« カフェでお仕事、は失敗 | トップページ | 仕事 and 「ナイト・アンド・デイ」鑑賞 »

2014年1月 6日 (月曜日)

アップル・ソフトバンク連合と孤高の闘い……

 7時起床。寝不足。

 快晴。

 昨日使えずに修理依頼のメールを出した、リュウドの折りたたみキーボード、もう一度試してみようとセットしたところ、実に簡単に認識されて使えるようになった。

 う~ん。昨日は長い眠りから級に起こされたので、目が覚めきっていなかったのか?

 とにかく使えるようになったので、「大丈夫です」のメールをリュウドに送る。

 朝のモロモロのあと、カフェオレとクロワッサンの朝食。こういう朝もイイネ。

 で、仕事開始。

 まず仕事関係のメールを幾つか書く。

 そして「第1章」。

 のっけの難所を抜けたので、次はスイスイといけるだろうと思ったら……場面の映像は頭に浮かんでいるのだが、イメージ通りのうまい文章に出来ない。

 何度も書いては消しを繰り返す。

 しかしおれは時間の使い方が下手くそだ。

 次の作品のために参考資料を読んでいかなければならないが、今は「悪漢刑事」の事だけに専念したい……けど、それでは次の作品にかかるまで時間がかかってしまう。執筆と準備を何とか平行出来ないものか。午前中は執筆して午後は勉強、というパターンが確立出来ればなあ。

 しかし、無駄なく時間を使ってびっしり仕事していた桂米朝師匠は、そのために参ってしまって倒れてしまったらしい。「人間、ボンヤリする時間も必要やという事ですわ」と後から語っていたが……おれはボンヤリする時間が長すぎるだろうなあ。

 お昼になってメールをチェックするが、SoftBankのWi-Fiスポットを利用するためのIDやPWを送ってこないので、SoftBankに電話すると、そういう連絡はウチではしないからアップルに聞いてくれと言われて、アップルのオンラインストアに電話。

 すると、「上席に替わります」と言われ、同じ説明を3回。都合4回。そのあげくに、「SoftBankに電話を回しますので、SoftBankのほうに……」と言いだしたので、「向こうに電話したらこっちに電話するように言われたんだけど。で、また同じ事を言われたらどうなるんです?たらい回しでしょ。責任の所在はどこにあるんですか?」とかなりキツい調子で言う。

 話は単純なのだ。申し込み完了の通知を貰っているのにIDもPWも連絡して濃くてWi-Fiスポットが使えないのだから、それを教えろと言うだけの話。

 で、SoftBankに、iPhoneの「i.softbank.jp」のメールアドレスで空メールを送れば必要事項を返信すると言うところまで来たが、その空メールが送れない。このアドレスは、メールの受信は出来るが送信が出来ない。

 ここでまた悪戦苦闘。どうして送信出来ないの?まあ今まで、このメールアドレスで何かを送信したことがなかったからなあ。

 で、またSoftBankに電話して、空メールが送れないというと、iPhoneの「メッセージ」でも大丈夫なので、空メッセージを送れと。

 しかしこれも送れない。

 いい加減頭に来つつ、もう一度電話したら、「ではこちらから必要事項を書いたメッセージを30分以内に送ります」と。

 ヤレヤレ、これで一安心。

 時間にして90分ほどの押し問答だったが、気分的には半日費やしたくらいの消耗。

 本当に、仕事の邪魔!

 昼飯を食うのと晩飯の材料を買いに外出。

 北千住駅前の「銀座ライオン」で「初カツカレー」。美味い。

 スーパーでぶりの照り焼きの調理済みを買い、くーたんのご飯も買うが、もうとうに30分は過ぎているのに、メッセージが送られてこない。

 どないなっとるねん!

 帰宅して、2時間経過したので、再度、SoftBankに電話。

 すると、「調べたところ、メッセージの送信に支障があったので送れなかった。今夜の8時までに責任を持ってメッセージを送りますので」と。

 なんじゃこりゃ。

 モノゴトって、どんな単純明快なことでも、拗れてしまうとどんどん妙な具合にひん曲がってしまって袋小路に入ってしまうという典型。その雛形みたいなパターンにモロ、遭遇してしまった。

 イライラするし消耗するしで、仕事をする気力をかなり奪われてしまった。

 いかん。それではいかん。いかんのだ。

 なんとか仕事を再開する。

 しかし、なかなか熟れた文章が紡ぎ出せない。

 う~む。

 YouTubeでナイツの漫才を見ようとしたら、何故か東日本大震災の時の各局の様子、というのに見入ってしまった。

 ミヤネ屋は最悪。宮根が「大阪も揺れてますよ」を連呼。画面が日本テレビに切り替わったり宮城テレビに切り替わっているのに「大阪も揺れてる」とおばちゃんが同じ事を言うのと同じ思考パターンで連呼。バカかこいつは!だから真面目な報道番組に呼ばれないんだな。

 NHKのものは、国会中継から切り替わって地震速報。15時まではどこも平穏で、津波も20センチを観測、と楽観的な空気が流れたのだが……港の岸壁に海が盛りあがって、みるみる港の中に流れ込んできて……後は、あの地獄のような光景が。

 あの時、生放送で見た恐怖が甦った。

 怖ろしい。本当に怖ろしい映像。

 アナウンサーの声もうわずっている。

 これは、一生忘れられない。

 難を逃れたおれがこんな事を書くのは本当におこがましいと思うけれど……。 

 すぐに夜になってしまった。

 ブリ照りを温め、夕食。

 ブリ照りを自作するのは難しいので、調理済みを買うのが一番。美味い。

 それと、肉じゃが。これも美味い。

 食後、BSをザッピングすると、BSジャパンで「ローカルバス乗り継ぎの旅」の再放送をやっていたので、ついつい見てしまった。出雲から枕崎まで。

 ウトウトしながら、ゴールまで見てしまった。

 すっかりのんびりした気分になってしまったので、これではイカン。

 iPhoneを見ると、SoftBankから約束通り、Wi-Fiスポットを使うためのIDとPWが送られてきていた。

 半日がかりでやっと。

 なんだか旧共産圏にいるみたい。ベルリンの壁が崩壊する直前の「東側」では、一事が万事、行列だったもんなあ。それを思い出したぜ。

 熱い日本茶を新しいポットで淹れると、なかなか美味しい。いいものを買ったなあ。無印良品のピッチャーも注ぎ口が垂れることもなく、よい。安いのにいいものを買ったなあ。

 お茶を飲むと気分が晴れて、幾分、仕事が進む。しかし読み返すと万全ではない。うーん。しかし、ここが我慢のしどころだなあ。これを抜ければ本調子になるだろう。

 風呂に入る。

 出てきて、YouTubeでナイツの漫才を……と思ったら、またしても違う映像を見てしまった。

 「国鉄三河島事故の再現映像」。

 誰が作ったか知らないが、物凄くよく出来ている。しかし、日本って、物凄い犠牲者が出て、やっと安全対策が行われるのね。この事故も鶴見事故も、安全対策が整っていればこんな犠牲者を出さなくて済んだはずなのに。

 その勢いで、洞爺丸事故や紫雲丸事故など「国鉄五大事故」に福知山線事故も調べてしまった。寝る前にこんな悲惨な大事故を調べたら、夢に出て来るぞ……。

 

 1時就寝。特に怖い夢は見なかった。

本日の体重:91.15キロ

本日の摂取カロリー:2255kcal

本日の消費カロリー:日常生活+145kcal/2922歩

« カフェでお仕事、は失敗 | トップページ | 仕事 and 「ナイト・アンド・デイ」鑑賞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58899717

この記事へのトラックバック一覧です: アップル・ソフトバンク連合と孤高の闘い……:

« カフェでお仕事、は失敗 | トップページ | 仕事 and 「ナイト・アンド・デイ」鑑賞 »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト