飯も半分でいい。要するに、ラーメンに半ライスに餃子3つを食いたい。もっと言えばラーメンだって半ラーメンでいいのだが、この希望に対応するセットはないし注文も出来ない。

 で、「満足Aセット」を頼んだが、ご飯は半分にして貰った。

 それでも多かったなあ。半ラーメンにして貰うには「満足Cセット」にするしかないのだが、これには焼き豚ご飯が付いてきてしまうんだよなあ。

 洗濯機用の洗剤を買うのを忘れて、コンビニで捜したら、愛用品があった!

 購入して帰宅。

 「リーガルハイ」は録画して、「報道ステーション」を見る。解説を聞いて、今朝の対ベルギー戦ではいかにゴール前の三人の息があって最高の連係プレイが出来たのかがよく判った。個人技に頼らない、上手いプレイ。凄いなあ。

 ダルビッシュ独演会もとても面白かった。「日本で7年投げていてもこっちに来たらゼロだから。お前まだ2年目やろと言われて終わり。まあチームに10年いれば威張れるし20年いれば神様だし、それを越えたら……もう何が何やら判らん存在ですわ」と大阪弁で喋られると、なんだかもう、とても楽しい。そして田中のガッツポーズには先輩として「アレはアカン」とずばっと忠告。それはもう田中本人には伝わっていることだろう。

 「マツコ&有吉の怒り新党」を見る。マツコのクソややこしい恋愛感情に辟易するが、それはまあ「明日に向かって撃て!」の冒頭に通じるような感情なんだろう。判らないこともないし、これは判っておくといろいろ有効だ。

 しかしアメリカでは、ロジャー・コーマン的なスカタン映画は脈々と作り続けられているのだなあ。しかしエイリアンって、勝手にパクっていいの?いやこれ、しかるべきカネをしかるべきところに払って作ってるんだろうね?まさか「エイリアン」ってパブリック・ドメインじゃないよね?ゴジラだって東宝がしっかり権利を持ってるんだし。

 ロジャー・コーマン的なあれこれが持ち上げられて、バカが神格化みたいな真似をしているが、ロジャー・コーマンはあくまでもロジャー・コーマンであって、やる気のある若手を育てたのではなくて安く使えるから利用したに過ぎない。若手だって、映画界に食い込むチャンスだから頑張るしコーマンを利用する。そういうけっこうドライな関係だったと思う。で、作られた映画を面白がるのはいいが、コーマン映画って、それ以上のものではないからね。時々、偶然、当人も思っていなかった傑作が出来てしまうこともあったが、そりゃ、あれだけ作ってりゃ、偶然ということもあるだろう。

 0時過ぎに就寝。

本日の体重:90.70キロ(減るはずなのに……)

本日の摂取カロリー:2906kcal(うわ)

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+137kcal/3722歩+68kcal(自転車)

2013年11月19日 (火曜日)

最終章、終了!

 6時過ぎに目が覚めたが、7時ごろまでベッドの中でゴロゴロ。

 今日も快晴。

 朝のモロモロのあと、朝食。トーストとゆで卵。

 

 で、仕事開始。

 本日は特に予定も無いので、仕事に集中。

 

 昼を過ぎて、どうしてもカレーライス、それも蕎麦屋のカレーが食べたくなったので、外出。北千住駅前の「富士そば」で盛りそば半カレーのセットにコロッケを追加。

 食い終わってスーパーに寄って今夜の「白菜豚バラ鍋」の材料を買って帰宅。11月からレジ袋が有料になったのをいつも失念してしまう。3円の袋代を払ったのが悔しい。買物袋を持っていく習慣をつけよう。

 仕事に集中。

 夕方に、最終章、書き終えたが、なんかしっくりこない。粗筋を追っているだけという感じ。もっと演出を工夫して膨らませなければ。

 見直して加筆。


 それはそうと、先日の朝日夕刊に載っていた企画広告、「完全版」(期間限定)がネットで見ることが出来る。佐々木希が出た、尾道での写真集、とでも言うべき、素晴らしい広告。これが素晴らしい。

 写真も素晴らしくて、佐々木希のたおやかな美しさが自然に表現されているのだが、それに添えられたコピーの文章がまた心に迫る。特に、亡くしたカメラが戻ってきたと思ったら、自分が撮った覚えのない花畑の写真が入っていた、というのは、なんか、とってもいいじゃないか。本当にそんなことがあるのかないのか判らないが、あったらいいなあ、と思う。

 17時になって、「5時に夢中!」を見る。毎回、岡本夏生は奇怪なメイクで出て来るが、今日は骸骨というかヴェネツィアの仮面舞踏会のお面というか。しかしお面を被っているのではなく、顔にそのままメイクしている。もう、岡本夏生は突き抜けましたな。

 喋ることも表現はキツいが神髄をついていると思う。彼女が仕事にあくせくせずに旅を楽しんだりしているのは若いときに頑張って資産を作ったから。壊れたおばちゃんのように見えるが、日本有数の優雅な女性、という事も出来るなあ。

 で、夕食。白菜に豚バラを挟んでミルフィーユ状に鍋に並べるのは見た目はキレイだが面倒くさい。一人で食うなら別に見た目は関係ないから、昆布で取った出汁の入った鍋の平面に白菜と豚バラを並べて、それにニンニクと生姜のスライスと白ネギも入れて、煮込む。相方に貰った天然塩もパラパラと。料理酒で煮込もうかと思ったが、酔っ払ってしまうのが嫌で今夜はお酒は使わない。

 で、しっかり火が通ったところをポン酢と胡麻ダレで食べる。

 美味い!今シーズン最初の鍋。

 ニンニク入りの柚胡椒というのを試してみたが、けっこう辛いのね。

 鍋がいいのは大量の野菜を自然に美味しく食べられるところ。減量したアイドルは毎晩鍋を食べたというが、それは理に適っている。ご飯だってそんなに食べなくても腹一杯になるし。

 満腹して、しばし休憩。

 いろいろテレビを見たが、有吉がイマイチ売れない芸人やタレントに指南するのを見て、身につまされた。というか、「千鳥」は充分売れてると思うけどなあ。実力はあって面白いのに東京で伸び悩んでいるのは「二丁拳銃」の方だと思うんだけどなあ。

 波田陽区は、ダメ芸人の典型を爆走中。この種の番組でダメぶりを暴露されたらマズいだろうに……それを逆手に取る作戦も見えないし。

 やっぱり、どんな苦境でも、ネタを探して悪戦苦闘を続けていないとチャンスも訪れないという事やね。客が来なくてもライブをやるとか(って、寄席に出ればいいと素人は思ってしまうが、それはそれでいろいろ難しいのだろうけど)1日1個はネタを作るとか……。

 仕事再開。一晩寝かせようと思ったが、やってしまう。とにかく「最終章」は書いてしまって、相方に送る。

 「エピローグ」は、すべてのオトシマエをまとめ書きしたみたいな体裁になってしまったので、これはアカンやろうと書いてはみたが保留。

 風呂に入る。

 久々に交換したシックの五枚刃の髭剃り、切れすぎてお肌がヒリヒリ。

 風呂から上がると相方から電話が入って、「最終章」の加筆修正の提案が。それと、「エピローグ」について打ち合わせる。

 しかしまあ、今日はもう営業終了。

 打ち合わせたことをメモにはしておく。

 しかし、ケネディ大使って、そんなに見物しにいくもの?ケネディ王朝の威光はまだまだ強力なんだなあ。「王朝」というものの原点を見るような感じがする。ブッシュ家も二代にわたって大統領を出したけど、「ブッシュ王朝」とは言われない。兄と弟が暗殺されたというショッキングな事件と、キューバ危機とかベトナム戦争とか公民権運動とか、激動のアメリカ史はケネディとシンクロしてるもんねえ。でも、娘が大使になったからって、ここまで騒ぐ?

 くーたんをじゃらしながら、「報道ステーション」を見る。

 猫は本当に真剣な表情で猫じゃらしを追う。特にくーたんは、この真剣な表情がもう、何とも言えず可愛い。健気というかなんというか、集中している感じがもう、たまらなく可愛い。まあ、室内猫の唯一の娯楽だもんねえ。

 中居くんの「値段付け」番組をなんとなく最後まで見てしまい、0時30分就寝。

本日の体重:90.55キロ

本日の摂取カロリー:1650kcal

本日の消費カロリー:日常生活+66kcal/1468歩+37kcal(自転車)

2013年11月18日 (月曜日)

本日も快進撃!

 7時ごろ起床。

 快晴。

 すっかり「ごちそうさん」を見る習慣がなくなってしまった。どうもおれにとって、ヒロインが大阪に向かうときに登場した「東京駅らしいが絶対に東京駅ではあり得ない正体不明の駅」の存在が許せないのだ。本郷で登場した、やたら立派な電停にも引っかかったが、あれはまあかろうじて許せたのだが。大阪のオバハンのイビリは見たくないしなあ。

 ご飯・目玉焼き・しらす・インスタント味噌汁・キュウリの漬け物の朝食。

 風邪は70%治ったが、そこから足踏み。咳はまだ残っている。

 本日から、福島第一原発4号機から燃料棒の取り出し作業。廃炉作業の第一歩。作業ミスが起きると大変なことになる。今後、長く続く作業が無事に完遂することを心から祈る。

 ちょうどこの時期、東京周辺にはウィーンフィル、ベルリンフィル、ロイヤルコンセルトヘボウという世界の頂点に立つオケが集まっている。今何か起こったら、世界的にも大変なことになってしまうぞ!

 仕事開始。

 昨日に引き続いて、快進撃!

 クライマックスをガンガン書く。

 お昼を過ぎて、遅いランチに出る。

 「ニューアワヤ」でオムライス。美味い。

 髭剃りの替え刃を買おうと思ったが、愛用しているのはジレットだったかシックだったか判らなくなったので、出直す。この2大メーカー、替え刃の互換性はないよね?

 来年の仕事について、いろいろ見えてきた。今年は運勢的にも不調だったが、来年は躍進するぞ!

 気分転換に、風呂に入ってスッキリ。

 仕事を続ける。

 

 夕方になって、あと少し頑張れば最終章は終わり、というところまで来て、休憩。ちょっとガス欠。というか、このまま終わりまで書いてしまうのが名残惜しくなって、と言うか、自分を焦らす感じで、休憩。

 夕方のドラマ再放送をあれこれザッピングしてから、「5時に夢中」を見る。

 なんだかマツコが不機嫌そう。しかし徐々に回復して上手く絡まるのが面白い。

 簡単料理コーナーに野口五郎がゲスト出演。「野口さんが出るような番組じゃないのよコレ」とマツコ。「たぶん野口さんが出た番組の中で一番見てる人が少ないはず」と。

 相手に合わせて番組に合わせてギリギリの毒舌を吐くマツコに強烈な知性を感じる。有吉は芸人としての動物的勘でギリギリのラインを察知しているが、マツコは知性で察知している。どっちも危険と紙一重だと思うけど……。二人とも、敬意を感じる相手には丁寧に対応してきちんとした敬語を使えるのがいいんだよね。今日のマツコは野口五郎に対する敬意をハッキリと表していたし。

 夜、相方と打ち合わせ兼食事。

 きりたんぽ鍋の御膳を食べるが、なかなか美味かった。お鍋って、野菜が美味いんだよな~。幾らでも食べられるし。そろそろウチでも鍋を作ろう。しかしIH対応の鍋はデカすぎるのを買ってしまったなあ。

 

 で、HPminiに最終章を書けたところまで入れて持っていき、相方に見せる。

 この調子だと、間違いなく明日には書き上がるはず。

 しかし、HPminiは凄く使い辛い。WindowsをXPからVistaにしたらモーレツに重くなったし、テキストを読みやすい設定になかなか出来ない。たぶんおれがWindowsに慣れないままなのが原因だと思うのだが、もうHPminiは止めて、iPadに乗り換えようかと本気で考える。iOSの方がOSXに近いし、今の用途だとiPadの方が使い勝手がいいだろう。これはWindowsの問題ではなくてHPminiが非力すぎるのが悪いのだ。なんせCPUが……。とは言え、細かい使い勝手の違いが、どうしても慣れないので、Windowsはもう止めた!

 コレを書き上げたら、ソフトバンクの店に行ってみようっと。

 今週末に予定しているドライブ旅行についても詰める。と言っても、今回は泊まるところだけを予約した気儘な旅行を考えているので、どのへんで昼飯を食べるか程度。湘南を海沿いに走って西伊豆まで行く。

 と、キャットシッターさんに頼むのをコロッと忘れていた。いつもは旅行の日程が決まったらすぐに予約を入れていたのに。

 帰宅して、キャットシッターさんに連絡したら凄く眠くなり、「報道ステーション」の途中で、寝る。

 22時30分就寝。

 睡眠不足は万病の元!寝るぞ!

本日の体重:90.75キロ

本日の摂取カロリー:2432kcal

本日の消費カロリー:日常生活+30kcal/777歩+100kcal(自転車) 

2013年11月17日 (日曜日)

数日来の停滞が嘘のように快進撃

 6時30分起床。

 ほとんど日の出。

 快晴。

 風邪はかなりよくなったが、全快まであと一歩。

 朝のモロモロをやって、アサメシはトースト1枚にゆで卵。

 仕事開始。

 今日からの分は大詰めのクライマックスの大盛り上がり部分。

 頑張って書く。

 正午からNHK-FMで「松尾堂」が始まったが、これを聞いていると4時間聞きながら仕事になるので、我慢。

 仕事を続ける。

 14時になって、「きらクラ!」。先週の分が聞けなかったのが今でも悔しい。今回は録音しながら聞く。

 が……。

 またしても録音がされていない模様。ヘンだなあ。

 今回は作曲家の吉松隆氏がゲスト。ふかわりょうが吉松氏のピアノ曲の大ファンなので、なかなか実のあるトークが聞けて、充実の2時間。「作曲家って音楽大学を出ていないから……ベートーベンだってベルリオーズだって冨田勲さんだってそうでしょう?で、楽譜に一番近いのは図面を引く感じで理系かなあと」いうことで慶応の工学部に進んだというのが面白いなあ。

 この方の「ドーリアン」はオケの動きがとても面白く、「鳥は静かに…」はとても美しい。「タルカス」みたいな曲よりも抒情的な曲の方が吉松氏の美しさを味わえると思う。って、曲想がそういうものなんだから当然なんだけど。

 いやあ、音楽って素晴らしいなあ。

 いろんな芸術の中で、目に見えない「音楽」というものを譜面という違うモノに記録して演奏する、と言うのは物凄いことだと思う。絵とか彫刻とかって目に見えるものを目に見えるもので再構築するけど、音楽はそうじゃない分、作曲家や演奏家って凄いなあと素朴に思う。

 おれは落書きは出来るし消しゴムを削ってなんかの形にすることは出来るけど、音楽だけは完全にお手上げだ。完全に聴くだけ。

 で、聴きながら、冷凍のスパゲティ・ナポリタンを食う。これがランチ。

 聴き終わって、録音が出来なくなった原因を探る。考えられるのは録音に使う2つのソフトの連携。何度もテストして録音出来るように思える状態にはなったが、信頼性は低いなあ。

 そのあと、買い物に出る。なんせコメがない。

 この前作ったキャベツの千切りが残っているので、今夜はコロッケ。ついでにメンチカツやハムカツも買う。

 帰宅して、早速ご飯を炊く。

 

 炊きあがるまで、仕事。

 早めの夕食。

 コロッケ類3種のメシって、安上がりだねえ。美味いし。

 食べ終わって、日曜夕方のドライブ番組とかを見て、録画して保存してある「孤独のグルメ」を見る。駒場東大前の「ボラーチョ」の回が特にお気に入りで、見ていると、なんだか泣いてしまった。

 これって、ヘンだろ!どうして「孤独のグルメ」を見て泣くんだ!いや、やたら美味そうに食べる井ノ頭五郎の姿に素直に共感して涙ぐんだりしたことはあるし、料理への熱い思い入れに感動することもあったけど……マッシュルーム・ガーリックや牡蠣のグラタンやスパゲティを食べるのを眺めて泣いてしまう、この心境はなんなんだ?

 我ながら、精神が不安定だなあと思う。

 まあ、思うように書き進まないのに焦っていたり、書き上げるまでいろんな行動を自分でセーブしているから、その鬱屈が溜っているのは判る。しかしねえ……。

 「孤独のグルメ」でも、他の回、例えば尾久の鍋料理とか大井町のイワシ料理や鶯谷の鶏飯では涙は出なかった。やっぱり駒場東大前の「ボラーチョ」が持つノスタルジックな雰囲気が心に響いたんだな。「20年前の学生時代と同じメニューだ!」という客がいたもんねえ。江古田なんか、おれが毎日のように通った店はほとんど、もうない。(大盛軒は東中野に行けば本店があるけど)

 いかんいかんと気を取り直し、仕事に戻るが、「八重の桜」の時間。

 視聴率が悪いらしいが、さもありなん、とは思う。学校経営と家の中のことに終始するからなあ。大きく動く歴史のダイナミズムを描くのが大河ドラマの基本じゃないかとおれは思うのだが、その観点からすれば、今の展開は温すぎる。文士の誕生といっても、徳冨蘆花じゃあんまりピンと来ないし。

 教育テレビの、ブロムシュテット/N響のブラームスを聴きながら、仕事。

 1番はなかなかいい感じ。この曲を聴くと、ブラームスが「1番だからいいもの書くぞ!」という意気込みと周囲の強くて熱い期待に押しつぶされそうになりそうな苦しみと、なんとか最終楽章に辿り着いて解脱したような境地が正直に描かれていて、大好き。自分が掲げたハードルが高すぎると、自滅してしまうこともあるもんなあ……としみじみ。

 仕事再開。

 と、今日はかなり枚数も進んで、後ひと頑張りで最終章も終わり、というところまで来た。

 おお。

 あんなに進まないのを気に病んでいたのに、後ろを見たら凄く進んでいたではないか!

 そう思うと、気分が一気に晴れた。

 わしゃ、なんて単純なんだろう。日芸を受け直すのに冬季講習を受けた代ゼミの文学史の授業で「万葉集は単純明快。お前たちみたいなもんだ!」と言った講師のフレーズを思い出した。

 

 もう少し頑張れたが、ここから先は怒濤のクライマックスなので、明日に回す。

 ネットニュースで、テレビを席巻していた吉本芸人が退潮、というのを見た。主な原因は、マネージャーと連絡がつかないから。って、これ、本末転倒だろ。芸人の数に対してマネージャーが少ないのが吉本の特長で、現場にマネージャーが来ることは大者以外はないらしいので、芸人は自力で現場に行くと。まあ、大の大人なんだからそれくらいしろよとは思うが、スケジュール確認とかが一苦労だとか、ダメなマネージャーに当たるときちんとスケジュール確認が出来ないとかあるらしい。どこまでネタなのか判らないが。

 しかし営業がダメで注文が入らない(注文出来ない)っていうのは会社としてダメじゃん、と素朴に思うが。

 吉本に限らず、タレントの側から考えると、当てにしていた番組が突然打切りになったり、突然リニューアルされたりして仕事がなくなるのは大変だなあと思う。薬丸が、「はなまるマーケット」が終了するのに困惑しているらしい。豪邸のローンが残っているのに年収の大半を占める番組がなくなるのは、それは困るだろう。

 おれたちだって、連載が突然打ち切られたり、ゲラまでいっていた本が突然消滅(出版社がそのジャンルから撤退することになったので)したり、出版社が潰れたりと、いろいろあった。だから、この世には「絶対」というものはないのだなあ。サラリーマンだって安泰じゃないんだし。公務員ならもっとも安全なのか?医者とか大工さんとか、資格や特技を生かす仕事なら安全なのか?あれだけ苦労して資格を取る弁護士なのに、今は余っちゃって食えないらしいし。

 イヤまあ、もうそういう進路変更には遅すぎるトシだもんなあ。とか、ナニ考えてるんだおれは。

 0時30分、就寝。

 電気を消すと、くーたんがベッドに飛び乗ってくるので、暗闇の中でしばらく抱っこ。

本日の体重:91.10キロ

本日の摂取カロリー:1859kcal

本日の消費カロリー:日常生活+13kcal/368歩+34kcal(自転車)

« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年11月24日 - 2013年11月30日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト