« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

2013年11月24日 - 2013年11月30日

2013年11月30日 (土曜日)

ずっと仕事

 7時30分起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。なんとしても今日中に「悪漢刑事12」のプロットを組み立てたい。

 

 と、思いつつ、かな漢字変換の「かわせみ」がバージョンアップして「かわせみ2」になったと知って、しばし考えて有償バージョンアップする。もっぱらATOKを愛用していて、特に不満はないのだが、かな漢字変換ソフトは大事な商売道具。ATOKにもしものこと(突然壊れてなかなか修復できないとか)があったら大変だから、「かわせみ」は必要。まあ最近の「ことえり」もずいぶん賢くなっていて、急場を凌ぐには充分ではあるのだが……。

 「かわせみ」は旧EGbridgeの後継者なので、ATOKよりもきめ細かいカスタマイズができるのがいい。『』とか……とか、ATOKより1タッチ少なく打てるので重宝。しかし辞書の出来ではATOKがなんとも強力なので、ついついATOKを使うようになっていた。

 ダウンロードして使ってみると、なかなかいい。なのでしばらくこっちを使ってみよう。

 仕事は、章割りにして具体的な構成を考えつつ筋を練るほうが効率的な気がしたので、そうする。

 で、お昼。

 くーたんのご飯も買いに行かなくてはいけないので、北千住東口まで行く。

 定食「かあちゃん」で新さんま焼き定食を食べる。今の時期は牡蛎フライが美味そうなのだが、依然として揚げ物に箸が向かわない。

 で、替え歌を思いついた。(薬師丸ひろ子の「探偵物語」のメロディで)

 

 あんなに 揚げ物 好きなのに

 わたしの心で 消えていく

 食べる気が 起きないの もたれすぎて

 メニュー見てるとついつい 心が動くけれど

 注文するのはいつも

 刺し身…… 煮物…… サラダ……

 これがいつまで続くか?ずっと続けば半年後にはきっと体重は激減しているだろう。たぶん、きっと。

 しかし薬師丸ひろ子の歌声は澄みきって清らかで美しいなあ。「あまちゃん」の最後の最後で披露した歌声には、感動したもんなあ。朝からあんな感動が味わえるというのは、やっぱりあのドラマは奇跡だったのだ。すべてが巧くハマって、奇跡が起きたのだ。

 帰宅して、録画した「タモリ倶楽部」を見ると、なんとタモリ電車倶楽部がついに小田急線に進出!これまで京急・東急と乗ってきたが、ついに小田急だ!

 どうせなら箱根湯本まで行って欲しかったが、成城学園→新宿まで貸切ロマンスカー。これ、いいなあ!複々線の迫力を楽しめるもんなあ!

 さすがに全員、世田谷代田や下北沢駅の工事が途上であることを正確に知っている。カッコだけテッチャンはいないのが気持ちいい。ガダルカナル・タカだけは最初から「アンチ」の姿勢を保ってチャチャを入れたり突っ込んだりしてバランスをとっているし。こういうことが「ブラタモリ」では出来なかったから、あの番組は「タモリ様ご巡幸」「タモリ将軍の民情視察」と言われたのだ。今は加山雄三の散歩番組がそういうことになっているが。

 新宿駅では「発車業務」「特急券発券業務」を。これは緊張するからやりたくないなあ。

 で、来週は喜多見車両基地だぞ!

 仕事再開。

 「具体的事件」のモデルになる事件について、いろいろと調べるが、ネットでもあまり情報が無い。見出しは元気なのに本文を読むと、何も書いていないのに等しかったり。

 夜になる。

 久々にご飯を炊いて、「あじのたたき」を作る。と言っても売っているのを買って来て、それにショウガやミョウガ、ネギに大葉を足してとんとん叩いてもっと細かくするだけ。しかし細かくすればするほど熱々のご飯に乗せると美味さが増すのだ。これに味噌を足せば「なめろう」になるが、失敗するのが怖くてまだやったことがない。

 それプラス、イカソウメン。野菜ものが一品足りなかったけど、あじについてきた大根の千切りを食うからいいか。

 で、食べる。美味い!

 食後、テレ東の「足漕ぎのベロタクシーで群馬の名湯巡り」を見る。これ、山道を走るのでかなり過酷な企画。

 テレ東の土曜の旅番組は、出演者を過酷に扱うものばかりになってきたなあ。「ローカルバスの旅」が当たったからだと思うが、川村ゆきえにあんまり厳しいことをさせないで欲しいなあ。

 でも、久々に草津温泉に行きたくなった。いや、その先の万座温泉に行きたい。

 その後、「アド街ック天国・大塚」を見て、おにぎり専門店でおにぎりを頬張りたくなった。居酒屋の名店ぞろいなのは判ったが、おれは酒が飲めないからなあ。残念だなあ。

 しかし。こんなことでほんわかしている場合ではない。

 中国が防衛識別圏を設定して日本やアメリカを翻り始めた。

 太平洋に進出したいロシアや中国に対して天然のバリケードになっているのが日本列島。そのことは今から30年以上前にブームになった「悪の地政学」ではっきりと指摘されていた。だから日本は、その重要な地政学的位置をもっと巧妙に利用してアメリカを利用しろ、というもの。

 TBS「ニュースキャスター」は中国が太平洋に進出する突破口として防衛識別圏を設定した……というところまでハナシが来たところで突然CMになってしまって、そのままハナシをぶった切ったまま芸能ニュースになってしまった。この件について安住さんから一言のお詫びも釈明もなかった。つまり、この番組は、こういう大事な情報をどうでもよく扱っているのだ。駄目だね、この番組。ん?もしかして、おれがトイレに行ったときに安住さんがなんか釈明したのか?

 それはともかく、中国はレーダーとかの整備が出来ていないまま先に防空識別圏を設定したので、日米の軍用機が飛んでも中国はスクランブル発進をしていないらしい。中国側は「した」と言うが、実際はしていないと日本側は言っている。

 ここで中国をあんまり刺激しないほうがいいのか?例の「引っ越しオバサン」みたいにガンガン騒いでいる隣の人は放っておくべきなのか、チョッカイを出してヒートアップさせるべきなのか?

 アメリカはB-52を飛ばしたかと思えば航空会社にはフライトプランを中国に出せと言っている。完全に突っ撥ねる気はないらしい。では日本は?

 どうもアベ政権の強気な姿勢が気になって仕方がない。

 中国が勝手な事を言い立ててメンツを重んじるとか言うのはまことに勝手で一方的な話だが、それに対して日本があんまりチョッカイを出しすぎると、防空識別圏が重なる空域で日中の空軍が戦闘状態にならないとも限らない。

 中国は挑発を繰り返して、そういう事態を作ろうとしているのかもしれない。盧溝橋とかで旧日本軍がやったような手法で。

 きな臭いなあ。嫌だなあ。どうしてここまで発展しちゃったのかなあ。

 特定秘密保護法案については、担当の森大臣がいよいよ頼りないしやる気もないし、野党側も「官房長官を出せ」と相手にしないようになっている。

 これって、森大臣へのイジメじゃないの?担当大臣にしたんだから、内閣も党も、もっときちんとバックアップしてやるべきじゃないの?というか、やっぱり最初から、森大臣はダミーでしかないのだろうなあ。国会審議もダミー。本当のところは裏での「折衝」で進んでいく。というか、修正は衆議院でオシマイで、参議院ではいっさい修正しないらしい。だったら参議院なんか税金の無駄じゃん。要らないじゃん。廃止すればいいじゃん。選挙制度もヘンだと裁判所に言われてるんだし。

 自民党の石破幹事長が、「デモはテロ」ですと。この記事。

 朝日と毎日は報じているが、讀売と産経は報じていない。

 石破サンは自民党の中でもマシなほうだと思っていたが……。

 デモには黙ってプラカードを持ってぞろぞろ歩くパターンもあるし、過激なものもある。暴力を伴うものはもちろん論外だが、音を出すけど整然と歩くデモをテロだと言ったら、今後は取り締まりの対象になって、意思表示としてのデモはできなくなるぞ。

 そこまで考えて石破サンはブログを書いたのかね?

 この人は、アイドルオタクだったりして、もっと一般人に近いのかと思っていたが、先日のTBS「オールスター感謝祭」にゲストとして登場したときに、見事に「田舎の大物ジジイ政治家」みたいな言葉遣いになっていて、「うわ~劣化したなあ!」と驚いた。「……しておって」とか昔の映画に登場する「ジジイの大物政治家」そのまんまの言葉遣いだったので、これはコントを演じているのかと思ったほどだ。

 石破サンは、変質した。

 風呂に入って、出てから、仕事再開。

 1時ごろまでやる。

 その後、届いたまま封を切っていなかった「MacPeople」最新号を読む。やっぱりiPadを買うかなあ。ソフトバンクで買うと実質0円かきわめて安く手に入るという「魔法」は本当なのか?

 

 1時30分ごろ、就寝。

本日の体重:90.85キロ

本日の摂取カロリー:1859kcal

本日の消費カロリー:日常生活+24kcal/656歩+54kcal(自転車)

2013年11月29日 (金曜日)

やたらに眠い1日

 6時30分起床。

 快晴。

 今日はイベントはないので、1日仕事に集中!

 まず、光文社文庫新作用の参考資料を調べてリストを作り、担当T氏に連絡。

 その勢いで「悪漢刑事」の新作用の資料を探してアマゾンでポチる。

 今日中に「悪漢刑事12」のプロットをまとめて章割りまでやってしまい、週末は徳間新作の最終チェックに充てたいが……。

 朝食はトースト、コーンフレーク、ゆで卵。

 

 なんだか考えがまとまってきたような、そうでもないようなふわふわした状態。

 こういう場合は、動くと考えがまとまる時もある。

 ちょっと外出して「富士そば」でカレーを食べる。

 帰宅して考えようとすると……眠い。モーレツに眠くなった。

 まあ、ここんとこ、微妙に寝不足が溜まっているからなあ。

 そうこうしているとカイロの予約の時間になったので、外出。

 施術して貰いながら若先生と話す。交通事故の悲惨な実例をいろいろ。脱輪程度で済んだのは不幸中の幸いだよなあと、しみじみ。人身事故を起こしたら、一生を棒に振るケースもあるんだし。

 カイロの帰りにクイック散髪へ。駅とかにある1000円カットより高いが、普通の理髪店より安くて、理髪店並みの仕事をしてくれるので、ここ数年通っている。と言っても年に3回くらいだけど。

 トシを取ってきたせいか、髪の毛が細くなって癖毛のクセが強くなってきた。以前ならドライヤーで梳かすとか整髪料でなんとかなったのに、最近はダメ。頭がくるくる状態(あくまで外見の話)になってしまう。

 理容師さんにも同じ事を言われて、トシを取ると、もっと散髪に来る回数を増やすべきなんだなと思う。ツキイチじゃ多いけど。

 散髪の後、松屋で夕食。牛丼にしようかと思ったが、焼肉定食にする。

 

 帰宅して、休憩。録画した「リーガルハイ」第8回を見る。前シリーズと似た設定で、自然を残すかどうか村の中で割れている調停。普通の村だったのを殊更昔風に戻して世界遺産にしようとする派と、コンビニもあるしスナックもあるしハンバーガー屋もある普通の村に戻す派の対立。古美門は普通の村に戻す派。

 数で劣勢になりかけた「世界遺産派」は締め付けを強くしていく。その姿はロシア革命の後のソ連の大粛正とか連合赤軍の「総括」に近い空気を醸し出す。

 結局は個人的な感情のもつれが根本だったことで決着するが、現代の恐怖のトバグチを垣間見せた。

 これはなかなかに怖ろしい瞬間で、民主主義が行き渡った感のある現代ニッポンでも理想主義から出発したけど途中でおかしなことになってしまって暴走する「いい事をしていると思い込んでいる集団」と「なんとか集団をまとめたいリーダーの焦りから来る暴走」は大いにあり得ることを描いている。「オウム」の事を考えれば、こういう暴走は現代でもたやすく起きるのは明白で、その意味でも怖ろしいテーマを扱った回だったが……。

 45分じゃ短すぎて、いろんなことが詰め込まれて食い合って印象が薄れてしまった感じがあって残念。広末の裁判官もキャラが立ってきて面白いし、理想が暴走し始めた桐生弁護士も面白くなってきた。だから、これ、2回に分けて、もっと丹念に描いても良かったんじゃないのか?

 第2シリーズは難しいところにチャレンジしていて、ちょっと熟れていない部分を感じる。第1シリーズのままなら、成功の方程式はあるのだから簡単だったが、成功に安住せずあえて新しいラインに突き進む古沢良太の精神は尊いし、スタッフのチャレンジ精神にも闘魂を強く感じるのだが……ちょっと練りが足りないのかなあ、という気もする。これは自分に跳ね返ってくるポイントなのだが。

 ニュースを見る。

 壮大な天体ショーが観られると期待していた彗星が消滅してしまった、というのがトップニュース。これがトップ?

 特定秘密保護法案の国会審議は、形式的。実質的な修正協議は当の重鎮クラスがウラで折衝していて、国会では森ナントカという初閣僚の大臣がたどたどしくやっていて、お茶を濁している。

 この森って人は、自民党が野党時代に鋭い舌鋒で与党民主党に斬り込んで名を挙げた人物だが、担当大臣になって、しょぼい答弁を繰り返しているのはなんかの罰ゲームかと思う。形だけの国会審議に駆り出されたダミーであることを承知しているから、答弁にも覇気が無いしやる気も無い。

 民主党の修正案はまともに審議もされない。

 与党は、参議院では一切修正に応じないらしいし。

 みんなの党はますます渡辺代表が、上記のリーガルハイの桐生みたいに焦って暴走しているし(もう、この党はダメだね)。

 この法案、どうして今のタイミングで、この内容で出てきたのか?巨大与党にならなければ出せなかった「念願の法案」なんだろう。

 じゃあ、また政権交代してこの法律を廃止すればいいようなものだが……次に政権交代出来るのはいつなんでしょうね?

 民主党があまりにブザマに選挙に負けたから……。

 民主党が与党の時も強行採決は何度もやったし……。

 ニュースのあと、NHKの「平成の25年間を振り返る」番組を見る。まあ、バブルの恩恵はあんまり無かったなあ。

 しかし「派遣切り」については、本当に酷いことが横行していたんだなあと思った。突然仕事を打ち切られて3日後には寮を出て行けとか、労働者の権利はどうなるんだ、と言うことが平気で起きていたのだ。なんとも怖ろしい。

 なんか、どんどん疲れて眠くなってきて、仕事を再開する元気がなくなった。

 風呂に入ったりして、早々に寝ようと思ったら、テレ朝で「くりいむナントカ」が始まってしまったので、観る。これは昔、レギュラー番組でやっていた頃から好きで、特番でやると必ず観る。一番好きな企画は、部屋の中で競技をする「インドアーズ」なんだけど、またやってくれないかなあ。

 今回の内容はイマイチだった。清水ミチコが黒柳徹子になってザブングルに無茶ぶりをする「ニセ徹子の部屋」は面白かったけど。

 「タモリ倶楽部」は録画して、0時過ぎに就寝。

 なんか、モーレツに腹の立つ夢(大学時代から嫌っていたヤツが突然出現してチョッカイを出してくると言うタワイナイ内容)を見て飛び起きたが、夢のことなので、またすぐに寝直す。

本日の体重:91.50キロ

本日の摂取カロリー:2256kcal

本日の消費カロリー:日常生活+18kcal/541歩+122kcal(自転車)

2013年11月28日 (木曜日)

仕事して気学教室へ

 6時30分起床。

 もっと寝ているつもりだったが、目が覚めてしまった。

 曇り。

 寝不足気味なので、疲れが取れていない。なんだか朝からヘロヘロ。

 朝のモロモロをやって仕事を開始するが、どうにも頭が働かない。こういう時は寝てしまう方がいいのかも。

 午前中に、北山先生からピーナッツが送られてきた。本場・千葉のピーナッツ!有り難く頂戴致しました。

 洗濯物を干していると、相方から電話。昨日の報告をして、光文社の企画について摺り合わせる。

 髪の毛をとかしても爆発してしまう。これは散髪のサイン。明日、カイロのついでに行くか。

 で、ボサボサ頭のまま外出して、ブランチ。

 いろいろ考えた末に、回転寿司。

 あんまり食べられず。通常の半分くらいの量で1000円でお釣りが出た。いつもはこの倍は食う。

 隣に座った若いやつが、注文しておきながら「この**どちらさん?」と訊かれても返事をしないのでイライラ。しても声が小さいので寿司職人に届かない。それもイライラ。こういう店だと客も威勢が良くないとダメなんだよ!

 まあこれだけじゃ足りないだろうと、カップヌードルとおにぎりを買って帰宅。

 凄く眠くなったので、ソファに座ると、寝ていたくーたんが起きてきておれに場所を譲ってくれたので、ソファでしばし昼寝。

 少し寝たら、多少はスッキリした。

 仕事再開。Macに向かっていてもナニも浮かばないので、参考資料を読む。

 幾つか使えそうなネタが出てきた。

 カップヌードルとおにぎりを食ったら、満腹。カップヌードル・ミニが丁度よかったのにセブンイレブンには置いてなかったのだ。

 浮かんだネタを元に、プロットを書いてみるが、まだ具体性がなくてメモ程度。

 あまりにもしんどいので、今日はもう外に出たくないが、今夜は今年最後の気学教室。頑張って出かける。

 北千住駅日比谷線プラットフォームで相方と待ち合わせて、人形町へ。しかし会場の人形町区民館は日比谷線の人形町より半蔵門線水天宮前駅の方が近い。次からは半蔵門線でいこう。

 車中で打ち合わせ。

 教室の内容は、これまでの総復習。以前パソコンにノートを取った分が消えてしまったので、改めて教えていただけたのは有り難かった。

 終了後、すぐそばの居酒屋へ。

 揚げ物は依然として避けているので(というか、以前のように揚げ物がないと生きていけない、という感じがなくなってしまった)、紅ショウガの天ぷらはヒトカケ、ウズラの卵の天ぷらも1個貰っただけ。後はポテトサラダにおでんにカニ雑炊をたくさん戴いた。

 聖先生に特別に診て貰って、「大丈夫だよ。山は越えたんじゃない?」と言われてホッとした。実際、今日の午前中に金策をして、印税の端境期のギリギリ状態をなんとかクリアはしたのだが。

 みんなに「脱輪なんか大丈夫だよ!」と合唱のように言われて、それがなんだか有り難い。

 暴れきぬごしさんと東アジア情勢と国際政治バランス、中国の対外戦略の成否について語り合う。彼はとても博識で弁も立つが、みーやさんに「言葉遊びに酔ってるよね!」と言い放たれていたぞ。

 ちょっと前までなら、何がどう転んでも日本が絡む武力衝突は起こりえないと思っていたが、アベ政権はそのへんが怪しい。ロシアへの接近やインド訪問、東南アジアへの目配りなどはアメリカと緊密な意志の疎通を量りながらやっている事なのだろうが、これが「アメリカとの分業による対中包囲網形勢」を目指しているとしたら、大丈夫なのかなあという心配は大いにある。だって、日本の外交って大正以降は失敗の連続だし、特に戦後は事実上、アメリカに外交権を渡してしまっているし……。

 とかなんとか、そんなような話を。

 店に張ってあったスポニチのポスターに魅了された。

Kutsuna01_2

 ナナメから見たら篠原涼子かと思ったら、忽那汐里だったのね。このポスターには力がある。

 23時過ぎに解散。

 ビールはグラス1杯だけで大いに喋ったので、それが効いたみたい。気分的には鬱基調だったのが、プラスに転じることが出来た実感がある。

 帰りの車中でも打ち合わせ。プロットをどう膨らませるか。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、風呂に入り、日テレの優香主演のなんだか凄く辛いドラマを見て(沈んだ優香って、観るのが辛い、と実感。優香にはいつも明るく笑っていて欲しいなあ、と)、1時前に就寝。

 と、寝入りばなにグラグラッと来た。下から突き上げてすぐに横揺れが来たので、近いなと思ったら、すぐにiPhoneが鳴った。震源は千葉県北西部。いつもの場所。

 収まったので寝たら、その1時間後くらいに相方から「大丈夫だった?」と電話。気にかけてくれているのは嬉しい。

 物凄く「味の探求」をするレストランに下働きとして就職する夢を見たが、そういうドラマに出演した夢なのかよく判らない。チュートリアルの徳井がパティシエで、単純なアイディアなのに画期的に美味しいデザートを開発して客が絶賛するのを、徳井に伝えようと店の中を走り回るだけの夢。これの意味するところは、なんだ?

本日の体重:90.35キロ

本日の摂取カロリー:1847kcal

本日の消費カロリー:日常生活+112kcal/2849歩+77kcal(自転車)

2013年11月27日 (水曜日)

A HARD DAY & NIGHT

 5時30分起床。

 日記を書いてくーたんの世話をして髭を剃り、外出。

 今朝は、農水省正門前で「イルカ猟反対」デモに参加するのだ。

 

 マクドナルドでエッグマフィンを食べてから、駅で相方と合流して、地下鉄で霞ヶ関へ。

 主催者の方と合流して、9時30分まで「イルカ猟反対」「イルカの生体販売を禁止してください」と声を上げる。

 その後、本体と別れて我々だけ日比谷公園へ。

 朝の光を浴びる紅葉が美しい。

 思えば、秋の日の朝に、日比谷公園に来たことはなかった。

 せっかく東京に住んでいるのだから、都心の名所をきちんと味わいたいねえ。日比谷公園は素晴らしいところだ。

Img_1268

Img_1269

Img_1270

 帝国ホテルの「パークサイド・ダイナー」で名物のパンケーキを食べる。美味い。美味いのだが、いろいろ考えることが多くて、そのせいか、1/4残ってしまい、相方に譲る。

 食べながら、打ち合わせ。2作分の新作の設定を考えなければならないが、1つは浮かんで、かなりハッキリしたイメージが頭の中に広がった。これを提案してみよう。

 パンケーキとコーヒーは相方にゴチになった。

 所用先に向かう相方と別れて、おれは相方から受け取ったゲラを持って、護国寺の光文社へ。1月発売予定の短編集は相方がすべてゲラを見てあとがきも書いた。

 光文社のロビーで担当T氏と打ち合わせ。新作をどうしようかと。「警察もの」ということで考えると、非常に狭いところでいろいろと工夫しなければならず、それはなかなかキツい。だいたいのパターンはやり尽くされているから、隙間を探すのは難しい。

 それを言えば「悪漢刑事」だって、悪徳刑事物というのは以前からある「パターン」ではあるが、どうしても書きたいという強いモチベーションがあったから、なんとか独自の世界を構えることが出来たのではないかと思う。

 で、「刑事物」「警察もの」というジャンルの中では、さっき浮かんだ企画が今、書いてみたいものなのだが……。

 いろいろ話していて、T氏が「以前から考えているものがありまして」と遠慮がちに話し出したものが、強烈におれを刺激した。

 歯ごたえ充分。ガツンとくる。難しいけどやり甲斐がある。

 それで行きましょう!と即決。相方にはきちんと話して判って貰おう。

 久々に興奮。幸い、その方面の資料はウチにあるから下調べは出来る。

 では、その線で考えてみますと、光文社を後にする。

 一度帰宅。

 今日は三の酉だがテニスもある。相方は今日が三の酉だと言うことを完全に忘れていて、徳間新作の推敲も終わっていないし……とパスすると言ったので、昼間におれ単独で行くことにする。

 以前、二見書房の創立*周年記念パーティで熊手を貰ってからというもの、毎年大鷲神社に行って新しくしなければならなくなった。

 関東のお酉様で一番有名なのは浅草の鷲神社だが、関東のお酉様の元締めは、足立区は花畑にある大鷲神社。交通の便の悪い辺境の地にあるので、すっかり浅草にお株を奪われているが、昔は江戸から船に乗って人々はやって来たらしい。すぐ近くに毛長川が流れているので。

 で、今日は冷え込んで寒いと予報では言っていたのに、けっこう温かい。おれは冬本番の格好だったので汗だくになってしまった。外出し直すのに、秋用の薄いブルゾンにした。

 東武線で谷塚。そこからバスで「草加記念体育館」まで行く。

 

 まだ昼を食べてなかったので、バス停そばの「青木亭」でラーメンを食べるのを楽しみにしていたのに、今日は定休日!そういやお酉様は不思議と水曜日になる事が多い気がする。お酉様の日は営業すればいいのに……。

 いつもだといろいろ買い食いするのだが、今日は一人なので、お参りしておみくじを引いて(「吉」だった)、古い熊手を収めて、新しいのを神社の売店(?)で買う。業者が売っているのは凄く豪勢だがその分高いし、毎年大きなのに買い換えないといけないという言い伝えはこれ、熊手屋さんの陰謀ではないかと思う。毎年買い換えているのだから、最後には超巨大で何十万もするような熊手にしなければならなくなる。それはヘンでしょ。

 なので、神社で毎年同じモノを買い求める。

 昼間だからお参りの列もなく、所要時間5分。

Img_1271

 すぐ帰ろうとしたが、しかしまあ、それじゃあ愛想がないということで、露天のフランクフルトを買い求めて、食う。

 タクシーでさっさと帰ろうかと思ったが、15時台はバスが多いので(学校の下校時間だから)、バスを待つ。

 髭を生やした高校生が「判ったから止めろ!」と防護姿勢を取って一人で叫んでいて、通りがかったトラックの助手席の人が驚いていた。この近所に養護学校があって生徒がたくさんバスを待っていたが、こんな奇行をするのは彼だけ。

 バスで谷塚に戻る。

 駅前のそば屋に入ろうかと思ったが、ざるそばじゃ寂しいし、天ぷらそばは食べたくない。まだ揚げ物は食べたくないのだ。

 で、裏手に中華の「珍来」があったので、入る。チャーハンを注文。いつもならチャーハンに餃子をつけたり定食にするところなのだが、今日はあんまり腹が減らない。でも、この後テニスが控えているので、食べないと倒れてしまいそう。

 同じ「珍来」でも北千住と谷塚ではいろいろ違う。チャーハンも違った。北千住のは物凄い大盛りでふわふわだが、谷塚のは標準的。

 食べていると他の客が注文した「唐揚げ定食」のご飯が超大盛りだったのに驚く。ここは相撲部屋の食堂か?

 北千住に戻り、帰宅。

 ソファにひっくり返ったら、もう動きたくなくなった。このまま寝たい。疲れた。「5時に夢中」が始まって、眺めていたら、このままほっこりしていたくなった。

 しかし……。

 頑張って支度して、再度外出。テニスへ!

 曳舟のペット用品店でくーたんの好物を買い、スポーツクラブへ。

 テニスはまあまあ。ボレーの打ち合いの極意を習うが、前衛の動きは理屈通りで、なるほどなあと思う。テニスは本当に理屈通りのスポーツなんだなあと思う。ま、西洋のスポーツはみんな力学とかそういう理屈が当てはまる。ガキはともかく、オトナには、そういう理屈を教えて貰うと合点がいって、理屈に従ってみようと思うようになる。

 が、横の動きがどうにもついて行けず、試合になって捕球出来ず。後衛なら対処する時間はあるのだが。それも、守りの時は後退しておくと、その時間が生まれるのだ。なるほどなあ。

 いい感じで打てたときもあったが残念なこともあって差し引きゼロ。しかし今日は得ることが多くて、休まなくて良かった。

 風呂に入る。さあ、何を食うか。ラーメンは重い。牛丼かうどんか、海鮮丼か。

 ビールを飲んでヤキトリ食っておにぎり食いたかったが、ここでビールを飲むと帰るのががツラい(酔っ払った状態で歩くのは嫌)ので、我慢。

 イトーヨーカドーのフードコートでネギトロ丼に半盛りそばのセットを食べる。が、ここのソバは美味しくない。以前はうどんだったのだが、すぐそばにある丸亀製麺所から文句が来たのだろうか、ソバになったのだ。

 ヘロヘロになって帰宅。

 今日は3日分の行事をこなした。

 かなり歩いた上にテニスをしたので、足が疲れまくり。

 家でビール、と思ったが、帰ってきたらもう飲みたくなくなっている。その代わりに牛乳をガンガン飲んでしまった。牛乳はカロリー高いんだよなあ。

 「リーガルハイ」は録画して、ニュースを見ようと思ったら「ダンダリン」を見てしまった。視聴率が悪いらしいが、ドラマとしては面白いのになあ。労働基準監督官は、労働者の味方なのだ!

 「マツコ&有吉の怒り新党」も見たが、最後まで見ないでベッドに入り、しばらくiPhoneでニュースを見て、0時に就寝。

本日の体重:92.05キロ

本日の摂取カロリー:2479kcal

本日の消費カロリー:702kcal+628kcal/13407歩+124kcal(自転車)

2013年11月26日 (火曜日)

ちょっといいことが

 7時前起床。

 快晴。

 今日は「悪漢刑事12」のプロットをまとめようと思ったのだが、なんかその、内省的雰囲気を引き擦ってスッキリしない。

 ここは気分転換に、美味いラーメンでも食いにいくかと、御徒町へ。

 ここには「よねちゃん」という博多人も美味いと評価する博多ラーメンの店がある。

 日比谷線仲御徒町からしばし歩く。11時30分だったので、もう混んでるかと思ったら、客はおれ一人。

 ラーメンと明太ご飯のセット、それに海苔と玉子を追加。

 かなりあっさりした味。濃厚な味を想定していたのだが、こういう味が「日常の味」なんだろうなあ。霜降りステーキは毎日食うモノじゃないが赤身のステーキは安いしあっさりしているから毎日食えるのと同じか。

 替え玉したい欲求があったが、明太ご飯を食べたので、我慢。

 上野まで歩く。

 途中、ヨドバシカメラに寄って、iPadを触る。

 う~む。いいなあ。今使っているHPminiより断然いい。しかし今のおれはノベンバー・クライシスの真っ直中だからなあ。レンタカーの修理代金が判らない以上、怖くてナニも買えない。

 iPhoneでメールをチェックすると、某版元の編集氏から仕事の打診メールが。少し前に祥伝社のM氏から、照会があったけどどうしますと訊かれて、連絡先を伝えてくださいとお願いしたのだ。それから音沙汰がなかったので、照会だけか、と思っていたのだ。ずっと前に某製作会社から「悪漢刑事」の映像化権についての照会があったが、これは照会だけだったし。

 が、本当に打診メールを戴いたので、嬉しい。これまでの仕事を評価してくれる文面が有り難い。

 帰宅してから、返事を出し、取りあえず打ち合わせをすることに。

 それと平行して、マックでネットラジオを録音するソフトの不具合を開発者に問い合わせてメールでやりとり。その指示に従っていろいろやってみるが、ダメ。開発者とうまく意志の疎通も計れなくなってきたので、もう諦めるか。違う方法を使えば録音は出来るんだし。

 仕事の方は、名案が浮かばないまま。というか、浮かびかけているのだが、するっと形にならないというか……。

 夜は外に出て、松屋で牛丼を食おうかと思ったが、突然気が変わって、すき家に行って、昔の学食で食ったような「デミハンバーグ定食」を食べる。しかしこれ、マジに昔の学食の味だなあ。今の学食は豪華になって美味しいらしいけど。

 帰宅して、明日のことをいろいろと段取り。ゲラを相方から受け取って光文社に持っていったりと、いろいろある。

 なんか疲れてしまったので、テレ東の旅番組やニュースを見て、早々に寝る。

 なんだかもう最近は政治に失望してしまって、特定秘密保護法についても、強い関心が持てない。しかし、みんなの党や維新はダメだと言うことがハッキリと判った。かと言って民主党はまだダメなままだし、いつもならもっとハッキリと行動を起こす共産党もパッとしない。やることはやっているのに報道されないだけなのか?

 読売や産経は、強行採決をほとんど報じないし。これってホント、あからさま。

 猪瀬都知事の「借用書」、あれってすごく稚拙なニセモノに感じるんだけど……。

 23時就寝。

本日の体重:91.60キロ

本日の摂取カロリー:1859kcal

本日の消費カロリー:日常生活+175kcal/4128歩+92kcal(自転車) 

2013年11月25日 (月曜日)

新作考えて、気功

 6時30分起床。

 曇り。

 朝のモロモロのあと、徳間新作の前半最終チェックをしようかと思ったが、相方から後半も戻ってきてから一気にやる方がいいかと思い、「悪漢刑事」最新作のプロットを考えることにする。

 おおまかな設定はあるが、具体的な事件がまだ浮かんでいない。それを考えるが、ハッキリさせておきたい法律上のポイントがあって、ウチの資料やネットで調べまくったのだがよく判らない。

 この点を担当M氏に訊いてみる。

 ネットラジオの録音が出来ない件。

 Macの場合、「Radikoro」という日本のネットラジオを聴くシェアウェア・ソフトと「Audio Hijack Pro」という録音ソフトを組み合わせるのだが、以前は問題なく動いていたのに、OSをバージョンアップさせてからダメになった。

 「Radikoro」を起動させてタイマー録音を設定すると、設定通りに録音出来るのだが、一度電源を落として再投入すると、指定通りに動かないことが判明。

 ならば、「Audio Hijack Pro」の側からタイマー設定をしたらどうか?と試してみると、成功。電源を落として再投入しても、今度はその設定が生きていて、きちんとタイマー録音が出来るようになった。

 この結果をソフトの作者に知らせようかと思ったが、このソフトはもうサポートを終了していると……。有料のソフトがあるので乗り換える方がいいのかな?

 そんなこんなでお昼を過ぎ、夕方に。

 ブランチはトースト2枚にスクランブル・エッグにソーセージ3本。

 これではちょっとお腹が空いたので、気功に行く前にそばでも食べよう。

 ということで、少し早めに出る。

 今日は暴風雨になるという予報だが、まだ雨は降り出していないので、自転車を使う。

 新刊を早見さんにまだお渡ししていなかったので、東武北千住駅構内の東武ブックス2店を廻ったが、すでに返本されていた……。1冊くらい棚差しがあってもいいのに。

 で、「小諸そば」でざるそばを食う。天ぷらそば系は当分、食べない。

 

 半蔵門線で、水天宮前へ。気功の会場まで歩く途中でコンビニに寄って、おにぎりを買い、食う。

 まだ雨は降ってこない。

 予報だと広い範囲を雲が覆って、降りだしたら数時間続く本格的な雨のようだが……。

 南からの風が入って、生ぬるい。というか、むしろ暑い。

 相方は遅れて参加。

 気功は、とにかく汗をかいた。抜長功20回がなかなかハードだった。以前100回やったと訊いて、そんな覚えはなかったが、おれは脱落して100回やり遂げた人を眺めていたのだった。

 で、ちょっとふしぎ体験が。

 気功の瞑想をしていると、これまでの人生で「ダメだったこと」「悪いことをしたこと」「マズい対処をしたこと」などのマイナス体験が走馬燈のように沸き上がって脳内をわーっと走って行った。

 結構真っ当に生きてきたつもりだったが、なんだこれは。おれはなんて酷いカス人間だったんだ、と暗澹たる気分になってしまった。

 終わってからいつもの「えいと」に行こうとしたが、台風前のような強い風が吹いて、雨もポツポツ落ちてきた。

 相方は豪雨を恐れて先に帰ってしまった。誕生日の乾杯をするつもりだったのに……。

 で、「えいと」。

 乾杯を捧げる主が帰ってしまったのだが、普通の乾杯。

 美味そうなカキフライが来たが、食べず。生牡蠣も1個だけ。ぶり(ハマチだった?)の刺身と豆腐サラダ、キノコ帆立バター炒めを食べ、中生とボージョレー・ヌーボーを1杯。

 〆はシャケのお握り。

 

 飲みながら「気功ってマイナス体験を思い出して反省する作用ってあるんでしょうか?」と訊いたら、芦川さんが「つい最近思い出した高校時代にやったこと」を話してくれて、それは年齢的なことじゃないですかと。で、聖さんが「まあ反省したならその分マシになったんだからそれでいいじゃないか!」とよく判らないマトメを。たしかに過去は変えられないのだから、これからを反省を反映させて生きればいいのだけど。

 強風で東海道線が止まっているというので、早見さんは先に帰り、Fumikaさんもその後に続き、残った4人も23時前に解散。

 外に出たら、結構降っている。

 人形町から日比谷線で北千住。

 北千住に着いたら、雨は上がっていた。レーダーの画像を見ると、思ったより細い雲が東京を横断して、局所的にはかなりの豪雨だったようだ。先に帰った相方は、モロ豪雨に遭遇してしまったんじゃないのか?と心配。

 祥伝社M氏からメールの返答が来ていた。詳しく調べてくれると。有り難い。

 帰宅して、風呂に入ると、外でくーたんが情けない声で鳴く。おれが風呂に入ると外で鳴くのは毎度のことだが、風呂に入れてやった方がいいのかな?

 上がってからしばらくねこじゃらしで遊びつつ、マツコの「月曜から夜更かし」を観る。この番組はなかなか面白い。本屋に行って立ち読みしていると便意を催す現象には名前が付いていたのか!

 1時就寝。

本日の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:2319kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+195kcal/4827歩+30kcal(自転車)

2013年11月24日 (日曜日)

頭と心と肉体の経年劣化を真正面から考える

 6時30分頃起床。

 快晴。

 くーたんの世話をしてから、2日分の日記を書く。

 OSXをバージョンアップしてから、撮った写真のサイズを変えるのが凄く難しくなった。以前は「プレビュー」を使えば簡単に出来たのに、今は表示されるサイズにならない。

 そんなこんなで、楽しかった1日目の分をアップして、問題の2日目を書いていると相方から電話。

 いろいろ話して反省の弁を述べたが、「もうドライブは止めましょう」と言われてしまった。

 これは結構ショックな発言で、なんというか、人間の機能の一部を停止しろと言われたようなと言うか、もっと考えると、男性機能に関る部分を否定された感じ。

 よく、男にとって車の運転はセックスに通じるものがあると言われていて、おれは全然そうは思わなかったのだが、いざ言われてみると、なるほどそう言うことなのか、と合点がいった。なんかその、不能宣告みたいな、というか。

 相方がそう言うのは、無理もないことで、理由もあるので、反論はしたが、「これからは気をつける」という裏付けのないあまり説得力の無いことしか言えないのが情けない。物理的な問題で、メガネを変えるとか何かすればいい話ではないのだから。

 まあ今回は、自分の運転について、悪い面ばかり出てしまったのは確か。

 以前、立て続けに生活上・仕事上でミスをしてヤバいと思って脳ドックでMRIを撮って貰ったが、今回も脳ドックに行こう。それで何かが判るとは思えないが、何かの予兆が判ればメッケモンだ。今年は脳ドックに行こうと思っていて、もう12月になろうとしているのだし。今の仕事が脱稿したら、脳ドックを予約しよう。

 アルツハイマーの初期症状について調べたが、当てはまらないように思えるが、当てはまるところもある。物忘れというのは普通の経年劣化だと思うけど。

 運転免許の返上とか更新をしないとかも考えたが、そこまでのことか?とも思うし。ただまあ、重大事故を起こしてからでは手遅れなのだが。

 安良里漁港でムリヤリ防潮堤の向こう側に車を入れたのは無謀な行為で完全な判断ミスだったが、1日目に無理な追い越しをしたのは事前に安全を確認して大丈夫だと判断したので間違いではなかった。追い越し禁止の場所での無理な追い越し自体は、すべきではないのだけれども。

 で、脱輪に関しては、まったく予期していないことで、この問題が運転能力を考える場合、一番大きいだろう。

 注意力散漫としか考えられないのだが、この「注意力散漫」が他の場合に起きる可能性はある。それを考えると確かに怖いのだが……。

 こんなことは今までなかったことで、この時たまたま「魔が差した」のか、老化による劣化で、今後いろんな局面で現れるようになってくるのか、よく判らない。しかし、その後は問題なく運転して帰ってきたんだが……。

 交通事故というものは、常習的居眠りでなければ、だいたいにおいて、「その時に限って、何故か……」というケースが多いのだろう。

 もっと重大な事故を起こしてしまったら、こんな程度では済まずに、徹底して落ち込んで、悩み苦しむことになるだろう。

 都会に住んでいれば、車がなくても生活出来るから、トシを取って運転が危なっかしくなったら、免許は返上しようと思っている。しかしそれにはまだ早いだろうし、脱輪は「よくあること」でちょっと擦った・ちょっとぶつけてボディを凹ませた程度だという感じでもあるし……。

 相方がむしろ問題にしたのは、「無理な追い越しや無理な場所に入っていったおれの安全運転感覚」だったが、それは今後自分を戒めて慎重運転を励行することで補えるのではないかと思うし……。

 ということをずっと考えていると、なんだかすごく情けなくなってきて、無力感に苛まれてしまった。

 とにかく、これが人生最初の「事故」だったので。これを人生最後の事故だった、という事にしたい。

 2日目の日記を書き終わると、すぐにお昼。NHK-FMは毎月最終週は「日曜喫茶室」。以前は毎週やっていたが、MCのはかま満緒が高齢になったので、だと思うがツキイチになった。

 はかま満緒という人は以前は「コント作家世界第2位!はかま満緒だ!」と自己紹介していたが、コント作家としてそんなに活躍していた印象はない。むしろタレントとして自ら顔を出していた大柄でけっこうイケメンのオジサンという感じだったが。

 で、番組として高齢層に照準を当てているので、おれにはちょっと……という感じで、あまり聴いていないのだが、今日は「小津安二郎」がテーマだった。

 てっきり、小津安二郎を褒め称えて崇め奉るのかと思ったら、「小津さんはヘン」「小津映画はヘン」「笠智衆は大根」とか言いだしたので、アレアレと思って聴いてしまった。

 常日頃、おれが感じていた小津映画への疑問や「好きになれないところ」に触れていたので、おれの感じ方は特異なものではないのだと安心した。

 また、欧米で小津映画が評価されるのは、パンもズームとトラッキングもなく、ローアングルのフィックスで淡々と人生を見つめる「比類無きスタイル」が斬新で新鮮に見えるのだろうとも。(高橋治の名著「絢爛たる影絵」では、このスタイルを「人生の定点観測」という表現をされていて、ナルホドと思った)

 カメラ・テクニックを放棄したようなシンプルに見える撮り方に、欧米人は「禅の思想」を感じたりするのかもしれない。

 小津映画の失敗作にも触れていて、「小津さんは不動の巨匠ではなく、けっこうブレている」(「おはよう」とか「東京暮色」とか)とも。このあけすけな指摘が面白かったし、率直な評価が、「それだけ深く小津映画を愛しているのだなあ」という感じを強く伝えていた。褒め称えている段階では、イッチョカミでしかないのだ。

 ただ、立川志らくが「カットが長い」と言っていたけど、会話の場面では1セリフごとにカットを切り替えるので、凄く目まぐるしい事が多いと思うんだがなあ。原節子と笠智衆の会話で、口論でもなんでも無い静かな会話とか、三人だけの、さして楽しそうでもない「同窓会」での会話でもいちいちカットを切り替える。かと思うと横須賀線がフレームインしてフレームアウトするまでえんえん撮っていたり。

 おれはこの編集のリズムがどうにも合わなくてイライラするのだ。

 市川さんは、小津さんのスタイルを真似した作品(「あなたと私の合言葉・さようなら、今日は」……フランク永井に「有楽町で逢いましょう」によく似た主題歌を歌わせて本人も登場)を作って、ローアングルやノーパンなどに徹そうとしているが、どうしてもあの「スタイルの呪縛」に耐えきれずに、自由な映像表現の市川流に戻っていたのが面白い。

 自分のスタイルに拘って表現を制限して縛ってしまうのは、映画として違うと思うんだけどなあ、やっぱり。

 その意味で、戦後の溝口健二はワンシーンワンカットに拘って映画が重苦しいし、それを真似た相米慎治の映画もダメだ。

 おれは嫌いだ嫌いだと言いつつ、結構小津映画を観ている(日芸映画学科の授業で見せられたものも多いけど……)し、勉強もした。その結果、小津さんの人柄には敬意を表するが、映画はどうしても嫌いなんだから、これはもう仕方がないだろう。

 その後、「きらクラ!」が始まって、ずっと聴く。

 「きらクラどん」の正解はカルメンの前奏曲で正解だったが読まれず。演奏はおれが愛聴するジョルジュ・プレートル指揮のパリ音楽院管弦楽団のもので、それも当てたのだが……。

 いろんなカルメンを聴いているが、このプレートルの録音が最高だと思う。カラスが歌っていることを別にしてオケ部分だけでも。世評の高いアバド盤はお上品過ぎる。前奏曲ではシンバルがど派手にどちゃーん!と鳴らなければ。これからこのオペラが始まるんだぞ!と高らかに宣言しなきゃいかん。

 で、「新しい題名をつける」コーナーでフォーレの「シシリアンヌ」が流れて、やっと持ち直していた気分がまた落ち込んだ。

 この曲は内省的だよねえ。「初めて降った牡丹雪のワルツ」というような題名が付いて、ふかわに選ばれていたが、いい題名だと思う。6拍子だから3でも振れるし、と遠藤真理ちゃん(ちゃん付けは失礼か)が助け船を。

 で、「きらクラ」、今週も上手く録音出来なかった。手動でなら録音出来るのだが、タイマーが働かない。腹が立つ。

 朝も昼も抜いてしまったが、ゆで卵とコーンフレークを食べ、放送が終わったあと、外出して、松屋で牛丼を食べる。

 帰宅して、帰りに買った助六を食べ、昨日、相方に買って貰ったおはぎを食べ、バタピーも摘まむ。結局、朝昼抜いた分を取り戻してしまった。

 夕方の、トヨタ提供のドライブ番組を見て、ホントにもうドライブはナシになるのかなあと思ったり。いやいや、信頼回復をするためにはどうすればいいか考えたり。

 参考資料をアマゾンに注文して、「悪漢刑事」新作のプロットを考える。

 BSで東山主演の「大岡越前」を観ていたら19時になったのでNHKのニュースを見る。

 立山での雪崩、あれに巻き込まれて亡くなってしまった人たちのことを考えれば、はるかに軽微な事故だったんだけどなあと思ったり。

 「ダーウィンが来た」でカモノハシの生態を観るが、ほ乳類なのにどうして卵を産むのか、そのへんのことは語られず(ん?寝てしまったのか?)

 「八重の桜」も観る。

 NHKスペシャルを観て、暗澹たる気分になる。老人の痴呆症。長生きすれば、たぶんなってしまう。当人には悪気なんかまったく無いところが、悲劇。

 区の係員を罵倒して追い出すかと思ったらNHKの取材が来ているのに気づいたら急に機嫌が良くなって明るくなってギターを弾いて歌を歌ったと思ったら、区の人が「また来ますね」みたいななんでもないことを言ったら急に機嫌が悪くなって……。

 妻が痴呆症になって施設の入るのも嫌だしヘルパーさんが来るのも嫌。すべては同じ老人の夫の肩に掛かってしまって、インタビュワーに「私が元気なウチはいいけど、いつまでもそうじゃないと思うし……」と夫が答えているうちに泣き出して、それを奥さんが「ナニ泣いてるの?あなたはいつも良くしてくれてるじゃない」と無邪気に訊いて……。

 死ぬまで矍鑠として、耳は遠くなって足腰も立たなくなっても頭はしっかりしている老人もいるし、カラダは元気なのに頭だけダメになってしまう人もいる。

 あと何年、元気でいられるか。車のことを考えると、本当に、自分はどうなるのだろうと、真剣に考える。誰かに迷惑をかけるようなことになったら、もう生きている意味もないし価値もないのだから、自分で自分を始末する判断が出来るくらいの頭の正常さは残して欲しい。しかし、すっと消えてなくなるわけにもいかないんだから、どうしたって迷惑は掛かるんだよねえ。どうしたものかねえ。

 風呂に入ってから、くーたんを遊ばせながら「ガキの使い」などを途中まで見て、眠くなったので、23時30分、就寝。

本日の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:1638kcal

本日の消費カロリー:日常生活+84kcal(自転車+歩き)

« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト