« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »

2013年1月27日 - 2013年2月2日

2013年2月 2日 (土曜日)

なかなか予定通りには進みません

 7時起床。

 今日は部屋に籠って仕事に集中しようと思うが、図書館にリクエストしていた資料が用意出来たとのメールが来たので、外出しなければ。夕方にしよう。

 ブランチはご飯を炊いて、卵かけご飯にしらす、キュウリの漬け物、インスタント味噌汁。

 食後、録画した「タモリ倶楽部」を見る。ハンドクラフトでピンマイクの送信器カバーを作ろうという企画。この送信器、いっこうに小さくならないね。技術が進歩して、ピンマイクに全部の機能が入ってしまわないのか?バッテリーの問題があるから無理か。

 ブランチを挟んで仕事をするが、どうも集中出来ず。じゃあ何をしていたのかと言えば、何もしていない。

 昨夜、風呂に入るのを省略したので気持ちが悪い。しかし今はいると眠くなって仕事にならない。散髪もしたいが、時間が惜しいので、書き上げるまで我慢する。腹が減ってきたが、外出まで我慢する。

 という、ちょっとした我慢が重なって、なんだか凄く不快。


 不快と言えば、震災復興資金を東北以外の地域で「流用」している事を批判していいる社民党が、自分のところの「社会民主会館」の耐震審査とか取り壊し費用に、復興資金を使ったし、使うんだと。これについて、社民党はノーコメント。朝日以外のマスコミも扱っていない。左大嫌いの産経新聞も扱っていないのは、自分のところでも資金の流用をしてるからか?

 社民党がこの件についてダンマリを決め込むのはフェアじゃないだろ。批判するなら自分は身ぎれいじゃなきゃ、説得力ゼロだ。

 結局、書き進められずに、調べ物をする。 捜査資料の閲覧の実際とか。いろいろと出てきたのを片っ端から保存する。

 ネットでやる調べ物も、以前はノイズが多くて本当に玉石混合だったが、最近はグーグルの能力が向上したのか、キーワードを指定するおれの能力が向上したのか、かなり能率良く調べたい事にぶち当たる。

 が、腹も減ったので、17時ぎりぎりに外出しようと思っていたのを、15時過ぎに繰り上げ。

 外に出てみると、もわっと温かいのでビックリ。3月下旬か4月上旬の気温とニュースで言っていたのがこれか。部屋の中より温かいぞ。薄いブルゾンでピッタリだった。

 図書館で本を借り、その足で北千住東口の「珍来」に行ってチャーハンと餃子を食べる。ここのチャーハンは量が多い。けど残すのはもったいないので全部食べる。

 帰宅して、ええいもう、と風呂に入る。

 上がってから、夕刊を読んでいたら、そのまま寝てしまった。ま、ちょっと寝不足だったし。というか、最近は、ちょっと外出すると疲れてしまう。今日なんか、買い物とあんまり変わらない外出だったのに。これはいかんぞ。基礎体力が低下しているからだ。

 晩飯は家で軽いものを食べて、昼飯は歩いて外に出て食べるようにしたほうがいいか。

 起きて、調べたことを読み直していると、実に面白い記載を発見。これは使える。

 進まなかったのは、展開にヒネリが足りず単調になっていると思っていたからなんだな。それがハッキリせずにモヤモヤしていて「なにか足りない」と思えるまで時間がかかるのは悪いクセというか修行が足りないのだ。もっと早く病根を見つけられるようにしなければ。

 まあ、解決策が見つかったときに病根も同時に判って「そうだったのか!」となるのだが。

 遅まきながら、進み始める。

 が。

 伏兵がいた。くーたんだ。遊んでくれとうるさい。夜は、一緒に寝るか、猫じゃらしで遊ぶか、とにかく構ってやらないと、根気よくずーっと鳴き続ける。それがまた実に可愛い声で鳴くし、可愛い光線を全身から発してごろんと横たわって、こっちに誘いをかけてくる。お前はヴァンプか。

 

 で、仕事をしたいのはヤマヤマだが、遊んでやる。

 くーたんは納得して大人しくなったので、仕事再開。

 ヒネリを加えたくだりを書き終えると、21時。NHKの「メイドインジャパン」の時間。録画予約はしてあるが、オンエアでも見たい。

 で。おお、さすが岸部一徳。一筋縄ではいかない。いろんな思惑が交錯する世界(というか、どんな社会の一断片を切り取ってもいろんな思惑が交錯しているけど)を実に明快に描いていくのはさすが。下手に描くと、何がなんだか判らなくなって消化不良になるのだが。

 意外な人間関係、意外な「穴」。リチウムイオン電池の発火問題という最新のネタを扱っているのが凄い。まあボーイング787のトラブルとは偶然の関係だったんだろうけど、タイムリーすぎて、凄い。

 こんな盛りだくさんなドラマなのに、全3回というのが信じ難い。

 番組サイトの視聴者の感想掲示板を見ると、現役ビジネスマンが「作り方が雑すぎる。技術盗用を問題にするなら、もっと理詰めの交渉をするはずなのに、ほとんどフリーハンドで相手方に乗り込むのはおかしい」という投稿があった。まあおれは、ドラマなんだから、時間の制約もあるしスッキリ明快に描くには整理や省略は必要だし仕方がないと思う。ハッキリしたウソをつくのは問題だが、「本当ならこうするのに」という程度の「荒っぽいまとめ方」は仕方がないと思っている。でも……「証拠書類」を相手に叩きつけて、相手が顔色を変えながらも「これのどこが証拠だというのです?」と突っ撥ねる展開にしても時間にして数分の違いしか無いだろう。たしかに「荒っぽすぎる」という指摘は正しい。

 そうならないように、自作ではきっちりやろうと自戒しているのだが。

 読者諸兄の建設的ご比判・ご教示をお待ちしております。

 とはいえ、極めて濃密な75分。

 その後、仕事を再開して、なんとか書き進めようとしたが、脳味噌はもう閉店状態。眠い。

 グッチ裕三の美味そうな鍋と〆(鍋の残りをあんかけにしてご飯にかけて「あんかけご飯」にする。これは凄いアイディア)を見て、さすがだなと思った。杉浦太陽の肉巻き野菜鍋(シャキシャキ野菜を肉で巻いてしゃぶしゃぶ状態にして食う)も美味そうだったけど。

 夕方に早々と夕食を済ませたので、腹が減ってきたが、我慢。

 で、また深夜に地震が発生。23時17分の地震だが、こっちが揺れたのは2分後くらい。遠くで起きた大きな地震特有の揺れなのが不気味。

 しばらくNHKの地震速報を見る。大事にならなかったのは良かった。

 しかし、本当に地球は活動期に入ったのは明白。特に日本は311の余震がまだ残っているし、新たな地震も起きやすくなっていると。そんな狭い日本で、アメリカより大幅に緩い基準で原発を作って稼働させるなんて、暴挙としかいいようがない。この、原発建設基準の日米の違いはあんまり報道されないが、アメリカの基準で行くと、事実上、日本には原発は建設出来ないんだぞ!

 

 その後、ダラダラとテレビを見てしまった。タンザニアのチータ母が子供のために懸命に狩りをして、狩りの仕方を教える様子が涙ぐましい。けど、獲物になる側から描くと、チータは悪者になるんだよねえ。

 「NHK日テレ60番勝負」も見たかったが、0時50分開始なのですっぱりと諦めて、0時過ぎ就寝。


 それにしても、AKB峰岸の「丸刈り謝罪」には大きな違和感を覚える。それを流したAKB「管理スタッフ」の感覚は相当におかしい。パリ撤退後、ドイツ協力者の女性を丸刈りリンチして路上で晒し者にした映像やユダヤ人強制収容所で丸刈りにされたユダヤ人女性の映像がWる。

 リンチ指導が当たり前のスポーツ界(日本古来の武道や相撲は「スポーツ」じゃないんだから西洋のスポーツの基準を当てはめるのに躊躇すると書いたスポーツライターは、じゃあ武道や相撲の世界では日本独特のリンチ指導が当然だと主張するんだな?)とか、今回の「アイドルの丸刈り謝罪」とかを見ると、日本って、インドやパキスタンや中東の「未開国」を嗤えない、と思う。人権が軽すぎる発展途上国に観光旅行は絶対にしない、と決めたが、日本だって実際は大差ないのだ。さすがにレイプの罪は重くなったし社会の目も厳しいが、その根底にある「暴力との迎合」「人権意識の希薄さ」は南アジアや中東諸国とさほど変わらないじゃないか。

 そう思うと、ガックリしますな。

 鉄拳でしか指導できない無能な指導者は去れ。それで強い選手が育たないのなら、日本人は暴力で支配されることを好む国民性なのだと証明することになるぞ。

 アイドル業界だって、ああいう制裁をしなくても、ファンがそっぽを向けば人気は下がるだろうに。人気が下がったらAKBをクビにすればいいのに。

 妙な精神論は、邪魔だし、害毒だ。そんな非合理なものは駆逐せよ。

 「メイドインジャパン」の主人公になった夢を見た。東南アジアに押されて苦境に陥ったメーカーの一員。かと思ったらテレビの美術さんでチープな電飾を作らなければならなくなったけど、ミニ電球をチカチカさせる仕組みが判らなくて馘になりそうになったり。まあ、仕事が進まなくてヤバいという心理の反映だ。おれって本当に単純明快で判りやすい人間だよなあ。

 

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1893kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

続きを読む "なかなか予定通りには進みません" »

2013年2月 1日 (金曜日)

相方のMacBookをバージョンアップしつつ映画鑑賞

 7時起床。

 あ~今日から2月か……。

 ぐっすり寝たはずなのに、まだ眠い。

 昨日焼いたパンケーキにベーコンエッグで朝食。

 その後、先月分の税金関係の書類を整えて、税理士さんに発送しに行く。こういうことは先に片付けておかないと落ち着かないので。

 結局それで午前中は潰れてしまった。

 外に出たついでに、立ち食いそば屋で掻き揚げそばとオニギリ1個食べてしまった。これやるとカロリー・オーバーは必至なんだけど。

 帰宅したら、なんだか疲れてしまって、ソファでウトウト。引っ被った毛布の上にくーたんが乗ってきて寝てしまったので、しばし身動きが取れず。一緒に寝る。

 が、こうやって昼寝すると、風邪気味になる。だから昼寝は避けているのだが……。

Img_1035

 そう言いつつ、起き出して仕事を進める。相方から「第3章」メモの増補版が来たので、これを整えれば楽勝、とか思って油断したか。

 夜は、北千住のサイゼリアで相方と夕食。チキンのグリルよりメンチカツレツのほうがカロリーが低いのでそっちにする。

 食後、ウチに移動して、相方のMacBookのOSを10.6にバージョンアップ。この10.6は10.7が出た時点で発売終了になっていたのだが、バージョンアップしそびれた人達が多かったのか、最近、再発売された。10.6にしておかないとそれ以降のバージョンアップが出来ないのだ。

 このバージョンアップはえらく時間がかかるのは判っていたので、その間、録りためた映画を観る。

 「ロンドン・ブルバード - LAST BODYGUARD - 」は、コリン・ファレルが頭が切れて腕っ節が強い元ギャングでカタギになりたいのに、昔馴染みをリンチで殺したガキを追うウチに……という話だが、いろんな話が交錯して、どれがメインなのかよく判らなくなる。で、グダグダ。コリン・ファレルはカッコイイから、ハリウッド映画なら彼が正義を全うして終わるんだろうが、これはイギリス映画だから、そうはならない。

 で、見たあと不完全燃焼。

 MacBookのバージョンアップは終わったが、その後の付属ソフトやマイナー・バージョンアップが山ほどあって、これがなかなか終わらない。

 で、もう1本。ベン・スティーラーやエディ・マーフィ主演の「ペントハウス」を見る。これはなかなか面白かった。オチコボレがいけ好かない大富豪からカネを毟り取る話かと思ったら、そうではなかった。その大富豪は実に汚いやり口で金儲けをしていて、それを取り返すという「真っ当な動機」があるので、主人公たちがどんなに突飛な事をしても、見る側は許してしまう。この構造は強い。

 ベン・スティーラーがいい。儲け役だが、ふざけることなく笑いも取らないが、ヨイ。

 エディ・マーフィはプロデューサーを兼任しているが、役の上では脇に廻っている。油断すると裏切ったりするこすい男、というネタはもっと膨らませられたのに、と思うが。

 マシュー・ブロドリックはどうしてこんなに太ってしまったの?役作りで太ったの?

 しかし、痛快な快作だった。

 そうこうしていると、バージョンアップも完了。一気に10.8までバージョンアップしてしまおうかと思ったが、おれのMacで使った10.8インストーラーは使えなかった。1機種にしか使えなくなったの?以前は3機種くらいまでは使えたと思うのに。

 それでも、iPhoneとの連携は取れるようになった。iPhoneで取得したアプリがMacのiTunesに残らないという不自然なところは残ったのだが。

 0時ごろに、下から突き上げる地震。直下型みたいな強い揺れ。揺れてからiPhoneが鳴ったから、震源は凄く近いだろうと思ったら千葉市だった。最近、夜に地震があるのが嫌だなあ。

 1時前に相方が帰ったが、その後、寝ようか風呂に入ろうか迷っていると、NHKで、「テレビ放送開始60年記念、NHK対日テレ」が始まった。ご祝儀番組かと思ったら、けっこうガチにNHKと日テレのライバル関係とか因縁を見せていた。日テレが先に放送を開始しようとしていたのを、NHKがメンツにかけて阻止して半年早く開局したとか、放送タワーをお互い独自のものを立てようとしていたとか……。

 ずっと見ていたかったが、2時近くになって、これはいかんと寝る。

 明日は日テレでこの続きを放送する。

本日の体重:91.10キロ(せっかく90を切ったのに、戻ってきたぞ……)

本日の摂取カロリー:2691kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年1月31日 (木曜日)

優しくなりたい……と思えども

 7時起床。

 1月最終日でげすなあ。光陰矢のごとし。

 昨日、スポーツクラブでラケットのガット張り替えを頼んだとき、伝票に「1月30日」と書かれて「あれ?今日は1月28日でしょ?」とかスカタンな事を言ってしまったのだった。

 で、月曜に戴いた本のご紹介を。

Hijiri 

                          聖龍人「家なき殿様旅日記~月待ち坂」廣済堂文庫629円+税

 裏表紙の惹句を読むだけで、一筋縄のお話ではないと判ります。大名が家来と共に気儘な旅、そこで出会ったのが「伝助劇場」として伝説になっている老掏摸で……なかなか「伝助」のフレーズは思いつきません。いやいやそんなことより、本編には仕掛けが満載で……。好評第3弾!

 で。

 朝から洗濯機を2度回して、大洗濯大会。シーツとふとんカバーとテニス・ウェアは一度に洗えなかったので。

 屋上に干しに行ったら、凄い晴天。江戸の冬は本当にかっきりと晴れるなあ。

 ブランチにパンケーキを焼いて、スクランブル・エッグとスパムを添える。あんまりキレイに撮れなかったが、美味かった。スクランブル・エッグをオムレツにすれば、見た目はずっとキレイになるだろうなあ。

Img_1033

 「第3章」を本格的に開始。

 書き進む。

 今日は昼飯とか言って外に出ないで、ずっと仕事をする。

 午後になって相方と電話で打ち合わせ。ちょっと大きな設定の変更をする。

 快楽亭に電話して、赤坂歌舞伎のチケットを師匠のカオで取って貰うお願いをした。

 仕事続行。

 夜になって、食事に出る。

 ブラブラと北千住駅方面へ、旧街道の商店街を歩く。

 肉が続いているので、魚を食いたい。それも焼き魚。しかし、ランチに焼き魚を出す店は多いが、夜、定食で食べさせてくれる店は少ないんだよなあ。居酒屋チェーンでご飯を頼めるが……ちょっと入りにくい。

 で、回転寿司。

 隣の若い客が、やたらと周囲を気にしている。へんなの。

 そう言いつつ、かなり前に、おれ自身がちょっと離れた客と高い皿の注文合戦をしたことを思いだした。あの時はその見知らぬ客に、何故か妙な対抗心を持ってしまったんだよなあ。

 マグロの中落ち、中とろ、アジ、ブリ、イカ、穴子、イクラ、ウニ、ネギトロ、シャケなど一通り食べる。アサリの味噌汁も。

 帰路、「星丸くん」という魚問屋が経営する魚料理の店の前を通りがかって、そうだこの店があったんだ!と悔しく思った。ここなら夜も焼き魚を定食で食べられたのだ!

 トポスに寄ってちょっと買い物をしたら、お弁当コーナーに太巻きがずらっと並んでいて「恵方巻き」についてウソ八百の宣伝を流していた。成城石井も新聞折り込みの広告で、あたかも節分につきものの日本古来の伝統行事みたいなウソを書いていた。

 数年前から、「恵方巻き」が宣伝されるようになって、腹立たしい。大阪・船場の一部で行われていた極めてローカルな「奇習」とでも呼ぶべきものを、無理矢理全国区にしたいのは、ひとえに商売のため。

 西洋の「奇習」であるハロウィンを由来も何も知らないままバカ騒ぎのアイテムとして宣伝しているのと同じ。ついでにいえばバレンタインデーもそうだ。

 まあ、こういう事は平賀源内のデッチアゲがすっかり定着してしまった「土用の鰻」という先例があるとは言え……。

 しかし、商業資本の宣伝に乗せられて太巻きを丸かぶりするアホも多いことだろう。乗せられるヤツがいるから商売になって、こういう奇習を「伝統行事」化する風潮が続くのだ。

 恵方巻きの次は、どんな奇習を発掘してくるんだろう?どうせ電通か何処かに、そういう研究チームがあるんだろう。

 読売新聞のネット版にも、恵方巻きについてのウソ情報が堂々と載っていたので、抗議した。スーパーやコンビニの宣伝をそのまま鵜呑みにして新聞記事にしてどうするんだ。まあ読売新聞は原発推進新聞だから、この新聞に正義を求めるのは間違っているんだろうが。

 そう言えば、民主党の綱領を決めるのに、「リベラル」や「中道」という言葉を使うかどうかで揉めていると。どうも民主党の保守派が「民主党も保守」で行こうとしているらしい。しかし、それなら自民党とどう違う?保守の民主党なら、「出来の悪い自民党」「自民党から出馬出来ない滑り止め政党」であって、自ら三流を宣言するのと同じだ。第三極ならぬ、三流。

 で、民主党に「自民党と違う政党だとアピールしないでどうする!英国労働党やドイツの社民党をもっと研究したらどうですか」と投書したら、どうやら綱領に「中道」の文字が入るらしい、という記事を読んでビックリ。もちろん偶然のタイミングだろうが。いや、おれのような投書が殺到したのかもしれない。

 で……。

 夜の街を歩いていると、急に自省的になる。いろいろもっと優しくありたいよなあ、と思ったり。一応落ち着いたOの事が念頭にあるが、かなり過剰防衛だったかなあ。しかしこういう事は、キッパリ過ぎるくらいにキッパリした態度を見せておくべきだと思うし、その考えは変わらないが。

 冬の夜の街、それも商店がまばらになってきた寂しい通りを歩いていると、落ち込むなあ。

 帰宅して、夕刊を読む。

 木曜の夕刊には三谷幸喜のエッセイが延々と続いている。で、先週から、愛犬「とび」の様子がおかしくなって、急変したことが書かれている。今週は、肝硬変だという診断を受けて、死が間近に迫っていると。

 動物は、体調を崩すと、病気は一気に進行する。いくら気をつけて見ていても、見逃すときは見逃してしまう。

 人間に比べて症状が一気に進んでしまうので、判ったときには手遅れになる事が多い。そのときのやりきれなさは途方もないもので、飼い主としては自分を責めるしかない。

 三谷さんは、親が子を見守るようなつもりだったのに、ふと、愛犬とびの目に、残していく我が子を心配するような色が浮かんでいることを知って、いっそう深い悲しみに沈む様子が、切々と書かれていた。ペットと死に別れた経験のあるものなら、涙してしまう。

 猫は普段から、こっちを子供を見るような目で見つめていることがあるが、死ぬときは「名残惜しいよ」という感情がハッキリと浮かんでいた。それだけに、力不足だった飼い主として、申し訳ない気持ちが募るのだ。

 獣医さんの診察台の上で死んだウズラ。おれの膝の上でゆっくりと息を引き取ったビワ。どっちも、名残惜しそうにおれを見つめていたなあ。ビワの場合は、安らかなものが伝わってきて、それが救いになったのではあるけれど……。今でも思い出すと、文字通り号泣してしまう。

 しかしここ数年の三谷さんは、舞台の新作に映画、小説ともの凄い仕事量をこなしている。その中で愛犬を看取るのも大変だろうと思う。でもこれは、忙しいからと放っておけるものではない。家族なんだから。

 まあ、おれは、過去の悔いを、くーたんには感じないように、出来る限りのことをしているつもりだし、これからもする。それしかない。

 夜も仕事をしようと思っていたが、本日閉店。

 眠くなったのでこのまま寝てしまおうかと思ったが、頑張って風呂に入る。その際、ひどく角質化したカカトにプリティを塗ってウロコ状になったカカトの皮膚を擦り落とす。今年こそ、夏になるまでに、このカカトをなんとかしよう。

 風呂から上がって、ゴミ出しをして、冷蔵庫にあった缶ビールを飲む。2012年3月の製造で、賞味期限が11月で切れていた。たぶん、初夏以前に呑もうとして買って、そのまま眠っていたのだ。家じゃほんと、呑まないからなあ。

 で、呑んでみたけど、大丈夫だった。

 ゆっくりと酔いが回ってきた。

 アレコレしていると23時を回った。寝る前にちょっとテレビ、と思ったら、柳家小さんの人生を振り返る番組で孫の花緑が泣いていた。NHKも最近は民放みたいになって、「花緑が号泣」と言葉のインフレ。しかし、花緑は涙ぐんでいたが声を上げて泣いてはいない。最近は涙を流すと「号泣」になるのか?

 しかし日本のスポーツ界は……いや、スポーツ界以外でも、精神力を高めるとかいう名目の「暴力」は根強くはびこっている。これって、軍隊の悪しき習慣の強い影響じゃないのだろうか?

 キチンとした指導法を持たない指導者が、簡単だから手を出す。

 「指導者のなり手がいなくなる」という声があるとの報道もあるが、バカじゃないの?

 それだけ指導法も勉強しないで暴力で支配するしかない力量不足な指導者ばかりだって事じゃないのか?

 そんなヤツに指導される側は堪らないぞ。


 体育会的雰囲気がある映画の現場とはいえ、さすがに暴力は経験した事はないが、鉄拳が存在する現場もあったらしい。

 猪木にビンタして貰って喜んでるヤツがいる限り、こういう風潮は日本から消えないんじゃないかと思う。

 AKBの峰岸が「丸刈り謝罪」していたが、女の子が丸刈り、というのは、ドイツ敗退後、ナチス協力者の女性をパリ市民が寄ってたかって丸刈りにした、というアレを思い出して、ものすごく嫌な気分になる。というか、「丸刈り謝罪」って、これも軍隊の影響を感じて、凄く嫌。峰岸みたいな若い子でも、そういうふうに考えるのかと思うと、この悪影響の根深さを感じる。

 まあ、「丸刈り」については、助監督時代に、あまりに仕事が出来ない自分のふがいなさに、頭を丸めた経験がある(それだけではなく、主演の中井貴一に「一緒に丸坊主になってよ」とずーっと言われていたこともあったし、敗残日本兵のエキストラの声がいつかかってもいいように、という備えでもあったけど、デブな敗残兵なんてあり得ないので、エキストラ出演はなかったけど)けど。

 

 大津の生徒自殺事件で、第三者委員会が報告書を提出。イジメがあることを知っていたのにヘラヘラしていた(という)担任は、今、どういう心境でいるのだろうか。個人を吊し上げるんじゃなくて、素朴な意味で、知りたい。当時、どうしてキチンとした対応をしなかったのかも。それは報告書を読めば判るのかもしれないが。

 で、0時前後に大きな地震が連続した。iPhoneの地震警報が何度も鳴ったが、地盤が悪い千住のこの辺は、何故か揺れを感じなかった。普段ならがんがん揺れるのに。

本日の体重:90.45キロ

本日の摂取カロリー:2331kcal

本日の消費カロリー:日常生活+212kcal/3632歩

2013年1月30日 (水曜日)

「第3章」構成立ててテニス

 7時すぎ起床。

 

 朝のモロモロをやっていると、相方から電話。今考えている「第3章」の流れを話す。意見も食い違ったが、話しているウチにお互い納得して、まとまる。

 クロネコさんが来た。昨日アマゾンで注文した「最後から二番目の恋」DVD-BOXが来た。

 早速、特典映像を見る。出演者座談会は和気藹々として(まあ、ツンツンして刺々しい出演者座談会はないと思うけど)ドラマと同じ雰囲気。中井貴一と小泉今日子のインタビューも。メイキング映像というのもあったが、これは単に現場のスナップみたいなモノ。これをもっと見せて欲しかった。NG集とかも。このドラマはNGが多かったらしいし。

 中井貴一が「このスタッフでずっと仕事をしていたい」と言っていたが、それがお世辞ではない、とてもいい雰囲気の現場だったことが伝わってくる。

 ロケ地紹介。花屋さんを喫茶店にしたり、モダンなおそば屋さんをカフェにしたり、凄く丁寧なロケハンと美術の仕込みをしてるんだなあ。

 何時からだろう。テレビドラマのセットがぐらぐらしなくなったのは。以前(と言っても30年以上前か)は、ドアを閉めたらセット全体がぐらぐらしたり、セットの飾りも寂しくて、質感も安っぽくて、映画とは雲泥の差があった。NHKのドラマですらそうだった。

 しかし、今はそんなことはまったくない。いや、むしろ、予算のない映画よりもセットはキッチリ作り込んであるし、ロケも丁寧で、ロケセットも充実している。

 まあ、ハイビジョンになって美術にカネをかけないと画面全体が貧相になってしまうと言うこともあるだろうが、美術スタッフがいい仕事をしている作品は、結果として作品全体のクオリティも高い。

 陽も高くなったので、DVDを見るのを止めて、久々に布団を干す。

 その足で外出。ブランチというかランチ。何を食おうか考えた末に、「かつや」に入る。ここならカキフライがあるんじゃないかと思ったら、ない。コロッケもない。で、メンチカツ定食を食った。

 味はまあまあだったが、カロリーを調べたら、1500kcalを越えていた!もう「かつや」には行きません……。

 気功が終わって飲み会の会場に移動するとき、いつも前を通って「いい店だなあ。入ってみたいなあ」と思っていたトラットリア「サン・マルツァーノ」を調べたら、去年の暮れ、12月29日に閉店していた。ショック。オーナー夫妻の親が高齢になって一緒に住むため、らしい。転居先で新たにお店を出すらしいが。

 食べログなどではとても評判が良くて、ランチタイムには行列が出来ていたらしい。外から眺めただけでも、とても雰囲気が良くて美味しそうな店だったもんなあ。お客さんも多くて、閉店するなんて夢にも思っていなかった。

 とても残念。

 「第3章」の構成メモを作る。先が見通せていないと不安になって書き進められないのだ。

 相方と話をしていたので、ほどなく出来るが、関係すること(法律とか)を調べ直すと、設定にちょっと無理がある事が濃厚になってきたので、その辺を変更して、相方に送る。

 夕方、また「最後から二番目の恋」の特典映像を見る。これを見たいからDVD-BOXを買ったのだ。鎌倉に一泊して、ゆっくり鎌倉を歩きたいと思うけど、相方には却下されてしまった。まあ、日帰り圏内ではあるのだよなあ。でも、由比ヶ浜の近くに屋内プールや大浴場を備えたホテル(「KKR鎌倉わかみや」)があって、その感じが良かったんだよなあ。

 ちょっと寝る。

 時間が来たので、出発。週に一度のテニス。

 運動するのに空きっ腹じゃあ、ということで、東武北千住駅構内の「小諸そば」で掻き揚げそばを食ったのだが、これが多かった。美味しかったが多すぎた。コンビニのおにぎり一個か肉まんで充分だった。カロリー的にもヤバいし。

 テニスは、中の下。コーチ相手の試合で、なかなかいいボレーを放ったが、コーチに取られてしまったし。あとはネットしてしまったりアウトしてしまったり。

 ラケットのガットが緩くなったので、張り替えて貰うことにして、ラケットを預ける。

 風呂に入って帰路につくが、「喜多方ラーメン坂内・小坊師」で、半ラーメン・炙り焼き豚ご飯・餃子3つの「C定食」を食べる。餃子とご飯を食べたかったのだが……まあ、半ラーメンにしたところがいくぶん自制心があったというか。

 北千住で成城石井に寄って、アシタのブランチ用のオレンジジュースやスパムを買う。

 帰宅して、くーたんのご飯を出し、ネズミのオモチャを出して遊ばせようとしたが、咥えてこない。やっぱり特定のネズミのオモチャでなければ咥えてこないのだ。不思議だなあ。しかしそのネズミはどこかに入ってしまって見つからない。

 テレビは見ず、静かな夜を楽しむ。

 相方から構成メモが戻ってきていたが、眠いのでチェックせず、0時前に就寝。

 1年で一番寒い時期に突入していて、夜中、ちょっと寒くて熟睡感に欠けるので、夏用の羽毛布団を追加してみた。羽毛布団とはいえWで使うと結構重くなるが、温かさは強力。しかし、重い。

本日の体重:90.10キロ

本日の摂取カロリー:3082kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+278kcal/4709歩 

2013年1月29日 (火曜日)

何故か一日中眠かった

 7時起床。ちょっと寝不足。

 愛機・MacBookPro17を起動させると、メーラーが立ち上がらない。外付けHDDの1つを認識しなかったりするし、ちょっと動作が不安定になってきたので、メンテ。

 1時間ほど書けてメンテすると復調。

 

 朝のモロモロを済ませて、昨日書いた「第2章」を読み直し、手を入れて、自分的にはこれでいいと判断して、相方と祥伝社M氏に送る。

 11時近くになり、ツキイチの病院へ。

 待合室で、ばあさんが「薬だけ貰えばいいのにどうして待たなきゃならないんだ」とゴネるのを看護師さんや付き添いの人が「今はお薬を出すだけって出来ないの」とかいろいろ説明している。まあ、その気持ちも判るけどね。

 睡眠時無呼吸症の機械C-PAPに挿してあるメモリーカードを初めて分析すると、極めて良好な使用状態であることが確認された。実際、C-PAPを使い始めて、驚くべき症状の好転が一気に訪れたし。

 ペット用品店で便通にいいドライフードを買い、ブランチは久々に北千住東口の「味楽」で。海苔塩ラーメンに餃子にサービスの小ライス。ちょうど12時だったので、店は激混み。

 隣の男性が、やたらゆっくりと食べていた。

 帰宅して、「第3章」の準備をしようとするが、眠い。気功の明くる日は、時々無性に眠くなるときがある。それにしても、眠いぞ。

 今書いている「悪漢刑事10」を脱稿したら、奈良旅行に行く予定。「るるぶ奈良」も見ているが、奈良観光の一番の参考になるのは「鹿男あをによし」のDVDだ。このドラマはドラマとしてすこぶるよく出来ている上に、奈良の魅力・美しさを見事に伝えていると思う。ロケが上手いんだよなあ。1日かけて奈良公園をゆっくり散策したい。

 で、DVD-BOXの特典映像を見る。丁寧なロケ地紹介がなされているのだ。ついでに出演者座談会も見たり、「涙のクランクアップ」を見て貰い泣きしたり。連続ドラマでは「これをもちまして**さん、終了です」と花束贈呈があるのね。映画も撮影は長丁場だけど、出番終了順に花束贈呈なんてしたことがなかった。いやおれの経験なんて20年も前のものだから……最近はやるようになってるのかも。

 見ているうちに、くーたんを足にのっけたまま、寝てしまった。ちょっと寝た。

 夕方のニュースで「今、シェアハウスが流行っている」というのを見ていたら、シェアハウスとは名ばかりの、たこ部屋みたいなのが登場して、これもシェアハウスと呼んでいいのか?と首を傾げた。個室を確保しようと元々の部屋を細分化したり、オフィスだった区画を細分化したり。

 布団を敷いたら終わり、という狭いスペースだけが自分の部屋って、これ、たこ部屋じゃん。六本木とは言え、そんな狭さで月5万は高いだろ。まあ、入居者の自由だけど。帰ったら寝るだけの生活なら、安く六本木に住めるのはいいのかもしれんがなあ。

 「鹿男」の主人公は、元は旅館だった下宿屋に住んでいて、高校の同僚も住んでいて、朝から晩まで顔をあわせている。その共同生活の感じがなかなか魅力的に描かれていた。セットで組まれた下宿屋自体に趣があって面白い構造で、「住んでみたい」と思わせるモノがあったし。

 「最後から二番目の恋」の長倉家も、なんだかんだ言って仲のいい兄妹がわいわい住んでて、隣家も巻き込んだ共同生活だった。これもセットが魅力的で、こういう暮らしもいいだろうなあと思わせた。

 しかし、やっぱり最後は「自分だけの時間と自分だけの場所」がないと、おれは参ってしまうんだよなあ。東京に出てきて、大学のすぐそばに住んだら、演劇部の連中が毎晩のようにわいわいやって来て、参った。

 助監督を辞めてからは家に籠る生活になって、一日中、誰にも会わない日も多い。日芸再受験の時、玉大に行かなくなってずっと部屋で受験勉強をしたときも同じような生活だったが、あの時は人に会えない寂しさに苦しんだ。

 が、助監督を辞めて座業専業になると、その気楽さが嬉しくて、すっかり馴染んでしまった。人恋しくて「行きつけの飲み屋」を作ることもないし。いや、おれは、そもそも、「行きつけ」を作るのが好きではない。メシ屋はともかく、飲み屋だと店と客が妙にナアナアな関係になるのが好きではないのだ。というか、その前に、そんな関係になるほど通えないし、飲めないんだけど。

 とは言え、今の人には「共同生活幻想」はある。いやそれは、おれが学生の頃からあるよなあ。「俺たちシリーズ」なんか学生のシェアハウス生活(特に「俺たちの朝」)だし。って、このドラマも、舞台は極楽寺だったのか!「最後から二番目の恋」もそうだったし。どうして鎌倉というと極楽寺が舞台になるんだろう?駅前の感じが良くてロケしやすいからか?

 夜はウチに相方が来て、録りためた映画をなにか観ようということになっていた。で、食事は外でということで、北千住西口の、パチンコ屋の上にある「三間堂」という京料理の店に久々に行く。

 と、以前は広いフロアにテーブルを並べた「オープン形式」だったのが、改装して小部屋がずらっと並ぶ形になっていた。これもいいけど、狭っ苦しいんだけどね。奥にはちょっとした広間もあったけど。この感じが、さっき見た「たこ部屋シェアハウス」の感じに似ていたので、ちょっとおかしかった。

 京風おでんに海老のタルタルソース、季節の野菜の天ぷら、ブリのスモーク、豚バラの陶板焼きに、柚子おろしそば。ブリのスモーク以外、美味かった。

 で、相方が読んで面白かったという「リンカーン弁護士」の話を聞いて、弁護士についてあれこれ喋っていたら21時を回ってしまったので、今夜はDVDを見る時間はなくなった、ということで、解散。まあ、おれもヒジョーに眠かったし。

 帰宅して、「報道ステーション」を見て、風呂を省略して、23時に寝る。

 くーたんはずっとゴソゴソしていたが、とにかく眠いのだ。

本日の体重:90.00キロ

本日の摂取カロリー:1779kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

2013年1月28日 (月曜日)

「第2章」あげて気功

 7時起床。

 NHK-FM「きらクラ!」(これが正式な番組タイトルか)の再放送を聞きつつ、朝のモロモロ。イントロ当てクイズ、たぶんあの曲じゃないかと投稿。

 おれの日記を読んだ相方から「書きすぎじゃないか」と言われたが、読み返したけど、抑制していることはあっても書きすぎだとは思えない……しかし、第三者から見ると、そうなのかも。まあ、オタオタして過剰反応した結果、「ちっちぇえ!」と思われても、それは仕方がない。事実なんだし。

 しかしまあ、自分なりに自己分析は出来たので、今は心平安。多少のことがあっても心は乱れない。

Img_1030_2

 ブランチは、昨日焼いたパンケーキに、スクランブル・エッグ&ベーコン。写真に撮るならベーコンよりスパムの方が見栄えするかも。

 食事のあと、仕事開始。

 相方の意見も取り入れて、「第2章」の前半を書き直し、後半に進む。後半は相方のメモを下敷きにするので早く進むだろう。

 ちょっと詰まったので、14時過ぎに外出。マスタリングした快楽亭の毒演会CDをジャケットを作るデザイナー氏に送る。そのついでに「富士そば」に行って「盛りそばミニかき揚げ丼」を食う。

 帰宅して、仕事再開。

 なんとか詰まった部分を乗り越えて、16時前に「第2章」終了。「第1章」は3週間かかったが、「第2章」は5日で上げたぞ。

 今日は気功なので、支度。相方も参加するので、水天宮前駅で待ち合わせる。

 二人で会場へ。開始時間にちょっと遅刻。

 気功をやっていると、電話。前にウチウチに打診はあった、日テレの「メレンゲの気持ち」でおれの卒業制作の一部を流してもいいかという件。船越が出ているので。日テレでは数年前に別の番組でも流していて、番組で使うために作成したDVDを貰った。しかしテレシネがひどくて、ピントも甘いし色も退色したままで、こんなにひどい画質かとがっかりした。

 なので今回は、多少でも色を補正して欲しいとお願いした。安達の名前も出して貰おうかとも思ったが、ま、そこまで売れているわけでもなし、「ダレコレ」になるのは見えているので、そこまでのお願いはしない。

 しかし……自腹でプリントを焼き直して、いい状態のDVDを作っておいてもいいな。いや、そんなカネ何処にある?

 気功は、静かな動きなのに汗が滲んでくる。

 終了後、いつものように「えいと」へ。

 で……いつもより食ってしまった。酒が入ると自制心が解除されるなあ。ビール飲んでトリカラにクリームコロッケにおにぎりも1個半食ってしまったし。

 日比谷線で帰宅。

 くーたんにご飯を出し、風呂に入り、1時前に就寝。

 明日は「第2章」を読み返して手を入れて、「第3章」に入ろう。

本日の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2774kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+300kcal/5040歩

2013年1月27日 (日曜日)

外に出ないでずっと仕事

 7時起床。

 6時30分には目が覚めていたので、寝不足。

 今日はOの件でメールのやり取りもなく、気持ち的にもやっと割り切れたので、スッキリ。仕事に集中しよう。

 で、日記を書いたが、Oのことに加えてNHKのドラマ「メイド・イン・ジャパン」について熱く書いたので長くなってしまった。

 ブランチを食べてから仕事を始めることにして、パンケーキを焼きながら、冷凍フライドポテトとスライスしたブロックベーコンを低温でゆっくり焼く。

 2つのフライパンを使ったので、パンケーキはいつものヤツで焼かなかったぶん、焼き加減が失敗した。本当ならもっと奇麗なキツネ色に焼けたんだけど。

 目玉焼きを添えて、簡易ジャーマンポテト付きパンケーキの完成です!

 コップで生クリームをマシンでホイップしたら上手く出来た。トータルで所要時間が大幅に短縮できて、手際がすこぶる良くなった。

 パンケーキは4枚焼いたので、残り2枚は明日食べよう。

 この写真をミクシィに載せたら、マイミクさんに褒められた♪

Img_1029

 で、仕事開始。

 始動が遅かったが、なんとか進み出したところで、14時。

 ふかわりょうがDJの「キラクラ」を聞かなければ。

 日曜午後のお楽しみ。というか、1週間のお楽しみになりつつある。この番組はいい。クラシックを好きでもない芸人がお仕事でやって、無理にボケたりしないで、ふかわりょうはマジにクラシックが好きだから、その趣味を自然に出して、ゲストと自然にトークできるのが好ましいし、聞いていて楽しい。

 今日のゲストはヴァイオリニストの奥村愛。超美人だがFMじゃ顔が見えない。

 曲名当てはシベリウスの「フィンランディア」冒頭で正解したけど、名前は呼ばれなかった。でも、番組の最後で「お頼りをくれた方」の一人に読まれて、結構嬉しい。

 ラジオ番組に投稿したのって、高校の時以来。眉村卓さんがMBSの「チャチャヤング」でDJをやっていて、SFショートショートを募集していて、おれも何本か投稿した。最高位は「中の上」だったけど。「上の部」に入ると、番組内で読んでくれたのだ。

 それ以来だから、もう30数年ぶりだもんなあ。

 16時まで番組をじっくり聞きつつ、スパゲティ・ボンゴレを作って食う。

 番組終了後、仕事に集中。

 ワンブロック終わったところで、夕食。

 外に出ようかと思ったが、面倒になって、レトルトの麻婆豆腐にご飯。これまた夕食にはちょっと足りない分量だけど、それくらいで慣らしていこう。

 食後、仕事に戻るつもりが、ソファに横になって「ダーウィンが来た」を見るうちに寝てしまった。

 20時に起きて、TBSの「日曜ゴールデンに何やってるんだTV」を見る。たしかにだるい番組だが、売れる前からの友人という島田洋七との話は面白かった。この二人、こんなに仲が良かったんだ。

 その後、仕事に戻って、「第2章」あと少しのところまでやるが、今日はここまで。

 風呂に入って、ゴミ出し。空き缶や空き瓶を出す日じゃないのに捨てているバカがいる。家賃が安いと、馬鹿な住民の含有量も増えるのは仕方がないことか。まあおれは管理人じゃないからカリカリしないで置こう。「シリアル・ママ」になる必要はない。

 くーたんは、どのネズミのオモチャでも遊ぶわけでは無いことが判明。特にお気に入りの白いネズミがあって、これだとおれのところに咥えてくるのだが、それがどこかに入ってしまって発見不能になるともうダメ。別の白いネズミを出しても、咥えてこない。微妙な何かが違うのだろう。猫も妙なところが繊細だ。

 さっさと寝ようと思ったが、「情熱大陸」「アシタスイッチ」を見てしまった。土屋アンナは男前だなあ。ヤンキーぽいけどスジは通ってるしなあ。

 0時過ぎに就寝。

 深夜に地震警報が鳴って、ヤバいと思ったが、全然揺れず。しかし水戸は震度5弱だったのね。

本日の体重:89.70キロ

本日の摂取カロリー:1539kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度

« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト