« 極私的領土紛争 | トップページ | 雪は降らなかったが、モーレツに寒いっ! »

2014年1月14日 (火曜日)

「第一章」あげて、最後の新刊挨拶書店廻り

 8時ごろ起床。

 薄曇り。

 明日は雪になるというので、今日中にシーツとかを洗って干してしまおうと、洗濯。

 干しに行ったら、またしてもおれの「領土」に誰かの布団が。

 もちろん撤去。他の場所に(明らかに布団の持ち主と同一人物が干したであろう洗濯物のそばに)移す。

 その後、9時になるのを待って管理人に電話して「屋上の物干しのルールの確立と徹底」を求めるが、留守電だった。

 朝風呂に入って、サッパリする。やっぱり気功で汗をかいた後はお風呂に入るべき。

 仕事開始。「第一章」を分割したが、やっぱりの頃の分は「第二章」に回すと収まりが悪いので、「第一章」として書く。

 途中、ブランチとして厚切りトースト、コーンフレーク、スクランブル・エッグを食う。かなり満腹。

 ネットで読んだ毎日新聞の記事「若年性認知症になった患者の手記」(←リンク)を読んで、怖ろしくなった。記憶が消えていくということは、人生を失うことだ。「愛する妻も判らなくなってしまうのか」という言葉は悲痛だ。

 渡辺謙が主演した「明日の記憶」も見ていて恐ろしかったし、自分の父親も晩年は脳梗塞の後遺症が悪化して記憶がどんどん消えていって、「生きているけど死んだも同然」な状態になってしまった。

 自分のことを考えると、そうなったらいっそ、死んでしまいたいなあ。誰かに迷惑をかけてまで生きていたくない、という思いと同時に、記憶を失った自分はもう自分ではない誰かになってしまうのだから。

 最近とみに記憶力の減退を意識せざるを得なくなっているので、本当に身近な問題だ。「明日の恐怖」と言ってもいい。ガンにもならず脳内出血や脳梗塞にもならずに健康でいられても、若年性認知症になったら……。

 政治家(政治家すべてがそうだとは言えないけど)みたいに死ぬ寸前まで頭脳明晰で記憶力抜群な老人というのは希有な存在なんだろうな……。

 仕事を続ける。

 しかし小泉は、「反原発」を標榜するなら、宇都宮先生を支持すればいい話ではないのか?細川みたいな問題アリな「使用済み」で引退していた元首相を引っ張り出す意味があるのか?

 宇都宮先生は共産党と社民党が支持しているからダメなのか?

 おれは、宇都宮先生の著作で勇気づけられたので、ここは宇都宮先生を支持するか。

 東京都は東京電力の大株主なんだから、原発について発言する権利もあるし意味もある。甘利とか森とか菅官房長官が都知事選挙に原発問題を持ち出すのは卑怯だとか何とか言っているが、それだけ原発問題が大きな争点となって自民党にとっては不利になると恐れている証拠だろう。

 夕方、書き上がった。19ページを4時間くらいで。ひどいときにはこの分量を書くのに1週間かかるときもある。これからスピードアップしていければいいなあ。いや、しなければ。

 しばし休憩して、MXテレビ「5時に夢中!」を見る。ふかわりょうはマツコには口答えしないが、他の出演者にはがんがん突っ込んで、実に面白い。暴言の裁き方もうまい。これだけのことが出来るなら、別の番組でも名司会ぶりを発揮できるのでは?と思うけど、MXの夕方だからリラックスしていいのかもね。

 おれはこういうふかわりょうが好きなんだけど。

 で。

 1軒だけ行きそびれていた書店さんに挨拶に行く。

 外は寒そうだけど……行く。晩飯がてらだし。

 というわけで、最後の1軒に挨拶に行き、POPを渡して、今回の書店廻りは完全に終了。

 いつも気功に行くのに横目で見ていた美味そうな店に入って晩飯にしようということで、水天宮前に行く。

 この界隈は美味そうなラーメン屋も多いし、酒落た外国料理の店も多い。

 しかし、最初に行こうと決めていた「博多ラーメン・しばらく」へ行く。初志貫徹。

 ここはかなり前に来たっきりだが、本格的純正博多ラーメンを食わせてくれる。他の店の「えせ博多ラーメン」ではない。

 というか、おれは「本当の博多ラーメン」がどういうものか知らないので、識者の言う事をうのみにしているだけなんだけど。

 味玉ラーメンに餃子、高菜ご飯を食べる。

 おお、この獣臭さ!思えば、おれが子供の頃、四国・徳島のラーメン屋ではこういう匂いがしていたし、ラーメンというのはこういう匂いがするもんだと思っていたんだよなあ。

 徳島ラーメンは変質してしまって、以前とはまったく別の違うモノになってしまったが、博多ラーメンはアイデンティティを確立しているからぶれたりしないのがさすが。

 しばらくのラーメンを満喫して、半蔵門線で帰宅。

 寒い。

 明日は雪か……。

 20時過ぎに帰宅して、くーたんにご飯を出し、ニュースを見ていると、寝てしまった。そんなに疲れてはいないはずなのに、なんだか泥のように眠くなって仕方がない。

 お風呂に入って温まって寝ようと思ったが、睡魔に負けて、0時過ぎに就寝。

 遊んでやらなかったので、くーたんは一人でバタバタ走り回っていた。

 ある要人がおれと会食後、何者かに殺されたというニュースを知って驚くという夢を見た。しかしおれには事情聴取も何も来ないのは不思議だし嫌な感じだなあと思っていたら目が覚めた。

 なんじゃ、この夢の意味は?

本日の体重:90.40キロ

本日の摂取カロリー:2094kcal

本日の消費カロリー:日常生活+208kcal/4732歩 

« 極私的領土紛争 | トップページ | 雪は降らなかったが、モーレツに寒いっ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58948975

この記事へのトラックバック一覧です: 「第一章」あげて、最後の新刊挨拶書店廻り:

« 極私的領土紛争 | トップページ | 雪は降らなかったが、モーレツに寒いっ! »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト